« 2010夏旅行~その1~ | トップページ | 初音ミクプロジェクトディーバ2nd »

2010年8月 1日 (日)

2010夏旅行~その2~

ちょうど今し方帰宅してキーを叩いている次第。出発前はよもやこれほどの大雨に見舞われるとは夢にも思わず、帰って来て(猫の為に開けていた)窓際がびっしょり。まぁしょうがないわね。

さて、昨日の続きのガンダムである。つってもまぁお台場でイヤってほど見て写真も撮りまくったガンダムである。何を今さらという感が強い。軽く復習という感じで流しちゃうのであしからず。

100729_01 ●ガンダム、ドコモの前に立つ

ソフトバンクの携帯と提携してるくせして、場所はドコモのビルのすぐ前。パンフの袋にもドコモの文字があり、「いったい白いヤツはどっちの味方なんだっ!」と池田秀一氏の憤りが聞こえてくるよう。とりあえず「実際の建物の近く」というシチュエーションは、お台場では実現しなかったし、写真を撮るのに邪魔だと言えば邪魔だが、雰囲気が出ると言えば雰囲気が出るかなぁと撮った後思った。

100729_02 ●ガンダム、アップになる

いろんなところがリペイントされている今回の静岡ガンダム(略して静ガン)だが、胸部の塗装は印象的に「こんなにブルーメタリックだったっけ?」と思ったものだ。でも今お台場ガンダムの写真を見直してみると、

 なんら変わりない色みたい・・・

人間の印象などあやしいものである。

100729_03 ●ガンダム、ビームサーベルをにぎる

今回の目玉というか、これ以外はほとんど違いがないと言っても過言ではないアレンジ、ビームサーベル。表面はパール塗装されていて、夜間のライトアップで派手なエフェクトが投影されるらしいのだが、まぁ日中なのでただの白い棒である。ただ、前回握り手だった指が「一応曲がりなりにも稼働する仕様になっていた」というのはちょっぴり嬉しかったポイント。接続部分のディティールもそれっぽく、いい感じです。

100729_04 ●ガンダム、敵に後ろを見せる

何のことはない写真なのですが、背景の空と雲がとてもさわやかで、

 ガンダムは戦争の道具

という事実を忘れさせます。ちなみに下腕にある赤いラインはお台場のときはありませんでした。つかそういうマーキングの変更、追加はかなりの数になってる模様です。

100729_05 ●ガンダム、ガンプラ30周年をお祝い

まぁこれが一番のアピールポイントですからね。両肩以外に足の甲にも同様のマーキングがありました。正直あの虹色の東京都万歳!みたいなマーキングよりはなんぼか「それっぽい」から許せるんですが、まぁそれ以上に、

 RX-78-2って書いてある

ことの方が大きいかも知れませんね。前回は胸部上部に「こっそり」描いてあるだけでしたから。

100729_06 ●ガンダム、雲をバックにパシャリ

ちょっと写真を圧縮しちゃったので、正直写りがあまり良くないんですが、ブログの容量もかなり切羽詰まってきてるのでごめんなさいご了承を。つかまぁもっとキレイな写真をもっと大量にアップしてる人が他にもきっといると思いますので、クリスのブログでは雰囲気だけ伝える形で。

足下には当然のように人がたくさんいるわけですが、所詮はギャラリー。「巨大感を演出する助力」にはなり得ませんで、結局「入らないように撮った」方をご紹介します。まぁお台場見たあとだと鮮度は落ちるけどね。

100729_07_2 ●1/12ガンダムにもマーキング

ディティールやプロポーションの違いもありますから、当然完全ではないんですが、こちらにもそれっぽい文字が描かれてました。他にももう1体あったかな?
※こちらはソフトバンクのガンダム携帯紹介出張所内にあったもの。
さすがに見慣れてるというか、さほどインパクトはありません。

ちなみにホビーミュージアム内には同スケールのコアファイターもありましたが、「1/1と1/12、1/144」を比較してみることが出来るのはなかなか趣深かったですね。12分の1の12分の1!みたいな?

