« ファイナルファンタジー13~体験版~ | トップページ | On the Way to a Smile~アドベントチルドレンより~ »

2009年4月17日 (金)

FFアドベントチルドレンコンプリート

※昨夜からすれば二つ目。日中体験版の感想をアップ済み。

体験版に続いてこちらも視聴。生まれて初めてのブルーレイ。でも接続はD4なので本来のポテンシャルには及ぶべくもなかったのだけど、、、

 いや~素晴らしい!

まず最初に断っておきますけど、FFアドベントチルドレンコンプリート(以下ACC)は、DVD版のAC同様、ストーリーうんぬんで楽しませる動画ではありません。話は7の続きとは言っても前作7に関するフォローは一切ないし、固有名詞は出まくりで、プレイ経験者である僕ですら完全置いてけぼり状態。何がなんだかわからないままに、

 ただ純粋なCG映像美だけで最初から最後まで引っ張りきってしまう

タイプの作品。だからこの「絵」に魅力を感じられない人は、見るべきではないし、見てもたぶん全然ピンとこないというか、「何がいいの?」となってしまう気がする。これは極端な話「チンパンジーの美人が見分けられない」のと同義。美的価値観の異なる人種が同じ感動を共有できるわけはないのだ。

そんなことを念押ししつつ僕の個人的な感想を書くとすれば、もはやこれ以上のCG作品はないのでは?というくらい気持ちいい。そう、ACCの感想として最適なのは「面白い」でも「楽しい」でもなく「気持ちいい」だと思われる。

とにかく高解像度、高精細で、「オレ達はこういう映像表現が素晴らしいと思ってるんだけど、アンタはどうだい?」と言わんばかりのアピール。「オレもスッゲェイイと思うぜ!」と頭(かぶり)を振る自分には、ゲームではない映像作品にゲーム同様のコストを支払うのもやぶさかでないのだ。

DVD版からの追加シーンは事前情報ではまるでデンゼル(クラウドさんトコの男の子)に関するエピソードばかりが増えたような印象だったが全然。実際は見ていて半分くらいが「鮮度のある映像」。1000以上手が入ったとされるブルーレイならではのディティールと併せて、

 まるで新作

のような印象すら残った。つーかところどころにある「DVDそのまま・・・?」と思えるシーンの方が逆に違和感があるというか、それほど多くないけど「わかってしまう」というか。

とにかく手が入ってるシーン、新しく追加されたシーンの方が多いので、ACでもウットリだった戦闘シーンはほぼ全てより良くなっている。ややもたついた感の残ったアジトでの戦闘シーンや、キモである召還獣との対決シーンなんかは特にイイ感じにブラシュアップされていて、思わず口元がゆるんでしまうほど。

教会周辺のがれきのディティールもハンパなく描き込まれていて、見ているだけで、、、っていうかしばらくポーズしてみていたくなるほど。PS3で静止画取り込みが出来る機能がないのが非常に残念だ。

一部説明的な「静」のシーンで冗長さを感じなくもないけど、それを差し引いても十分、「AC購入者でも買う価値がある」、いやむしろ「ACを購入するような人にこそACCを買う価値がある」と言えると思う。

唯一気になったのは僕の一番好きなクラウドの「アンタには言いたくないねぇ!」のセリフの語尾がやや気が抜けた感じになってしまっていた点か。このセリフは以前も大好きだと書いたくらい何度も聞いていたので、この些細な違和感が妙に気になってしまった。なんつか「気合が足りん!」みたいな?

おまけもかなり充実というか充実しすぎで、

・FF7のダイジェスト
→結構長い。でもやっぱ今見ると初代PSの画面はしょぼい

・FF7の派生作品のダイジェスト
→クライシスコアや携帯ゲームやらをひとまとめ。これも結構長い

・デンゼル主役のアニメ
→これだけまだ見てません。

・FFの歴史紹介
→まぁ事実上7中心だけど

・AACのトレーラー数種
→こっちは本編を見てからの方がいいかも。

さすがに2層式ブルーレイに詰め込んだだけのことはあるなぁという感じ。ちょっとした脇役の美男子美少女ともに「やっぱり居心地がいいな」と思えるデザインワーク。ガイジンには絶対作れない(個人的には最も)萌えられるポリゴン人形。

つかこういうのが作れるなら、むしろゲームとか別にいいかな、とすら思わなくもないくらいなんだよね。オカズの部分だけを見続けていられるならそっちでいっか、みたいな。※だから例えばFF8でも同じようにリリースしてくれるなら買ってもいいかな、とか。

価値観はそれぞれだろうけど、僕的にはこのACCとFF13体験版で5000円は、十分いい買い物だったと思いますよ(^^。ACCの評価は★★★★☆!
※そういえばエンディングの歌も違ってた。ACのが好きかな。どっちかと言えば。

余談だけど今長男が13の体験版をやってるんだけど、横で見ていて凄く気付いたこと。

 キャラポリゴンのつなぎ目の処理がスゲェ上手い。

プレイしてた時は全然気にならなかったんだけど、ふと龍が如く3の体験版を思い返すと、気持ち悪いくらい「ポリゴンの割れ目」が目立ってた。ラストレムナントも白騎士物語も、ポリゴン人形に関するディティールにはそれなりに腐心していたはずだが、やはり本家のクオリティとは比較にならない。普通に遊べてしまうからスルーしがちではあるけど、よくよく見比べてみると(特に幕間の人形劇のところ)その差は歴然です。いやホント。

発売は2009年とのことですが、まぁ普通に楽しみ。つか自分が普通のRPGをまだ遊べる(遊ぶ耐久力がある)ことがちょっと嬉しくなりますね。

補足:アマゾンだと4770円ですが、出荷は18日以降になる模様。あと、ブルーレイはPSPからのリモートプレイでは見ることが出来ないみたいです。残念。

|

« ファイナルファンタジー13~体験版~ | トップページ | On the Way to a Smile~アドベントチルドレンより~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44687939

この記事へのトラックバック一覧です: FFアドベントチルドレンコンプリート:

« ファイナルファンタジー13~体験版~ | トップページ | On the Way to a Smile~アドベントチルドレンより~ »