« トロピカルKISS~その3~ | トップページ | 復活の日 »

2009年11月10日 (火)

天使と悪魔

ダヴィンチコードは旬が随分と過ぎてからの視聴だったので、今回はもちっと早く、ということで観てみました。正直前作は一周回って「思ったよりずっと面白かった」という着地点だったので、今回も期待していたのですが、、、。

まず天使と悪魔の話をする前に、少しだけ前作のことに触れておきます。
ぶっちゃけ僕は原作を読んでおりませんし、キリスト教だとかバチカンだとかにはてんで疎いです。わからない単語だらけだし、ところどころに作者(もしくは監督)の陳腐な展開が鼻についたりしたし・・・。

ただ正直な話、「本当に陳腐かどうか」は僕にはわからないんですよね。細かなディティールに対する理解が薄いわけですから。僕が言いたいのは、

 高尚な見せ方をする割に陳腐

という話。テーマや映像、広告展開があまりに派手で、ともすれば歴史の証人とか、真実が明るみに、みたいな
※あくまで僕がそう感じただけで、そんなことは一言も言ってない可能性大です。
ふれ込みの割に、要所要所でかんに障るというか、ツッコミどころがあるというか。

 天使と悪魔もそんな映画でした。

僕はあんまし頭がいい方じゃないので、、、少なくとも推理小説やサスペンスを読み慣れていないので、展開について行けないというか、二転三転するストーリーに簡単に翻弄されるタイプなのですが、これがしっかりと物語に引き込まれた上で「気持ちよくもてあそばれる」のか「疑問を抱えたままあっちこっち転がる」のかは大違い。要するにこの映画は、人によって全然感想が変わる、そういうタイプの映画だと言いたいワケなのです。

 分かる人、知ってる人、読んだ人、、、

立場によって見えるものが変わる。まぁそれはテーマそのものが奥深いからこそ為せる、いい意味での構成だとも言えるんですが、まぁ日陰に入った者からしてみたらそう大層な物語には見えないわけで、、、。あくまで個人的な視点から見終わった感想だけ言うなら、

 前作のが面白かったかな。

って感じでした。もちっと言うと、「ルパン」や「ナショナルトレジャー」の方が僕みたいなオコチャマにはちょうど良いというか、トムハンクスはやっぱり今ひとつ好きになれないなぁというか・・・。
※ロン・ハワードに関しては以前何て書いたかよく覚えてないんだけど、「名前が売れてる割に」自分が好きな映画は少ないというか、観た映画が少ない監督だったりするんですよね。「コクーン」「ウィロー」とあとは「ダヴィンチコード」くらいで、「バックドラフト」も「アポロ13」も「身代金」も観ていません。「スプラッシュ」はきれいな人魚ちゃんが出てきた映画ですが、ふと気になって検索してみたら、

 ヒロインダリル・ハンナは現在48歳・・・。

091109darillhanna 思えばこの作品にもトム・ハンクスが出てたんだなぁってこと以上に時の流れの哀れを感じてしまいました。ウィキペを見ると、彼女ぶっちゃけ魔女みたい・・・。

 閑話休題

そんな天使と悪魔でしたが、一点かなりグッと来たところもありました。それは、

 殺し屋がスゲェクール!

マスクこそさほどでもありませんが、その身のこなし、銃の扱い、セリフ、どれを取っても一級品の悪役。コラテラルの時のトム・クルーズを彷彿とさせるというか、やはり殺し屋に余計な言葉は要らないというか、もうその仕草にウットリ。出演時間は僅かですが、

 彼の為に借りてもいいかも、

というくらい素敵な殺しぶりを見せて貰えました。ただ最後はなんだか腑に落ちない死に様でゲンナリでしたけど。

まぁそれ以外は全体通してさほどピンとくるところもなく、
※一箇所だけ「こけおどし」がありますけど。
※「こけおどし」=いきなり大きな音を鳴らせて驚かせるやり方。
アクションシーンは多くなってるけどそれ以上にかんに障る固有名詞も多くなってる(気がする)し、さっきも書いたけどツッコミどころも凄く多いと思うので、、、
※もう忘れかけてるけどとりあえず4人の枢機卿の最初のひとりに関してはスゲェイラっと来た。「8時に処刑」っつってるのにほんの数分後の発見でなんでネズミがたかってんだよ!って感じだった。

あ、でもユアンはなかなかいい演技だったかも。彼は「青臭い役」をやらせたら結構右に出る者はいないんじゃないかってくらい「若造」が似合うね。年齢的には僕と同学年(歳はイッコ下)なんだけど、絶妙な情けなさと未成熟を感じさせる熱い演技にはホント上手く乗せられる。決してかっこよさとか魅力がある役回りじゃないし、主役は似合わないと思うんだけど、この作品ではなかなかよかった気がする。
※だから逆にスターウォーズエピソードIIIのような「重みのある役」はスゲェ違和感があるんだよな。ぶっちゃけ「しゃらくせぇ」感じがしちゃって。

ホントに興味がある人は映画館に足を運んでいると思うし、DVDを借りるような人でもウチのブログに興味があるような人はいないような気もするので、正直この感想が常連さんの目に触れる、もしくは感想を読んだ上で映画を見ることはないような気がするんだけど、とりあえず評価は★★ってとこかな~。最後まで眠くならなかったのはよかった。まぁ知識と教養のない人間の感想ですヨ(^^。
※つか貼り付けた画像が天使と悪魔に全くと言っていいほど関係ないってのはどうなんだ?

|

« トロピカルKISS~その3~ | トップページ | 復活の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/46723674

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔:

« トロピカルKISS~その3~ | トップページ | 復活の日 »