« 東のエデン | トップページ | スターファイター »

2010年4月20日 (火)

忘れやすいメカニズム

最近の忘れっぽさたるや筆舌に尽くしがたい。どのくらい忘れやすいかと言えば、ブログを書いていて1行前に書いたことを既に忘れて全く同じ表現を使ってしまったり、ブログを書いていて1行前に書いたことを既に忘れて全く同じ表現を使ってしまったりするほど忘れっぽい。どうするオレ、というくらい忘れっぽい。

「忘れっぽい」事に対して自分なりに考えてみる。類する事象を軽く列挙する。

・メモを取るようになってより忘れっぽくなった。

メモしたことを忘れるなんざザラだが、メモに少しでも不備があった場合、普通なら他のセンテンスから芋づる式に思い出せそうな内容なのにそれが全く引き出せない。

・忘れないこともある。

自分の名前とか会社の電話番号みたいに日常使っているもの以外でも、例えばドラクエモンスターズジョーカー2の発売日だとか、モンハンフロンティアシーズン8に出てくるディラガウアとか。でもブラックホワイトに出てくる新ポケモンの名前は忘れてたりするので、ゲームなら何でも覚えているってわけでもないんだよな。

・忘れることを予想出来る。

「この話は忘れる!」と聞いた時点で確信を持って自信満々に忘れることが非常に多い。「忘れる系」の話だと、本当に短時間で頭から忘れ去られる。車に乗った時点で「家に着いたらまっさきに検索しよう」と思ったことなんかは、最初の信号までに忘れたりする。「忘れそうだな」と思ったことは確実に忘れるということは、その時点でメモすりゃいいとも思うのだが、まぁ車に乗ってすぐメモを取るとかは難しいわな。

寝ていていい夢を見たときとかも割とこれと似ている。「起きたら忘れそうだな、絶対忘れちゃうんだろうな、どうすれば忘れずにいられるんだろう。なんとか忘れないように出来ないか。起きてすぐメモを取ればいいんじゃないか、いやいやメモなんてないし、、、どうしよう、どうすれば今このナイスなちょいエロの夢を覚えて、、、ハッ!どんな夢だっけ!?」なんて事は良くある話。その一部でもいいから覚えていたいと切に願っても起きたら綺麗サッパリデリートされている。どんだけ完璧なセキュリティなんだよってくらい。

まぁ時と場合によっては悲しいこととか切ないこととか悔しいことを「スッキリ忘れる」ことも出来るかも、と思ったりもする。うる星やつらで竜之介の父が「奥さんのことを忘れよう忘れようと努力して、、スッパリ忘れてしまった」ってネタがあったけど、そういうのはホントにあると思うんだよな。

・連続して忘れ続けること

「覚えておく」ことを忘れてしまうことってのは、その後ずっと思い出さない場合もあるが、例えば空腹とか尿意なんかは、間断なく連続して思い出し続けることも忘れ続けることもない。何かのタイミングで思い出したり忘れたりする。つかこれは記憶中枢とは全く別の話なのかな。いやでも脳が信号出して「ピーガガガ・ガ・トイレニイケ・・・」とか体に命令出してるんだよね。っていうか、

 その信号が出ないのにリミッターが切れちゃうと漏らしちゃうのか!?

信号が出入りするのと体が受け答えするのは必ずしも完全にリンクしてないのかも。

・刹那的な記憶は刹那的に忘れる

脳トレやテレビの記憶系ゲームなんかの記憶は、ホントにあっという間に忘れる。つか子供の勉強とかでも、

 今覚えて明日のテストまでは覚えてるだろうけど、、、

ってことは多々あるよね。なんつか本当の「地力」にならないというか。でも完全に忘れないようにするコツとかテクニックがわからない以上、とりあえず覚えようとする(例えソレが一夜漬けであったとしても)スタンス自体は、正解じゃなくても完全な不正解でもないと思うんだよな。

・ド忘れがひどい

ド忘れ自体は学生時代からもあったけど、最近はそれに輪を掛けて忘れやすいというか、思い出すのに著しく苦労する。もちろん最後まで思い出せないこともあるし、何とか思い出せることもあるが、コレは本当に悔しい。

・単純な表現を忘れる

ブログを書いていて直面するのはコレ。「これは別の表現を使いたいな」と思って、そしてそれが自分の辞書に載っていたはずのことでも、どうしても引き出せないことがある。ド忘れと違うのは、正解がもしかしたらないかも知れない点。結局ベストな答えにたどり着けず、セカンドで由としてしまったりする。悔しい。かなり悔しい。

-----------

とにかく大事なことでも「忘れそう天使」に魅入られたら、それはもう忘れてしまう。非常に困ることになるので、より詳細にメモを取ったり、携帯のスケジュールに入れたり、第三者にその旨を伝えることで自分でも忘れないようにクギを刺したりするが、それでもやっぱり忘れてしまったりする。一方で一度見ただけで忘れないことがあるのに、忘れちゃうことは忘れちゃう。

漠然と「アドレナリンが出るかなぁ」とケガした時に傷口の出血が止まるようにジッと見たり、「心頭滅却すれば火もまた涼し」と暑い日に暑いことを忘れようとすることがあるように、
※え?ない?僕はしょっちゅうあるんだけど!?

