« 密度と充実と飽和と | トップページ | 4Gamer »

2010年3月 3日 (水)

エストポリスDS~その3~

いにしえの洞窟に入って早10時間、どっぷりかつ地味なプレイを継続し、キャラはかなり強くなった。

とりあえずの目標としてハイデッカを除く4人のメンバー
※ハイデッカよりあとに入ってくると思われるキャラも当然除く
に青武器青防具を装備させることを掲げていたが、最後の一人セレナの武器をつい先ほどよやっとゲット。他の4人の武器を手に入れてから実に7時間くらい掛かっての入手だったのでため息もひとしお。つか、

 マキシムとティアだけで99%戦える

要するにこの二人だけ特に強い武器を手に入れてしまった&攻撃がしやすいので、基本この二人を中心にした戦闘を組み立てた次第。

具体的には、、、

今の時点でのいにしえの洞窟は30階までしかないので、とにかく30階まで到達すれば確実に帰投&ラストでアイテム売買→魔石強化ができる。
※不要な魔石を青魔石に出来るだけ合成して終了したいので、不要アイテムを売ってその資金にし、磨く。洞窟では通常プレイ時に掛かるコストの10倍もぼったくられるが、どのみち持ち帰ることが出来ないアイテムたちであるからして、容赦なく売却してわずかでも魔石強化の足しにでも出来れば御の字だ。

30階までに出現する敵で厳しいのは何と言っても25階以降に出てくるモンスター部屋(スライムやハエじゃない方)だ。魔法使いを除いてウィスプ、ガイコツ、カメのどれもがこの部屋でしか出てこない強力かつレアな敵のため、細かな攻撃方法を確認するより先に倒すことに傾注してしまうのだが、

 とりあえずこいつらが倒せれば30階は余裕

と言っても過言ではない。で、具体的には、

 マキシム(炎系)の攻撃を無力化する敵がいない
 &ガイのスローモーな攻撃では全く持って割り込まれる。
 &ティアではウィスプに特効がないのでこいつに凄く手間取る
 &セレナは論外

要するにウィスプが結構な難敵なので、こいつに照準を絞る&通常時の移動でも突進のあるマキシムが有効という話。つかセレナは武器がずっと出なかったので全くと言っていいほど使ってなくて、実際どの程度のポテンシャルを秘めてるのか未知数なんだけど、ガイは普通にニブチンなのでボーナスEXPやボーナスお金(なんじゃそりゃ)を手に入れづらくて特にティアが毒でHP1になってて
※ちなみに30階までにティアの攻撃が無効化される敵は1匹も出ない。
マキシムの攻撃が無効化される炎系の2種(ファイアウィスプとファイアドドロ※どちらも、というか敵の固有名詞は全て僕の勝手な解釈)の時だけ起用するに留まっている。

最初からマキシムで行ってもほぼ問題ないと思うが、途中でファイアウィスプが出る階(たぶん10階から19階)はマメに替えるのが面倒なことと、それなりに育てていかないと不安という点で前半はティアで攻めることにしている。

ちなみに攻撃力が高いキャラの場合、相手からのボーナスは、

1撃目で絶命
ちょっとディレイ
2撃目でボーナス

という感じで手に入れることが出来る。2撃目を当てるのが遅いと敵はスッと消えてしまう。マキシムはモーションが速く、それを拾いやすいし、ティアはリーチが長いのでこれまた拾いやすい。

 ボーナスをきっちりほとんどの敵から拾っていけば、結果的にトータルの取得経験値は大きくなる。

なので、ガイがのんびり倒すだけ倒してるようなプレイはそもそも失策なのである。

ちなみに経験値のコンボはマックスで9999まで溜まるが、そこでカンストした際に敵からの経験値が貰えているのか貰えてないのかは未確認。青いキューブが5匹くらいまとめて出るところだと、割とマックスまで溜められる。

当然魔石もこの二人に集中して割り振ることになる。というか、20時間くらいプレイしてようやく魔石のシステムが理解出来たので、軽くここに関しても触れておく。

魔石はプレートにハメることで効果を発揮するが、いくつも注意点がある。

・上下にある「△」「▽」のような「起点」ポイントから繋がっていないと機能しない。

・各キャラの境目に置いた魔石はどちらのキャラにも効果を発揮する。
※ティアの起点ポイントに触れていなくても、マキシムの起点ポイントからティアに魔石を連ねて行けば効果を発揮する。

・魔石が2つ繋がってるのが「ジオ」。3つが「トリア」。4つが「テセラ」。当然大きな方が効果も大きいが、

 ★ジオ二つの方がテセラ一つより効果が大きい★

ので要注意。大きければその分容易にプレートを埋め、そこに書かれた効果(例えばよろけにくいとか)を享受しやすいが、ことパラメータを上げる為には、ジオを合成して強化していく方が、最終的には強くなれる。

