« 風雲!大籠城 | トップページ | 車輪の国 向日葵の少女 »

2009年5月10日 (日)

ゲームのことをつれづれに

マグナカルタ2とかエンドオブエタニティとか、インフィニットディスカバリー、あとアークライズファンタジアとか・・・。買ったので言えばラストレムナントや白騎士物語など、割とオリジナル臭の強い(マグナカルタは続編だけど前作の記憶とか全然ないし)大作然とした派手目なタイトルをファミ通とかでも見る今日この頃だけど、昔と比べて全然ワクワクしない自分がいる。昨夜の風雲!大籠城のように割と気楽に遊べるゲームに心を奪われたり、モンハンだFFだと続編だけが正義のような購買行動をしてると、ホントに自分が世界に置いて行かれたような気になる。まぁ実際そうなのだが。

「ただゲームである」だけで相応の価値を見いだせたファミコン時代はともかく、スーファミの時代ともなればそのクオリティに自分なりの価値観を照らし合わせ、全てのジャッジの上で購入タイトルを決定していた。当時はまぁかなり中古屋も多かったし、
※今ってホント減ったよね。そういうゲームショップみたいなの。
ネットでの情報とか売り先買い先もなかったから世界も狭く、井の中の小さなカエルでもその目利きに自己満足する余地があった。時間的には今だってそれほど少ないわけじゃないと思うのだけど、
※夜更かしすりゃいいだけだし。
たぶん仕事や家庭に対して払うエネルギーを一極集中出来たってことなんだろうと思う。

発売予定ソフトに○を付けてみようとペンを取っても、そのほとんどは続編であり、有名どころばかりとなってしまう。ドラクエだFFだモンハンだ、、、。昔だったら狂喜したに違いないゼルダやらウィザードリィやらにも全く心が躍らず、ポリゴンではないドット絵を売りにした朧村正もなんだかんだでスルー。母上からこどもの日だから何かゲームでも買ってあげて、と貰った1万円も、

 「今なんか欲しいゲームある?」

 「別にない、、、かな」

である。子供にすら、普通なら小中学生と言えば飛び上がって喜びそうな「ゲームを買ってあげる」というキーワードすらさほどでもなくスルーするほど、、、まぁウチの場合あまりにもやるゲームが多すぎて結局飽和状態になってしまったというのもあるのかも知れないが。
※最近はまた昔のゲームとかやりだしたりしてるようだし。フラッシュや同人とかだと僕の知らない様なのも普通に落としたり買ったりしてやってるし。

今週のファミ通は正直先週とは比べ物にならないくらい読むところがなかったというか、まぁ大したことなかったのだが、桜井さんのコラムでは上で書いたのと似たようなことを言ってた。「満腹の人に食べさせるには」。

たぶんやれば面白い、例えば10分じゃ面白くなくても1時間やれば面白くなるゲームとかたぶんいっぱいあると思う。昨日ブーブー言ってたクリスタルディフェンダーズだって、自力でがんばってクリアすれば、きっと伊集院のように「他の面もどんどん出してくれ!」となるかも知れないし、毛嫌いしていたメタルギアソリッド4だってまじめにクリアまでやり通せば相応以上に満足出来るんじゃないかと思うこともある。つかそもそもモンハンGなんて毎日のように「レウス倒してやる!」と思いながら帰宅するのに、未だにWiiを起動してもない始末だ。Blue_Tasuさんが言ってたG線上の魔王と車輪の国も親戚のJ太に借りたにもかかわらず未だにインストールすらしてない状況。

じゃあ古いゲームなら熱くなるかと思えばそれもさにあらず。久々にエミュでFF6を起動してもせいぜい持って30分。何だろうか。画面のボヤけないHDMI接続のモニターを用意すればモチベーションも上がるんだろうか。

最近ずっと体調がイマイチで(歯が痛かったり頭が痛かったり)、それも起因してるとも思うけど、何つかこう、新鮮でスッゲェ面白いと思えるようなゲームをやりたいなぁと思うことしきりなんだよな。ディスクゼルダ、ディスクメトロイド、ドラクエ、ポケモン、ストII、ドラキュラ月下の夜想曲、カオスシード、ディアブロ2、ピクミン、PSO、、、。

またそんな心が震えるようなゲームに出会える日が来るのかなぁ。

|

« 風雲!大籠城 | トップページ | 車輪の国 向日葵の少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44957740

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームのことをつれづれに:

« 風雲!大籠城 | トップページ | 車輪の国 向日葵の少女 »