« インセプション | トップページ | 催眠術 »

2011年2月19日 (土)

モンスターハンターポータブル3rd~その34~

久々の更新です。連休を利用して重い腰を上げました。ターゲットはただ一つ「アルバトリオン」。P3最後のモンスターです。

前回はあまり予備知識もなくぶつかってしまい、「クーラードリンク要るのかよ!」状態でサクッと負けましたが、やっぱいけませんね。「サクッと負ける」のは。どんな状況でも負けは負け。心に深い傷が残りました。ぶっちゃけ、

 もうやりたくない

って感じにトラウマが残りました。

ゆえにほったらかしていたわけですが、まぁこのままホントに止めてしまうのもどうかと思い、情報を集め、

 勝つまでやろうと。

 もし負けてもそこでへこたれずがんばろうと。

AKBの佐藤亜美菜もがんばってるじゃないかと。秋元才加も辞めてないじゃないかと。彼女たちを見習えクリスよ、と本腰入れてみることにしました。

 しかし!

もうこちらはかなりの濃度でヘタレているわけです。「ヘタレテイル」なわけです。ヘタレな尻尾をフリフリ負け犬の様相なわけです。普通に戦う気力すらありません。

ですから、

 「とにかく楽に倒せる方法はねぇが」

と。ちょっとぐらいのズル
※パラメータとかチートとかじゃないですよ念のため。
はいいじゃないかと。うまい先達の足跡をたどる旅に出ようじゃないかと。

●選択肢1

ガンランスでオートガード多用戦法

●選択肢2

拡散アマツ弓でマジメに討伐

●選択肢3

どうもヘヴィなボウガンとネコ火事場使うと5分で倒せるらしい

とりあえず「動画を見る」というのだけは止めておきました。あまりにマネしようとしすぎるのも、「そう出来なかった時に焦ります」し、少しくらいは自分で考えるところも残しておこうかな、と。ええもちろん「動画を検索するのが面倒だった」からではありません。そんな、ねぇ、、そのくらいのことは、、、ねぇ、、、。

本音は選択肢3の「5分で討伐」を試みたかったのですが、いかんせん運の要素が強いらしい。それに「一撃で死んじゃう可能性をはらんだ戦い」となると、いかに「運良く5分で倒せる」ことがあっても、

 怖くて出来るか!

って感じです。

次に選択肢2も考えてみました。

現状アマツの弓を作ることは可能。スキルは「集中」「痛撃」「拡散強化」「強撃ビン追加」で、スタミナは強走薬G依存という戦い方です。

弓はそれなりに使い慣れているし、アマツ弓は装填数UPなしでも溜め4まで使える上に、溜め3の拡散メイン&強撃ビン&拡散強化なら、そこそこ以上に善戦出来そうです。
 相手の動きが把握出来れば。

そう。前回負けたのでふてくされて石ころを蹴ろうと思ったら思いの外地中に埋まっている容積が大きくてむしろ足の指の方が痛くなったのにはわけがあるのです。

 結構激しい。

見た目は、、、羽根の生えたゾウ?アカムやウカムみたいな幅広い感じではなく、かといってティガみたいなは虫類感も薄い。ゾウの首と尻尾を伸ばして羽根をはやしたような、クシャルをもう少し不格好にしたような風体のくせに、

 結構速い。

当然のように攻撃力も高く、雷と炎と氷と水の攻撃をしてきます。なんか「毒と麻痺を食らった上に石化されて首を切られただけじゃ飽きたらずついでにレベルも4つドレインされた」みたいな?いえいえそれはオーバーな例え。そんな悪質な攻撃をしてくる、、、なぬ?その上PCをフリーズさせる!?いくらマイルフィックでもそんなに、、、え?ブレスで首を切ってくるの!?そりゃトライアスか。

 懐かしいウィザードリィの思い出話はこのくらいにして。

とにかく「怖かった印象」があるわけです。ええそうですストIIでベガがどうしても倒せなかった苦手意識と似ています。リュウでダルシムが倒せなかったのは苦手意識もクソもなくキャラ負けです。そっちは大丈夫です。

ともかく、怖い。弓だと相手の動きの把握は必須であり、オタオタオロオロウロウロしてたらザックリとバッシーーーンとズバババーーンとやられてしまいました。ええやられてしまいましたとも。

なので、

 オートガードのガンランスで行くことにしました。

みなさんご存じの通りクリスはガンランスを「かなり長期に渡って」使っていません。前作以来一度も使っていません。正確には間にWiiの「G」と「3」が挟まってるので、「前々々作」以来使っていません。

 でもまぁ装備が良けりゃなんとかなるだろ

揃えたのはウェブにあった、アグナU、ガンキンU、スティールS、アグナU、アーティアS+オートガードの御守り+砲術珠×8で、「ガード性能2」「ガード強化」「砲術王」「自動防御」の組み合わせ。武器はオベリスクという龍属性に拡散LV3の砲撃が使えるタイプです。

