« モンスターハンターポータブル3rd~その11~ | トップページ | 2010年クリスアワード »

2010年12月27日 (月)

毛糸のカービィ

僕の母親から僕の子供へのクリスマスプレゼントは、例年二人で1万円の予算を貰って僕が用意している。子供のこともゲームのこともある程度わかっている僕であるがゆえに、母上に独自に準備させるより遙かに高い成功率を確保出来ると踏んでの行為であるのだが、実際のところ、

 自分が凄く欲しい、、、わけじゃないゲームを買うチャンス

というのは一年通して「この時しかない」。これは実はかなり自分の中でも大きく、つか今年はいい加減あげなくてもいいんじゃないの?とすら思っていたのだが、まぁあげるというので選んでみた次第。

候補的には、ぶっちゃけ小五の娘に対してはいくらでもカードがある。マリオギャラクシー2やスーパーカセキホリダー、友達が興味津々という「ニノ国」も候補としてはアリだ。1万円の予算で二人分ということは、単純に1本5000円前後まで許されるわけで、特に360の新作でも選ばない限りは十分足りる。

結局僕が選んだのはタイトルにもあるとおり「毛糸のカービィ」である。つい先ほどまで娘と一緒にプレイしたのでその感想をちょっと書いておきたいと思う。「シリーズのファンの人」というのがウチのブログにどれだけいるのかとは思うが、まぁ短い話なので気軽に付き合いたまえ。っていうか子供さんが小さいご家庭には、

 結構勧められるタイトルに仕上がっている。

と言って良い。以下特徴と感想を箇条書きに列挙していく。

●二人同時プレイ

これまでのカービィだと割と二人用はおざなりになっていたりした感が僕にはあるのだけど、今回は二人用でもかなり遊べる。具体的には、スクロールアウトした時は1Pにカメラが残り、もう一人は浮遊状態で1Pに引き寄せられるが、

 死に扱いにはならない。

これは、例えば2Pの頭の上に1Pを乗せ、高台に上らせた後、1Pが2Pをおいてけぼりにすることで先へ進むテクニックとしても使える。

面の途中で操作可能になる「巨大戦車」でも、1Pが「ロケットパンチを自分で操作して敵をやっつける」のに対し、2Pは、戦車そのものの操作に加え、砲台の角度とミサイルの連射が可能。ぶっちゃけ、

 2P側が主役

の風体であり、握らされてるコントローラーにも熱がこもるってものだ。

小さなお子様をフォローするにしても、一緒にがんばるにしても、二人同時の度合いの高さは、かなりプラスに作用していると言えるだろうな。

●空が飛べない

今回のカービィは「カービィのくせに吸い込めない!」これは要するに空が飛べないということであり、ジャンプも「1段ジャンプ後にふわふわとパラシュートのように落ちるか、普通に落ちるかだけ」だ。シンプルになったと言えば言えなくもないが、これはこれまでのカービィの、カービィたるゆえんをスポイルしていることでもある。落下時にパラシュートになったり、ダッシュ時に車になったり、フックに捕まる動作でボールになったりするメタモルフォーゼは「カービィっぽい」が、完全にそのキャラに生まれ変わる感じではなく、その点をどう受け止めるかによっては、これが「星のカービィ」ではなく「毛糸のカービィ」なのだと再認識するハメになるかも知れないな。

●おまけ要素

どうぶつの森よろしく、クリア時までに稼いだポイントを使って家具や壁紙を購入し、自分の部屋に配置できたりする。例えばソファーには座ることが出来たり、太鼓は叩くことが出来たりするが、基本は「見た目のお遊び」であり、僕みたいに「強さやゴールに直結しない要素」が好きじゃない人には正直弱いかな、とは思う。ただ、要素として「写真を撮る」ことも出来、アルバムとして送ったりも出来るのは悪くない。思わず娘と二人でソファーに並んで撮った写真などは、

 日本中でやられてるんだろうな

と思いつつ、やっぱりかわいいのだ。

●ビジュアルはさすがの一言。

キャラクターの「毛糸感」は、在りし日のヨッシーアイランド、ヨッシーストーリーの「クレヨン感」をよりブーストさせたものだと言って過言ではないのだが、それ以上にマップのエフェクトがとても新鮮。これは「新鮮」という言葉が一番しっくりくる感じ。

なんだかんだ言ってもWiiなので、PS3のリトルビッグプラネットと比べたらビジュアルの「精緻さ」や「迫力」は遠く及ばない。が、例えば背景にある「ステッチの糸」をひっぱることで、蛇腹状に折りたたまれたり、ファスナーを引っ張って「ペロリ」と開いたり、噴水に乗ってただ高くジャンプするだけでも、

 その感覚は常に目新しさを提供してくれる。

敵には触れるとお金をばらまいてしまうが、死ぬわけじゃないし、シリーズ特有の「ゆるい雰囲気」はどのシーンを取っても明確にアピールされている。初めてゲームショウで紹介された動画を見た時にも感じたことだが、これはやっぱり実際に見て見る価値のある映像だと思った。子供が小学校低学年以下の女の子であれば、

