« ザ・ウォーカー | トップページ | 新型PSP軽い感想 »

2011年2月 2日 (水)

モンスターハンターポータブル3rd~その31~

25分49秒。
鬼人薬グレート飲み忘れ
回復薬G×5、いにしえの秘薬×1、ケルビの角&活力剤×5残し
※いにしえの秘薬×4、秘薬×2、回復薬G×14、回復薬×1消費
クーラードリンク×1、強走薬G×1残し。
モドリ玉は素材を持ち込むも一度も使わず。忍耐の種も使わず。
閃光玉は2発投げたが効かず。
閃光玉の代わりに守りの護符を持って行った方がよかった。調合書5冊といにしえの秘薬素材は正解。クーラードリンクが5個しかない以上、強走薬Gも5個でほぼ問題ない。30分以上掛かるようなら、戦い方が(ダメージの与え方が)悪かったということ。

 ・・・アカムトルム初戦で無事討伐!(1落ち)。

一昨日ボルボロ亜種とナルガ亜種以外のキークエを消化し、休日の今日、意を決して2匹を討伐。
※慎重に行った分ボルボロ亜種に24分。ナルガ亜種に22分掛かってしまったけど、無事弓で倒せた。ナルガはぶっちゃけ槍のがずっと楽。ボルボロはまぁ弓でもいいかなって感じだったけど。

武器はジンオウガの弓。スキルは装填数UP、弱点特効、集中。シンプルだけど、ヤツの動きは遅いし、回避はそりゃあった方がいいに決まってるけど、前述の通り時間がないクエのため、攻撃力優先に。ドリンクも攻撃力UP中のもの。アイテムパレットは1ページ目の上から活力剤、ケルビの角、回復薬、ハチミツ、回復薬G、秘薬、忍耐の種。2ページ目のトップに素材玉、ドキドキノコ、3ページ目にニトロダケと空ビン。

武器は腹を壊せるなら龍属性のが有効だったようだけど、正直強撃ビンが使えないことと、溜め3が拡散なのが気に掛かり、
※雷弓は溜め3が貫通。まぁ実際はほとんど溜め4の連射しか使わなかったけど。
雷弓にした。まぁこちらの方が使い慣れてるってのもあるしね。

戦闘は、非常にリラックスして開始。「初戦だから負けて元々」という気持ちで、準備はしたけど落ち度があったら次に修正すればいいやという感じ。

最初キャンプから始まるかと思ったら普通にフィールドからスタートし、正面遠方にヤツの姿を視認。

 「そう言えばこんな感じだったな」

遠い過去を振り返る。

冷静だったのですぐさまクーラードリンクを飲み、いにしえの秘薬とモドリ玉を調合。ちょっと冷静さに欠けてたのはここで鬼人薬Gを飲み忘れたこと。まぁ大局に影響はなかったわけだけど。

最初ヤツの「普通の徒歩」に思いっきり食らいまくる。「思ったより手が広いなぁ」と努めて冷静に。ぶっちゃけ慌てたら負けだと思った。初戦だからタイムの感覚も掴めないし、もしかしたら薬切れやタイムアップで倒せない可能性もあったけど、だからと言って何も収穫なく終わるつもりはない。初戦であるがゆえに相手のパターンを少しでも把握して、リーチの距離感を掴み、次に繋げるつもりで戦った。

ヤツの徒歩は右手の方が隙間を抜けやすい。頭にも判定があるからギリギリ引きつけすぎるよりは狙って回転した方がいいかも。

尻尾のリーチは「広いけど広すぎない」。曲射がちょうど届く距離ならまず当たらない。

頭を狙うのは当然ながら、曲射ギリの距離からほんのちょっとだけ遠ければバインドボイスも回避出来る。出来たら連射を頭に当てたいけど、
※特に強撃ビンは。
頭の中で、「頭1発」と「曲射2発」なら曲射2発のが良くね?と根拠のない言い聞かせをし、チキンな距離を維持。振り向きに当てられる時は近距離でもヘッドショット。

体力は3割切ったらいにしえの秘薬か秘薬。4割程度ならオトモに回復して貰いつつ回復薬Gでとりあえずホッとできる。もちろん正面を避けてから使う<これ超重要。

一死した時は回復の為に距離を置くのが甘く、至近距離で回復動作をしてしまったのが敗因。避けられる失敗だったかなぁという気がする。

ヤツは動きがとにかく遅いが、ビームを撃つ為に長距離移動した時は「必死に追いかける」。とりあえず真横まで行けばクリティカル距離で撃ち放題だ。

正直運もよかったと思う。「あれ?」というタイミングで足の下をすり抜けたのも1度や2度じゃなかったし、目の前を尻尾が通り過ぎたこともあった。防御ダウンを食らったのが一度もなかったのと、
※気付かなかっただけかも知れないけど、逐一チェックはしていた。
何よりほぼ終始冷静だったのが良かった。
※一死した直後はさすがに「ちょっと無理かな」と思わなくもなかったが、「まぁ諦めずにがんばろう」という気持ちで臨めたのが奏功したと思う。

 緊張したけどね。

まぁアマツよりは弱いと感じた。時間的にもそうだし、狙いが定まりやすい点にも言える。

素材的には大した物は出土しなかったけど、
※獄炎石とか出ちゃったし。それも2個も。ギャフン。

 悪くないな。

って思ったアカム戦でしたよ(^^。次はウカムだけど、、、正直及び腰だなぁ。

・・・

長男が帰ってきたので、一緒にアカムを数戦。やっぱり二人の方が遙かに楽。特に長男はヤツの尻尾を切ったり、音爆弾でひるませたりしてくれる。自分はなかなかひるませるのが苦手なんだよね。尻尾も当然のように切れないし。

