« 休日に掃除をする39歳 | トップページ | ドラゴンクエストIX狂想曲 »

2009年7月11日 (土)

ノウイング

ドラクエ前日スペシャルかと思いきや、本日スタートのレイトショーにまた行って参りました。つか最近連続で当たりくじを引いていたので油断していたというか、いやいや見た人によっては十分楽しめる作品だっただろうというか、まぁエヴァと比べたら全然空いていたわけだけど、、、。

 まず一応ネタバレなしで感想を書きますが、、、

奥さんに先立たれ長男と二人暮らしをする宇宙物理学者のジョン(ニッキー)は、子供の学校の開校50周年祭で、50年前に書かれたタイムカプセルから出た一見不規則な数字の羅列が書かれた手紙を手にする。最初何の意味があるのかわからなかった数列だったが、たまたま見ていた過去のニュース特集番組で、その中に9/11の死者数を示す部分を見つける。気になって調べてみるとその数列は大きな災害の日時、他界した人の数だった。そしてその最後にはまだ起こってない災害が3つ書かれていた。

みたいな話。テレビのCMとかだとかなり派手なSFXと「一体なぜ?誰が?何の目的で?どうやって?」みたいな煽りと共に、人類滅亡の瞬間あなたは、、、みたいなフリがされているが、まぁなんつーの?

 風呂敷広げすぎだろ

って感じ。もう見ていてずっと思っていたのは、

 このまま続いていっても絶対最後まで「50年前に予測できたワケ」は出てこないだろうな

って空気。第一印象からは派手な事故シーンとかで「災害モノ」のディザスター映画を喚起させるんだけど、とにかくこの「50年前の手紙」のせいでどうしても「非現実的」なファクターを加味せざるを得ない。たとえば魔法とかタイムマシンとか・・・。

でも主役は宇宙物理学者ってなんだよそれ?って感じなんだよね。マジメに対策を練るとか立ち向かうとかって「基本に則した作り」にしそうな設定なのに、そのありえないアイテム、言ってみればオーパーツのせいで感覚が揺らぐ。

感想としては「宇宙戦争」と「地球が静止する日」のような脱力感を存分に味わわせてくれる微妙作。

駄作というほどつまらないわけじゃないんだけど、SFXはごく一部、それも全体からしたらかなり浮いてる使い方だし、なんかこう、、、「思ってたのと違う」感じ?これなら正直映画館で見なくても良かったかな、って感じ?っていうか評価は★くらい?みたいな?

でも一点好きな人には好きだろうなってところもある。それは、ジョンの子供が、

 超カワイイ!

男の子だけど、さほど生意気というわけでもなく、とにかく美形なので、ショタの方はこれを見るためだけに行く価値があるんじゃないかっていうか僕はショタじゃないので真性の方とは価値観がブレるかも知れないけど、隆之介くんの上を行くかわいさはあると思った。
※ちなみに女の子も出てくるけど、こっちは普通。ダコタやエマみたいなのは期待しちゃいけません。

あ、スタッフロールの後は別段おまけとかありませんので、気軽に席を立って大丈夫だと思いやす。

以下ネタバレ。見ない人は読んでもいいと思います。
※要反転表示

途中でオカルティックなエッセンスが出まくるんだけど、よもや宇宙人終わりだとは!って感じ。何つか「それでも50年前に予測できた理由としちゃ弱いけどな!」って感じ。そんな凄い予測が出来るならもっと他に有効利用するこたぁ出来なかったのかよ!って感じ。

地球が「焼かれる」シーンも、凄いんだけど正直水が攻めてくるのを炎にしただけというか、ディティールに甘さが感じられるというか、リアリティに欠けるというか・・・。

あと核シェルターとかだったら少しは持つんじゃないの?とも思った。地下深くまで届くっていう凄さに関する「味付け」がもう少し欲しい。たとえば「大統領の入るシェルターの10倍の深さがあっても摂氏300度の高温になる」、みたいな説明があれば、、、ああでもそれを差し込んじゃうと彼女が「洞窟へ逃げなきゃ」って絶対的な意志表示を濁すことになっちゃうのか。

まぁ予言書が「完全に実行される」という展開は珍しいと言えば珍しかったかな。○月×日にあなたは死ぬ、って言われて結局それも避けられなくて、、、。

まぁ予告的には良くできてたと思うけどね。派手な映像もあり、ミステリアスな部分もあり、人気俳優やショタがあって(エロはないけど)、ハッピーとは言いづらいエンディングながら売れ線ファクターは揃えてる感じ。

それでもこれを見に行くくらいならターミネーター4の方がずっといいとは思ったね。

|

« 休日に掃除をする39歳 | トップページ | ドラゴンクエストIX狂想曲 »

コメント

タイトルと関係無くて悪いんですが、オモチャ系だとトランスフォーマーが面白いですよ。
オプティマスプライム(日本で言うコンボイ)が実売5000円、
その他の物は2480~1680円で売ってます。
変形させるだけでも1時間かそこらは遊べますし、ポーズも比較的自由に取れます。
トイザラスにて実物が飾ってあると思うので、一度観てみたらどうでしょうか。

投稿: じあんとー | 2009年7月11日 (土) 10時02分

ばんわですじあんとーさん。クリスです。

オプティマス+ジジイですね!あの合体はかなりソソられました(^^;。

 が、

一方でやっぱりオモチャの満足度って(あくまで自分の中で、ですが)「ワサビ」なんですよね。一気にガツーンと来てスッと抜けてしまうような。その点レゴは一味のようにしつこく価値が継続するって感じ。結局トイは遊ばないと楽しめないじゃないですか!?だから当然価値が下がる。別に投資をやってるわけじゃないんですが、それも楽しさの一員になってるのも否定できないんですよね。

ちなみに僕も昔子供のプレゼントで一個だけ買ったことがあります。黒いトラックみたいなヤツ。最初スゲェ完成度が高いな~って感動していましたが、ロボット形態のかっこよさがやっぱり弱いかな、って思い始めてしまって・・・。

余談ですが、トランスフォーマーってどうして「灰色」を多用するんでしょうね。あそこのパーツがメッキになれば見た目のかっこよさが数倍上がるのに、っていつも思います。価格も上がるでしょうけどそれ以上にバリューも上がるんじゃないか、と。
※例えばオプティマスのタイヤのホイールとか。

投稿: クリス | 2009年7月11日 (土) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/45593995

この記事へのトラックバック一覧です: ノウイング:

« 休日に掃除をする39歳 | トップページ | ドラゴンクエストIX狂想曲 »