 100%カワイイと言う見た目

に仕上がっている。というか、

 過去リリースされた全てのゲームの中でもっともカワイイゲームかも知れない。

くらいカワイイ仕上がりだと思う。ヘキサグラムに「カワイイ度」があったら、5段階評価で15くらいはみ出す出来だ。これはホントにそう思う。

●ロードが実は長い

ニンテンドータイトルの割には結構頻繁にロードが入る。個々の時間はそれほど長くはないかも知れないが、その頻度から、体感は結構長めに感じてしまう。非常に惜しい。桜井さんがディレクションしてたらこうならなかったんじゃないかと思うのは僕の気のせいかなぁ。

●ミニゲームがなさそう・・・

まだ序盤の序盤なのでわからないけど、刹那の見切りみたいなのはなさそう。凄く残念。せっかく二人できっちり遊べるように仕上げてあるのだから、そういうモードがもっとあってもよかったんじゃないかと思うのだが、、、。

●展開は単純

見た目は特筆するほどかわいいが、展開のダイナミックさは少なく、ぶっちゃけNEWマリオよりも地味な印象すらある。結果僕みたいなジジイには「眠い」チューンであり、2面も遊べばもうお腹いっぱいである。

見た目だけ、というと語弊があるが、その分若年層にはプラスに作用するとも言えるわけで、「生まれて初めてクリアしたのが毛糸のカービィ」という3歳児とかは日本中に多発しそうな手触りではあるかな。まぁラストまでこの「眠い単純さ」が続くとは思えないけど。

●CDがある

ゲーム中のアイテムにCDがあり、BGMを部屋の模様替えシステムでも使える仕様になっている。ちょっとスマブラXを思い出したりもしたが、曲数が多いわけじゃないので、ちょっとしたエッセンスに過ぎないかな。

●基本はリモコン横持ち

使うボタンがほぼ十字キーと1、2のみなので、「結構懐かしい感じ」で動かせる。これはこれで問題ないと思う。Wiiだからって常にリモコンを振らなきゃイケナイってわけじゃないしね。

-------------

まだ1時間も遊んでないくらいなので評価はかなり暫定ではあるけど、自分のみでなら★☆程度でしかない。やっぱりジジイが遊ぶには、見た目だけのモチベーターじゃあキツいというか、そもそも「数字の楽しさ」が大好きな人間にはツライのだ。

が、これはあくまで僕の視線であり、娘的には「かなり面白い」と映っていたようだった。聞いてはいないがざっと★4つはいきそうなほど。

みんなに買えと言えるタイトルではないが、子供さんが小さいなら十分楽しめると思われる。ただ、奥が深いかどうかは何とも言えないので、

 油断したら値崩れする可能性もある

とは書いておこうかな。年末の勢いで本数が出れば出ただけそのリスクも上がる気がするしね。

ちなみにカービィは娘のクリスマスプレゼントだが、長男の方は、

・アークライズファンタジア(イメージエポック謹製)
・サンバでアミーゴ

を2本チョイス。前者はとにもかくにもイメージエポックの据え置きゲームがどうなのか「僕が」見たかったから(^^;。後者はそれじゃあ間が持たなかった時の為の保険である。まぁ安かったからってそれだけの理由なんだけどさ。

また後日気が向いたら感想書きますね(^^。

|

« モンスターハンターポータブル3rd~その11~ | トップページ | 2010年クリスアワード »

コメント

いつも会社のPCで拝見しているので。
明日で今年は最後の出社になります。
クリスさん、良いお年をお迎え下さい。

投稿: KC | 2010年12月27日 (月) 17時24分

ということはこのコメントは新年明けてからということですね。

 あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします!

なんか年賀状書いてるみたいですね(^^。KCさんにとって2011年が「それなりよりちょっと上くらいに」良い年になりますように。

投稿: クリス | 2010年12月28日 (火) 21時20分

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます。

今日から出社です。
クリスさんも楽しいことが多い年になりますように。

投稿: KC | 2011年1月 5日 (水) 10時06分

ちすKCさん、クリスですども。まさかのモンハン連投で、久々に覗いてみても「あれ?時間が止まってる?」みたいな感じになっちゃったのではないかと思ったりもしますが、致し方ないんですよ。

 モンハンしかしてないんだもの。

いやね、別に弁解するわけじゃないけど、「アンストッパブル」とかDVDの「プレデターズ」とか見たい映画もあるし、長男がドはまりしてるアークライズファンタジアもちょっとやってみたいとか、娘が買ってもらったスーパーカセキホリダーにも興味がないとは言いませんよ?

 でもモンハンなんだもの。

こんな偏ったブログですが、今後とも何卒よしなに・・よしなに・・・。

投稿: クリス | 2011年1月11日 (火) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/50389037

この記事へのトラックバック一覧です: 毛糸のカービィ:

« モンスターハンターポータブル3rd~その11~ | トップページ | 2010年クリスアワード »