« 娘と楽しむマンガ | トップページ | 同窓会とか »

2009年9月15日 (火)

真剣で私に恋しなさい~その3~

ワン子、モロをクリアし、続けてクリスに行く予定を変更して京ルートを選択。ここらでテンションを一旦引き上げておこうかな、というところ。

ワン子ルートはもうほとんどエロ抜きでいいんじゃないの?つかもしかしてもしかしたら最後までナシなの?という展開で、なかなかに熱かった。今回ここまでやってきてとにかく各ルートの差が激しい。たとえば体育祭や修学旅行など大きなイベントが各キャラに用意されていて、メインイベントに向かう下準備というか、世界作りに十分過ぎるほど時間が割かれている。もちろんそこはタカヒロさんらしく手抜きはなく、ルートのキャラを引き立たせるための施策と布石が盛りだくさん。ネタバレになっちゃうけど、ワン子ルートでの源さんのキャラ立てなんかは見ていてとても好印象だった。主人公=プレイヤーに負担を掛けすぎず、でもきっちり気持ちを表に出してきて、結果報われなくてもエピローグでフォローという完璧な流れ。

ただ、ちょっと難癖付けるとしたら、主人公の挙動にもうちょっと熱量が欲しい。「ここは一言入れるとこだろっ!」とこちらが感じる場面でもだんまりだったり、感情的にならなかったり。レオが「流されないと言いつつ流される」タイプだった事に対するアンチテーゼ的意味合いがあるのかもしれないけど、僕的にはやや消化不良。なんつかワン子が選ぶ場面でも、「自分がワン子の立場だったら、ホントに大和を選ぶかな・・・」とか思っちゃうくらいストーリーに対する介在が薄かった。

でもそれを差し引いてもワン子のルートはかなり熱く、クリスのリアクションを含めてもまゆっちの上を行く出来。というか、プレイ時間が延びるに連れて世界観に対する親しみが増していき、結果各キャラに対する思い入れも上がっていったことで、、、接触頻度と好感度の関係みたいな印象の上昇が出てきたのかも。S組をはじめとした脇キャラに対してもかなり馴染んできたし、、、っていうかタカヒロさん的に「この順番でクリアして欲しい」という一応の目安みたいなものもきっとあったんだろうな、とか思うとワン子のルートは割と早めにクリアするところなんだろうな、って感じもしたかな。

セリフでセーブポイントを一つキープしたくなったものもいくつか。とりあえず笑いのツボは人それぞれだから、これ聞いて「失笑」って人もいるかとは思うけど、、、

「090915mazikoi.mp3」をダウンロード

コレは自分的にかなりのヒットだったかな。

モロのルートはリーダーと違ってかなり重苦しいというか、かなりリアリティがあるというか、
※リアルかどうかは実際にゲームの開発に従事した経験があるワケじゃないからわからないけど。
正直スグルとのやりとりのところは結構読み飛ばしてしまった。

別に悪いわけじゃない、、、というか、ある意味凄く興味深い話だったんだけど、正直こういう内容を読むなら、こうしたゲームの中じゃなくて、たとえば事実を元にしたコラムであるとか、実際にタカヒロさんが経験したブログのようなアプローチで見たかったかも。なんか「リアルだと信じたいほどリアリティがあるウソ」ってのが、信じて良いのかウソだと割り切って良いのか自分のスタンスを決めかねちゃう感じだったんだよね。

結局最後は仲間から認められてエンドって感じだったけど、モロの将来に対するフォローは一切なく、その辺も「タカヒロさん自身が感じているソフトウェア開発の不安定さ」を感じさせた。たとえゲームの中でも、ここで気楽かつ気軽にモロに成功者になって欲しくないというか、ある意味マジになっちゃってる、マジにならざるを得ないくらいリアリティを持たせてしまってるって受け取ったんだけど、どうだったんだろ。
※まぁラストは英雄にガス抜きさせたけど。

評価的にはワン子ルートが★★☆。モロルートが☆って感じかなぁ。ワン子ルートは負けたワン子の激情を大和がそれ以上に大きな愛で包み込む展開が欲しかった。キャラ自体はまゆっちよりかなりハードルが低いというか、好みか好みじゃないかと言えば好みじゃないけど、どっちが友達になりたいかと言えば2:8でワン子に軍配って感じなんだけどな。

で、

ついに封印を解いた京ルート。

まだちょっとしかやってないけど、

 最初からデレのなごみんかっ!