・各魔石にはランクがあり、ストーン、パール、ベリロス、ルビーの順に良くなっていく。これは単純により良い物を優先的に合成強化していけばよい。

・「力の」や「知の」という前置詞がその魔石が効果を発揮した際に上がるパラメータを指している。ちなみに20時間、プレイしてる間ずっと「ガッツは防御力」だと思い込んでいたが、ついさっき説明書見たら「IPゲージの回復速度」だと書いてあってビックリ。つか特殊攻撃を全く使わないプレイにガッツは全く不必要であり、これだったらクリティカル率が上がる「閃」の魔石を強化すべきだなぁと思った。

・今のところ手持ちで強力な魔石(4個分)は、

 勇者のジオルビー×2 STR44 GUT28
 王者のテセラルビー STR29 INT29 GUT18
 力のテセラルビー STR44

など。物理攻撃に特化するなら勇者のジオルビーを大量にハメるのが最も有効か。
※ただ途中でパラメータがカンストする気もするので、ある程度まで磨いたら残りは閃の魔石にシフトした方がいいかも。

ちなみに今僕が装備してるマキシム:エグゼキューションとティア:ウイルスビーはどちらも魔法が使えないので、勢い魔石はSTR優先になっているが、配置するときはガイにも効果が及ぶように「力テセラ」はセンターに置いて4人に効果が行き渡るようにしている。

・魔石の合成は、まず最初に青い方を選び、次に白い方を選ぶことで最初に選んだ青い魔石を強化することが出来る。順番が逆だと白い(持ち越せない)方が強くなっちゃうので要注意。

・魔石にはレベルがあり、最初の緑がレベル1。次が黄色レベル2。オレンジレベル3。赤レベル4と言った具合。同色を合成するとレベルが1つ上がり、1つ違い、例えば緑と黄色を合成すると経験値がゲージの半分入る。同様に2つ違いだと4分の1入る。掛かるコストもたぶん正確に割り出されているッぽいので、「一旦レベル2を二つ作ってから、、」みたいなことはあまり考えなくてもよいと思うが、

 レベル3で経験値が75%入ってる状態でもう一つのレベル3と掛け合わせるのだけは愚の骨頂。

お金もレベルも無駄になる。
※赤のレベル4がマックスだから。

・青魔石はいにしえの洞窟を出入りしても外れない。
※白魔石はいにしえの洞窟に入った途端に消える→繋がってる場合は切れるので注意。

以上を踏まえて地味な周回を繰り返した結果、現在の僕のマキシム&ティアの強さはこんな感じ。

●マキシム LV1 HP110 IP140 エグゼキューション シルバーアーマー
 ATK290 DEF218 MAG103 MGR134
 STR170 INT 99 GUT117 CTR 19
 炎25/25 光0/-10

●ティア LV1 HP91 IP120 ウイルスビー シルバーローブ
 ATK264 DEF183 MAG143 MGR105
 STR143 INT 63 GUT 94 CTR 44
 氷30/20

前回のプレイではついに30階まで一度もポーションや解毒薬、ミラクロースなどの回復薬を使わずに、この二人だけで到達成功。つか毒さえ食らわなきゃさっき書いたモンスター部屋以外で死ぬことはそうない。
※爆発する雑魚で油断しまくると死ぬけど→ティアは根性がないので。

一応ハイデッカも青武器は持っているが(フレイブラスター)、鎧がないので一応ヤツの鎧が出るまでがんばろうかなぁというところ。とりあえず現時点でもう十分強いので、早く次のバージョンのいにしえの洞窟がプレイ出来るようになりたいわけで、その為にはストーリーを進めるしかないわけで、、、まぁちと気が重いけど、いにしえの洞窟はやっぱりそこそこ楽しいので、
※つかレギンレイヴに乱数がなかったから余計このランダムドロップが楽しいってのはあるけど。雑魚を一掃して、赤箱を開けてから、「いいもの出ろっ!」って気合入れて開ける・・・ガブッ!ええーーー!!青箱なのにミミックぅ~!!!マジ凹んだ。でも倒せたけど。お金5000くれたけどあんま嬉しくなかったな。どうせ夢の中のお金みたいなもんだし・・・。

あんましやってる人いないかも知れないけど、自分的にはボチボチな感じ。まぁこれだけキャラが強くなれば、ストーリーの敵の強さに涙することはそうそうないでしょうから、ハイデッカの防具はほっぽって話を進めてもいいんですけどね(^^。
※つかハイデッカはSFC同様途中でいなくなる気がするし・・・。わかんねぇけど。

追伸 さっきもマラソンしてたのだけど、

 勇気のジオルビー・・・白で上書きしちゃった(号泣)。

もしかしたらこのゲームで最も重要なアイテムかも知れないのに!ギャフン!いや、これはもはや、ギャーーーーーーーーッフン<やや梅図かずお風。

ちなみに30階まで一度も青アイテムが出なかったときもありました。これはこれでかなり凹む。
※ちなみに青箱は出た。ミミックだったけど・・・。
まぁその反動で5個くらい出るときがあることを期待したいです。いやホントに。

|

« 密度と充実と飽和と | トップページ | 4Gamer »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/47702040

この記事へのトラックバック一覧です: エストポリスDS~その3~:

« 密度と充実と飽和と | トップページ | 4Gamer »