« 感動した動画 | トップページ | 欲しい物についてふと考える »

2010年2月 4日 (木)

グラボの話を少々

最近地味に小さなネタが重なってるので、油断すると3日くらい先までストックが溜まってしまったりして、それはそれで鮮度が悪くなりすぎる感もあり、適当なタイミングで吐き出していくことにする。つか、

 そんなに書く必要が果たしてあるのか

という命題はあるのだが、まぁいい。未来の自分、いや、今の自分が書きたいから書くのだし、たとえばその行為が、映画やアニメを見たり、ゲームをやったりという娯楽以上に自分にとって価値があると思えばそれで十分な理由なのだから。

で、今週と先週の週アスに載ってたグラボの話。

最近じゃGTS100なるNVIDIAの最新グラボが発表になったりしてるようだけど、所詮貧乏人の僕にはそんな雲の上の話はどうでもいい。7万円以上する5970が品薄とか800Wクラスの電源を新設しなければ動かないGTS295みたいなのは僕には過ぎたオモチャなのだ。

ただ、先日買ったGTS250がどの程度のスペックだったのかというのはいまさらではあるが興味がある。買った直後に自分の選択が間違っていなかったと思いたいというのは誰しも理解の及ぶところであろう。

で、先週の週アスでは菊タローがGTS285のグラボとCorei7かなんかのCPUでFFベンチをやった話が載っていた。当然OSは7で、その他諸々環境も違うのだけど、

 ベンチの結果は10800だそうな。

ふむ。構成としてOS込み18万の新造PCと10800円のグラボを足した3年か4年前のPCでどの程度の差があるのか非常に興味深い。早速僕もFFベンチをやってみた。やる前の予想では「6400くらいかな?」というところだったのだけど、

 結果7781。

っていうかこれは非常に良くないか?いや自分の選択がどうというのではなく、週アス実売価格35000円もするGTS285の載ったグラボにメモリを8ギガも積んだi7の最新PCと、10800円のグラボにCPUはCore2_6400の2.13Ghz。メモリ2ギガのPCで、このスコア差は少なすぎないか?という話。

続けて週アスを読んでみても、

実売3万オーバーのハイエイドはともかくとして、16000~27000円と称されるミドルクラスのRADEON5770、5750、GTX275、GTX260と比較して、11000円のGTS250は本当にハッタリ抜きで大健闘なのだ。

比較に用いたソフトは、モダンウォーフェア2、レフト4デッド2、バットマン、バイオハザード5の4本なのだけど、全てFPS比較で、通常設定、最高設定で調べられた表が載っていて、↓
100204
この表の上の段がそのデータ。通常60フレーム出ていればゲームとして必要十分と言われているらしく、GTS250は通常設定であれば全てのタイトルをクリアするも、バットマンとバイオ5でそれを下回っている。でも注目して欲しいのはむしろ下の表で、

こちらは僕が勝手に計算した「価格÷FPS」を表にした物。要するに「1フレームレート辺りいくらか」の表なのだけど、

 GTS250は全ての項目で一番

もちろんハイレゾで遅延なく最新のFPSを遊びまくりたいという人には、「そんなのくだらない」と一蹴されるでしょうし、もとよりCPUは2世代以上前のものであるからして一概に比較できないのは重々承知の上ではあるものの、

 コストパフォーマンスという点に置いて、GTS250がそれなり以上に優位である

ことはこの表からも明らかなのではないかと思う次第。繰り返しになるけど、最新のゲームを高解像度ハイエフェクトで遊びたいならそもそもこんなミドルローのグラボは選択肢にないのであるし、僕だってそこまで望んじゃいない。重要なのは、

 自己満足出来るちょうど良いライン

だったのだなぁという話なのだ。

ちなみにグラボそのものの説明には「従来二つ必要な補助電源が1つで、基板が小さく」みたいな話が書いてあったけど、とりあえず自分が買った玄人志向のヤツは、

 グラボ側の補助電源端子は確かに1つだけど、それが分配されて電源側に二つ挿す必要はあった。

というのは(前書いたかどうか忘れたので)触れておきたい。これって「補助電源1つ」ってことなんですかね。っていうか「補助電源が二つの物は電源側の白い4ピンだかの端子が2×2で4つも必要」ってことなんですか?

