« 久しぶりに友人にCDを焼く | トップページ | 2010夏旅行~その1~ »

2010年7月30日 (金)

久しぶりにグラディウスシリーズをやってみた

ハードはPSP。軽く感想を・・・。

●グラディウス

なんだかんだ言ってグラディウスの曲が一番親しみがあるというか、音源はともかく、一番聴いてるというか、初代グラディウスはステージ開始の曲がどの面も同じジングルから入るのでその分印象に残るのかも。

今日はとりあえずやれるだけやってみようと思ったのでコンティニューはなるべくせずに、サクサクと死んでサクサクと止めてみた。初代は2面中盤でエンド。とりあえず十字キーのせいにしておく。今日の感想は★★。

●グラディウスII

初代からのあまりの進化を今さらながら感じる炎の惑星。しかし今ですらこの違いにちょっとビックリするくらいなんだから、当時はそれこそ目ン玉が飛び出るくらい(死語)だったんだろうなぁと遠い目をしたくなる。

音楽はPCエンジン版で聴き倒してはいたものの、やはり良い。初代ほど聞き込んでないにしても十分名曲だ。こちらも2面中盤でエンドだったけど、「名作のオーラ」はしっかり感じることが出来た。伊達にグラIIじゃない。★★★。

●グラディウスIII

「見る見る変わる」というほどの派手な変化はなく、むしろライオンの「正面に撃ってくる弾」がウザい。つかボスが弱くて無事2面まで到達できて良かった。当時はシューティングと言えば「初プレイ3面エンド」が大半だったのに、、、まぁ寄る年波には勝てないというか、

 冷静に考えると3面エンドだって決して威張れたもんじゃない。

上手くはないが下手すぎでもないってレベルかな。ちなみにIIIはスーファミをそこそこやり込んだ記憶はあるのだけど、完全移植というわけでもなく、違和感は残った。面白かったかと言われたら、、、まぁ★☆ってとこかな。

●グラディウスIV

IIIとの変化著しくちょっと笑えるほど。最近ではPS版よりむしろMAMEで起動させるケースの方が多かったが、いざPSPで起動してみるとMAMEがまだまだ遅いことに痛感させられる。

見た目はメタリックで派手な敵だが、音楽の印象が薄く、どこかアルゴリズムに精彩を欠くような気もする。クリア出来るくらいやり込んだ人なら全く違う感想なのだろうけど、PS2版III&IVを買うだけ買ってみた、なんて人には2面がせいぜい、、、っていうか、

 今日初めて2面見たような気すらしたよ・・・

どんだけ忘れっぽいんじゃって話だけど。★☆かな。

●グラディウス外伝

PSオリジナルではありながら、その面構成とパワーアップはかなり凝っていて、難度の上昇係数ではIIIやIVほど壊れてないながらも、ゲームとしてはII→外伝→Vという感じで面白さが受け継がれている気がした。

初見時は画面のボヤけが強く&暗く、すぐ死んでしまったので、悔しくてリプレイ。3面くらいまで行ったかな。普通に面白かった。フルスクリーンでももう少しボケなく見やすければグラIIより楽しめるかも知れないな。評価は★★★。

●パロディウス

グラフィックはちょっと今風にアレンジされて、MSX版という手触りはないが、難度はきっちり高く。残念ながら1面ボスにすらたどり着けず。

グラディウスの歴史は最先端で「オトメディウスなんちゃら」だと思うが、そのルーツをたどると、ある意味これにぶち当たる気がする。グラディウスが沙羅蔓蛇にしか進化しなかったら、オトメディウスはなかったって思うんだよな。ま、そうは言っても面白くなかったので評価は☆だけど。

●パロディウスだ!

PCエンジン版を購入した直後にスーファミ版が発表され、ハリセンボンのボスが実現したという「コナミてめぇふざけんな」なタイトルで、ゲーセンの移植度がまだワクワクを育成するにやぶさかでなかった頃。結構プレイしたおぼろげな記憶がある、、、と思えたのはそのテーマ曲に対する懐かしさゆえか。

パロはゲーセンでも普通に遊べる低難度チューンだったので、今回も4面くらいまで進めることが出来てちょっと嬉しかった。面白さの密度はグラIIや外伝に劣るかも知れないが、簡単なのことは決して悪ではないと感じてしまうのも、歳を取った証なのかも知れないな。★★。

●極上パロディウス

PS初期のタイトルで、ハードが新しいこともあり、ワクワクしながら遊んでいた気がする。その理由の一つには、ケーブルがPCエンジンのコンポジットから、S端子に変わり、画面がキレイになったというのもあった。ビデオを買ったりプレイもそこそこやったので音楽にも馴染みがある。いやいや普通に面白い。

展開が「だ!」より派手で、メリハリがあり、遊んでいてダレない。隠しフィーチャーもいくつかあったような気もするが、基本パロシリーズになってからは難度が抑えられているのが今プレイするにおいてプラスに作用してる感じ。今日やった中では一番よかったな。最強ミカエル最高!★★★☆。

●実況おしゃべりパロディウス

八奈美先生のおしゃべりはスーファミの頃だからこそ価値があったのかなぁと思わずにはいられない。というかゲームは結構姑息な弾が多くて、1面ボスに行く前にエンド。情けない気持ちももちろんあるが、ジジイになってくるとむしろ「ああ嫌らしいなぁ」と相手を貶めてしまう情けなさよ。スーファミで買ったのも発売からかな~り経ってからの中古だったし、ある意味旬を逸してしまったのかもな~。★☆。