持ち物はとりあえずモドリ玉といにしえの秘薬の素材。護符爪や回復薬、ウチケシ、消散剤などとしましたが、閃光玉は持ち込み以外にも素材も持って行った方がよかったかも(かわりに消散剤はいらなかったかも)。ヤツは結構低空飛行をするのだけど、落とせばしばしのチャンスが得られる。特に竜撃砲を当てるにはまさしくなタイミングになるので、もし次回があるなら考えたい感じ。当然クーラードリンクも持ち込みます。

 ぶっちゃけ初回は全くいいとこ無しで3死しました。

時間的には30分近く戦っていたので、それなりに生き延びてはいたのですが、とにもかくにも「どうすればいいかわからない」。どんな攻撃をどうさばくとか以前に、

 ガンランスの使い方がよくわからない。

さすがに僕も身分をわきまえているので、とりあえず個人演習と情報誌でガンランスの使い方を学んでから来たんですよ。それこそ熟読して、練習してそれで来たんです。

 まぁ無駄に終わりましたが。

結局のところレクチャーは「ドスジャギィを倒せるところまで」の基本の基本しか教えてはくれないわけで、

 ほとんど最強クラスのモンスター相手には、自らが慣れるしかない。

ですから普通に「弾が入ってないのに必死に砲撃しようとしまくりました」し、「せっかくキャンプに来て砥石で磨いたのに、その後リロードするつもりが竜撃砲撃ったり」もしましたとも。ええそのくらいのことは織り込み済みってヤツです。予定調和ってヤツです。余裕です。

で、そんな情けない2戦目だったわけですが、とりあえずここで学んだこと。

・砥石はかなり離れた方がいい
・砥石は黄色ゲージになってから使ってもいい
・砥石中にやられそうな「気配」がしたら戻ってキャンプで磨いてもいい

「高速化」も「業物」もない状態だと、結構これがボディブローのように効いてきます。っていうかクロスカウンターやジョルトアッパーのように効いてきます。北斗真剣究極奥義無双転生並に効いてきます。字が違う?細かいことは気にするな。

 ○ボタン連打してるだけで勝てるって言ったじゃんかーーーーっ!!!

って感じになります。少なくとも斬れ味が赤では倒せません。僕でもわかりますそんなことは。子供じゃないんだから。

そして、

・○ボタン以外の攻撃は使うな
・クイックリロードじゃない普通のリロードする時は敵を見てする
・Rボタンでガードするな

オートガードは非常に強力ですが、ここ280時間くらい使ってなかったので今ひとつ勘所を忘れ去っておりまして、「何がオートガードで防げて、どういう状態だと食らうのか」を学習するのに結構掛かりました。

ただまぁわかってしまえば上記のようなことなわけで、ぶっちゃけにぶっちゃけてしまえば、

 砥石にミスらなければさほど食らう攻撃は多くない

感じ。まぁ食らいますよ。ヘタだから。でもね、それでタイムアップになっちゃうとかそこまではシビアじゃなかろうと。うまい人が15分とか20分で倒せるって言うんなら、僕でも50分は掛からないだろうと。それなりに攻撃があたってれば、砲術王も付いてるわけだし、倒すだけなら何とかなるだろうと思っていたのですが、、、

 それは攻撃が当たっていた場合の話。

要するに使い慣れて「なさすぎる」ガンランスの場合、自分の攻撃が全然ちっとも全く当たってる気がしない。もしかしたら僕の知らないところで妖精さんが「こいつめ!こいつめぇぇぇぇ!」とDPSを底上げしてくれているのかも知れませんが、まぁ実際に見たことがないのでそれもわかりません。とにかく、

 2戦目で学習したのは「攻撃を当てろ」ということでした。

そして本気の3戦目。今回は2戦目を完全な学習と開き直っていたし、「やっぱり回復は重要」であることも学んだので、じっくり腰を据えて戦います。一説にはオトモがいないほうがいいという内容のアドバイスもありましたが、とりあえず砥石するにはいてくれた方が助かるかなぁと同行させることにしました。

前述の装備は基本ガードさえしてればダメージを食らいません。もっと言うと、オートガードなので「変なことをしてなければ」ダメージを食らいません。もっともっと言うと、「砲撃かクイックリロードか武器出し徒歩」をしてる分にはダメージを食らいません。なので、

