« 天元突破グレンラガン劇場版~紅蓮編~ | トップページ | けいおん! »

2009年4月30日 (木)

容疑者Xの献身

※本日4つ目。これは今日見ましたよ(^^。

うーむ面白かった!見てる時はブログにコレも書こうアレも書こうと思いながら見ていたのだけど、見終わってみるとそのほとんどを忘れ去り、覚えていたのは一つだけ。

 ハッタリがない。

思えば相棒は「相棒劇場版」であり、容疑者Xの献身(以下X)は「ガリレオ」ではない時点で、既にその作品に対するスタンスが違う。テレビシリーズの恩恵を受けてリリースする2時間ドラマなのか、、、否か。

Xは正直福山雅治のドラマではない。一貫してその視点が描かれる堤真一の作品だと思う。スタッフロールでは両翼だが、出ていた時間やアップ、カットの多さなどたぶん彼は主役であるはずの福山雅治を食っている。これほど福山が好きな僕がそう感じるんだから間違いない。

物語はそのトリックを中心に進むが、その裏側で維持されるのはサスペンスのスリルではなく、人間ドラマ然とした「思い」だ。序盤で殺されるどうしようもない、まぁ死んで当たり前な男を除いて、登場人物に嫌な奴も悪い奴もいない。その行動は全て理にかなっていて、僕みたいな学がないくせに論理バカな人間につけいる隙を与えない。
※もっと頭のいい人とかこういうドラマを見慣れてる人なら違うのかも知れませんが。

 だから見ていてとても気持ちがいい。

以前から声高に叫んでいるが、僕はとにかく嫌な奴が嫌いなのだ。見ていて虫唾が走るような腹立たしいキャラというのは、それを立てているだけでその矛先がクリエイター達に向かう。非常にドライな感情移入として、劇中の悪役ではなく、脚本家や監督に怒りといらだちをぶつけたくなる。

 Xにはそれがない。

絵作りとして雪山のシーンが果たして必要だったのかという疑問は正直あるが、違和感を感じたのはそこだけ。そこも「携帯が届かず完全に二人きりにさせる場所」がそこしかなかったから差し込まれたシーケンスとして受け入れられなくもなかったし、終始大学とアパートだけで物語を紡ぐわけにもいかなかったのだろう。やっぱり多少はピリリと来る、メリハリも欲しい。

今思い返せば殺害された男の役回りも良くできていた。露骨なまでに最低な男で、短時間で見ている者に「死ねばいいのに」と思わせた。だから結果として死んでしまっても罪の意識はほとんどなく、「殺人事件」であるのにきな臭くない「綺麗な話」に仕上げることが出来た。

推理物に触れ慣れている人なら、この程度のトリックは中盤で見破れてしまうのかも知れないが、僕はもう最後の最後ギリギリになるまでわからなかったのでその点でも運が良かった。ただまぁこういうのは「わかった!」ことで楽しさを感じられる人もいるだろうから一概にどちらが幸せかとは言えないとも思うけど。

正直誰に勧められるかと言えば、サスペンスよりもヒューマンドラマが好きな人の方が向く気はする。トリックもないではないが、それをウリにする感じではないし、アクション要素も皆無。それよりむしろ堤真一と、、、いや、堤真一の演技を楽しむのが正解な気がする。そのくらい彼の演技は見ていて良くできていたと思う。
※福山雅治と柴咲コウがかすむほどに。

クリスの評価は★★☆かな。十分面白く整合性もあって楽しめたけど、あと1分くらい説明が欲しかったというか、まぁ見終わってみればあれでよかったのかな。あ、でも福山雅治がもう少し頑張って欲しかったとは思った。ラストとかもう少しだけスマートに僕の及びも付かないような正解を見せて欲しかったというか・・・。まぁ「頑張れなかったから『容疑者Xの献身』なのかも」しれないけどさ。

余談だけど最初のキャスト紹介で「北村一輝」の名前が出た時点で、

 コイツまた悪役か!?

と思った。テレビ見てないからなんだけど、何か美味しい役やっててなんか嬉しかったな。「あ、この人柔らかい役も出来んじゃん」って(^^。僕は嫌な奴は嫌いだけど、悪い奴は嫌いじゃない。北村一輝はヒールやるんでも後者寄りだと思うから、実は結構好きな役者だったりするんだよね。

|

« 天元突破グレンラガン劇場版~紅蓮編~ | トップページ | けいおん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44839104

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身:

» SMAP草なぎ(草薙)全裸逮捕 [SMAP草なぎ(草薙)全裸逮捕]
全裸! 公然わいせつ容疑 SMAP草なぎ剛 逮捕 [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 14時09分

« 天元突破グレンラガン劇場版~紅蓮編~ | トップページ | けいおん! »