100729_08 ●ソフトバンクガンダム携帯

長男の携帯候補として、防水防塵ということでかなり心が動いたのだけど、

 2年契約で月々4450円(うろ覚え

と言われて心が折れた。10万6800円!?なんでそんなにすんの?って思うのだが、一応アクオス携帯で1200万画素のカメラが付いていたり、コレ用に作られたガンプラ(メタルフレーム内蔵)にも結構なコストが掛かっていたりするんだろう。

 さすがにそこまでは出せないナリよ

・・・僕たちは会場を後にした。

その後再び東名に乗り北上するのだが、途中駒門というサービスエリアで「日本最大のよ溶岩洞窟」というところに立ち寄った、、、というか正確には「立ち寄るつもりでサービスエリアに車を止めた」のだが、

 残念ながら閉園時間を過ぎていた。

車はそのまま大都会東京を目指す・・・が、実際今晩泊まるお宿はそんな東京でも割と手前の方「蒲田」というところらしい。で、この蒲田、都会は都会なのだけど、何つか

 スゲェ狭い範囲にスゲェ高密度にいろんなものがある感じ。

ある意味秋葉原っぽいと言えなくもない。泊まるホテル「和(なごみ)」も、入り口はパチンコ屋の脇にある「エレベーターだけ」みたいなところで、まぁ部屋数も少ない「カプセルホテル&サウナ」みたいなとこ。何せ家族4人食事なし風呂アリで、

 12000円ポッキリ。

4人でこの値段はなんだか笑ってしまう。カプセルじゃないが一応4人強引に泊まれる狭い部屋。ただし中が「2階」に分かれていて、階段でロフトのような上階へ移動する構造になっている。都会のホテルと言えば土地代が高いわけで、勢いこういった「シェイプの限界」みたいな構造になるのかも知れないが、ちょっと驚いた。

晩飯は外でどこかに入ろうかという話だったのだが、

 娘はコンビニ、長男は吉野家を希望

というなんというか、「そういう家」なんだウチは。結局交番で「おにぎり」を売ってる店を訊き、シュークリームを買ってホテルで食べて寝た。せっかく東京まで来て、とかみさん的にはイマイチ面白くないみたいだったけど、おにぎりは普通に美味しかったし、みんなが入りたくもない焼肉屋で1万出して不満を買うよりははるかに有意義だったと思う。

ちなみに当日の僕は「かなりの下痢」に見舞われており、みんなが冷たい物を美味しく戴いてる横で「つ、次のトイレは、、、」って感じにうなってた。うーむ。

ホテルは一応温泉があり、深夜3時40分、こそこそと起きて入りに行ったら、

 4、5人いてビックリ。

さすが大都会眠らない街東京。たまたまだろうけど。

温泉は「真っ黒」で、ちょっと愉快。かなり熱かったけど、それもまた愉快。そのあと1日目のブログを書いて寝る。

二日目はあいにくの空模様だったが、目的地の「首都圏外郭放水路」はたぶん地下施設なのであまり気にしない。地上にあったらただの池である。

道すがらジョナサンで「昨夜の晩飯よりはるかにコストの掛かる朝飯」を取り、首都高の渋滞に巻き込まれながら予約の1時に間に合う間に合わないギリギリのラインで目的地を目指した。

結論から言うと、予約時間には間に合わなかったのだが、とりあえず「1時半(※予約時間の30分後)」から、具体的な注意事項の説明に入るので、それまでに間に合わない場合は、参加できないとのことだった。結構電話はつながりづらいので、もし行こうとお考えの方は早め早めに行動されることをオススメするが、

100729_09 100729_16 ぶっちゃけみんなが思ってるより大したことはなかった。

まぁいろんな理由はあると思うが、最大のポイントは、ここが「観光目的で作られていない」点。要するに「緊急時に利用される施設」なので、いろいろとルールとか縛りとかが厳しいんだよね。移動中のカメラは禁止とか、ここからここまでしか移動しちゃダメとか、ルールを守らない人がいたら即中止するとか、、、。

