« 自分がやりたいゲームって、、、 | トップページ | ゼノブレイド~その5~ »

2010年6月18日 (金)

ゼノブレイド~その4~

 ジェムクラフトが面倒くさい

面倒くさいが、嫌いじゃない。というか、いろんなわからないことが徐々に、でも確実に氷解していく感じが悪くない。昨日は開始から2時間以上ずっとジェムクラフトばかりしていて、「錬金術者」だったかの実績もクリアした。
※500回成功させるってヤツ
たぶん現時点
※脚をクリアしてない時点
でのクラフト回数で言えば、結構なレベルなんじゃないかと思う。なかなかここまでストイックにジェムクラフトばかりやり続けられないんじゃないかと思うので。

前回概ねやり方については書いたが、また今日も書く。誰が見ているのか、誰も見ていないのかも知れないが、自分のプライベートが大いに割かれている以上書かざるを得ないのだ。

まず、前回からの一番大きな進歩は、

 100%未満、8個未満でも錬成出来る

「え?そんなの当然じゃん」と言う人がほとんど(あくまでプレイしている人にしてみれば、だけど。っていうかプレイしている人がいるかどうか甚だあやしいもんだけど)だとは思うけど、

 しょうがない気づいたのがジェムクラフト始めて1時間以上経ってからだったんだもの。

っていうかTIPSに書いてあったかぁ?というのが正直なところなのだけど、まぁいろんなわからないことが積み重なってるからそういう細かい点まで目が届かないってのはよくある話。

で、それによってどういうことが出来るかというと、

「筋力30素早さ20」と「筋力15素早さ10」を足して
「筋力45+α」「素早さ30+α」のシリンダーを各1つずつ作ることが出来る。
※正確には緑のゲージが最低1本はマックスになって、シリンダーを複数作れる条件が整う必要がある。

左のキャラをラインにして、右のキャラをシュルクにすると、かなりの確率で3本以上シリンダーとしてキープすることが出来るようになるので、

 ちょい上げる時は左をラインに。

で、とにかく%を稼いで200オーバーを狙う時や、シリンダーを2本以上作る必要がない時は、左をシュルクにする。

もちろんちょっとした乱数でしくじることもあるので、セーブ&ロードは頻繁に行うが、通常ランクIではほとんど使い物にならないものでも、IIまで上げれば、でもって複数スロットにセットすれば有効に、

 なるものもあるんじゃないかな?

という気持ちでどんどん錬成した次第。

つかアイテムボックスの上限いっぱいになっちゃったんで仕方なく始めたというのが実情だったりするのだけど、どんどん掛け合わせていくとそれはそれで楽しい。

そんなこんなで現状わかっていることをいくつか書いてみる。プレイしている人がウチの読者様にひとりもいないであろうことを知りつつ書くのは切なさが夜ごと募るが、まぁ気にしない。↓ちなみに何も書かれていない場合は基本ランクIIのものを指します。

・移動速度UP

 ランクIで2~3、IIで6増えるが、ユニークやイベントご褒美でもらったランクIIIの10UP×2と併せて、「25でカンスト」してしまった。126%以上の移動速度にならないというのはソーマブリンガー世代としてはちと物足りないが、まぁこればかりにスロットを占有されるのもそれはそれで困るので、いい塩梅と言えなくもないかな。ちなみに自分は長距離移動するとき
※結晶採掘ポイントをマラソンするときとか
以外は筋力にしてます。

・開幕攻撃力UP

 「攻撃力30%UP」というと、漠然とダメージが30%上がるような錯覚を覚えるがさにあらず。実際は「30%+30%=60%」になっても、1割ほどしか増えなかった。
それでもまぁ(このジェムに限らず、「武器スロット限定」のものはたくさんあるが)数値的に迫力があるのでシュルクの開幕バックスラッシュに合わせてコレを常用している。脚に出てくる雑魚なら11500くらい取るが、本音的にはラインのジャガーなんとか(スロットが3つある武器)に3つとも挿して残りを全部筋力UPし、バーサーカーでソードというのも面白いかと思ったりもするかな、とか。つか、

 そういう「強化のビジョン」を考えるのがとても愉快

だからがんばって錬成しまくっちゃったんだよな。

・冷気攻撃

一見同種の「雷攻撃」が、「オートアタック時に60の雷追加ダメージ」なのに対し、冷気は「オートアタック時12%で30の冷気追加ダメージ」と一見大きく見劣りする。ぶっちゃけその「12%の冷気」がどういう効果なのかはわからないが、2個はめても12%は12%のままで、ダメージが60になった。もし「凍るメリット」があるなら、ダメージ増は微々たるものなので、1つで十分ということになるが、、、。

あと「オートアタック時」というのもちょっと気になる。四六時中とは言わないが、かなりのケースでアーツ(スキルアタック)で攻撃しているわけで、意図的にオートアタックさせる=アーツの強力なダメージを抑えることになってしまう。でもそれらをまとめると、

 素早さを上げ、攻撃頻度を上げ、パラライズやバインドと合わせて冷気攻撃もオートでさせるのも面白いかも

ということも言える。つか3人目の姉さんは現状完全におまけ扱いで全然アーツの強化をしてないのだけど、彼女に3スロットの武器が出土したらぜひ試してみたい感じだ。

他にも出血防御やエーテル関係、テンション関係も一通り上げられるヤツは上げてみたが実際有効と思えるものは少なく、ちょっぴり肩すかし。ただ、「作ってみないと」「試してみないと」わからないのも事実で、ある程度揃えてみるのも悪くない選択だと思う。

ちなみに移動速度UPは赤モンスター(アイコンが赤くこちらより遙かに強い敵の証)の中をかいくぐるような場合でも有効だが、実際は「○○迷彩」という「見つかりにくくなる」ジェムがより有効らしい。ともあれ種類はホントに多岐にわたるので、今後が楽しみな要素ではある。

・・・

ストーリーは全然進めておらず、橋のところで事故った弟を追う場面だが、地味にクエストを消化し続けるだけでも割と楽しい。秘境ポイントから世界を眺めたり、ユニークモンスターや集団相手の戦闘も悪くない。ただいかんせんレベル差があると経験値は極端に少なくなってしまうので、そこにやる気を乗せられないのは惜しいところ。
※敵が強い方にレベル差があると勝てないし。

せめてもう少し出現モンスターのレベル上昇がなだらかなら、
※今は19の次が一気に32とかになっちゃう。その上は70だし。
ギリ倒せる相手を食いつないで限界までレベルアップしちゃうのだけど、それやっちゃうと先へ進める楽しさが目減りしすぎちゃうってコトなんだろうとも思ったり。

ただ結構な数の相手に苦汁をなめさせられてるのも事実なので、いつかは見返してやりたいとは思うけどね。っていうか、

 どう工夫しても絶対倒せないってのがFFとの違いか

とも思ったりはしたな。FFならたぶん倒せる道が残されてたと思うもの。

|

« 自分がやりたいゲームって、、、 | トップページ | ゼノブレイド~その5~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48642800

この記事へのトラックバック一覧です: ゼノブレイド~その4~:

« 自分がやりたいゲームって、、、 | トップページ | ゼノブレイド~その5~ »