« ファンタシースターユニバースイルミナスの野望PC | トップページ | 久しぶりにスキー »

2010年3月23日 (火)

ファンタシースターユニバースイルミナスの野望PC~その1~

長いタイトルだなぁ。まぁいいけど。

まずお詫びというか何というか、とりあえず「今回はしょっぱなに強い武器があるから」という理由でフォースで始めようと思っていたのだけど、共有ボックスが見つからなかったので、結局キャラを作り直すことにした。オーソドックスにハンターにすることにした。

 そしたらショップの項目に「共有ボックス」が。

あわてて覗いてみたのだけど、「フォーゲーマリー」の名前はない。うーむ。これが共有ボックスではなかったのか、はたまた一度キャラを作り直してしまった時点で消失してしまったのか。結局非常に弱いままで冒険の旅へと旅立つハメになってしまった。

ただ、最近PCの裏側でDVDからのサルベージ&解凍等の作業をしながらのプレイだったので、

 チュートリアル終盤でデスクトップに強制終了。

通常はゲーム中にデスクトップに戻されてもさほど問題なくALT+ESCで戻れるのだけど、PSUの場合は、もうその時点でアプリが強制終了してしまう。具体的に言うとチュートリアルのクソ長くありがたいお話を最初から聞き直さないとがんばって耐えたご褒美が貰えない状況になってしまう。

 でもデータそのものはセーブされてた。

オンラインの功罪を感じた瞬間。っていうか、

 めちゃめちゃ頻繁に落ちる。

が、

 ロードが短い&よく死ぬので気軽に再出発

というのもある意味功罪。

フリーでプレイを始めた人が多いのか少ないのかわからないが、とりあえず目にするレベルはみんな135とか171とか。たまにレベル4とか17とか見かけると嬉しくなるが、これで「ビギナー用」のサーバーだというのだからちょっと恐ろしくなる。

 とは言ってもパーティプレイをする気はさらさらないのだが。

ここでちょっとだけ昔話をするが、

僕は自分で言うのもなんだけどそんなにコミュニケーション能力に劣るつもりはない。ネットゲーとかでも普通に一緒に遊んでくれた人がまた遊びたいと言ってくれたりしたし、パーティの雰囲気を良くすることに注力もする。そしてそれがさほど自分にも負担ではなかったわけで、「気を遣いすぎて疲れる」というのもたぶんちょっと違う気がする。

じゃあなんで自分はそんなにパーティプレイをしなくなったのか。

要は優先順位の問題なのだ。みんなと一緒に盛り上がるのは嫌いではないし、そこでしか得られない楽しさがあるのもわかるのだが、

 いかんせん僕はゆっくりじっくり稼ぎたい人なのだ。

みんなとは歩くペースが違う。あ、でも「ゆっくりじっくり」とは言っても寄り道をしたり風景を楽しんだりとかでは全くなく、

 同じエリアを地味に周回

でも、ここがまた面倒くさいところで、「人と一緒にやるのに何も言わずに周回するのはありえない」とも思うわけですよ。っていうかそれが気を遣うのが嫌ってことなのかって話ではあるのですが、、、でもオフで顔を合わせてやる分には抵抗がなかったりしたわけで、ああでもやっぱりそういうことなのかな。

まぁそれ以前にPSUの場合は一緒に回りたい相手も同じような強さであることが絶対条件になってしまうから、そもそも望んでも叶わないのかも知れませんけどね。

で、

いつものように4Fのエスカレータを上がって右手前の入り口からミッションを受けに行く。とりあえず選択肢が一つしかないのでそれを選択肢、いざ開始、、、

 って相手のレベルが10ぅ?こっちは2なのにぃ?マジでぇ?

とりあえずがんばって1体でも倒せないかと試みると、這々の体となりながらも討伐。経験値は次のレベルまでの2割か3割か。これならがんばれなくもないと思い戦ってたら、

 すぐ死んだ。

ぎゃふん。でもまぁしょうがないよ相手は10だもん。気を取り直して再突入すると、どうやら先ほどの状態の続きから出来るらしい。ロードも短いし、そもそも入り口の部屋なので移動もさほど大変じゃない。というか全然大変じゃない。これなら死にながらでも稼げるか、と思ったらあっさり1匹目が倒せた。

 これは、前回削ったHPがそのままかっ!?

そう。ミッションを破棄しないかぎり、敵のHPは継続だった模様で、相手とのレベル差にもめげずがんばって経験値を稼いでレベルを上げていく。

途中フォトンアーツを覚えたり、武器や防具を買いに行ったりして順調に僕のキャラのレベルは上がっていく。

 そしてついにそのミッションをクリア!

僕のレベルは11になっていた。

とりあえずきりが付いたのでシップの中を探索してみると、一番上の階で、

 フリーミッションなるものが受諾可能らしい。

おそるおそる覗いてみると、

 なんと相手のレベルが1である!

僕は自ら進んで茨の道を歩んでしまったらしいギャフン。ただ、その甲斐あってか相手からもらえるメセタも結構多かったし、装備も充実した気がする。何より「強くなることを実感できた」のはデカい。相手が弱くてはそういうのあんまし伝わってこないじゃん?

 だが、テンションは下がった。

今からレベル1のミッションをやっていかなきゃならないかと思うと気が重い。もうオレ様はレベル11なのだ。強き者と書いて強者(つわもの)なのだ。おそれいれ!

 とりあえずここで今日は終了。

続きをやるかどうかは思案中。つか合成とか強化とかわからないことが多すぎて笑える。ハンターなのに魔法使えないし。っていうかそういうのあったような気がするけどホントに忘れてるな(^^;。

|

« ファンタシースターユニバースイルミナスの野望PC | トップページ | 久しぶりにスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/47873182

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタシースターユニバースイルミナスの野望PC~その1~:

« ファンタシースターユニバースイルミナスの野望PC | トップページ | 久しぶりにスキー »