 自分の脳の中、脳のシワをイメージしてそこに彫刻刀やナイフで切り込みを入れるように覚えようとしたりすることもある。

もうわかりやすいんだかわかりにくいんだかわからないが、イメージとしてはそういうことが実際に記憶中枢に分け入る手段に「なりそう」だと思うのだ。実際はわからないけど。

何度も繰り返して言うというのもやったりするが、天使にチャームされた場合は全然効かない。100回言っても1回のチャームで綺麗サッパリである。「忘れそうなこと」と「忘れそうじゃないこと」の差がなんなのかが凄く気になる。ただ、「忘れそう天使」が「思いだそうとしたとき」に「忘れさせることを忘れる」ような感じで思い出せてしまうこともなくはない。なくはないが、

 大抵それは思い出したい時の翌日とか。

それでは困るのである。

----------

冒頭で「名前とか電話番号は忘れない」と書いたが、それに匹敵するくらい自分の中で大切だった、当たり前だったことを忘れかけていくこともある。小学や中学の頃の友達や先生の名前、顔、当時何十回掛けたかわからない友達の家の電話番号も今は思い出せない。必要がないからと言えばそれまでなのかも知れないけど、こないだ13回忌をやった祖母の戒名なんかは「覚えておく必要が全くない」のに覚えていたりする。何がトリガーなんだ!?ってホントに思う。覚えていたいことと忘れていいことを、自分の意識化に於いて操作出来ない。

当然こういう研究は世界中の偉い先生方が毎日毎日やってらっしゃることだと思うし、何の学もない高卒の僕がどうこう出来るとは思ってない。将来的にアルツハイマー化してしまう可能性が高いことだって、今からそれを避ける方法がわかるなら努力も出来るが、普通に明日の予定すら忘れてしまうのに、そんな先のことにどうして釘を刺せようか。

ただ、この「忘れっぽさ」は自分のライフスタイルにも大きく影響してるだろうとも思うんだよね。毎日こうしてブログを書くことや、ゲームやマンガや、効率重視のために面白くない番組を見ないとかCMを飛ばすとか、移動中も雑誌を読んだり伊集院のラジオを聴いたり、

 明らかに昔より単位時間あたりの情報量は増えている気がする。

「情報量」というとちょっと漠然とし過ぎてるが、「メディアからの情報」という点ではまず間違いない。
※若い頃や幼い頃の方が時間の流れが緩やかなのは、経験の薄さが起因してるって考えもあるからね。それって情報の「初見蓄積とリライトの重みの違い」だと思うし。

でもだからと言って急に「1日1時間はボーッとしよう」なんて絶対無理。せいぜい数週間に一回8時間以上寝る日を作るくらいしか。っていうかそういう時も本当にノンレム時間を伸ばせればいいけど、単純にレム睡眠を伸ばすだけだったら意味が薄い気がするんだよな。つかレム睡眠って「したいとき」はいいけどそうじゃないときは疲れが取れないんだよな。

ちなみにそんな忘れっぽい僕がこうして書いてる途中でフリーズなり再起動なりで書いたことが完全に消失してしまったりすると、

 心底沈む。

もう全然思い出せないんだよ。書いたことが。特に面白いなぁこれは▲3つくらい付くな!って思えた内容がロストしたとき(こないだあった)なんてもう泣きそうだった。でもしょうがないんだよ。思い出せないんだもの。つかブログそのものがそもそも刹那的な文章だから余計忘れやすいのかも知れないけどな。もっと真剣に書いて消しての推敲を繰り返していればそうでもない気がする。つかそんないい加減な文章にみなさんを付き合わせて誠に申し訳ないと思います・・・。せめて自分だけでも読み返したくなるような文章が書けてれば救いがあるんだけど、、、なかなか▲付かないんだよな。

とりあえず毎日を生きる上での「困る指数」はそれほど多くないので、
※むしろそれこそがマズいような気もするけど。
あんまし火急な対応をしようという気になれないのだけど、ウチのブログを毎日覗きに来て下さってる方なんかは割と僕と近い感性であり、「そうなる可能性」が捨てきれないかもよ、と思ったりもします。「気を付けよう!」と言って気を付けられるモンでもないかも知れないけど、一応気を付けよう。

PS.今週の週アスに腕時計タイプのボイスレコーダーが載ってて、これだったら結構忘れそうなことを記録しやすいかなぁと思ったけど、携帯にだってその機能くらい付いてるんだよな。ほとんど使ったことがないけど。でも本気で使いこなせるなら、メモより確実かも知れないとは思うんだよな。

→携帯のヤツを試してみたら自分の声が変過ぎてマジ無理だと思った。自動でボイスチェンジしてくれる機能は「一見無駄に見えて実はニーズが多い」気がするのだけど、、、どうかな。つか自動でアイドル声優の声に変換してくれる機能付きの携帯とか、、、

 間違いなく売れる

気がする。つかアイドル声優は無理でも初音ミクなら出来るんじゃないかと思ったり。ミクでもいいから変えてくれ~。これでは実需に耐えない・・・。つかそんな変な僕の声を毎日聞かされてる周囲の方々には心底ご冥福を、、、いや違う、お悔やみを、、、コレも違う、、、ご指導ご鞭撻のほどを、、、もうド忘れマジきついわ。同情?それ正解?うーむやっぱ違う気がする・・・。

|

« 東のエデン | トップページ | スターファイター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48113868

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れやすいメカニズム:

« 東のエデン | トップページ | スターファイター »