« モンスターハンターポータブル3rd~その8~ | トップページ | 好きな食べ物の話 »

2010年12月22日 (水)

モンスターハンターポータブル3rd~その9~

昨日はさんまとスマップのバラエティをダラダラ見てしまって時間を浪費してしまった。正直最初から「大したことねぇだろうな」と思っていつつも最後まで見てしまってちょっと後悔。今年年初にやったさんまさんとキムタクの「さんたく」は凄く面白くて、思わずそれに類する期待を掛けてしまった自分が甘いということなのだけど。

で、結果としてモンハンをプレイする時間が短くなってしまったので、今日も今日とてさほど書くことはない。・・・と言いつつ昨日は普通にいつも通りの分量書いてたわけだけど、ま、内容は薄かったしね。

結論から言うと、

 ジエン・モーランを討伐!

長男から多少アドバイスを受けつつの討伐だったのだけど、ぶっちゃけ全然キツくなかった。なんつか、今回の村クエ、

 最後までヌル過ぎねぇ?

って感じ。一番きつかったのが直前にやったアグナコトルで、
※ジンオウ装備は火耐性がちょいマイナス
ジエンは、大した準備をせずにぶつかったにも関わらず、撃退ではなく討伐出来てしまう始末。装備のヒドゥンスティンガーとの相性がよかったのか、はたまた単に弱かったのか。

順番に昨日の続きから感想を書くと、

まずティガレックス戦。こいつも村クエだからか、正面からのツッコミですら普通にすれ違える時があり、怒り時のクイックターン回数も少なく、ダメージは言わずもがな。牙をめり込ませる岩がわからなかったのがつらかったが、それを差し引いても全然余裕。10分針で軽く討伐出来たので、続けて2回ほど倒して、無事頭骨もゲット。前までもそうだったかも知れないけど、割と各モンスター1つずつくらいレアな素材があるっぽいね。

ティガの防具は今回食事ではなく食いしん坊が発動で、自マキと聴覚保護は魅力だけどトータルすると格下げ感は否めない。まぁ上位でフォローされるのかも知れないが。

で、いつもならその聴覚保護+自マキを踏まえてディアブロス戦に臨むところなのだけど、今回の自マキは地中のモンスターを検知せず、かつ全体的に易しめな手応えもあったので、

 そのままディアブロスも討伐。

こいつも全然弱い。いくら戦い方がわかっているとは言え、いくらG級の黒ブロスじゃないとは言え、角も折れず(しっぽは切れたけど)のらりくらりと倒したとは言え、イェ~イ!・・・弱い。オレがむしろ弱い。

そしてここまで来ると勢いで戦ってしまうアグナコトル戦。こいつだけは、

 すぐ火だるまにさせられる

 堅いときは青ゲージでもはじかれる

 ビームは防御性能+がないランサーでは受けられない

 そもそも動きが激しく追いかけるのが大変

 ダメージもかなり大きい上になかなか部位が壊せない

 つか火山やっぱ嫌い

 これって赤いラギアクルス?赤いギャラドスみたいなもん?

みたいな感じで、かなり苦戦。結果的にはドボルベルグより短時間で倒せはしたものの、あんまし戦いたくないなぁという後味が残った。

ただ、その防具の性能はランサーにはとても魅力的。業物やガード性能に加えてそもそも高い防御力と、ジンオウ装備にない耐性傾向は「持っていて損はない」感じ。1戦しかしなかったからとてもじゃないけど素材は足りないんだけど、

 もし揃えられるなら揃えておきたい感じは凄くした。

で、当然のようになだれ込んだのがラスト緊急ジエンモーラン。ビジュアルも展開も知らない状態ではありつつも、どうやらバリスタとかを使うらしいということだけは知っていたので、

 砲撃王を付けて臨んだ。

まぁズルイとか言うな。ズルイけど。

とりあえずまだ戦ってない人もいるかと思うから多くのネタバレは避けるけど、ラオと比べたら「全然痛くないし」「全然(時間も)長くないし」「全然討伐出来ちゃう」。シェンガオレンと比べても「全然攻撃的じゃないし」「全然揺らさないし」「全然面倒じゃない」。

 ジンオウガ同様ナメくさって戦っても何とかなる。

もちろん村クエだからだけどね。上位は絶対そんなことはない。

ただ、その「易しさ」は同じく「優しさ」も兼ね備えていて、はぎ取りのポイントが2カ所しかないのも嬉しいところ。ラオみたいに時間切れで「あ~あ」と切なくならないのはむしろ僕は好印象。その為だけに高速収集付けていくってのも、、ねぇ?

倒すのに掛かったのは初回で18分ほど。早い時は10分針(14分59秒以下)で倒せていたので、かなり余裕っぽい。

結局そのあと2回ほど倒して素材を確認したら、どうも一つ「それっぽいレア」がある。名を「大地の龍玉」という。いかにもそれっぽい名前。いかにも手に入れづらそうな名前。

 物欲センサーが発動しちゃうよ~。

「オレ、欲しがるな!」自分に言い聞かせる。こんなことを真剣に書いてる時点どうなの40歳と思うが、しょうがないこればっかりは「神がかってること」だんだもの。

 でもこの思いは見事に通じてしまう!

その後のはぎ取りで1%の低確率を打ち破り、ゲット。戦った回数は少ないけど、やっぱり嬉しい。っていうか10回とか戦って手に入れる素材はむしろ「嬉しい」より「やっとかよ」という脱力感の方が強い。欲しいと思って2、3回くらいで出るのが一番ちょうどいいヨロコビを提供してくれると思うのだがどうだろう。

ともかく、これで晴れてジエンの装備が、、、とはならない。なぜならしっぽにハンマーが付いてるヤツの角や、熱い熱いヤツの爪がないから。面倒だけどそいつらともあと数回は戦わねばジエンの装備は手に入らないのだ。っていうか、ジエンの装備には、

 待望の切れ味+1があるのでぜひ欲しいのだ!
 ※匠15 溜め短縮10 達人11 切れ味マイナス11が付く。切れ味マイナスはランサーには致命的なので、鎧を他のに代えてスロットに匠を挿さなきゃなって感じ。まぁでもコレを使うってことは自マキとおさらばするってことなわけで、一抹の寂しさは禁じ得ないんだけどね。

ということで、今後は、

・ティガ、ブロス、アグナコトル、ジエンの素材をきっちり押さえ、「欲しい(かもしれない防具)」を揃える

・ドリンククエをやる

・集会所へ踏み込む

こんな予定が立っている。上位まで心を折らずに行けるのかオレよ。

|

« モンスターハンターポータブル3rd~その8~ | トップページ | 好きな食べ物の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/50354123

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターハンターポータブル3rd~その9~:

« モンスターハンターポータブル3rd~その8~ | トップページ | 好きな食べ物の話 »