« 疲れたー | トップページ | 君の知らない物語 »

2009年10月30日 (金)

BAYONETTA~ベヨネッタその1~

今初めてアルファベットで書いたけど「バヨネッタ」って書くのな。まぁいいけど。

さして気負うでもなく適当に起きてヤマダへ行き、予約のベヨネッタを買ってきた。価格はいつも通り15%OFF。おまけのサウンドトラックは5、6曲入っていて開幕からの数曲を聴くことが出来た。

結局音声接続は、、、

360-コンポジット用2分配ゲームセレクター
→テレビ
→液晶

とし、液晶の音声入力に「ステレオミニジャック2分配アダプター」を挿すことで、PCからの音と360からの音を差し替えずに実現することが出来た。

360の映像出力はD端子ケーブルとS端子が同時に挿せるので、ケーブルの根元の切り替えをいじる必要はあるが、あとはゲームセレクターを切り替えるだけで液晶←→テレビの出力を自由に選べるようになった。
※ただしWiiを液晶でやるには、セレクターとD端子-D-subの両方とも差し替える必要があるけどね。

ミニジャック→ピンプラグ×2のケーブルが自宅にあったけど、何だかんだ言ってケーブルや分配機などで余計に4400円くらい掛かった。でもこういう出費は将来的に割と無駄になりにくいとも思うので、何とか自分を納得させることにします。

さて、そんなこんなで接続したベヨネッタですが、

 動画シーンのクオリティが体験版より良い気がする。

気のせいかも知れないけど、なんかPS3版と比べてそんなに画質が落ちてない気がする。そうそうHDDへのインストールは6.8ギガバイト必要です。空けるのに一苦労しつつもまぁ他にそう傾注しまくるコンテンツがあるわけでもないので実行。相変わらず時間は掛かりましたけどね(30分くらいかな~)。

ちなみにインストールした結果、そのプレイレスポンスはほとんどストレスのない物になりました。っていうかこのゲームの場合ロード中にトレーニングモードとして動かせるので、待ち時間もそれほど苦にならないと言えばならないんですけどね。
※ちなみにそのトレーニングモード、右側にコマンドが表示されるんですが、実行したコマンドは、その回数が累積されていく仕様になっていて、ちょっとしたモチベーターになります。PPPKK・Kとか成功数ゼロだったりすると(恥ずかしながら)、思わず僅かなロード時間にもがんばってしまう自分がいたりします(^^。と言ってもあっという間なのでがんばるというほどがんばれはしないんですけどね。

ゲームはPS3と360でプレイ可能だった序盤はほぼそのままという感じで、当たり前のことながら話を進めると貯めたお金を使えるショップが出てきました。ただ、そのショップ、

 手に入れた銃も結構な高額で同時に売り出す。

ので凄く注意。わかりにくい表現で申し訳ないですが、このゲーム、

 ゲーム中にCDを手に入れる
 →ショップの親父にCDを渡す
 →親父が武器を作ってくれる

この時点でタダで手に入るわけですが、装備変更画面を呼び出すまでは「手に入ったこと」がわからず、同じタイミングで陳列棚にならぶ「クローン」を思わず買ってしまうというミスを誘発させました。まぁ僕だけかも知れないけどみなさんもお気を付け下さい。

他にはアクションや消費アイテム、装備アクセサリーなども購入出来ますが、これを全部買うにはかなりの手間と時間が掛かるのは明白。まぁ何百時間も掛からないでしょうし、そもそも最初からかなりの技が使えますけどね。

ストーリーとかはほとんどどうでもいい人間なのでいつもなら見なくても平気なくらいなんですが、さすがに彼女は見た目がイケてるので全て視聴。正直かなり長いところもあって心が折れ掛けたりもしましたが、、、

でもやっぱこういう文法がセオリーというか売れ線なんですよね?キレイなねーちゃんの動画と操作性のいいアクションの繰り返しというか。ベヨネッタには経験値がないけど、お金による育成や回復アイテムがある上に、ベリーイージーの難度の低さはかなりのもの。昔のセガとは思えないほどの間口の広さでグイグイ引っ張ってくれます。

でも正直言うと面と面の切れ目がない、たとえばモンハンの村のような「その世界から引き離されないような仕組み作り」があっても良かったかなぁとは思いました。今の感じはタイピングオブザデッドの面クリア時みたいに「明確な区切り」になっていて、

 止め時が明確過ぎる。

結果続けるのにテンションを要求するんですよ。結局何とかがんばってチャプター5までイージーでクリアしましたが、再開するのに根性が要るかなぁって感じがなくもない・・・。

グラフィックは液晶なので精細感はブラウン管より上だけどやっぱり残像感はある感じ。文字はそれほど小さすぎないのでブラウン管でも何とかなったかも知れないけど、、、まぁ罪罰が来るからこちらは液晶でやっていくつもり。

モンスターのデザインはどことなく斑鳩っぽいというか、天使というより「白系」って感じ?かっこいいかかっこ悪いかとなると正直デビルメイクライとかとあんまし変わらない気がするんだけど、

