« 東方防衛軍~その5~ | トップページ | クリスタルディフェンダーズ »

2009年4月19日 (日)

エクストリームあやとり

extremeとは極限の、みたいな意味があるらしい。エクストリームスポーツとはファッション性や話題性を絡めつつ危険度の高い「魅せる」スポーツなどが該当するらしい。

 どうあってもあやとりとは接点がない。

が、僕の中ではそうでもない。そもそもエクストリームという単語は、ニュアンスだけが一人歩きして元の意味からはかなりかけ離れている感もある。別に危険じゃなくてもスポーツじゃなくても「それっぽいもの」を同じように呼んだって別に構わないんじゃないかと僕は思う。

例えばペントリックス、ヨーヨー、ディアボロや単純にスピードを競うスピードスタック(コップ重ねるヤツ。名前違ったっけ?)なんかもエクストリーム「臭」がするし、天才神谷哲史を擁する「折り紙」や超絶プレイではヨーヨーにも比肩しうるのではないかとさえ思える「けん玉」もまた「エクストリーム」だと僕は思う。方向性がキャラ寄りなために「エクストリームな感じ」がしないものでは、ビーダマンやベイブレードなどもあるが、これとて舵取り次第ではいくらでもエクストリームになったのではないかとも思う。

今ウィキペで「こどもの文化」を引くと、その候補がいくつも出てきてちょっと嬉しくなったので、特に「エクストリーム化」<既に使い方がかなり違う気がするけど(^^;されそうなモノを軽く紹介する。
※中には既に商品化され、そして消えていった「縄跳び」「吹き矢」「泥ダンゴ」なんかもあったけど、まぁその辺はスルーした。

・竹馬

 一瞬フラフープが復活しそうになったりもした昨今だけど、竹馬も結構指数が高いと思う。低ければ難度も下がるし、バネや回転機構を折り込めば結構化けるかも、、と思ったら海外では「ドクター中松のジャンプシューズ」みたいなエクストグッズがあって、それを使うと車だって飛び越せたり出来るらしい、、、がやっぱり危ないし、PL法を抜けるのが難しそうだし、インドアで骨の弱い最近の子供達にアピールするには訴求材料が少なすぎる(コストに対して)かなぁと思った。でもブレイクするなら「キックボード」よりはそそられるというか、僕は買うと思う。軽くて強くてかっこよくて、、、みたいな竹馬。商品名は「Bスティックス」でどう?

・お手玉

 ジャグリングで既に市民権を得てる気もするけど、お手玉の一番難しいところは、「コツがわかりづらい」ところなんじゃないかと思ったり。未だに僕は3個を上手く使えないんだけど、これだって絶対たくさん回せたり出来たら楽しいと思うんだよね。シンプルだけど向上心をくすぐるというか。ビジュアル面でファンシーかつコレクション性が高い、それでいてリーズナブルな
※例えばガシャポンで集められるくらいの
敷居の低さと、レベルを追って上達できるマニュアルなんかがあればやってみたい気はする。

・こま

 こないだ鉄腕ダッシュでも出てたけど、コマはもう完全にエクストリーム。投げて手の上で回すとか、宇宙ゴマのようにジャイロを利用した糸渡し、一回転してキャッチするなどのパフォーマンスも合わせて、「誰かがてこ入れすれば絶対ブレイクする」要素をいっぱい持ってると思う。

昔妹が海外土産でくれたコマもそんな感じのもので、当時必死に練習したんだよな。周りで誰もやってないから(当然だけど)上手くなれなかったけど、みんながやってたら絶対もっとやり込んでたと思う。アレ見つからないかな~。
※芯の最下部が硬質な樹脂になっていて、全体のフォルムはクリアブルーの卵形。室内で遊ばないと傷だらけになっちゃうくせに、室内で遊ぶとガラスを割りそうで怖いという、、二律背反なゲーム性。でも気持ちよく回ったときの爽快感はテクニカルな分だけ大きい。

・凧揚げ

 まぁ電線の多い世の中ですからね。そうそうブレイクさせるのは難しいと思うし、そもそも高いところまで上がらないと「立ち止まれない」ってネックだらけではありますが、今でも凧のお祭りは色あせることなく続いているわけで、相応に奥深く熱いゲーム性が内包されているのは間違いないと思うんですよね。ただ高く上げられるだけでも楽しいと思うし。

個人的にはソーラーパネルやゴムやモーターなんかと合わせて、ハイテクな凧、走らなくても揚げられるようなのが出てくると楽しいのになぁと思ったりです。両手で二つの凧を思い通りに操作して、、、ってエクストリームな感じがすると思うんだけどな~。

・水切り

 「出るなら買う」そして「やりたい」。要は「最高の石」を売ってくれ、と。水切りするのにこれ以上ないフォルム、重さ、、、ああでもゴミになっちゃうのか・・・。環境破壊とか言われたら嫌だもんな~。あ、でも水に溶けて害がなければいいんじゃん!3個100円とかじゃ作れないのかなぁなんか「型」と材料を合わせて作るとかどう?工夫によっては水の上を「流れるように進む」ように出来たり、「一回のジャンプでかなり遠くまで行くようなチューン」とか「途中で3つに分かれるような(素材が溶けて割れるみたいな?)構造」とか。うー楽しそう!つかプロのわざとか見てみたい。松坂をCMに使って琵琶湖とかで投げて欲しい!絶対エクストリームだって!