結局「そういえばP2Gの頃もそうだったっけなぁ」という感じの大牙不足。でもまぁソロでも何とかなりそうな感じではあった。

 そして続けてウカムルバス。

今回は長男がいるので心強い、、、と思いきや、二人仲良く1落ちしたり、ヘタすると3落ち。要はヤツのブレスが「即死級に痛ぇ!」。マジ死ねる。超死ねる。つか最初の2戦は危なげがありつつも倒せて、次の一戦はソロでも29分ほどで倒せた。
※装備はほぼアカムのままで武器をセレーネに、クーラードリンクをホットドリンクに、忍耐の種を消散剤にした感じ。
→ただこれはいろんな試行錯誤の末変わっていき、モドリ玉およびその素材は不必要ということで、怪力の種と毒ビンを持ち込んだりした。
→ヤツの攻撃で氷やられになっても、強走薬Gがあれば問題ないという作戦だったのだが、、、。

今までとの違いは、壁際でのドリフト攻撃の際、判定が1回だけになり、「食らう→回復」が簡単にできるようになったこと。突進が心なしかゆっくりになったこと。真ん中のクレバスを往復できるようになったことと、

 前述のブレスが強力なことが挙げられる。

ただ、コイツの剣士用の防具がめっぽう魅力的。スロット8で痛撃と剣術と氷攻撃+1が発動し、あと4ポイントで業物も付く。
※溜め短縮マイナスも付くけど、ランスには無関係。
そして何より防御力がシルバーソルより高く、シルバーソルが苦手としていた氷防御が高く付く。正直ウカム以外に氷防御が必要な敵がどれほどいるのかって話はあるが、少なくともアカムの重撃&聴覚保護よりはメリットがありそう。
→まぁガンナーにはアリかな。

 残りの上ビレ×2をソロで手に入れることになった。
 ※長男がコイツを苦手としていて、おつきあいは限界っぽかったので。

・最初のツッコミは運が悪ければ食らう。でも回復も間に合う。
・調合でいにしえの秘薬を作り、鬼人薬、強走薬Gを飲み、ホットドリンクは保険にする。
 ※途中死んだら秘薬+強走薬G+鬼人薬。いにしえはなるべく後回し。スタミナも回復出来るので。

・基本は顔に強撃ビン。つかそれを意識しすぎるあまり、手数が少なくなっちゃった感は否めないが、やっぱり意図もなく背中に曲射するのは、もったいない気がする。ただ、「チャンスにのみ強力な攻撃」と「早々ビンを使い切って後はまめに攻撃」でどちらが正解かは全くわからない。とりあえず強撃ビンを無駄遣いしないスタイルを取ったまで。

・ボイスはギリ食らわない距離から頭へ曲射。これはヒット回数多い&頭狙いなので問題ない。まぁよく外れるけど。

・雪だるまになったら状況を見て、薬無しで回復出来そうなら連打。無理なら即消散。あんまし気軽に使いすぎると後半苦しくなる。これは強走薬Gも同じ。

・ビームは、現時点では対処がようやっと見えてきた。「直進直線」か、「中距離に半円」。絶対じゃないけど、「長距離に半円」というパターンはないような気がする。要するに、正面中距離からヘッドショットや曲射を狙っている場合、もしビームを撃たれそうになったら、(これまでなら無理にでも向かって左側へ走り込んでいったのだけど)、むしろ正面をズラして距離を取った方がいい気がしてきた。武器をしまってのダイブなら、無敵時間もあるし、近距離での処理より安全性が高そう。

・尻尾は気配がしたら距離を取る。
・かち上げは弓ならほぼ食らわない。
・徒歩は腕に判定が(たぶん)ない。

 恐いのはブレス。

他の攻撃は痛くても即死じゃないし、回復出来るタイミングそのものは結構多い。

ソロでの2戦目は結局ビームを食らっての3死だった。前述のように「距離を取る作戦」が出来ていれば変わったかも知れないが、いかんせん即死はつらすぎる。

それでもめげずに3戦目。ただ今回も序盤でビーム死×2。10分針の時点で2死というのは何とも絶望的であったが、

 諦めたらそこで試合終了

という声が心の底の方から聞こえてきたのでがんばってみることにした。

既に強走薬Gは底を尽き、ウチケシの実も持ってきてない。氷やられになったら必死に回復を待ち、とにかく丁寧に立ち回る。

 結果30分以上掛かったけど討伐成功!上ビレも揃った!
※あとは氷ボルボロスの頭殻が複数だけ。

とにかく壁に追い詰められないように、ブレスを丁寧に処理。薬はケチらず、でも無駄に食らわないように。

こいつと戦う為にロアルドロスやギギネブラを倒し、
※ギギネブラは高級耳栓セレーネ(要するに溜め4が撃てないセレーネ)で、曲射をメインにすることで余裕の討伐が可能になった。最短では強撃ビン17個で捕獲したりした。
ケルビの角も50個くらい貯めた。ハチミツも100個くらい増やした。

面倒ではあったが、それもこれもウカムやアカムのような「大物」のため。その為にがんばってきたのだから、ここでの消費はあまり問題じゃないのだ。

何にせよソロでの古龍は大変だった。明日はもう少し楽にボルボロ頭殻を集めたい。そしたら何のスキルを付けるかいろいろ検証してみようと思う。

|

« ザ・ウォーカー | トップページ | 新型PSP軽い感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/50731408

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターハンターポータブル3rd~その31~:

« ザ・ウォーカー | トップページ | 新型PSP軽い感想 »