●セクシーパロディウス

実はゲーセンで見たことが一度もないかも知れないが、これも極パロ並に派手な展開で、十分過ぎるほど楽しめた。自機がいっぱいあっても使う機体は割と偏ってしまったりするものなのだけど、コイツやミカエルのように上下にも通常弾をガンガン撃てるヤツは強い。オプションを配置してどうこうという、

 グラディウスらしい面白さ

を全否定するが如くの弾幕攻撃だが、

 虐げられてきたストレスが爆発する

という楽しさであるとも言える。セクパロは、、、軽く書いたが生まれて初めて略してみたが、各面にミッションがあり、それをクリアするとボスを倒したあとご褒美画面が(と言ってもさしてエロくもないが)表示される。ささやかだが嬉しいシステムだ。★★★☆。

●沙羅蔓蛇

続けてプレイして感じたが、グラディウスポータブル、パロディウスポータブルと、沙羅蔓蛇ポータブルはスタッフが違うのか、メニューや操作系が全然違う気がした。
※まぁ沙羅蔓蛇だからパワーアップは当然違うんだけど。
セレクトでコインを入れてスタートする流れとか、ボタンが連射になってないとか。

結局その連射がない状態があまりにつらく、
※メニューで設定すれば出来るようになるんだろうけど。
1面すらクリア出来ずにエンド。

さっきも書いたけど、ある程度進めないと面白くない。っていうか沙羅蔓蛇は敵がスゲェ速くて、自機もスピードアップ1つとるだけで3速くらい上がるピーキーなチューンなんだよね。ファミコン版が精一杯の自分には難しいです。☆。

●ライフフォース

こちらもパワーアップシステムはグラタイプになったものの、ボタンがデフォ連射じゃない分、「弾が出ない」ので、結局押し負けるように1面エンド。つか沙羅蔓蛇とライフフォースの「ボスの違い」を全く堪能することなく終わってしまう切なさよ。まぁ評価も☆と低くなるのは致し方ないところかな。

●沙羅蔓蛇2

絵はたぶん今回プレイした中で一番キレイだったと思うけど、結局上手く撃てずに当てられず、1面ボス直前でエンド。沙羅蔓蛇シリーズの方がグラディウスより難しい印象が強いなぁ。こんなだっけ?って感じだよ。★。

●ゼクセクス

当時は結構好きだったんだけど、PSPでプレイするにはつらいというか、なんだろ、何にも流れてこなかった。見た目もさることながら、操作も今ひとつピンとこなくて、「沙羅蔓蛇パック」に入れる気持ちはわかるけど、あんまし楽しくなかったのも事実。つかぶっちゃけ、

 沙羅蔓蛇ポータブルは1本もボスに会えなかった。

ええもちろん僕がへたれなのは認めますよ。認めますが、、、

 パロディウスポータブルのがオススメになってしまうのは致し方なし

というところでしょうか。評価は☆。とにかく動かしヅレーよ。

●グラディウス2

パロPに入ってたパロディウスがなめらかスクロールにアレンジされていた(ような気がする)のに、こちらはかなりMSX版を忠実に再現してるというか、スクロールはカクカクだし、連打はしづらいし、簡単に死ぬし、判定はデカいしと、苦しいばっかし。エミュで遊んだときはもう少し楽しめた気がしたけど、あれはソフトウェアでスクロールをなめらかにしたりしてたのかしら。記憶が曖昧。

まぁさほど面白くもなかったな。☆。

-------------

歳と共に感性が変わるのは当然のことでもあるのだけど、やっぱり「思い出はキレイなままで」と思う気持ちもわからなくはないというか、「面白かったソフトは今でも面白くあって欲しい」とは思う。ただ、実際はやっぱり感性とともに価値観が変わり、以前楽しめたタイトルが楽しめなくなってしまったりもする。

そんな中、こうして今プレイしても十分以上の楽しめたものもあるわけで、やっぱりシリーズものは偉大だなぁと思ったりもする。
※ちなみにツインビーは自分あんまし好きじゃなかったりするんだよね。っていうかベルがそもそも好きじゃない。疲れるし。疲れない?

PS3でも確か予定されてはいたと思うけど、密かに3DSの方が出るなら楽しみというか、「凄いキレイなグラディウス」を自分が求めているんじゃないような気はしたんだよね。なんかもっと「しっくりくる」ことの方が大事というか、見た目的にはセクシーパロディウスくらいで十分過ぎるというか。

でもグラやってて思ったけど、ダライアスはあるのにR-TYPEはPSPで出てないんだよね>シミュレーションしか。一度「ファイナル」なんて出しちゃったから引っ込みつかなくなっちゃったのかも知れないけど、ファンは確実にいると思うし、PSPじゃなく360のライブアーケードでもいいから、
※移植じゃなく
新作とか出して欲しいなぁと思ったりもします。

つかメタルスラッグだけが2Dドット絵を受け継ぐことが許されてるってのは、なんかよくわからないよな。グラディウスだってR-TYPEだってダライアスだって、2Dドット絵で作ってくれて構わないと思うんだけど。

|

« 久しぶりに友人にCDを焼く | トップページ | 2010夏旅行~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48993532

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにグラディウスシリーズをやってみた:

« 久しぶりに友人にCDを焼く | トップページ | 2010夏旅行~その1~ »