 基本それだけを繰り返す。

時には閃光玉を使ったり、竜撃砲を使ったり、モドリ玉で戻ったりもしましたが、基本はオートガードに全権の信頼を寄せた甘ちゃんプレイ。

 そんな甘ちゃんでも27分8秒で無事討伐。

「そろそろかな」なんてことは全く思わず、最初メッセージが出た時は、「何?何?何があったの?教えてセバスチャン」って感じでした。

 でもどうやら倒したらしい。

剥ぎ取りは驚きの6回。まぁ報酬ともども大した物は出ませんでしたし、前足以外の破壊も出来ませんでしたが、

 とりあえず倒した事実は事実。

つか今回の内容は実際はホントに薄かったので、ダラダラとテキトーなことを言いながら綴りましたが、

 オートガードガンランスで戦うアルバはそれほどまでに言うことがない。

もちろん達成感もないし、またやろうという気にもなりませんので、オススメはしませんが、

 どうしても倒したいという人には最後の手段として残されてる

と思ってもいいかも。

そんなアルバトリオン戦でしたね。

----------

ざっくりP3を振り返ってみて、一番戦っていて楽しかったのはジエンかな~。乱数が少なく、腕がなくても学習だけで倒せたから。素材も豊富で賞金も高く時間も掛からなかったしね。

普通に戦って楽しかった相手は、、、別段思い出せないな。まぁ武器や防具、護石が強くてPS(プレイヤースキル)への依存度が低かったのは有り難かった。っていうか、

 思ったよりずっと遊んだ。

ってのが正直なところ。こんなに遊べるとは思ってなかったというか、なんだかんだ言ってモンハンはスゲェなぁって感じでしたね。

もうすぐファンタシースターポータブル2インフィニティが出ますけど、
※3DSは時間食うおもちゃじゃないし。
今の状態だとまだまだ、「AKBに未練がある」ってのがクリス的実情だったりするんですよね(^^;。

|

« インセプション | トップページ | 催眠術 »

コメント

クリスさん、おはようございます。
 同じ武器でも、オートガンランス戦法だと、オートじゃない戦い方とは全く違いますね。
 とりあえず装備はあるので、アルバトリオン戦になった時に考えよう。
 上位ジエンは手伝ってもらって、何とかクリアしたのですが、アマツが手伝ってもらっても僕が3落ち×2回。
 戦法を変えてみようと思って、適当にレア武器生産中。
ディアブロUの大神ケ島セットとか、マギュルSセットにアムニス・重弓ヘラギガスとか、誰かさんのブログで見たのと被りすぎwww。
 ガンランスがメイン武器なのに、ガンランス以外の太古の塊しか揃っていないのは、物欲センサーが働き過ぎだろ。

投稿: じあんとー | 2011年2月19日 (土) 08時32分

ちすじあんとーさん、クリスですまいど。

僕も(上手くはないまでも)ランサーでしたので、スタイルとしてオートガンランサーとランサーの違いは露骨に感じますよ。っていうか、

 相手の攻撃を回避しない

というのは基本テクニカルなモンハンの全スタイルと異なりますしね。

ただ、これまでもそういった「抜け穴」はあったわけでして、
※雪山でティガに同士討ちさせたり、キリンをヤツの攻撃範囲外から銃撃したり、高台からグラビモスを撃ったり、出入り口でガルルガを切ったり・・・
「バグではなくチューンの甘さを付く」こと自体は肯定派なんですよね。僕的に。

なんていうか全員が全員マルチプレイで力押し出来るわけではないし、ソロでがんばるその「がんばり方」にはこうしたある種姑息な手段もあっていいと思うのでね。

>ジエン戦

特に前半は弱点を攻撃しやすいので、痛撃や属性攻撃の効果が高いと思います。そして後半は高速収集と砲術王の強さが物を言うので、それを意識して装備を調えたらどうかなと思います。個人的には時間がそれほど掛からないし、実入りも大きいのでオススメしたいんですけどね~。
※アムニスだと攻撃力不足かも・・・。

>アマツ戦

僕自身詰めてると言えるほどやってないので恐縮ですが、とりあえずモドリ玉の素材と、強走薬G、ウチケシの実などと、HP回復用のケルビの角&活力剤&調合書ALLなどがあれば、パーティプレイで3落ちは避けられると思います。竜巻の時はバリスタ砲台に捕まれる時は捕まればいいし、すぐに武器をしまってダッシュしてラスト「ググッ」と引き寄せられた瞬間にダイブすればダメージを食らうとしてもちょっぴりです。十字ビームは相手の方に視点を合わせて、横移動、縦移動、横移動でたぶん交わせると「知識では」わかっていますが、怖いのでモドリ玉。ソロで倒す気ならDPSを考えないといけませんが、パーティで生き残る為なら、回避性能を上げたり、防御力を上げるだけでもかなり変わります。もちろんガンランスでガ性とガ強も心強いですよね。

ちなみにガンランスの太古の塊は僕もなかなか出ませんでした。
※一番最後に出たのは神ヶ島でしたが、ガンランスはその前でした。
バラエティのビデオでも見ながらダラダラと数時間単位でマラソンするしかありませんね(^^。

投稿: クリス | 2011年2月20日 (日) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/50888319

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターハンターポータブル3rd~その34~:

« インセプション | トップページ | 催眠術 »