« ランキング | トップページ | 買いはしないが、、、 »

2010年5月21日 (金)

セイクリッド2日本語版~その1にして最終回!?~

せっかくいただいたのになんだよいきなり最終回かよ、と思われる貴兄も多いかとは思うが、ソフトおよびプレゼントして下さった4Gamerの名誉の為に言えば、その主たる理由は内容によるものではない。

 ぶっちゃけ体に悪い。

「体に悪い」と言ってもこれまた好意的すぎる「面白すぎて遊びすぎるので体に悪い」というわけでもない。もっと単純に、もっとシンプルに、

 マウス+キーボードでプレイする、そしてその操作内容
※WSADとマウスのみならずCTRLやQを頻繁に押させる操作系
が、あまりにも肩に負担を掛ける。

 要するに痛くてお話にならない。

正直今まで使っているメインPCでのプレイであれば、ここまで痛みはひどくないはずなのだが、せっかくのセイクリッド2である。4Gamerでも紹介されていたように、GTX285でPysxを思い切り堪能してプレイしたい。そしてNEWPCはその操作に関する体勢が今ひとつ完璧に整っていないのだ。

小さなテーブルを用意したり、ちょっとしたケースでキーボードもマウスも自分なりにそこそこ安定する高さに調節をしたりもしたが、その痛みたるや、

 しばらくうめくほど。

プレイ時間はわずか2時間ほどだったが、パッドで遊ぶボーダーランズ60時間より遙かに強い痛みを被るに至ってしまった。

さきほどソフトは悪くないとは書いたが、正直その操作においてはその限りではない。ぶっちゃけキーアサインが上手く機能せず、マウスサイドについた3つのボタン全てに機能を割り振ることが出来ない。せめてここにCTRLとQを振ることが出来たなら、、、っていうかそもそも360版はパッドで操作出来るのだから、PC版だって出来ても不思議はないと思うのだが、、、。
※パッケージに「非対応」と明確に謳ってあるくらいだからまぁ非対応なんだろう。

WSADのWとSで前進後進。これはいいのだが、AとDは左右への移動ではなく「旋回」で、フィールドもそれに応じて頻繁に視点が廻る。ディアブロのように完全に視点固定であればADも移動に割り振れたのだろうが、立体的で派手な箱庭を構築しているセイクリッド2の場合、それだとさまざまな点
※例えば建物の入り口が常にて前になるように配置しなければならないとか、大きな山の向こう側に行けないようにしなければならないとか。
で都合が悪い。結果このような操作であり、視点移動になってしまっているのはわかるのだが、

 せめてもう少し視点が下げられたらよかったか。

とも思わずにはいられない。要するに一番アップにしたときでもやや俯瞰視点になるため、とにかくFPSやTPSのように遠くを見渡すことが出来ず、アップにしたときに非常に情報量が狭くなってしまう。せめてここである程度パン視点に匹敵する情報量が得られたら、FPSのようなWSAD操作にもしっくりくるし、プレイもしやすかったのでは、と思うのだが。
※一因には僕がボーダーランズをプレイしているというのもあるかも知れない。

それと、「日本語版」とは言ってもゲーム中のボイスは全て英語のままで、「ゲーム中ボイスのみで字幕の存在しないセリフ」に関してはローカライズされていない。
※ゲーム内の小さな石碑あるメッセージで「まさかローカライズするとはって思ったでしょう?そのまさかだよ」などという気持ち悪いセリフがあったが、ぶっちゃけこういう頭の悪いヤツがローカライズしたかと思うとその出来も推して知るべしだったのかも知れない。

マニュアルは日本語で、ゲーム内のヘルプ関係も全て日本語。わかりやすさで言えば英語版とは比べものにならないくらいわかりやすいが、それでも非常に基本的なところで「バフ」というスキルの意味や、そのセットの仕方、いくつも存在する似たような「ポイント」の意味と価値、固有名詞がそのままカタカナで表示されるアイテムの名前、説明など、

