« オリオン座流星群 | トップページ | ゼルダの伝説クリア »

2009年10月23日 (金)

トロピカルKISS

※18歳未満読んじゃダメです。

091023toropicalkiss01 うだうだ言ってた割にエロゲーかよ!と自分で自分につっこんでどうするって感じですが、Twinkleというメーカーの18禁ゲームを始めました。とりあえずなぜコレを?という疑問はスルーして下さい。

自分はとにかくエロというより「明るいラブコメ」、、、ラブコメなら全部コメディだから明るいんじゃねぇの?という方もいるとは思いますがさにあらず。中には「一見ラブコメ」「ラブコメフェイク」「ラブコメ風」が我が物顔で闊歩してるのが実情なのです。たとえば「つよきす2学期」。コレなんかも前作の雰囲気を踏襲してるようでその実ギャグはよくスベるしエロを全面に押し出してるっつーか笑いと脚本の弱さをエロに逃げてるっつーか。

 そういうのは求めてない

わけです。かといって「ふたりエッチ」や「キックオフ」や「BOYS BE・・・」を求めてるかってぇとそうでもない。主人公がモテまくりだけど主人公がモテるのにはワケがあって、かつ笑いにキレがある、、、

 気持ちのいい現実逃避が出来るコンテンツ

を求めてやまないわけですよ休日引きこもりとしては。

マンガでもアニメでもゲームでもなんならライトノベルでももっと言えば「夢」でもいいから何もかも忘れさせてくれるような、、、あ、別に日常が悩みと苦悩と(ほぼ同じだって)息苦しさに充ち満ちてるわけではないです念のため。

 ただ娯楽の時間は有意義に過ごしたい。

っていうか、

 全ての時間を有意義に過ごしたい

わけです。楽しくない面白くないつまらない苦しいムカつくファクターは極力排除したい。特に先日からいくつかギャルゲーをやってみて思ったことですが、

 なんとユーザーのニーズを汲んでいることか!

そう。要するにプレイヤーのパトスの権化であるところのギャルゲーってのは、マンガやアニメと比べてニーズが強力に細分化されている。もちろん一つのゲーム内にいろんな属性の女の子が出たりはするが、それでも、例えば陵辱モノと学園モノは全くクロスしないように、棲み分けはしっかり出来ていたりする。

もちろんそれはアダルトビデオでも同じと言えば同じなのだけど、あっちはもう「女優の魅力が9割」みたいな世界だから、そこにフックしない人からしたら魅力は激減。もっと言えばあまりに即物的過ぎて僕が今望むニーズとはズレが生じてたりもするんだよね。

アニメやマンガのように「助走」にストレスが溜まることもなく、AVのようにわびさびのない直球でもない。最近やってるギャルゲーによく出てくる言葉だけど「2次元の世界」というのはあるなぁとシミジミ感じる次第。いや別にそれが全てとかそういうんじゃないけど、

 ここのぬるま湯さは予想以上にスゲェよ

という話。

昔はたぶん前述でいうところのAVみたいな位置づけだった頃、要するに「ネタ」としてギャルゲーをプレイする、「ネタの対象としてのみその価値を見出す」時代もあったとは思うんだけど、ぶっちゃけ最近やってるヤツ、あとラブプラスとかもそうだけど、

 別にエロはさほどでもない。

って思うんだよね。マジ恋とかもクリスを中心に10本以上動画を録画したんだけど、
※ネタバレが過ぎるからアップは出来ないけど。
その全てがエロ抜きだからね。もう一回見たいシーンってそういうシーンじゃない。少なくともギャルゲーでもう一回見たいシーンはそうじゃない。

例えば「みゆき」や「タッチ」でももう一回見たいシーンって別に入浴シーンとか水着とかパンチラじゃないじゃない?当たり前だと思うかも知れないけど、心に残る場面ってのは、

 その作品に自分が一番求めていた場面

だと思うわけですよ。「めぞん一刻」なら「ヤってる」場面じゃなくその翌日の響子さんの笑顔だったり、「のだめ」だったら千秋が「モテてる」場面じゃなく演奏や指揮をしてカタルシスが爆発してるところだったりする。

何を弁解してるんだよ、と思うかも知れないけど、最終的に自分の嗜好に対して把握がしっかり出来てくれば、そのニーズに応えるコンテンツってのはどんどん洗練されシェイプされていくと思うわけ。ぶっちゃけ、

