« レッドクリフ | トップページ | ゲームのことをつれづれに »

2009年5月 9日 (土)

風雲!大籠城

以前紹介したクリスタルディフェンダーズ(以下CDS)。「あまりFFっぽくない、FFタクティクスっぽい世界観だけど実際あんまし関係ないっつーか、ドラクエとFFをフィーチャーしたいただきストリートみたいな感じがしないでもないな、、、と思ったりもしました。そんな折り、ファミ通を見ると「どう見てもCDSなのに、世界観は戦国時代で、「戦国時代風なのに有名武将はいっさい出てこないタイプ」のゲーム画面がある。「なんじゃこりゃ」と思った瞬間記憶の扉が開く。

 そう言えば子供達が似たようなのをやってたな・・・

これは「防衛ゲーム」と呼ばれる、歴史は浅いが既にかなり多くの作品がリリースされているPSの、それもフラッシュゲームの中では非常にメジャーなジャンルであることがわかりました。

1画面ないし2画面程度の小さなフィールドに、自軍(砲台などが多いが、CDSのようにキャラの場合も少なくない)を配置し、攻撃力、攻撃範囲、攻撃頻度などを強化しつつ、対空、対地で敵を殲滅していく。自陣には耐久力やCDSならばクリスタル(一定数取られると負け)が設定されていて、一定の敵を撃退すればクリア、みたいな。

初めてこのジャンルのゲームをプレイすると、正直言って地味な印象の方が先に立つと思う。画面は固定だし、別段派手なエフェクトもなければ、びっくりするようなどんでん返しも(敵が予想外な方向から攻めてくると焦るけど)ない。ただ淡々と配置をし、強化をし、どこからどんな敵が来ても対応出来るような盤石の体制を整える。

配置や強化は基本倒した敵から手に入る。CDSでは「倒したときに周囲に配置していればお金が多めに貰える」シーフというキャラがいたりもするが、重要なのは適材適所「適強化」だ。戦力が必要十分であれば、全ての面はクリア出来るように作られている。逆に「必要不十分」であったり「必要過十分」であったりすると、全体通して穴が空くハメになる。

勘のいい方なら気付かれたかも知れないが、このゲーム性は、遙か昔名作の名を欲しいままにしたSFC「カオスシード」のそれに似ている。ゲーム性そのものはかなりそれをシンプル化しているし、カオスシードは固定画面ではないが、今の時代を考えたらあれほど複雑なシステムはもはや受け入れられづらいだろう。いかに簡単にいかにお気楽に、それでいてそこそこのモチベーションを維持できるゲーム性に仕上げるかが、時代にあったチューニングであると言えると思う。

CDSは確かにそんな防衛ゲームの中で、僕が知る限り初めてナショナルブランド品としてリリースされた(とは言ってもダウンロードコンテンツだけど)タイトルだった。新鮮である一方で「コツを知らない人」のための救済策
※途中までのクリア見本ムービーを見ることが出来る。
を載せ、「シンプルさの先にあるもの」を感じさせようとした。

 だが、結果としてそのハードルは上がり、教えて貰える見本がその攻略の全てであるような錯覚と、同時に「自ら攻略する」という楽しさを奪ってしまうパラドックスを引き起こしてしまった。

ひとりで最初から試行錯誤して遊んでいくには正直かなり難度が高い作りで、かといって正解を見ちゃうと「一気に興ざめ」してしまうようなチューン。

むしろ見本がなければもっと自分でがんばれたのかなぁとも思うが、一回見てしまったらそれはもう取り返しがつかない。CDSはシリーズがWiiでR1、R2がリリースされ、360やPS3でW1~W3がセットでリリースされ、i-phoneでもアプリがリリースされているが、少なくとも(後発であろう)PS3版に関して言えばそのチューニングはツメが甘かったのではないかと思わざるを得ない。だって自力じゃ1面もクリアできないんだもの(ちなみに全12面で1面は3WAVE→30の敵団が順に押し寄せる)。

さて、一体どこが「風雲!大籠城」の話なんだよぅと思われるでしょうが、いい加減触れて参ります。

風雲!大籠城(以下大籠城)は、そんなCDSの不満を大きく軽減させた、ぶっちゃけ「簡単な防衛ゲーム」です。DSでリリースされアマゾンで3300円くらいだったかな。
※つかアマゾンって自分が買ったものを確認しづらくね?僕がよく操作をわかってないだけかも知れないけど。
ダウンロードコンテンツであるCDSと比べたら当然のごとく高いわけですが、いやいやどうして。

