« ガンダムのはなし | トップページ | 仕事PC購入に向けて »

2010年1月16日 (土)

ファイナルファンタジー13~その、、あの、、いくつだっけ?~

ジルニトラというヤツを討伐。「は?誰それ?」という人も多いかとは思うけど、とりあえず討伐。忘れないウチにとりあえず覚え書きしておく。

・開幕DEF、EN、JAMで少しでも相手の防御を下げる
・DEF、AT、BLで地味に削る
・HPが減ったら即、DEF、ヒール×2で回復
・もうすぐブレイクするな~と思ったらDEF、EN、JAMにして防御を下げ直す(この時点ではたぶん効果が切れてるから)
・ブレイクしたら運を天に任せてアタッカー×3

装備は、

ファング ロイヤルガード★、月虹のアンクレット★、チャンピオンベルト★
ニング 月虹のアンクレット★、パワーグローブ★×2
ヴァニラ ロイヤルガード★ 月虹のアンクレット★ ウィザードシンボル★

チャンピオンベルトはアダマンタイト使って磨き上げ。ロイヤルガードはさすがにダークマターを使うほどの贅沢は出来ず。月虹のアンクレットはまぁ灰チタン石だし3個あってもいいかな、と作成。この戦闘の為に使ったお金は約47万くらい・・・。使ったと言えば使ったし、A級ミッションをこんなもんで倒せたならまぁいいかと言えばまぁいいかって感じかな。

・・・

さて、久々のFF日記になるわけですが、いろんな意味でいろいろ状況が変わっているとも言えるし、変わってないとも言えます。まず、

 シナリオを進めました。

いい加減稼ぎ飽きたというか、このままだとここで骨を埋めることになりそうな気配濃厚だったので思い切って潜り始めたわけです。深い深い海の底へ・・・。

シナリオを進めるのは本当に苦痛で、キャラが育ってなければ(戦闘で苦労するハメに陥ったとしたら)とてもじゃないけど心が折れてたんじゃないかというくらい辛かった。相変わらず選択肢のない展開とかんに障るセリフのオンパレード。理解力の乏しいジジイにはもうファルシとかルシとかどうでもいいです。
※あ、でもヲルバ郷のラストダイスリーに向かうシーンは今までの画面中でも出色の風景でちょっと心が奪われました。「アートになってる・・・」って感じで。

 で、何とかクリスタリウムがLV9に。

カンストしてたCPを全て投入してもマックスにはならなかったけど、まぁそこそこ強くなった実感を得たので、そこからきびすを返してグランパルスに戻ってみると、

 以前起きてなかった子達が目覚めてる

手始めにテレポからほど近いAランクミッションを起動した次第。つか告白するとLV8の頃にジャボテンダーに辛酸ナメさせられて結局倒せなかったりした苦い思い出があったりもするんだけど、

 なんつか倒すモチベがなかった

って感じ?なんか考えるのが嫌になったよボク・・・。って感じ?正直言って今回のジルコニアだっけ?偽ダイヤ、意外と工業製品に使われてる人工ダイヤなんだけど、なんか「ダイヤ」ってだけでそれが人口でもなんかちょっと価値があるような気がしない?僕だけ?あそう。

 あれからイッコもトラペゾは出ておりません!

代わりにちょっとずつ溜まったプラチナインゴットが14個(含むバクティの贈り物3個)。新しい武器(他のメンバー)を育てる気にもならなかったので、だったら防具でもと、長期的に見てあまりに高額なインペリアルガードは全員分は無理だろうから、その入口だけでも、と私財を軽く、フリスビーを10mくらい飛ばす感じでなげうって磨き上げ。まぁこれでどれだけ強くなったのかは正直わかんないんだけどね。
※倒した直接の要因はDEF中心の組み立てだったような気がするし。

でもまぁなんつの?

 楽しいと言えば楽しいかなぁ

って感じ。素直じゃないと言われるかもしれないし、言われないかも知れないけど、いや、たぶん絶対間違いなく「言われない」けど、どうせオレのことなんてどうなったって構わないと思ってると確信してるからどうでもいいっちゃどうでもいい話なんだけど、

 勝っても何も貰えないような戦闘

ではやっぱり意味がないんだよな。「疾風の指輪」貰いました、、、ってこんなゴミ貰って喜ぶヤツぁいねぇよ!でもまぁ倒した事自体は悪くない。悪くないが、

苦労して倒したとか全然意味なくない?「右の手を左の胸に当ててごらんなさい。あなたの心の中に確かに記されているでしょう?」はぁ。まぁ言われてみればそんな気が、、、
 するかボケ!