・釘刺し

 危ないからNGなんだろ~な~。でも子供は「危ない物が好き」なんだよな。昔ブラックエンジェルスばりに「自転車のスポーク」を磨いてピカピカにして持ってたりしたよ!?あと五寸釘とか金物屋で買ってきて筆箱に入れてたりした。「なんでこんなに尖ってるんだ!イカス!」別に何かを傷つけるとかじゃなくて、ただ砂に穴を開けたり、ダンボールに突き刺してその「気持ちよく刺さる感」を楽しんだりしてた。「危険」という意味では思いっきりエクストリームだけど、やっぱ今のご時世じゃ難しいんだろうな~。あ、でも個人で子供と一緒に遊ぶ分には全然OKな気がしてきたゾ。今度の休みにでもやってみようかな。ってルールがわかんねぇや。

・パチンコ

 屋台で売ってるパチンコだけど、これも海外ではホンマモンのエクストリームになったようなおぼろげな記憶があるな。個人的にはBB弾じゃない何か別の物を飛ばせるようになるとゲーム性が増す気がするんだよな。例えば、

 ブーメランとか紙飛行機とか

構造的には全然出来ると思うし、実際紙飛行機の中にはそういう道具を使って飛ばすものもあるくらいなんだよね。逆に「飛ばす側の道具」を高度化すれば、「飛ばされる側」のダイナミズムも広く大きくなるような気がする。絶対楽しいって!

 広い場所が必要だし、大抵木の上とか屋根の上とかに乗っちゃうけど。

ああでもやりたいな~。作れないかな。作っちゃおうかな。クリス評価★★★★くらい?

・ゴム鉄砲

実際作ったことは何度もありますが、作るたびに「楽しいな~」としみじみ思いますね。連射機能、長距離対応、フォルムを複雑にするベクトルと、シンプルで精度を上げるベクトル。ゴムの質にもこだわりたいところですし、商品化されるなら「カラーゴム」とか絶対出ますし売れるでしょう。別に割り箸で作る必要はなくて、

 むしろブロックトイとのコラボ

はどうでしょうか。ギアとかまで踏み込むと大人向けになっちゃうけど、スコープとか連射機能とか、、、ああまぁどこまで言ってもモデルガンには敵わないのかなぁ。なんかちょっと悔しいなぁ。でも楽しそうなんだけどな~。何か他にモチベーターが欲しいところだな。

・シャボン玉

これも多角的に磨き上げられる要素があるアイテム。大きさ、量、速さと色とかも?つか実際直径50cmくらいの枠までは作ったことがあるんだよね。針金に布を巻いて、2mくらいのシャボン玉を作るの。普通に超楽しいんだけど、

 結構ベタベタになるんだよね~

だから流行らせるにはこの「ベタつき」の無いシャボン玉とかが、、、ああでもこれはあんましエクスト感がないな~。

-------------

さて、あやとりについてですが、、、

みなさんはあやとりに関してどんな知識があります?のび太の特技とか、4段はしごとかほうきとか。ひとりで暗くひっそりと遊ぶイメージが先行してるんではないでしょうか。

自分は違います。子供の頃クラスメートの女の子に教えて貰った「ひとりあやとり」。目にもとまらぬ早業で、「川」から「川」へのループタイムトライアル。とにかく速く速く速く・・・。複雑な行程とか見た目の美しさ、かっこよさではなく、磨き上げるはその速度のみという単純にして純粋な自己鍛錬。当時はホントにやり込みまくったんですが、、、

 スッカリ忘れてしまってた。

思い出そうとしても思い出せなくて、ネットでもなかなか見つからない。「ひとりあやとり」で検索してもはしごだとかほうきだとかゴムひもだとかがヒットするばかりで、お目当ての「ループする」あやとりが見つけられなかった。

でも昨日たまたま今まで進めなかった「網」まで進めることが出来て、テンション高く再度検索したところ見事発見。思わず気合でやりまくり。つか、

 あやとり面白れーーー!(マジで。

とりあえずこのサイトを参考にしてひとりあやとりをやってみて下さいませ↓
http://www1.odn.ne.jp/asobo/6201.htm#top

まぁ普通はやらないよね。僕もそう思います。でもね、今日も泊まりに来てた長男の友人に教えたところ、

 見事にハマってくれましたよ!?

数時間ただただあやとりやりまくり。最初は上手く出来なかったのに、どんどん上達。どんどん加速。その加速感がいいわけですよ!?グルーブですよ!エクストリームなわけですよ!!

一応これ、僕です。あんまし上手く出来てないんだけど、あまりにやりすぎてどんどんヘタレになっていってしまったので、途中で妥協してしまいました。他の複雑なのは全然興味はありません。ただただ速くやるだけにロマンと情熱と、、、小学校高学年くらいのお子さんがいる方とか、出来たら男性にやって欲しいなぁと思うコトしきりです。いやホント面白いですよ(^^。ひとりあやとり★★★★!

|

« 東方防衛軍~その5~ | トップページ | クリスタルディフェンダーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44715318

この記事へのトラックバック一覧です: エクストリームあやとり:

« 東方防衛軍~その5~ | トップページ | クリスタルディフェンダーズ »