まぁよくわからなくてもそんなのしばらく買うこともないからいいですけど。

正直PhysXもたぶん効かないし、DirectXもXPだから9までで11だ10だという次世代のグラフィックがどういうものなのかもこのグラボ、この環境からは想像もつかないけど、とりあえず

 Geforce7900GSくらいのグラボの方で、PCゲームを多少嗜む

くらいの方には、かなりマストな選択肢なのではないかなぁと思った次第でございますよ(^^。ああ自己満足自己満足。

|

« 感動した動画 | トップページ | 欲しい物についてふと考える »

コメント

クリスさん、こんにちは。
 実は僕も昨日、グラボを通販で買い換えました。
値段と性能のバランスを重視する点で共通点が多く、非常に共感しました。
 Windows7に対応していなくても、現行のゲームが安くで快適にできれば良いので(OSはXPです)型落ちのグラボは有りだと思います。
 ちなみに買ったグラボは玄人志向のRH4870-E512HW2 (PCIExp 512MB)で、お値段は送料、代引き手数料込みで¥13,660
値段も3D性能もGTS250と重なる部分が多いです。
参考http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20091224091/
ちなみにモンハンベンチが3304→7104まで上がってストⅣも1920*1200の最高設定でAが取れるようになりました。
 欠点はPCIE用6ピンを2本要る所とカード全長が242㎜でハードディスクと配線の取り回しに難儀するところです。

投稿: じあんとー | 2010年2月 4日 (木) 08時35分

ちすじあんとーさん、クリスですまいど。タイムリーに買い換えてる人がいるとなんだかちょっと嬉しくなりますね(^^。

自分も同じ1920*1200設定でやってみましたが、

・モンハン 6488
・ストIV B

でした(^^;。価格が僕の方が安い(-2860円)ので全然不満はないのですが、
※もしこれで僕の方がよかったりするとそれはそれでバツが悪いし(^^;
RH4870というグラボは選択肢になかったので、そこがちょっと気になったりしたりして。
ただまぁ僕が決めた要素の中には、ゲームタイトルでnVIDIAって表示されるヤツが結構あるじゃないですか?なんかあれで「nVIDIAじゃないとダメなのかな・・・」って思っちゃった素人思考もあったりするんですよね(^^;。

なんにせよ、買うならこのくらいのミドルで十分って部分ではとても納得できるところではありますよね(^^。たぶん次に買う時も同じくらいの価格帯で買いそうな予感です。

余談ですが、グラボって2スロ占有になってからしばらく経ちますが、最初出たときは「なんだコレわ!」って思いました。どんだけゴツイんじゃい!と。でも今はそれが当たり前で、長さ5970とか27cm以上ですもんね。このまま行くと

 グラボだけでWiiくらいの大きさ

とか出てくるのかも。

まぁまずは3スロット占有からでしょうけどね(^^。

投稿: クリス | 2010年2月 4日 (木) 21時47分

クリスさん、こんばんは。
 ゲーム専用ならnVIDIAもありだったんですが、HD3850からの動画再生支援が棄て難かった物で・・・。
 4GamerでもHD5770ではHD4870をDirectX11と省電力以外の部分3Dでは越えられないと書いてあって、じゃあいくらなんだと調べたら\11,980が目に飛び込んできた物でして・・・。
 届いた実物は、ヒートパイプの飛び出たオバケでした(笑)
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1350
 でもFFベンチはやはりnVIDIAに最適にチューンされているようで、HIでスコア4300程度でしたヨ。

投稿: じあんとー | 2010年2月 4日 (木) 22時23分

ばんわですじあんとーさん。まいど。

動画再生支援・・・。言葉だけは聞いたことがあるんですが、とりあえず今のところ見ようとした動画でそれほどコマ落ちが気になるものがなかったので、
※7900GS環境で。
全然考えていませんでしたし、正直ピンとこなかったり(^^;。

でもやっぱ接続が一番ハードルが高かったですね。とにかく(今でもですが)補助電源ってのがよくわからなくて、本当に画面に結果がフィードバックされるまではガチでおっかなびっくりでした(^^;。

>見た目

サイバーでいいじゃないですか(^^。つか僕はグラボの見た目はどんなんでも肯定しちゃうんですけどね。


>FFベンチ

お心遣い感謝です(^^。でも5770だとnVIDIA最適チューンでも凌駕してくるって書いてあったので、4870のアーキテクチャがじあんとーさんの仰るとおりだとすると、そのグラボはかなりお値打ちってことになりますね。僕も知っていたら迷ったかも。っていうか、

 絶対迷いまくったな!