なんだかあまりにもありきたりなリアクションを書いたことで逆に「クスリ」と、あ、これはドラッグという意味のクスリではなく、ニヤリよりも小さい、かといって「ほほえむ」よりは強い、図にすると、、、

 ガッハッハ>ワッハッハ>ニャハハハ>ウフフフ>フフフン

って感じで、意外とウフフは低いことがわかりますね。いやむしろ「ニャハハ」というのは日常まず見ることがない「レアスマイル」であり、現実問題あだち充先生のマンガくらいしか出自はないのではないかという気もしないでもありませんが(

編集部注:正しくは「ムフフ」)、それを言うなら「ガッハッハ」というのも同じくらい、、、ぐぅ・・・はっ!寝そうだった。どんまい。

とにかくキャラはまたもレベルキャップに近づいてきたので、強くするにはダークなマターを買うしかない。高い、高いよパパ。でも、どうしてもっていうなら、いいよ、、、なんだかキャラが二転三転してる気がするけどNO問題。なぜなら眠いから。今、

 また4時半回ってるから。

クリスめホントに学習しないヤツだな、また体壊すよ?明日は、つか今日はかなり冷えるって言うし、っていうか

 たぶん外は雪。

でもね、聞いてよ、明日はお仕事休みなの。だから少しくらい夜更かししたっていいよね?ね?んもうじゃあ少しだけよ。やったー!ありがとうママ大好き!「」も使わない手抜き会話モードってどうかな。ダイジョブかな。「ダイジョブ」って誤って「ダイジョビュ」って書くだけでなんか少しエロくなるな。気のせいかも知れないけど。

閑話休題。

とりあえずこのまま地味にミッションを消化したり、適当にお金稼いだりしていこうかなって感じ。別にコレと言ってやりたいことがあるわけでもないので、クリアを急ぐってこともないし、水面をプカプカ浮いてるだけのプレイならFF13も全然苦じゃないしね。
※そんなにツライならやめりゃいいのにな。

ここで一旦筆を置きます。ちなみに今は1月14日の未明。既に小さなネタだけど今日の夜の分まで書いてあるので、これがアップされるのは16日の0時1分の予定。それまでまだ時間があるので、もう少しFF遊んでみてもし変化があるようなら書き足します。今のところ▲△くらいの内容でしかないけど。期待はするな。っていうか期待するもなにもまだアップしてないんだから誰も読んでないんだよな。ダイジョブかこの独りぼっち。まだ大丈夫。たぶん大丈夫。

・・・再開していろいろやりました。以下愚痴ばっかしです。

ミッションをいくつかクリアしたりとか、
防御系のアクセをいくつか強化したりとか、

それだけ。ぶっちゃけジャボテンダーが倒せなくてなんだかもう嫌になってきました。さっさとクリアしてクリスタリウムのレベルを10にすればこんなに苦労しなくてもいいのでしょうか。でもそれってみんなが普通に歩む道っていうか、言うなれば「順番通り」であり、オーパーツでもミッシングリンクでも何でもないというか、例えがあってるかどうかよくわかりませんが。

あーーーもう止めたいな~~~。グランパルスに出てきたあのデカいモンスターと戦いたい気持ちもないではないけど、今のままじゃどうせ倒せないだろうし、何度か書いてることだけど、

 小、中、大それぞれのモチベーターがあって初めて傑作たり得る

というのが僕の持論故にこのFFの

 極小のモチベーターしかない

チューンは何とも魅力薄。つかAクラスのミッションモンスターってさ、キャラが弱い状態で倒さなきゃならないわけじゃない、強くなってから考えて倒すように作られてるくせに、弱い状態でも戦えるように出てくるじゃない?あれって「今でも倒せる」ように作ってあんのかね?でもまぁいいや、倒せるように作ってあったとしても、

 もはやそれはパズルのごとし。

って感じで、戦術シミュレーションのような緻密な戦略と計画の上にのみ勝利は訪れるって感じなんだよね。ある意味ゼルダみたいというか、疲れちゃうというか。まさか「ラッキーブレイカーがあるからどんな敵でも★5が取れますよ」なんてことを言うとは思わないけど、普通に戦って(スニークとか召喚とかなしで)全部の戦闘で★5が取れるように出来てんのかね。なんだか異常に厳しいタイムのときと、バカみたいに長い時があって、これもまた萎えるというか、

 まぁまた面白くなくなってきた。

ってことが言いたいわけですよ。頭も痛くなってくるというか、なんだかいろいろどうでもいいというか。

とりあえずさっさとクリアした方が絶対良さそう。その上でまだモチベのかけらが残っているなら続きをやればいいかな、と。つか今回のFFってクリア率どのくらいなんだろうな~。あんまし(過去の作品と比べて)高いようには思えないんだけど、、、。

|

« ガンダムのはなし | トップページ | 仕事PC購入に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/47292686

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルファンタジー13~その、、あの、、いくつだっけ?~:

« ガンダムのはなし | トップページ | 仕事PC購入に向けて »