« コンピューターのこと | トップページ | 今日は書くことがコレと言ってない »

2011年2月11日 (金)

リトルビッグプラネット2

どうしようかかなり迷ったのだけど、手元にあったヤマダのポイントカード661円分の期限が「2月25日」とどうあっても3DS関連に使いようがなかったので、おもむろに買ってきた。まぁついでにDVD用リフィルと実家にひとつDVDケースがあってもいいかなぁと思ってたところでもあったし。

久々にPS3をゲームとして起動しようとすると、当然のようにシステムアップデートが始まる。当然長い。でもってソフトのインストールも始まる。これも長い。つか1ギガちょいのインストールをするのだけど、

 どうせならもっとインストールしてくれて構わないからロードを短くできないものか。

とスゲェ思う。LBPは全体的にロードが長いゲームなのだ。つかまぁデータ量がカービィとは比べものにならないだろうから致し方ないのかも知れないが。

LBPに関しては以前も触れたが、要は「ソニーが出すニンテンドーソフト」みたいなものである。ファミリーで仲良くあまりゲームオーバーにならず、ある程度協力し、そしてある程度ジャマし合いながら、クリアだけ目指せば比較的簡単だが、パーフェクトを目指すと途端にハードルが上がるタイプのマップを踏破していく。

ビジュアルはPS3らしく「普通に綺麗」で、物理エンジンを使ったオブジェクトの挙動は「不自然なくらい自然」。ある意味ゲームっぽくなく、ある意味超ゲームっぽい。なんのこっちゃと思われるかも知れないが、まぁそういうゲームなのだ。

2になってファミ通の評価は9,10、9、10だったかな。悪くない。まぁ中には無限なまでに大量にある前作からの「創作マップ(ユーザーが作ってアップした面」を含めた奥行きと、そのエディットの奥深さを踏まえたやり込み度を評価する者もいるが、実際はいろんなことが出来すぎて、でもラクガキ王国ほどの「キャラクターに対するフレキシビリティ」は低い感じ。ラクガキがキャラエディタだったのが、LBPはマップエディタって感じかな。
※2になってより深くシステム寄りのアプローチも出来るようになったみたいだけど。

最初の面は作った人の顔がいくつも出てくる、言ってみればスタッフロール面。操作に関する本格的なレクチャーは次の面で、実際に「遊ぶ」手応えを得るのはそのまた次の面になるのだけど、

 1面が長ぇ。

何とたとえて良いのかと思うが、とにかくLBPは「エディットでもかなりの面が作れる」のが大きなウリであると同時に、あらかじめ用意されたマップがそれら「素人」に負けるわけにはいかないと、異常に気合が入ってたりする。良い意味で愛を感じるわけだが、今のご時世「ゲームオーバーにならなきゃいくらでも冗長なマップを搭載して良い」というわけではない。

 要はテンポが悪い。

マップにあるアイテムは一度取り逃したらその面を最初からやり直さなければ取れないタイプのものもある。完璧クリアを目指さなければそれもさほど気にならないが、何つかキャラの衣装だとか部屋の模様替えアイテムだとか、ステッカーだとかマップエディット用のオブジェクトだとか、、、なんだかいろんな物があふれかえってるような「コレクション」なので、気になり出すとかなり気になってしまったりする。

それよりもマップ数そのものを多くしても良かったんじゃね?って思ってしまったりするわけで。

操作感は「ジャンプ力のないマリオ」に、今回「海原川背ばりのフックショット」が搭載された。つか他にもそういった「隠し技」があるのかも知れないが、フックショットはかなり序盤から使える。

キャラから伸びたフックは結構気持ちよくスポンジ系のオブジェクトや「味方」に引っかかり、レバーで伸びたり反動付けたり出来るのだが、

 もうスゲェもどかしいくらい思い通りに動かせない。

そこが「海原川背ばり」と言ったゆえんでもあるのだが、単純に足場に登るのも一苦労というかほとんど無理なのは、ちょっと厳しすぎないかなぁと思った。このままずっと遊んでればクリアするころには身についてる技術なのかも知れないけど。

