« バトルロードビクトリー~その4~ | トップページ | 監獄島 »

2010年7月23日 (金)

ウルヴァリン X-MEN ZERO

期待してなかったので放置してたのだけど、見たら見たで、

 普通以上に面白かった!

評価は★★★☆。さすがに本編シリーズほどの「凄み」はないけど、ストーリーの基幹がローガンに集まっている分わかりやすく、復讐劇というのもシンプルでよい。監督のデビット・ベニオフという人は全然知らなかったというか、むしろこれくらいしか撮ってないような人なのに、ソツがないというか、「ヒーロー物の撮り方」をわかってるというか。

たぶんダークナイトを評価するような人にはこのウルヴァリンはさほどピンとこないのだろうけど、

・全編通してコンスタントにミュータントの特殊能力が出てくるのは安っぽいかもしれないが、嬉しい。

・ヒュー・ジャックマンがとにかくかっこよく描かれているので、ファンには嬉しい。

・本編シリーズが3部作ということでどうしても同じキャラ同じ特殊能力が出てしまったのに対し、見慣れぬキャラと見慣れぬ特殊能力は鮮度が高くいい感じ。

・途中やや無理がある設定が顔を出したりしたが
 ※「頭に当てれば壊せはしなくとも記憶は消せる」とか
 そのおかげで、きちんと本編へ設定を持ち越せたのは(小心者)と呼べなくもないけど、僕的には「しっかりとした仕事」と言えると思った。

・続きをにおわせる終わりも「らしくて」良い。

個人的におしゃべりなウェイドが良かった。日本刀の二刀流で何をやるかと思えば、まさかの銃撃戦担当だったり、身体能力の高さもローガンとタメ張るのに十分と思わせておいてクライマックスではそれ以上にベースアップして「いい感じにアルティメット」。ホントは(人気的に)ガンビットをもっと活躍させるべきだったんじゃないかと思ったりもしたけど、
※まぁ色男&美味しい役回りではあったけど。
普通考えたらウェイド改めウェポンXI一人で結構万能というか、

 マグニートーにも負けないんじゃないの?

と思ったり。アダマンチウム、瞬間移動、オンオフ自在なレーザーに超人的な治癒力。他に研究されてた連中のスキルを受け継いでたとしたら、体をダイヤにすることも出来ただろうし、熱にも氷にも強そう・・・。

 ちょっと笑えるくらいナイスな悪玉。

見た目も直球でボスにふさわしく、正直ジジイ(マグニートー)とか女(グレイ)よりテンションが上がる。つか、

 スゲェ悪役がいてこそ主人公の強さ、かっこよさが引き立つ

のは自明の理なんだよな。絵作りとしては過去2作と比べて正直やや迫力不足かなぁと思わなくもなかったけど、まだ見てない人はぜひ見た方がいいと思います。僕らアラフォー世代=特撮ヒーローに憧憬があるような連中は、テレビ画面でも十分元が取れる作品だと思いますよ(^^。

余談だけど、ヒュージャックマンってよく見ると藤原竜也そっくり。ビクターもちょっとショーン・コネリーに似てる、、、かな。あとダイヤになれる女の子、

 銃弾食らったらタンクトップは穴だらけになるだろよっ!!

スゲェがっかりした。あえて言う必要があるかどうかはともかく、超がっかりした!

|

« バトルロードビクトリー~その4~ | トップページ | 監獄島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/48935934

この記事へのトラックバック一覧です: ウルヴァリン X-MEN ZERO:

« バトルロードビクトリー~その4~ | トップページ | 監獄島 »