 経験者以外にはかなりハードルの高い作り

であることも否めない。キャンプメニューのアイテム売却アイコンで売ると、店売りよりも安く叩かれることや、コンバットアーツをむやみやたらと覚えさせてしまうことに関する警鐘およびそのデメリットなど、日本語だからこそわかったことがありがたいと感じる一方で、単純に、「なんで安く叩かれるんだ」とか「別にどんどん覚えても損しない作りにすればいいのに」という、ゲームデザイン根幹に対するストレスがあるの事実。正直レベル1ではリチャージに8秒掛かるコンバットアーツが、レベル2だと12秒にもなり、効果はわずか「0.6%から0.8%へ増加」というのは一体何を考えているんだという気がする。そんなのは調整でもレベルアップでもない、ただのワナでしかない。

広大なマップを少しずつ埋める作業そのものは嫌いじゃないし、世界も結構綺麗で、その点での居心地は悪くない。が、その広大な世界を移動するには基本徒歩で、ワープ出来るポイントまで行くにも一苦労というのも、
※移動速度も正直速いとは言い難い。具体的な体感速度で言えばダッシュのないボーダーランズより遅いくらい。
出てくる敵のレベルの低さと相まって、非常に、

 無駄だらけ。

登場人物の指令を真に受けてクエストを消化してたら、いつまでたってもレベル2の敵のいるエリアばかりで、一度足を伸ばしてレベルを7まで上げてしまった自分には、もはや苦痛でしかない。
※まぁ今気づいたけど、「クエストなんざ全てシカトして先へ進めばよかったのか」とは思う。つかそれはそれでメインのシナリオをスルーすることになり、結局途中で詰まりそうな予感はあるけど。っていうか、この頭の悪い調整をしたクリエイターのすることだから、むしろ「そうなる」可能性の方が遙かに高いけど。

 肩が泣きたいほど痛いので表現が否応なく辛辣になる。
※泣きたいほど痛くなるまでプレイしたのはプレゼントして下さった4Gamerに対する礼儀。

飛び道具を敵に当てやすい点や、周囲のアイテムをごそっと一気に拾うことが出来るところ、複数の武器を切り替えられるところや、所持アイテムのソート(場所の整理)が簡単にできるところなど、良い点も多いが、あまりに肩に負担を掛ける操作性と、広いのに移動が遅いストレス、あきれ果てるほど小さな文字など、脳みその足りないチューンも負けないくらい多い。

よく言えば古き良き洋ゲーらしさなのかも知れないが、個人的にはPCでやるより360版をやった方が、遙かに楽しめるのはたぶん間違いないと思う。つか視点固定で手前のオブジェクトを完全自動で半透明化してくれればよかったのに、ってのはマジで思ったね。ぶっちゃけどう視点を動かしても「自分が全く見えない」場所とかあったりして、
※うまく家から出られない!
ここ数年よそで「視点に関する不満がある」と書かれたソフトでもさほど不満を感じなかった自分でも、久々にこれには参った。

とりあえず評価は★。誰にどう思われようと、自分の価値基準は曲げない。つかたぶん普通のハクスラ系アクションRPG
※例えばシャイニングフォースネオとか
程度の移動速度&操作性を実現してさえいたら、6点くらいは付いた内容だったとは思うんだけどね。まぁ自分のプレイ環境にも寄るかな。

|

« ランキング | トップページ | 買いはしないが、、、 »

コメント

移動速度と視点はそれぞれbalance,txt option,txtをいじることである程度調整できますよ。

クリスさんのレビュー好きなのでsacred2もっとやってみて欲しいす

http://www1.atwiki.jp/sacred2/pages/32.html#id_d92eae6c
http://www1.atwiki.jp/sacred2/pages/51.html

投稿: | 2010年5月22日 (土) 14時22分

情報どもです名無しさん。
でもやっぱ難しいですね。コレを書いたのはもう1週間くらい
前のことなのですが、今でもちと肩が痛いくらいなんですよね。こればっかしは・・・。申し訳ない・・・。
メインPCの場所にNEWPCが移動する日が来たら、再度プレイするかも知れませんです・・・。

投稿: クリス | 2010年5月23日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48389013

この記事へのトラックバック一覧です: セイクリッド2日本語版~その1にして最終回!?~:

« ランキング | トップページ | 買いはしないが、、、 »