と思ったりですよ(^^。

投稿: クリス | 2010年2月 4日 (木) 22時47分

クリスさん こんばんわ(*^▽^)/★*☆♪

ー11℃&吹雪が辛い1日でした。
まぁ、建物の中はどこも25℃前後なんですけどね。
寒暖の差が(笑)


ちょこちょこクリスさんにもお話ししながらも、まだ迷っているPC購入。
資金不足というわけではないんですけどね(・・;)
PS3は、とりあえず購入しることにしまして、PCを買い換えるかで悩んでいたところでした。

で、記事読んで閃いたのがグラボのみの買い換え。
ネトゲに限っては、CPUよりもグラボの効力のほうがが高いと聞いていたので、core2QUADは据え置きで、200台に変更しようかと。

今のがGe9800GTX+なので、200台のどれにしようかな…
せっかくだから、最新?
いや、記事にある通りコスパも大切か…

みたいな自問自答の末、FFベンチマークを今のPCでやってみて、結果を比較して考えようと。

けれども、そこで予想外の展開が。
highでスコア10500!?

何がなんだかわからない状況に(笑)
ベンチが全てじゃないにしても、最新と近似値となると、買い換えのモチベーションがガクッと落ち込みました。

知識が足りない部分も手伝って、難しいところです。
200台は9000台の完全上位互換なはずですし。
OSがXPだから?
う〜む…

もうちょい調べてみます(^_^;)
とりあえず、ドスパラのゲームPCを素直に誉めるべきなのでしょうか。

謎は深まるばかり…


ではでは(o・・o)/~


@レスは都合の良いときで全っ然、大丈夫ですよ。
そこまで気を使っていただくと、かえって恐縮です(・・;)

投稿: orugan | 2010年2月 7日 (日) 05時12分

「絶対零度の国からこんにちは」という感覚を受ける北国の男oruganさんこんにちは、クリスですまいど。つかそれ僕には生きて行けそうもないですね(^^。だって「吐く息が白い」だけでも死にそうですもの。まぁ室内の温度は18度でも割と平気なんですけど、、、<これは別に自慢にならないのを承知で書いてます。

>グラボ

9800GTX+は全然選択肢になかったですが、そのスコアは凄いですねぇ。っていうか買われた時はかなりの額だったんじゃないですか?と思いつつ、さすがFPSに傾注していたと明言されるだけのことはありますね。でもちと他のスコアも気になるところです。
※モンハンベンチとか3DMARK06とかストIVベンチとか。

ただ、ぶっちゃけCPUの弱さも手伝ってるかなぁとも思うし、もっと言うと、最近見たバットマンアーカムアサイラムのnVIDIA用PhysXエフェクトをフルに堪能しようとすると、結局多額の出費を余儀なくされるんだろうなって話になってしまうんですよね。
ボードだけじゃなく、電源もへたすりゃケースとかCPUも変えないと、みたいな話になってくると。

でも実際自分の状況でそれはないわけで、だったら取捨選択でどこに力点を置くかってことになっていくわけで、、、。

僕は7900GSだったからGTS250で必要十分でしたが、個人的に、あくまで僕個人の意見としては、

 Geforce100番台まで待っても良くない?

って思ってしまいました(^^;。現時点でいくらになるか想像もつきませんが、CPUのクロック自体は劇的な向上を感じませんし、CPU以上にGPUの影響力が大きい昨今のゲームですから、

 新PC構築用の費用を全てGPU&電源に割いてGF100を買う

ってのもアリなんじゃないかと、人ごとだから言えるんだよそんなことは!<(^^;

まぁ後悔しない選択をして下さいってのが何より僕の言いたいことなわけです。余談ですが、oruganさんは結構な長さでウチのブログを読んで下さってますが、こんな僕でも楽しめるFPSとしたらまず何を挙げますか?それを僕がバッサり「合わない」と斬ってしまう可能性があるので、それ前提という無茶な質問ではありますが、、、。

ちなみに今ブログでは触れていませんが、ボーダーランズをずっとやっています。かなり面白いと思う反面、狭い空間での唐突な戦闘に「怖くてチビりそう」になったりもするわけで、やっぱり合わないかなぁと思ったりしつつも新しい武器を探してさまよい歩いたりもするわけで、、、。でも希代の名作の誉れ高いハーフライフ2ですら最後までやり続けられなかった男ですからね。ぶっちゃけ僕に勧められるFPSなんてないのかも知れませんね(^^;。
※シリアスサムとか名前がなんか変という理由だけでやってないですし。

投稿: クリス | 2010年2月 8日 (月) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/47467686

この記事へのトラックバック一覧です: グラボの話を少々:

« 感動した動画 | トップページ | 欲しい物についてふと考える »