100729_10 説明してくれた女性の話はとても完成度が高く、ふむふむとは思ったし、実際直前に使用されていた分、足下がぬれていて滑りやすく、急な階段の踊り場でカメラなど出された日にゃ、トラブルの元、事故の元になりかねないのも十分理解出来るのだが、一方で「せっかく一番綺麗に見える場所」があるなら、そこで写真が撮れてもよかったんじゃないかと思ったし(ちなみに階段の踊り場)、吸い込まれそうな「立坑」は怖いながらも見てみたい気持ちになった。

100729_11100729_15 高さ22m、容量18万リットル。柱は1本太さ7×2m長さ18mが59本・・・。

100729_12 昨日も実働してる施設だけあって、路面はかなりぬれており、実際滑りやすい。外気温30度、貯水エリアは19度。湿度計の指す針は100%で、かなり深い霧が掛かる大空洞は幻想的・・・ではあるのだが、

 大谷石の資料館の方がずっと雰囲気がいい。

100729_13100729_14 「自己責任」という言葉からはかなり距離のある見学ツアー。もちっと緩くてもよかったのでは?ってのは僕が甘いんだろうなぁ。

・・・

   そのあとは「ららガーデン」という春日部のショッピングモールにちょっと寄ってクレヨンしんちゃんの銅像みたいなのをちょろっと見て、ドンキで「ソルティライム」を8本買って帰路についた。あ、途中にあったゲームショップで「プロジェクトディーバ2nd」も買った。つか雨が猛烈凄くて制限速度が50kmとかまで規制されてたほどだったけど、いやはやかみさんおつかれさま。今回僕は一切ハンドルを握らなかったな。つか初日にホビーミュージアム見ておいてホントよかった(^^;。時間がなくて「寄生虫博物館」に寄れなかったのは残念だったけど。

今年は長男が高校受験なので、そうそう夏休みに遊びにも行けないのだけど(佐鳴が入ってるから)、去年行って楽しかった銚子川はぜひもう一度行きたいんだよな。「一度行ったところ」にもう一度行きたいと思うのはそうそうないのだけど、

 今年は欄干の上からジャンプ、、、出来るか!?

と思うし、去年は滑るだけだった自然のすべり台。今年はその横の大岩からのジャンプも、、、出来るか!?

正直行ってみないと泳げるかどうかわからないのがつらいんだけどね。
※雨上がりだと水かさが増してとても遊べないし、寒くても曇りでもダメだし、、、。
こればっかりは運次第なんだろうな。

|

« 2010夏旅行~その1~ | トップページ | 初音ミクプロジェクトディーバ2nd »

コメント

ららガーデン(春日部)、おいでになったんですね!びっくり!
休日でも空いている、がらがらガーデンなんですが如何でしたか。っていうよりもなによりも、運転お疲れ様でした。


追伸 先月二日に父が死にました。だからなんだって話ですが(汗)

投稿: KC | 2010年8月 2日 (月) 10時49分

ご家族旅行、楽しまれたようで何よりであります(^^)。
家族旅行なんて私はたいして思い出がないから羨ましいです。

放水路は結構制限が厳しかったんですね。あまりそのことに触れられている紹介サイトや文章は見たことない気がします。
期待し過ぎると、ちょっと…ていう感じなんですかね〜。でもダンジョン好きなら一度は見てみたいものです。
大谷資料館はつい先日私も行きましたが、確かに良かった!です。栃木にもあんな名所があったとは…もっとアピールすればいいのに。

静ガンはちょっと私のところから遠いので、辛いですが、スコタコが見られるなら頑張るかいはあるかも!?

