« 長男の修学旅行にふと思う | トップページ | WE ARE THE WORLDみたいなの »

2010年5月18日 (火)

ドラクエモンスターズジョーカー2~唐突に終了か!?~

キラーマシン2を作り気を吐くクリスさんでしたが、勢い余って先日すれ違った強豪たちにスカウトを試みたのがマズかった。

こちらのメンバーはキラーマシン2とデュラハーン、かぶとこぞう(実際はほぼ1度も行動することなく死んだが)。

まずは「普通にスカウトするのは大変そう」という理由でキープしておいた、そしてそのパーティのコンビネーションに舌を巻いた「魔王の使い」「はぐれメタル」「ナイトキング」。

 1ターン目バイキルトやテンションアップをし、2ターン目にはぐメタに出たスカウト率は14%。

「これなら目ぇつむって取引しようって気になるかもなぁ」とは劇場版パトレイバーIの遊馬のセリフ。闇雲に繰り返してもほどなくゲット出来よう、、、と言ってるそばからしょっぱなにスカウト成功。

パラメータを見るとなかなかに考えられていて、勉強になる。続いて他のメンバーにもスカウトの手を伸ばしてみようという気になり、続いて「最強プチット族」にチャレンジ。こちらは同パーティのシドーとどちらを取るか迷ったりもしたが、これから先強力なスカウターは是が非でも欲しいところ。

 結果数回のチャレンジでゲット。

そのあとも順調にりゅうおうやゾーマをゲットし、最後スーパーキラーマシンにのみかなりの苦戦を強いられるもこれも何とか手に入れた。つかスーパーキラーマシンは本気で強いな。「その7」で紹介した他のパーティを見て貰えばわかると思うけど、ゾーマ、しんりゅう、JOKER、ダークドレアム、シドー、デスピサロなどと比べても
※レベルが75であったこともあるとは思うが
比較にならないほど強い。速く、堅く、2回行動な上に、戦ったそいつはHP自動回復まで付いている。それでも勝率は5割ほどだというのだから、、、まぁこのパーティでの勝率とは限らないのかな。

で、サイトも先日紹介した「適度なデータ」の攻略Wikiだけじゃなく、パラメータをバラしたと思われるところも覗いてみたりしてしまい、

 なんだかいろいろわかっちゃった感じになっちゃった。

結局のところ一番マイナスだったのは、モンスターによって「成長限界」というパラメータの上限があり、例えば何代にもわたって高レベルまで育てる育成を繰り返したとしても、レベルキャップを100にしたとしても、その途中でステータスの上昇が完全に止まってしまうという。だったら別に両親だけ強ければいいのか、それも100になる前にカンストするなら両親のレベルもそれほど上げまくらなくてもいいのかって話になる。

そして今回手に入れてしまった強力なメンツたち。彼らはスカウト直後は「GUEST」の文字が付いていて、世界トーナメントでは使うことが出来ないが、そこから数回配合をすることでそのゲストの文字を消すことが出来るという。今のレベルが仮に75であるなら、配合して1になり、育ててまた配合を繰り返した果てにまた75にすることは確かに大変ではあるが、

 彼らを使って強力なスカウトを実行することは可能

なわけで、要するに「他人のふんどしで相撲を取れてしまう」。

もちろん使わなければいいと言ってしまえばそれまでなのだけど、ある意味自分が目標としてきた「いい意味であいまいな道程」が、こうも明確に真犯人の名前を公表されてしまうとさすがに萎えてしまう。実際他にいくつも仲間になっていない連中がいるにはいるのだが、

 すれ違えさえすれば簡単に(とりあえずゲストであるとは言え)パーティに加えてしまえる

というのが良くない。世の中には考えて考えて苦労して苦労して配合して作った一握りの人と、それをすれ違いで手に入れた大多数の人が存在すると思うと、何ともやる気がそがれるというか、「地図とは違うんだよ地図とは!」とチョビヒゲの青い親父も息を荒げるに違いない。

本音を言えば、JOKERだとかゾーマだとかの本来かなり先にならないと見ることすら敵わぬ連中に、容易に渡り合い、あまつさえゲットも出来てしまうというシステムそのものに難があるとも思うが、「遊びやすく強くしやすい」チューンにしなければ僕が買うこともなかったわけだし、なんだかんだ言ってすでに60時間ほど遊んでいたりもするわけなので、ベストではなくともベターな仕上がりだったとは言えるかも知れない。

ともあれ、

現時点での僕のモチベーションが大きく減退してしまったのは事実。それまでも結構薄氷のテンションであったが、きっかけ一つでフニャっとしてしまったのはなかなか戻せない。

DQMJ2の記事を楽しみにしていた人がどの程度いるのかはわからないが、とりあえず一区切りって感じかな。っていうかみんなも、すれ違い通信で保存した「強敵」からスカウトするのはやめた方がいいと思いますよ。例えそれがメタルスライム1匹だったとしても、非常にテンションが下がってしまう可能性をはらんでいることだけは理解しておいた方がいいと思います。まぁみんながみんなそうじゃないとは思いますけどね。ちょっともったいなかったかな~。

|

« 長男の修学旅行にふと思う | トップページ | WE ARE THE WORLDみたいなの »

コメント

クリスさん こんばんは(*^^)
DQMJ2、なんだかんだで25時間程プレイしました。
Bランク2体&Aランク1体で、遺跡地下に潜っているところです。

薄氷のテンションっていうのは、すごくわかります。
私も現在、そんな感じなのでw
記事は楽しみにしていましたが、一区切りもいいと思いますよ~
とりあえず、すれ違い通信からのスカウトは自重しておきます(;・∀・)

ではではβyё βyё...φ(・ω・ )

投稿: orugan | 2010年5月18日 (火) 00時21分

ちすまいどですoruganさん、25時間のプレイ時間で既に僕より進んでいるわけですが、ホントテンションを維持するのが難しいというか、ダラダラ遊ぼうと思えば遊べる反面、楽しさを得られるタイミングがそう多くないというか、プレイアビリティが高くないのでストレスを感じる面があれば、一方で携帯機だから効く自由度もあったり。

あまり他を気にせず、「閉じたゲーム」として育成や捕獲をしていくことに開き直れれば、これもかなり良いゲームだとは思うのですが、何つか「かゆいところに手が届かない感」みたいなのはありますね。まぁ年取っていろんな面でわがままで融通が利かなくなっているので、もう少し我慢して進めるべきかなぁと思ったりもするんですけどね。っていうかさっさと続きをやらないと、

 完全に忘れ去るまでにそれほど時間は掛からない

という恐怖感もあったりします(^^;。いやマジで。

投稿: クリス | 2010年5月18日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48377531

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエモンスターズジョーカー2~唐突に終了か!?~:

« 長男の修学旅行にふと思う | トップページ | WE ARE THE WORLDみたいなの »