« ドラクエモンスターズジョーカー2~その2~ | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2~その3~ »

2010年5月 1日 (土)

ボーダーランズ~その7~

結局2周目に手を付けてしまいました。もうね、なんつの?

 贅沢は敵だ!

ってくらい序盤から何万円もする武器がポロポロとドロップする。こちらのレベルは34。相手は33とか32とかで経験値もサックリ1200とか貰えてしまう。1周目終盤のエイリアンですらもはや600かそこらだったのに。こんな雑魚が、、、。犬のくせに300もくれるなバカ。

ものには「ちょうどいい案配」というのがあるだろう。こんなにお小遣いもらったら友達との関係に亀裂が入るよ・・・。っていうかホントはちょっと2周目を覗いてから1周目に戻れるかどうかを試す程度のつもりだったのだけど、

 このあまりにあまりなぬるま湯は人を堕落させる。

結局そのまま2周目を続けてしまった。人ってば弱い生き物なのね・・・。

で、

その2周目なのだけど、ぶっちゃけ1周目に手に入った最高に素敵でベラボーに強い(と勝手に自分が考えている)武器たちの牙城はほとんど崩れていない。進行度的にはまだ「スゲェつええ犬」
※1周目でレベル15くらいの炎とか毒とかにまみれたヤツ。だいたいそこに到達するときのこちらのレベルは13くらいなので、「異常に手強い」っていうか倒せない。何回辛酸をなめさせられたことか・・・。
が出るところを進行中。余裕とはいかないが、1周目であれほど死んだのに、今回は「仮死」止まり。冷静かつ沈着に周囲の雑魚を倒してシールドを回復したり、相手の口の中を狙ってクリティカルをおみまいしたり。

ターゲッティングの速度も武器の選択も移動に関する立ち回り、危険度を察知する人的スキルも、全てが1周目の自分とは別次元にこなれている。1周目ではビクビクで泣きそうになりながら倒した(それも数回死んで。っていうか閉じ込められた時点でテンパっちゃったんだよなあん時は)9TOES(最初のボス)も、遠距離からヘッドショット数発でエンド。犬にも苦労せず、っていうか「お供の犬って2匹しか出なかったっけ?」というくらい。1周目の時は「数十匹に取り囲まれてる」くらいの精神状態だったのに。っていうかそのボスがいるエリアまでの距離も、

 200mくらいあった記憶が実際には25mくらい。

こんなだったっけ。こんなヘボいところでオレは泣きそうになってたんだっけ?っていうか2周目になってマップが大幅に縮小されてないか?

そう、2周目はマップが凄く小さい。ウソ。小さく感じられる。何度も往復してると通学路がどんどん短く感じられるのと同じ。静岡だろうと京都だろうと何度も往復してればそれはほどなく慣れる。1周目にビクビクしっぱなしでオドオドしっぱなしだった序盤のマップは、もはや自分にとっての文字通り「庭」のようなもの。

途中油断して死んだりしても、失うお金の価値が下がってるからたとえ20万ロストしてもそれほどショックじゃない。冷静に死んでる間にポーズして終了してしまえばいいというテクもあるが、それをせずとも痛みがほとんどないほどにインフレ。バブル。この世の春なのだ。

さっきも書いたけど、それはやはり1周目で手に入れた強力な武器によるところが大きい。攻撃力は低いが反動軽減の強いスナイパーライフルは、遠くの敵にも近くの敵にもよどみなく対応できるし、再充填133のシールドはちょっとがんばればすぐに回復が始まる。容量950で再充填75のシールドより容量550で再充填133のものの方が遙かに安全に戦えるのだ。
※二回くらいハイキャパシティのシールドを買ったけど結局売っちゃったし。
 →でも乱戦時に仮死から回復するスタイルを考慮すると持っていてもよかったかなぁとは思ったけど。
  →でも仮死になってから装備の変更とか出来なかったっぽいか。

190×15発/毎秒のコンバットライフルは相変わらずさまざまな局面で安定して使えるし、2周目で出土した精度の低いSMGは仮死時だけでなく強敵相手にも手堅くダメージを与えられる。パーティのHP回復+11のMOD(攻撃力+20やリロード速度の上がるスキルプラスも付いてる)は50万くらいしたけど安い買い物だった。

リロード時にどうしても隙ができるから、弾数の多いSMGを使ったり、スコープの倍率が高いからリボルバーを使ったり。普通のハクスラだと武器≒剣やヤリの近接攻撃で、遠距離は弓か魔法。魔法を気兼ねなく使えるようになるのは本当にラスト近くだと思うけど、ボーダーランズは基本が遠距離なので、そのバリエーションと得手不得手のチューンがとても良くできている。FPSのいいところを上手く昇華してる感じ。

 つか3Dじゃなくても2Dでも同じようなゲーム性のタイトルを遊びたくなるほど。

シャイニングフォースネオやイクサを作ったチームが作ってくれないかしらと思うほど、飛び道具の臨機応変な選択は楽しい。4種類というのも僕にはちょうどよく、まぁある意味何から何までってくらい好みだったってことなのかも。
※今思えばこのスプラッタな無法者たちの住むパンドラも、「好きだった」のかも。

