« モンスターハンターポータブル3rd~その18.5~ | トップページ | モンスターハンターポータブル3rd~その20~ »

2011年1月 9日 (日)

モンスターハンターポータブル3rd~その19~

※ちとスキルポイントに関する作業を始めてしまってアップするの忘れてました(^^;。失敬。

やはり苦労したあとはついヌルい道へ逃げてしまう。ネットで、

 火山マラソンは、光るお守りを捨てて古びたお守りだけ残した方がイイ物が出る

という情報を得、根拠もない確証もないウワサ話程度のこのソースを元に、数回実行してみることにした。

ただ、僕自身採取ではない通常クエストで出たお守り(古びた・・・に限らず)の方が2個とかでもイイ物があったような気がしないでもなかったりしたので、一周した最後に古びたヤツ以外は捨てて、クエストクリアしたりしてみた。

 が、

どうもよくわからないのだけど、「捨ててクリアしている」にも関わらず、「鑑定の時にはリストアップされている」。オトモの分もしかりで、直前に「売却」操作をしているにも関わらず、その分が鑑定リストに載っている気がする。絶対光るお守りは手持ちから無くしたはずなのに、、、。

なので、今度は「古びたお守りが2個出た時点」でモドリ玉で戻ることにした。これなら売るとか捨てるとか関係なく時間短縮にも繋がる。

 結果としてまぁ大した物は出なかったわけだけど。

そんなもんかなぁって感じ。

ちなみにみんなはどんなお守りを持ってるのかね。全国区で言えば僕よりマラソン繰り返してる人なんて腐るほどいると思うし、より良いおまもりを持ってる人も多いと思うけど、とりあえず「1スキルは使える」ものなら、結構な人が持ってるんじゃないかと思う。具体的に言えば、「ガード性能5と高速収集2」とか「聴覚保護4と龍耐性-9にスロット1」とか「千里眼9でスロット0」とか。一種類はそこそこ使えるけど、それ以上は微妙、、、みたいなの。

ちなみに僕の持ってる中で一番は、以前から書いてるけど「回避性能5+3スロット」。他は「聴覚保護5」「ガード性能4+2スロット(実質ガード性能7)」「切れ味5+砥石-9」みたいに割と惜しい物が多い。ただ、

 ほとんどがプラス4~5スロットで10ポイントに届けられる

運も大きいけど、よくネットで「お守り込み」を見かけても、「+5」までは現実的にあり得るんじゃないかなぁと思うわけです。
※実際は5と6の間に大きな溝があるんだけど。
爆弾強化や抗菌、千里眼とかの「1スロ2ポイント系」なら+9まではよく出る。まぁ10以上のも無くはないけど。

そういう状況だと割とベースの装備が何であれ、

 どうしても欲しいスキルをひとつ追加するのは容易かったりする。

二つ追加したい場合は装備をいじる必要があり、三つ揃えたいときは装備を抜本的に替えないと無理だけど、上位火山に行けるようになれば、結構なワガママを聞いて貰える気がする。

未だに弓に手を出せず、槍の使用数だけが伸びている状況だけど、ガード性能はやっぱ有効。砥石高速化と業物は後者のが使えるけど、前者でもフォローにはなる。レウスレイアやアグナは火やられ無効があるとホントに楽。
※こないだ「火耐性10」が出たときは天にも昇る思いだった。

常に優先順位を付けるだけのこと。抗菌はHPが減っていくワケじゃないし、泥雪も移動は出来る。あれば便利なのは当たり前だけど、「ないと超ツライ」と「あった方が便利」の間には大きな溝がある。耐震、耳栓、風圧はその頻度とリスクとのバランス。火やられや毒やられはスキルがあれば避けられるだろうし、スキルがあるなら攻撃UPや会心率UPに特化していけばいい。回復速度を上げたり回避性能を上げるのは結局は自分の弱さを埋め合わせるって事だと思う。実際上位の装備で村をやる時は「あった方が便利」スキルのウェイトが高まる。千里眼や高速収集なんて上位ではなかなか優先順位を上げづらい。

でも、結局は上手くならないとツライことに変わりない。金レイアとガチで戦って初めて「突進しない方がいいな」ということに気付いた。武器をしまうことを覚えた。弱点を突くことを強く意識した。何も考えずに突進を繰り返すだけでもナルガやロアルは何とかなる。ウルキーやラングも上段突きを繰り返してれば何とかなる。でももうちょっと考えてバックステップと方向転換を使うことで空振りを減らせるし、

 その為の時間は実はちっとも無駄じゃない。

当たり前だけど、「空振りを3回やる」より、「バックステップして方向転換して1回当てる」方が有効だ。前者はいくら続けても倒せないもの。

こないだ見た井上師匠のランスVSイビルジョー動画を思い返すと、本当にいろいろ勉強になる。「槍を出したまま相手に背を向けてバックステップを繰り返して移動する」なんてのは僕の想像の随分遠くにあった。でもそういうことなのだ。「尻尾が高くて攻撃が当たらない」なんてのは、

 空振りを平気でするヤツの負け惜しみ

なのだ。尻尾が絶対当たらない高さにあるなら、それはもう「狙うべきじゃない」。どの武器でも上手い人ならそいつを倒すことが出来る。尻尾もきっと切るし、部位もほとんど破壊するだろう。巧みに弱点を突き、ひるませ、転ばせ、3回しか当てられない隙に3回当てる。「6回当てられるかも」と6回空振りするより、「最初から3回しか当てられない隙」だと判断し、バックステップと方向転換できっちりダメージを稼ぐ。