寄生虫館は、ちっちゃいし、行くのに手間がかかるので満足度は低いかもです。ただ、今なら特別展示で「知られざるGの世界」がやっているので、ちょっとお得だったかも…。GはガンダムのGではないので悪しからず。

ガンダムといえば、ガンダムUCのレンタル始まりました。ブルーレイ買うほどではないけど、見る価値ありですよ。

投稿: トムニャット | 2010年8月 4日 (水) 08時25分

ちすKCさん、トムニャットさん、レスどもです。クリスです。ファミコン探偵倶楽部のような充実感を味わえるソフトがプレイしたい今日この頃です。

>KCさん

「がらがらガーデン」とは言い得て妙。確かに平日はそれほどでもなさそうなモールでしたが、個人的には「おもちゃ屋」がなかったのが痛かった!おもちゃ屋のないデパート、モールは認めませんよあたしゃ。

>運転

まぁ全部かみさんなんで(^^;、僕は疲れてませんです、、、。

>親父さん他界

ご冥福を祈りつつ、KCさんもあまり追い詰められすぎないように。もし自分だったらと思うと、どうしても暗くなっちゃいますが、なるようにしかならないし、やれることはやらなくちゃいけませんしね。FIGHT!

>トムニャットさん

家族旅行というか、どこに誰と(もしくはひとりで)出かけるにしても、思い出が良くなるか悪くなるかは「神のみぞ知る」と僕は思います。天気とか気温とか、「たまたま」がよい方へ転がればそれは楽しかった良い思い出になるし、悪い方へ転がれば行かなきゃ良かったってなるし。やっぱり後者もありますよ(^^;。ただ回数こなした方が「良かった旅行」が増えるのも事実ですけどね。

放水路はとにかく行動可能エリアが柱の本数で言えば「4本×2本」程度の狭い範囲に限られているので、「楽しむ」というより「見学」という感じが強いですね。ダンジョンっぽいと言う感じも大谷資料館と比べたら2%くらいしか感じません。

ロビーには例の東京アンダーワールド的な写真集も置いてあって、それにも放水路は載っていたのですが、

 載っているところ全部が見られる訳じゃない

ってのは当たり前のことなのかも知れないけどやっぱちょっと裏切られた感じにはなりますね。他にもいくつもの「地下要塞」があるわけですが、どれも「写真集用」なのかな、と思ってしまう。

大谷資料館がよかったのは、それら前知識が一切無い状態で見ることが出来た、もしくは「過大な期待にならずに済んだ」のがよかったと思います。僕が撮った写真はどれも一般客が見れるものでしたし、それでもピンぼけや「もっといいアングルがあったのにっ!」と実際に行かれても十分楽しめるものだったと思うんですよね。

 これもまた運

だと思うわけですよ。

「知られざるGの世界」は、、、自分厳しいかなぁ(^^;。殺せないほど苦手じゃないんですが、正直動いてるのが見たいと思ったことはありませんし、かみさんが「世界で唯一の博物館なのよ!」と言わなければ僕自身テンションが上がったかどうか。

ただ博物関係は総じてハズレが少ないのも事実なので、もし今度関東に出かける機会があったら覗いてみたいとは思いますです。余談ですが、僕は昆虫でカマキリが一番好きみたい。昨日もたまたま自店にいたのを捕まえたのですが、

 鎌を立てられてもカワイイと感じてしまった(^^;。

痛いんだけど、毒があるわけでも腫れるわけでもなく、高く放り投げても「スチャッ」と攻撃態勢で着地するところなんか、

 オマエはイカスよ!

って思ってしまう。ゴキブリを駆逐してくれ!ってのは無理な相談ですかねぇ(^^;。

UC、まだ1話も見てない自分は非国民でしょうか。なんかテンションが上がらないんだよね~。前評判が良かったGガンダムやWもそれほどでもなかったし。まぁ別物なのかも知れませんが。

投稿: クリス | 2010年8月 4日 (水) 22時58分

おもちゃ屋無いんですよぉ~(^-^;多分、しんちゃん推すスペースでとられてるような...。
励まし、ありがとうございます。

投稿: KC | 2010年8月 5日 (木) 09時13分

こんにちは。
静岡ガンダム羨ましいです~。
こちら三重県なので、世間の夏休みが終わってから友人と見に行こうかと計画しています。
静岡だと美味いものが無いので(というか舌が合わない、四年住んでて身にしみた)行きは刈谷で朝食兼昼食、帰りは焼津で済ませようかと思案しています。