ってくらい攻めてくる感じが大変心地よい。もう既に選択前の段階からキャラが立ちまくってるわけで、いわゆるゲーム内のツンデレ(最初はツンツンだけど好きになったらデレデレ)ではなく、世間一般で言う(ホントかよ)、みんなの前ではツンツンだけど彼氏と二人きりだとデレデレみたいな感じのツンデレ。

ところどころに「BL好きの腐女子臭」を散見させるのは、大和が完全なノーマルゆえの「好きな人が困ってるのを見て楽しむ」という感覚であり、独占欲が揺らいでるわけじゃないし、他の女の子との接点に対して100%顔を出してこないのも、あまりにウザいと大和に嫌われるという微妙な乙女心&プレイヤーに対する心的負担の軽減のために仕方ないところなのかなぁと。

ちなみにタカヒロさんの作品では「姉ちゃんとしようよ」で主人公のことが好きで好きでたまらないキャラが出てきていたけど、そのキャラは「その一点のみ」という感じでなんか印象が薄く、感情移入出来なかった。京はその点かなりキャラ立てがしっかりしていて、「好きになる理由」も見えるし、強さも弱さも兼ね備えていて、やっぱり今のところ一番かな。

余談だけど「姉ちゃんとしようよ」のノベライズには全く別のキャラ(見た目的には森羅さまに近い)で「京」が登場するんだけど、その子も主人公に猛烈な愛情を抱いていてかなり好き。つか、中二病の連中はみんな、

 主人公がモテる展開が大好き

なんだよな。八神くんの家庭の事情や人類ネコ科みたいな。

あ、あとこのルートあたりからぼんやりと梅先生の「隙」が見え隠れしてきたのは好印象。あそこまで明確にツンツンだとほんのちょっとのデレ要素だけで常人の数倍の威力が、、、なんかヨンパチみたいなこと言ってるな。

余談だけど今回ボケ担当がかなり充実してるよね。ヨンパチだけじゃなくガクトもスグルも英雄も準も、ある意味冬馬もいい感じに役所がある。ほとんどそれを一手に引き受けていたフカヒレがどれだけ偉大な先人だったかってことはあるけど、フカヒレにはない魅力も出てるわけで。

ちなみにそんな助演男優の中で好きなのは、英雄と準かな。今さらだけど英雄がコゴローと同じ声優だって気付いたらなんか無性に愛着が沸いたというか、コゴローは「身のないバカだから」あんまし好きじゃないんだけど、英雄はちゃんと実力があるから安心出来る、みたいな。

準はもう直球すぎて安心の一言。洋平ちゃんにあった「たくさんの妹」という武器が「ロリコン」に変わっただけでこうまでわかりやすく親しみやすくなるのかって感じ。ハゲというのもわかりやすい。

今後は釈迦堂や三姉妹が出てくると思われるけど、あんまし重くなりすぎないで欲しいなぁという感じです。あ、せっかくなのでちょっとだけ好きなシーンも貼り付けてみました↓

|

« 娘と楽しむマンガ | トップページ | 同窓会とか »

コメント

こんにちは。
マジコイ楽しんでますね。
自分の中ではそういうジャンルは同級生2で止まってるので、最近の動向は詳しくないんですがあのころとは違うクオリティ?

ギャルゲーエロゲーに造詣の深いクリスさんに、DSラブプラスに手を出してもらいたいと思う次第。
エロ無しDSクオリティのゲームに、気づいたら朝の五時で甘く見てました。仕事だと言うのに。
ひさしぶりの恋愛ゲーだから?それにしても本名をボイスで呼ばれるとドキッとします^^;
恋愛から遠ざかってる人にはグッとくるのでは。

トキメモ系が嫌いでなければ、買えとはいいませんが機会があったら^^

投稿: ぐつ | 2009年9月15日 (火) 08時19分

ちすぐつさん、クリスですまいど。

マジ恋面白いですねぇ。陳腐な表現ですが、どんどん面白くなっていってます。ブログでも書きましたが、その世界に対する接触頻度の上昇が、愛着を育んでる感じで、既に折り返しを過ぎてしまった状況ですが、ちとペースダウンしてじっくり楽しみたいかなぁというスタンスにシフトしてますね。

正直エロがあるのは一部なので、それ以外は普通に娘と一緒に楽しめるレベルなんですが、さすがに「ここまで!」という訳にもいかず(^^;。ちと歯がゆかったりはしますけどね。

ラブプラス、かなり評判いいようですね。自分もちと気になってはいるんですが、パラメータゲーが正直苦手なんですよね(ときメモライクなんですよね?)。つよきすやマジ恋みたいにただ読み進めていくだけでいいなら、買ってたかも知れないんですけどね~(^^;。

ちなみに「ギャルゲーで5時」はいたって普通ですよ。止め時が見つけづらいですよね。

投稿: クリス | 2009年9月16日 (水) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/46215365

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣で私に恋しなさい~その3~:

« 娘と楽しむマンガ | トップページ | 同窓会とか »