・・・

再三書いてしまうけど、マシンパワーによる恩恵がやっぱりデカいんだろうと今更ながら思う。久しぶりにメインPCの方で起動すると速い動き(特に振り向きとか)に画面がコマ送りになったり、そもそも通常のダッシュでも違和感が残る。グランツーリスモ2をやってるときは気づかなかったけど、3をやってから2に戻るとスゲェコマ落ちを感じるというか、鉄拳とかバーチャとかでもいいんだけど、

 気持ちのいいプレイは気持ちよく遊べる環境ありき

ということを今更ながら痛感する。以前オブリビオンをブラウン管でプレイし、その文字の視認性の低さに辟易としたのと同様にして対照的な感覚、「この環境だから楽しい」という思いが去来するのだ。

当たり前のように死骸があり、弾痕があり、遠くまで見渡せる景色と世界があって、不自然じゃない、まるで動画のように流れる世界と手に馴染むアクション要素。自分はボーダーランズをやるためにパソコンを新しくしたのかも知れないな~なんて思ったりするほどだ。

現在レベルは41(もうすぐ42)。今日はしつこくしつこくエイリアンタイプの銃を育ててた。っていうかずっとスカッグ相手に戦ってたから結構つらかったというか、とどめの一撃だけを弱いエイリアンウェアで為すというのは、まことにイライラする。イライラするんだけど、ストレスではなくて、
※だって育てなくても全然大丈夫なんだもの。
むしろその歯がゆさが心地よい。自分に何かを課さなければやれることがないほど行き詰まってはいないのだけど、それでも昨夜のあまりに楽すぎるぬるま湯に後ろめたさすら感じていた自分には、ある意味良薬口に苦しというか、渡りに船というか、苦労は買ってでもしろというか、、、なんか全部違う気がする・・・っていうかだったらもっとボケろよって気もする。芸人なら芸人らしくしろよ!みたいな。

それでも今はケイブで青ザリガニを狩りつつ地下のショップの品揃えを覗きに行ってる感じ。とりあえず44くらいまではここで上げちゃうと、のちのちいろいろ楽になるかなぁと思ったり思わなかったりなんだよね。っていうか、

 やっぱりボーダーランズの話題にニーズはないのだろうな。

と思うが、仕方ない自分が毎日数時間
※だいたい9時から3時まで6時間弱くらいかな<多すぎ(^^;。
やってるのは揺るがない事実なんだもの。

|

« ドラクエモンスターズジョーカー2~その2~ | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2~その3~ »

コメント

クリスさんこんばんは~

コメントさせてもらってませんが記事のタイトルが「ボーダーランズ」だと「お~」てな感じで読ませてもらってます。でもまさか今日来るとは思いませんでした(笑)

しかし毎日6時間って、、、俺も見習わなきゃなりませんわ(笑)
読んでいて早く強い武器が欲しくなりましたよ。


オブリビオン拡張版、文字が楷書体(?)からゴシック体に変更され、透過しないウインドウ上に表示される様になったのでものすごく読みやすくなっていました。ブラウン管でどの程度の読みやすさかってのはまだ確認していませんが。


オブリビオンってその世界にいてダラダラクエストをこなしてるだけで楽しいんですよねぇ。これはもう自分が「剣と魔法の世界」が好きだからなんでしょうけど。

投稿: かず | 2010年5月 1日 (土) 00時55分

ちすかずさんまいどです。このネタはMJ2前に書いたものだったんですが、まぁ鮮度優先でアップが前後してしまいました(^^;。あんまし漬けるとアップし損ねちゃうかと思って。

でもゲーム自体は全然MJ2より上というか面白いと思います。集中してプレイしたことで自分の体がFPSというか、ボーダーランズの操作に慣れてきたというか、熟練度が上がったというのがたぶん大きいのだと思いますが、今まで出来なかった(というかやろうと思わなかった)短距離のダッシュや、思い通りの武器切替、ヘッドショットを狙うべきか否か、狙いやすい武器とそうじゃない武器、その特性の把握なんかが一体となって「動かしているだけでかなり楽しい」状態です。赤箱マラソンしたわけじゃないんですが、普通にちょうどいいペースでちょうどいい武器が手に入る感じですかね。
※あくまで僕のスタイルで、ですけど(^^;

>オブリ

ドラゴンの画集やらメタルフィギュアやらに心をときめかせていた高校時代に巡り会っていたらかなり印象が変わっただろうとは思うのですが、今の自分には覚えなきゃならないこと
※考えてスキルを覚えていかないとハマる、みたいな話を見た時点で急激にしぼみました。
が多くてなかなか。オフメインというのは嫌いじゃないんですけどねぇ(^^;。

投稿: クリス | 2010年5月 2日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48194205

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーランズ~その7~:

« ドラクエモンスターズジョーカー2~その2~ | トップページ | ドラクエモンスターズジョーカー2~その3~ »