僕にはまだ「火耐性大」が必要だけど、長男には必要ない。僕にはまだアオキノコが必要だけど、たぶん長男は持ち込んでない。きっと代わりにワナや調合書を持ち込んでいる。
突進で相手の向こう側へ抜けるのが「正解」の時もあるけど、絶妙なタイミングでフィニッシュ突きにした方が良いケースもきっと多い。非怒り時に正面から突進し合うなら、きっと1撃当たった瞬間に、いや、当たる直前にフィニッシュした方が、与えるダメージは多い。すぐにバックステップで間を詰め、「見えない相手を把握する」。相手の動きが全て予測出来れば、画面に映って無くても突きのエフェクトは見えるはずなのだ。

以前イビルジョーに槍は相性が悪いって書いたけど、たぶんそれは僕の戦い方が甘いだけで、「それ用の装備と戦い方」をすれば、きっともっとずっと早く倒せる。もっと武器を納め、もっと突きを決める。当たらない突進をするヒマがあったら相手の動きを見て、回転攻撃の終わりにコンボを叩き込んだ方がいい。

昨日は長男と金レイアをやって、13分ほどで討伐。その後乱入で来た銀レウスも討伐。紅玉がひとつ出た。金レイアに慣れてると銀レウスの飛行がウザイが、やっぱり足下から羽根の付け根を狙うスタイルに違いはなさそうだ。風圧無効があればもっとチャンスは広がりそう。

その後ティガを二人で討伐。上位のティガはネットで「最も弱体化したモンスター」と称されていたが、確かにヤツのアルゴリズム、攻撃判定、速度と怖さはP2Gの頃のそれとは比べ物にならない。出来たてのゴールドルナでヤツの爪を砕き、尻尾をもぐ。

続けてティガ&亜種では、初のティガ亜種と対峙。ヤツの色がちょっと「サビクシャル」みたいでかっこいい。動きはなんか速くて、ボイスも超痛い。高給耳栓があればダメージは大きく軽減出来るだろうが、ガード性能とどちらが有効かはわからない。あんまし攻撃が当てられなかったのは僕が下手なせいだろう。

 二人だとやっぱり楽。

でも、

 やっぱり達成感はない。

前は二人でもキツイ相手がいっぱいいたように思うけど、オトモ2匹はかなり大きな助けになっている。

ティガ&亜種の素材をがんばって集めれば、高給耳栓を付けやすい。ランサー以上に弓をやるなら耳栓が欲しい。
※もちろん溜め短縮も欲しいだろうけど、まずは「安全性を高める方向」で。
がんばってソロで討伐したいところだ。

-------

ちょっと考える。

●イビルジョーは案外納刀と回避性能とかのが攻撃チャンスは増えるのかも。槍使いに回避性能なんて、って思うけど、足下に早く入るには納刀が有効だし、ブレスや尻尾はガードしても、動きが速く体躯が大きい分すぐに攻撃には転じにくい。耐震は1戦中3回か4回ほどしか有効じゃなかったし、耳栓は高給にしないと無意味だからむしろ回避を頻繁に使えるようにランナーやスタミナ急速回復や体術のがいいのかも。まぁそうは言ってもガード性能は(+1でもいいから)あった方がいいけど。

→有効そうなスキル ガード性能、納刀術、スタミナ急速回復、砥石高速か業物
 →有効かも、なスキル 回避性能、耐震、高級耳栓

●ティガやティガ亜種は、ガード→上段突きを基本に組み立てるなら、やっぱりガード性能2が欲しい。高級耳栓があればかなりダメージ軽減にはなるんだろうけど、頻度そのものはそれほど多くないような気もする。かなりアクティブに狙ってくるのは以前同様だから、砥石高速か業物がないと、研ぐ為のエリアチェンジが必須になるかも。イビルジョーと比べて「追いかけるより待ち構える」戦い方が多そうだから、納刀はいらないっぽい。回避性能は、

 使いこなせるならアリかも

だけど、今の僕にはいかんせん難度が高いかな。

→有効そうなスキル ガード性能、高級耳栓、砥石高速か業物
 →有効かも、なスキル スタミナ強化系、痛撃などの攻撃強化系

 ちなみにこれらは全部ランサー用の話ね。

●金レイアは昨日ので良いとして、銀レウスはどうだろう。ヤツの飛行頻度は高く、低空で近づけない時も多いが、割と上段突きが当たったりする。だから風圧小無効は欲しい。耳栓は風圧と比べれば頻度は低く、むしろ火耐性大がなんだかんだ言って有効そう。頭がとにかく堅いから、突進はほぼ無意味。ただ、どうしても壊したいなら心眼や重撃があれば有効になるのは間違いなさそう。痛撃も羽根の付け根を狙うなら効果的だろう。

割とレイアより動きが激しいけど、納刀でイライラするケースより、死にそうになって早く回復したいケースのが多い気がするから、食事は意外と有効かも。まぁ+1でいいからガード性能は欲しいけどさ。

→有効そうなスキル ガード性能、風圧無効、火耐性大
 →有効かも、なスキル 痛撃、心眼、食事、重撃

むしろ一番重要なのは、あの振り向きブレスを把握して避けられるようになることかな。それさえ出来ればあとは風圧無効に耳栓、痛撃でガンガン攻めていけるようになるハズ。プレイヤースキルの向上こそが最大の攻略法って感じ。まぁ一番苦手なところだけど。

|

« モンスターハンターポータブル3rd~その18.5~ | トップページ | モンスターハンターポータブル3rd~その20~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/50531374

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターハンターポータブル3rd~その19~:

« モンスターハンターポータブル3rd~その18.5~ | トップページ | モンスターハンターポータブル3rd~その20~ »