« まもって騎士 | トップページ | B型H系 »

2010年4月17日 (土)

ボーダーランズ~その4~

まだやってたのかよ、と突っ込まれるのを承知で書く。昨日のおやすみにダラダラと新PCで遊びまくってしまったので書く。毎回書いてることだけど、このブログはクリスのブログであり、プライベートの占有率の高い事象に対して触れざるを得ないのだ。たとえそのニーズがわずかであったとしても。っていうかなかったとしても。いやいやむしろマイナスであったとしても。

レベル28でずっと足踏みしていたのだけど、地味に低レベルのクエストを消化しきったところで急に敵から貰える経験値が増えるエリアに到達し、具体的に言えば、

 1しかくれなかったヤツが120くれるようになり、
 8しかくれなかったヤツが1200くらいくれるようになった。

この格差ってなんだろうと思いつつもこれだけ貰えれば、加えて連続してクエストを消化しまくれば、レベルも上がるよなぁという感じ。

マップにはいろんなシチュエーションがあるが、個人的には拓けた砂漠より渓谷のように適度に入り組んだエリアの方が好き。でも建物は嫌い。だって急に扉が閉まって閉じ込められたりするから。モチベーションが途切れなかったのはそうした「僕好みのエリア」が連続していたせいもある。

武器に関しても結構いい物が出てニンマリ。っていうか出た直後は全然ピンとこなかったのだけど、

 攻撃力120 ファイアレイト15のコンバットライフル

は冷静に考えると「ド」強い(DPS1800だもの!)。特にコンバットライフルは一丁自動で弾薬が回復するヤツを持っているので、

 戦うときは強いヤツで、移動時は回復

という持ち替えでかなりいい感じ。つか今プレイしている「OLD HEAVEN」のちょっと前あたりになると、そりゃもうかなりの勢いでお金が貯まる。油断して死ぬと2万とかロストしちゃうけど、宝箱から売値1万以上の武器が出ることも珍しくなく、サイクルとしてとても健康的。
※ただ先ほどのライフルは売値が6万くらいでそんなに高くなかったから逆に強いのがピンとこなかったんだよな。

でも中には「18万もするから強いんだろう」と思って買ってみたら意外と凄く使えないというか、使えるのか使えないのかよくわからないようなのもなくはない。雷のエフェクト4でベリーハイエフェクトチャンスならさぞかし強いかと思うんだけど、それが弱点の敵じゃないとあんまし有効打にならない<当たり前。ましてやその武器のファイアレイトは低く、つぶしが効かない。

ちなみに常日頃スナイパーライフルとコンバットライフルをメインに使っていると、その安定感が著しく向上していくのが非常に愉快。前者はかなり遠距離のスナイプでもターゲットがブレないし、
※ただし、「ブレないけど外れたりはする」。目に見えないブレがあるのかも。
後者はもう笑っちゃうほどリロードが速い。「カチャッ」ではなく「チャ」くらいである。「カチャカチャッチャッ」みたいなクソ長いリロードが入るSMGとは大違いである。
※MODでリロード速度が強化されてるのもあるけど。

昨日は初めての大型モンスターを倒したりもした。っていうか攻撃方法自体は鳥を召喚する程度で、遠距離からの攻撃で全然余裕だった。まぁレベル的にも優位であったってのはあるけど。

レベルは50でキャップになり、2週目はそんな50のヤツばかりを相手にしなければならないらしく、強くなるには良い武器を手に入れるしかなくなるらしい。正直そこでモチベが切れる可能性は非常に高く、ダウンロードコンテンツを新たに遊ぶ気概も薄い。
※っていうかゾンビのDLCとか、怖いし。

メインシナリオは1周クリアで20~25時間ほどと呼ばれているらしいが、僕はすでに38時間プレイしている。FPSに不慣れだった僕も、かなり操作に慣れてきたし、「先に進もう(クリアを目指そう)」とすればどんどん進めていけるのかも知れないけど、ずっと居続けたこのパンドラというこの世界が
※同じパンドラでもアバターとは大違いだな。
結構好きになってきているので、今後もしばらく世界を堪能しつつゆっくりクリアを目指したいと思う。2周目より別キャラのが楽しいかも、とも思うし。

---------

正直世界観にもグラフィックにもクセがあるから万人にはお勧めできないかも知れないけど、冷静に考えると40時間近くプレイしているタイトルというのはそれほど多くない。ドラクエやFF、ポケモン、モンハンなどのビッグタイトルを除いて、特にブランニューでそこまで遊んでいるタイトルはそれこそ数えるくらいしかないと思う(最近だとレギンレイブかな。エストポリスは、、、そんなやったっけ?)。適度に広く、既に踏破したエリアは緊張感が希薄になる。人によってはそうした「甘さ」が面白くないという方もいるかも知れないが、僕的には通常のFPSのように「緊張が持続しまくる」のはやっぱり疲れてしまう。自慢じゃないが昨日なんて、

 ゲームしている時以外は頭痛がしてたのに、ゲーム中は痛くなかった

なんじゃそりゃと思うが事実なので仕方ない。つかもしかしたら「体勢」によるものだったのかも知れないが。

やっぱり経験値というのはでかい。経験値が稼げるシステムというのは、とどのつまり「強ヤツとも弱いヤツとも戦える」。パズルやアクションではないRPGの「優しさ」であるとも思う。「ゆとり」であるとも思う。「ファーストパースンでシューティング」というゲーム性は、それだけでも十分一体感があり、爽快感があるが、RPG要素との融合は、コマンドRPGがアクションRPGになったり、アクションアドベンチャーへ派生していったような「面白さの探究」があると思う。類するタイトルはそう多くはないが、
※毎度書いてるけど僕の経験では「ヘルゲートロンドンのマークスマン」くらいかな。
今後も発売されるようなら、レーダーを張ってサーチして行きたいと思う次第だ。ボーダーランズはFPS好きにはわからないが、RPG、特にハクスラ系のアクションRPG好きには★★★★でオススメ出来ると思うな。
※もし続編が作られるなら、クラウチとダッシュのボタンが入れ替えできるようにして欲しい。あとは通常時にターゲットポイントに向けて矢印マーカーの出し入れが出来るとなおいいかな。

|

« まもって騎士 | トップページ | B型H系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48096579

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーランズ~その4~:

« まもって騎士 | トップページ | B型H系 »