 迫力はかなりある。

かなりデカい敵がガンガン出てくるし、動きも軽い。体験版と比べて無駄なザコが減ってる気がするし、テンポも(イージーなら)かなりいい。音楽も今までに聴いたことがあるようなフレーズであることが逆にプラスに作用してイイ感じ。サントラも売れそう。

ごく一部にテンポを殺す仕掛けがあるのはどうかと思ったけど、基本的にロードは短く動きは軽く、というチューニングだし、難度の変更も割と簡単に出来るので、

 繰り返し遊ばせるチューン

なんだなって感じ。個人的にはもう少し「2Dドラキュラ寄り」というか各敵ごとにドロップアイテムがあって、、みたいなシステムの方が好みだけど、ベヨネッタの場合は派手な絵作りにウェイトが置かれてるからこれはこれで正解なのかも。

つか子供がゲームやったりのだめ見たりしながら書いてるから集中力に欠ける内容になってるのが申し訳ない。とりあえず初見3時間ほどのプレイでのクリスの評価は★★☆かな(ひいき目なし)。面白いか面白くないかと言われたら面白くないです。連打が求められる場面も多いから結構疲れるし、デモも妙に長くて意味がわかりにくいところもあるし。ただ、地味に稼いでいろんな技やアクセサリーを手に入れたいという気にはさせるし、出来自体は確実に良いと思いますけどね。

ちなみにやっていて僕が一番ニヤリとさせられたのは、フィールド上のスイッチであるレバーを「引くポーズ」。ともすればダサいとしか言いようがないレバーを引くポーズですが、入魂のモーションでスゲェイカします(^^。正直アップで見たいほどでした。
あとはカーステからマジカルサウンドシャワーが掛かってたことかな。

三国無双的爽快感な気もするので、それ系のタイトルが好きな人ならかなり高い満足が得られると思いますよ。

AM1:40です。ちょっとだけ書きそびれたことがあったので補足します。

まず360版は「D5接続していても」「D4までしか対応していない」ので、表示は720pです。PS3版は当然フルHDですから、もし見た目にもっさりとした感じを受ける可能性があるとしたら、「解像度の違いによる処理の重さ」が原因かも。

それと入荷本数のことも書きそびれましたが、PS3版が30本で360が15本とのことでした。軽く調べたところ、2009年の8月末までにPS3がおよそ340万台。360が110万台と3倍の差があるのに対し、この本数は結構検討してると言えるでしょうね。やはりファミ通でのクロレビ満点が効いているものと思われます(僕もその一人だし)。

ただ、PS3の分母は新型とFF13で飛躍的にこの冬増大する可能性がありますから、ベヨネッタのように「当初360ベースで開発」という流れはあまり見られなくなるかも。

個人的にはPS3の方がネット接続の自由度が高く、解像度も上なのでスペックが完全に同じならそっちを買いたいとは思うんですが、だからこそその内容が360に軍配となるハンデを評価したいという見方もあるんですよね。これでイーブンみたいな。

Wiiは他の陣営と一線を画しているけど、PS3、360はがっぷり四つで戦っていって欲しいな~って思います。でないとよりハイスペックな次世代機の登場は望めないですものね。
※スペック至上主義ではないけど、それはそれで興味があるんですよ(^^。

|

« 疲れたー | トップページ | 君の知らない物語 »

コメント

こんにちは、毎日楽しく拝見させていただいてます。

いつもはROM専なのですが、今日の日記でアレ?と思ったことがあったため、コメント欄にお邪魔させていただきます。

解像度の件なのですが、XBOXとPS3の解像度はどちらも720pで、ソフトによっては両機種ともアプコンで1080pに引き伸ばし、という感じではなかったでしょうか。
ps3版ベヨネッタの解像度は1080pというふうに読み取れたもので、違和感を感じついついコメントさせていただきました。

投稿: サシシ | 2009年10月31日 (土) 00時32分

はじめましてサシシさん、ご指摘THANXです。最近なんだかミスが多いというか、あんまし裏付けも取らずに適当なことを書きすぎてることをやや反省しつつもたぶんこれが「老い」というものなのだろうなぁと無理矢理自分を正当化してしまうクリスですども。

解像度は僕の完全に思い込みで、「そこまで鳴り物入りなら当然PS3版はフルHDだろ」というソースもへったくれもない誤報でした。ごめんなさい。
※というかここで謝っているのに「本当のところ」を調べてない辺りが性悪なのですが(^^;。
※でもベヨネッタのPS3版の評判を冷静に考えれば、「同解像度なのにもっさり」、だから不評、ってのは読めて然るべきでしたね。いやはやホントに失敬。

ツッコミは感謝です。コンゴトモ生ぬるい目で見てやって下さい(^^。

投稿: クリス | 2009年10月31日 (土) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/46615071

この記事へのトラックバック一覧です: BAYONETTA~ベヨネッタその1~:

« 疲れたー | トップページ | 君の知らない物語 »