« 子供と楽しめるゲーム | トップページ | ゼンリン電子地図帳Zi »

2009年3月24日 (火)

アフィリのスカウトについて

こういうのって結構悔しいんだよな。なんか「自分が褒められて嬉しいところ」を突いてきてるみたいなもんで、「アンタのサイトがイイから紹介して欲しい」ってのは正直グッと来る口説き文句だと思う。

でもその一方で、

 これがフィッシング詐欺じゃない保証は何一つない

わけで、基本人を信じない、それもろくに僕のブログを読んでもいない、ただアクセス数とかマメに更新してるとかそれなりに継続してるとかいう

 マニュアル通り

に選出されて、毎日何十、何百というブログに同じようなコピペを貼り付けてるんだろうと思うと、さっきまでの「嬉しい」が即霧散して「はぁ・・・」とため息だけが残る。

2000円という価格もリアルだし、実際こちらが掛ける手間やお互いがやりとりする時間を考えても、「たぶん詐欺じゃないだろう」と思ってメールをしたくなったりもする。でも、お金を貰うということは当然ながら振込先を教えるということで、きょうびどんな方法でこちらの個人情報を抜こうとしてるかわかったもんじゃないから、、、とまた逆戻りだ。

こういうのって一見はやりのようにみえて、実は全然先がないと僕は思う。

結局のところお金のやりとりが絡むと、人は岐路に立たされる。顔を見て話をしておじぎをして物を買ってもらう仕事をしてるからそう思うのかも知れないが、商売ってのは簡単なもんじゃない。総菜売り場のカセットテープに踊らされる人が少ないように、いくら大きくてもポスターはポスターで、テレビはテレビであるように、最終的には「人対人」。信用に値するかどうかを見定めずに答えを出させるのは、機械やポスターと変わらない。
 人と人がいて簡単に稼げるわけはないのだ。

 信じられないのに信じるか、信じられないから信じないか。

例えばもし仮に、この「バナーを貼ってくれ」という依頼をしてきた人がオフの友人Tであったり、古くからの常連さんであるところのトムニャットさんやBlue_Tasuさんであったりするのなら話は別だ。快く承るし、たぶんそのタイトルに対する評価も多少は甘めになってしまうに違いない。
※あくまで多少だけど(^^;。
でもこの場合はそうじゃない。そうじゃないとその結果何が残るのかというと、

 「信じられないのに信じる」人だけが信じる人になる。

要するに、

 紹介する人(この場合はブログを書いてる側の人ね)全てが「信頼出来ない人」ということになる。

そうなるとどうなるかわかりますよね?

 そのバナーは効果を成さない。

この考え方は、トラックバックにも言えたと思う。勝手に人のブログに来て自分のブログを貼り付ける行為に対して、

 トラバありがとう

ってなんだよ!?って最初から思ってた。全然頼んでないのに土足で上がり込んで来て、自分ところの宣伝だけして帰っていく人がリアルにいたらどう思う?よほど自分がその人の言う内容に興味を持っていたとしても、そのことが原因で薄れると思う。

 トラバもアフィリも商売の筋が通ってない。

でもこうした書き込みをする人はそれをして飯を食ってるわけだから、せざるを得ないし、その行為そのものは褒められたものでなくとも、事情はわかるからそう言う意味での同情もする。でもYESかNOかと言えばこれは当然NOだ。ろくに相手のことを見もせずに、機械のように作業をこなす行為に信頼も信用も愛も情も沸くわけがない。もし僕が「誘う側」だったとしたら、少なくとも数日、出来たら1ヶ月くらいはそのブログを読み続けて、これがよかったこれが悪かった、この人の好みはどうで、嫌いな物、言っちゃいけないこと、言うべきことをプロファイルしていく。その上で初めて依頼をするかどうかを決めればいい。もっと言えば、

 本当に紹介して欲しい、発言力のあるブロガーであれば、
※僕んとこみたいに一日せいぜい500人ダメな時は200人程度の弱小じゃなく、毎日数千数万というアクセスを得ているような人
タダで送って謝礼も払ってその上で「きちんと宣教師になってもらえばいい」。

信頼出来る人の言葉ってのはそのくらい重みがあるはずだ。つか、最近の僕のゲームライフを鑑みると、正直誰かにゲームを勧めるのも難しいんじゃないかとシミジミするのが本音だったりするのだが。

ちなみに今そのコメントをくれた方だったかどうだったか自信がないが、前に紹介してくれと言われたタイトルは「ブランディッシュ」だった。PC98版で初めて触れたフルマウスオペレーションのタクティカルなRPG。当時はマウスそのものに不慣れで、
※PC88にはほぼなかったし。っていうかWindowsみたいにグラフィカルユーザーインターフェイスだったのは当時マックだけだったし。
それでも凄く新鮮なプレイフィールにどっぷりとハマった。それこそマウスの中のボールの掃除をプレイ時間内に何度もするほどやりまくったし、続編も続々編も買った気がする。

でも、

スーファミ版をエミュでやったとき、その楽しさは全くと言っていいほど得られなかったんだよね。今さらのようなマウス操作を今さらパッドに置き換えても、「今だから楽しめる何か」は浮かび上がっては来ない。今度出るのか出たのかPSP版でもきっと同じことが言えるんじゃないかと思うわけさ。単刀直入に言って、

 今となっては古くて辛い。

と。もちろんやってみたら違うかも知れないよ?でもスタートラインで既にかなり後方まで押し下がってしまってるのが現実。そこからどうダッシュしたらみんなと並び、抜き去ることが出来るのかって思うじゃない?

話はガラっと変わるけど、もし自分がアフィリエイトを貼りたいと思うとしたら、それはやっぱり、

 買って欲しいもの

を貼りたいと思うに違いない。もっと言えば、

 僕が勧めることでもしかしたら買ってくれる人が増えるかも知れない物

で、かつ、

 僕が勧めないと誰も勧めないような、そのままだったらずっと影にある

ような物。これまでで言えばDS「ジオメトリーウォーズギャラクシー」や、360「スタントマンイグニッション」。「ソーマブリンガー」も結果として結構売れたみたいだけど、発売前から結構なレベルで熱くなってた自分としては、アフィリでバナーを紹介してもいいかなって思った。つか、

 自分から進んでオフィシャルのリンクを貼る

ってことはそういうことなんだよ。

でもそういうところは得てして「そんなことをして貰わなくても構わない」と思ってる気がするし、そうじゃないからこそバナーやアフィリを考えるわけで、、、。

 だから先がないと思うわけで・・・。

ともかく。

今度アフィリを貼って欲しいというようなことを思われる方がもしいたとしたら、ここまで上からブーブー言ってる愚かなクリスにまだ何か言うことがあるよというのであれば、その時はぜひとも、

 僕が好きそうなのを・・・

お願いしたく思います(^^;。確率は低いかも知れませんが、フィットしたら全面的にプッシュする用意はありますよ~。っていうか本音ね、

 自分にフィットするゲームがやりたい!(マジで)

ROLとか再開しようかしら。

|

« 子供と楽しめるゲーム | トップページ | ゼンリン電子地図帳Zi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44447158

この記事へのトラックバック一覧です: アフィリのスカウトについて:

« 子供と楽しめるゲーム | トップページ | ゼンリン電子地図帳Zi »