伊賀のモクモクファームも、家族旅行の目的地としてはオススメです。
今は宿泊施設もありますし、温泉も有りますので、泊りがけでも利用できますよ。

そう言えば、前のガンダム携帯も9万円近くしてました。(知り合いが買ったので)
携帯の使用料に関しては、
①音楽・ゲームのダウンロードはしない(パケ代が上限まで行くので)
②メールだけならパケ代は大して、かからない。
③パソコンのMP3などをコピーしても、そのままでは殆どのガラケーでは聴けない。3GPなどのビデオ形式に変換する必要がある。(変換ソフトはフリーソフトで有ります。)
④スマートフォンならパソコンのMP3をそのままコピーして聴けるが、タッチパネル式はメールには不向き?タッチパネル式は電池の持ちが悪い?
⑤ホームページ等を携帯で見るのも、パケ代が上限まで行くのでお勧めできない。
とにかく、PC用ホームページの閲覧、ゲーム・音楽のダウンロードをやっちゃうと、パケ代が上限まで行って、通話料と別にパケット料(5000円ぐらい)がかかってくるということです。
後は一括購入の値段と折り合いをつければいいと思います。

投稿: じあんとー | 2010年8月 6日 (金) 11時20分

ちすKCさん、じあんとーさん、クリスですまいどです。最近テンションが低くつい、冷たいモノを摂りすぎて腹を壊してます(テンションとは関係ない)。イカンイカン。

>KCさん

しんちゃんスペースは結構なパワーがありましたよね。個人的に映画で使われた道具を実際に作ったみたいなヤツにちょっとニヤリとさせられました。が、

 一発モンですね(^^;

ちなみに最近の作品はあんまし見てないんですが、振り返ってみればカスカベボーイズも結構個人的に評価が高いかもだなぁと思ったり思わなかったりです。ヒロインがかわいかった!


>じあんとーさん

三重と言えば銚子川ですな!まぁそれはともかく。

正直お台場にあったのとあんまし変わらないので、そっちを見に行ってないなら、

 絶対行くべき。

それも、

 人が多そうな最初の方に行った方がいい

と僕は思います。出店があるのは期間限定ですし、ただションボリとたたずむガンダムだけを見ちゃうと、高くなるはずだったテンションも萎えちゃうんじゃないかというのが僕の見解だったりするんですよね。基本「同好の志」なわけじゃないですか、ガンダムが好きっていう。だからそういう連中と一緒に見るということに価値があると思うんですよね。「わーホントにガンダムだっ!」って気持ちを大切にしたいというか。

モクモクファーム、、、聞いたことがあるようなないような・・・。長男が受験ってのもあるんですが、そろそろ家族での旅行は厳しくなって普通だとも思うんですよね。まぁドライバーはかみさんだし、僕は「行く」となったら「ここがいいかな」と言える程度ですので、軽く進言してみる感じですね(^^;。

携帯はまぁ「メールだけにしろ」としてさっさと決めたいという気持ちが今は凄く強いです。長男の価値観は割とわかってるつもりなので、なんだかんだ言ってPCサイトやゲームや動画だったら家のPCで見ればいいじゃん、って理解してもらえると思うんですよね。まぁそれ以前に先立つものがないんだよ、ってことを理解して貰う必要があるんですが(^^;。

ただ、iPhone4は再び選択肢として浮上してきたりもしてます。メールが打ちづらそうだと思っていたのですが、なんかよくわからないですけど「フリック」っての?あれでかなり効率的に打てるらしいじゃないですか。動画(見る方じゃなくて撮る方)や高解像度故の新たな地平を考えると、
※まぁ音楽や静止画動画の転送はUSBもSDカードも使えないんでしょうけど
ちょっといいかなぁとか。まぁそれを選ぶなら、

 長男にも出費を強いる

ことになるんですけどね(^^;。うーさっさと安いやつ買うべきか!?

投稿: クリス | 2010年8月 8日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/49015951

この記事へのトラックバック一覧です: 2010夏旅行~その2~:

« 2010夏旅行~その1~ | トップページ | 初音ミクプロジェクトディーバ2nd »