 早送りと早送りの間に自分の求める答えがある

ってこともないではないと思うわけ。
※これは極論だけど。

だからそういう点ではマンガはかなり便利つか効率がいいんだよね。「不味そうなところ」をあっさりとカットして先に進んだり、不鮮明になったらすぐさまリプレイ出来たりするから。でも、

 そもそも美味しいところばっかりならそうした手間もいらないんじゃないか。

と思ったりもする。青過ぎる中二病全盛期の頃の僕への「BOYS BE・・・」なんかはまさにそういう感じだったんだけど、
※他に「みやすのんき」とか「遊人」「森山塔」「よしかわ進先生」「弓月光先生」の作品なんかもそう。
今の自分だと割と「ツボに入ったギャルゲー」ってのが当てはまるのかなぁって感じ。いやだから弁解してるわけでも正当化してるわけでもないんだってば。
※まぁわかってもらえる人の方が少ないとは思うけどさ。

で、そんなあきれ果てるほどの前置きのあとこのトロピカルKISSの感想なのだけど、、、

 非常に良い!

と言わねばならない。

確かにマジ恋やつよきすほどの「風格」はないが、ギャグのキレは僕のツボに対して十分心地よく、鈍感な主人公はデフォだし5人の女の子の属性分けもシンプルでわかりやすい。こういうのはBLでいう受けと攻めがわかりやすいのと通じるのかも知れないな。

絵的にも前回プレイしていた「フォルト!!」のTonyさんほど、、、
※余談だけど自分の中で「先生」「さん付け」「呼び捨て」に明確な格付けがあることをみなさんはお気づきだろうか。いや別に余談だけど・・・。
絵に魅力はないし、エロに対しても、、、

 っていうかまだエロシーンまで行ってません。

それでも「十分過ぎるほど面白い」と感じてる自分がいる事実。重要なのは自分が何にどう魅力を感じてるか、でしょう!
※念のために申しますが「絵の魅力」はTonyさんほどではないだけで、個人的には他の多くのギャルゲーよりずっと好きだったりします。

つかいきなり余談だけど、こうしてギャルゲーに一方ならぬ興味を喚起させられたのは、マジ恋絡みで買った「BUGBUG」の影響がデカいかもな~。なんか他にも僕が知らないだけで面白いゲームとかあるんだろうな~って思ったもの。それ(面白いゲーム)って別にDSだろうとPS3だろうとエミュでやるレトロゲーだろうとギャルゲーだろうと関係ないんだよな。要は自分の価値観にフィットしてるかどうかってことだから。

閑話休題。

ストーリーは半ば喧嘩別れするように家出した主人公がプールやカジノ風アミューズメントなどを複合したテーマパークで寮付きのバイトを始めたら、そこには「初恋の人」がいたり、直前まで暮らしていたアパートの隣人であり「初めての人」が来たり、家を出るきっかけのひとつとなった「初めて告白してフラれた人」や、アパート生活中のバイト先で「初めて告白してくれた人」などが来て、、、

 要はモテまくる話。

重さはほとんどなし。
※途中妹絡みのエピソードで涙がポロリと来ちゃったけど、極力重くならないような相づちが入っていたし、まぁほどよい色づけという感じでNO問題。
主人公以外にモテる男は出てこなくて、脇役はマジ恋のスグル並に2次オタ
※見た目も性格もこっちの方が好感が持てる。つかスグルは見た目が悪かったよな。
メインの5人以外は溺愛する妹と他に二人くらいしか出てこない。

 なんつか居心地のいい優柔不断な状態がずっと続けばいいのに。

と良質な世界に共通して感じる期待感を思わず抱いてしまうほど。

タイトル的にはあんましメジャーじゃないと思うし、プレイヤーによっては魅力の薄い世界、設定、キャラと映るかも知れないけど、「明るいラブコメ」を求めていた僕にしてみれば、(その風格やシステム周りの完成度を考慮しても)★★★★。現在はAMAZONで品切れしてるし、価格もそれほど安くはないけど、絵を見て抵抗がなく重くないラブコメが遊びたいって人には普通にオススメできると思いますよ(^^。

↓ホントはみんなの告白シーンを貼り付けようと思ったんだけど、残念ながら時間が10分を超えてしまってNIFには無理だったので、ちょっとしたワンシーンをば・・・。

|

« オリオン座流星群 | トップページ | ゼルダの伝説クリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/46552193

この記事へのトラックバック一覧です: トロピカルKISS:

« オリオン座流星群 | トップページ | ゼルダの伝説クリア »