 既にCDSの5倍くらい遊んでます。

CDSとの違いを列挙すると、、、

・スピードが上げられない
 →序盤はややイライラするけど攻めてくる敵方に間断がないので、中盤以降かなりあわただしくなる。

・敵が同時に攻めてくる
 →1種ずつ攻めてきたCDSと違い、いくつもの敵が空と地両方からズンズンに攻めてくるので、守りの固め方→強いキャラを少しだけでは殲滅し尽くせないこともしばしば。

・自軍は5種類のみ
 →戦士である槍兵、空に有効な弓兵、主に対地で範囲が広い鉄砲兵、周囲のキャラの攻撃力を上げる武将、攻撃頻度は低いが広範囲に複数攻撃可能な大砲の5つ。

・1面ずつ遊べるモードと、三の丸、二の丸、本丸を1セットでクリアするモード、対戦モード、ストーリーモードなどモードが多彩。
 →マップはたしか10マップ×3(上記3段階)の30面くらい。初期状態では1マップだけ選べない。
 →1面あたりの敵陣の数は最初15とかだけど、今やってるところで45とか。かなり長丁場になる。でも敵団ごとに停止するCDSと違ってテンポがいいのであまり気にならない。っていうかかなり忙しい。

・ポーズすると画面が見られなくなる
 →敵だけ止めることも出来ない。
  →自軍はを強化時に時間が掛かる→強化すればするほどその強化に掛かる時間が延びる
   →強化中は攻撃出来ないのでいつ強化するかもポイント

・敵がランダムでアイテムを落とす
 →CDSには乱数要素が(たぶん)ない。
  →移動速度を遅くしたりお金が入ったりする。

・複数画面の面がある

・タッチペンで操作が凄くしやすい!

・ボスは鬼のように城を壊す→2×4=8ポイントとか。

などなど。全体的にCDSより大籠城の方がシンプルで易しい印象。見た目もなんだかよくわからない≒必然性のない背景のCDSより遙かに納得できる「籠城戦」で、ある意味そのゲーム性にフィットしているし、現時点でCDSの評価は★★に下がった一方で大籠城は★★★(かなり7に近い6)というところ。フラッシュの防衛ゲームより難度の上昇係数がしっかりしてるし、見た目もいい。
※でも出来ることは少ないかも。

DSで気軽に楽しめるゲームはないか、という方には結構オススメできると思う。ちなみにこの大籠城もフラッシュで遊べる体験版がオフィシャルでアップされているが、それだとタッチペンじゃないし、大砲も使えないので面白さはかなり伝わりにくくなっている。もし興味が沸いたなら、「体験版をやらずに買う」方がオススメ(クリス的には体験版の評価は☆)。ちなみに中古でも2000円以上で売れるようなので(昨日ヤフオクで見てたら2600円+送料振り込み料だった)、つまらなかったり飽きてしまったら売ればいい。少なくともその差額分以上は楽しめると思いますよ(^^。

090509dairojo ←これはちょっとしたデータというか、軽く調べてみました、みたいな?槍兵は攻撃力だけを見ると弓兵よりも全然弱く見えますが、攻撃間隔を考慮した「ダメージパーセカンド」値ではさほど大きな差にはなっていません。特にレベル3以上の付帯効果は炎より有効ですし、何よりコストが安い。

また、武将はそれ単体で見るとコストの割に効果が低く見えますが、大砲をレベル4から5へ強化する為に3600掛かることを考えれば、「その隣に一気にレベル5の武将を置く」方が、(大砲レベル5+武将の付加効果まで期待するのでなければ)遥かに有効ということがわかります。

弱いキャラを何体も置くか、少数精鋭で行くかに関しても、レベルが1上がるごとに3倍のコストが掛かりつつ攻撃力が倍にしかなっていない点を考慮すると、意外と数の強さも侮れないことがわかりますね。

でもやっぱり黄金に輝くレベル5兵は魅力的です。L字地形があったらつい武将を置きつつ強さに磨きを掛けたくなるのが本音だったりしますね。
→たぶんそれじゃあ最後までクリアは出来ないんでしょうけど。

|

« レッドクリフ | トップページ | ゲームのことをつれづれに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/44945126

この記事へのトラックバック一覧です: 風雲!大籠城:

« レッドクリフ | トップページ | ゲームのことをつれづれに »