マップのビジュアル的には正直前作の序盤の方が「惹き」が強かったように思うし、データをお気軽に移動してしまった為に、最初のキャラや部屋の壁紙まで全てが前作譲りとなってしまい、

 新鮮みゼロ。

序盤はやっぱりあの茶色いパペットで始まって、しばらくプレイしてから前作のデータを引き出せる様にした方が、より嬉しく、楽しかったんじゃないかと思った。何でもかんでも移行出来るのが正解じゃないと思うんだよな。
※だったら移行しなきゃいいのにって思うかも知れないが、ぶっちゃけPS3のソフトなんて、

 まともな説明が為されてるものなんてないからな。ジッサイ。

要するにアメリカ人の作った説明書みたいなもんで、「注意書きを加えておけばあとは自己責任だろ!?」という逃げの塊みたいなところがある。「油断して○ボタンを押したオマエが悪い」と言わんばかりのトラップ目白押しで、特に、

 「以後この質問を表示しない」

 「ひとりで遊ぶ」or「みんなと遊ぶ」

の選択肢なんてスゲェムカついた。目の前に娘がいて、遊ぶ時は当然娘と遊ぶから、「以後表示しない」にして「みんなで」を選ぶじゃない?

 そしたら常にオンラインにアクセスして、そのたびに「断られました」「探しています」の繰り返し。一向にゲームが始まらない。

 このゲームではオフライン同時プレイは「ひとり」ってことなんだよ。

バカにするのもいい加減にしろ。

説明書見ても元に戻す方法がわからず、娘と四苦八苦して十数分。結局なんだかよくわからないままに「質問」をもう一度表示させることが出来、逆の設定にしたんだけど、

 任天堂だったら絶対しないミス。

っていうか、

 前作にはなかったミス

って感じ。

1時間ちょいくらいしか遊んでないけど、とりあえず前作と比べてフックショットのイライラ分だけ楽しさが目減りしてる感じで、「出来ることを増やしてつまらなくなった」典型のような手触り。オープニングの「悪の手先」だとか「助手のなんちゃら」だとかの、

 バタ臭い前置き

もかなりというか、死ぬほどウザいし、

 とりあえず現時点での評価は0点。
 ※ちょっとひいき目に見て。本音はマイナス。

価格価値で言えば300円くらいなら買ってもいいかも。ってくらいダメなソフト。500円あるならぐっと我慢してあと300円足してブレイド買った方がいい。前作は本体と同時に買ってそこそこ楽しめたから結構期待してたんだけどね。

ただ、ビジュアルやアトラクションの豪華さ、贅沢さはやっぱり凄いので、「我慢して我慢してがんばって進めていけば」それなりに楽しくなるかも知れない。

爽快感がなく、協力する場面も序盤全くない。二人いるメリットがないということは、単純に「二人でやるとつまらない」わけで、このまま娘と一緒にプレイしていけるのか、甚だ怪しい感じ。もし毛糸のカービィと悩んでる人がいるなら100%カービィを勧めるし、前作と悩んでる人にも100%前作を勧める。たぶん1000円くらいで買えるだろうから、「値段を5倍出して3倍イライラするゲーム」は勧められないって感じ。

久々に起動したPS3は長男のアカウントがメインになっていて、そっちでウォレットにチャージしちゃったからソフトのダウンロードやおつりがバラけちゃって、その辺もなんかイライラした。ええカルシウムが足りないのは百も承知ですけど?

ダウンしたのは前述の「ブレイド」と「エレメンタルモンスター」。後者だけ数分やったけど、リビングは基本かみさんの城なので、そこを浸食してまで遊ぶソフトじゃないなって感じ。かたやブレイドは以前から再三体験版で楽しんでいたので今回ぜひ気合い入れて遊びたいと購入したわけだけど、

 娘がLBPに飽きてからかな

って感じかな。まぁそんな遠い先じゃない気もするけどさ。っていうか「BRAID」だっけ?「ブライド?」

|

« コンピューターのこと | トップページ | 今日は書くことがコレと言ってない »

コメント

おいコラ

投稿: 名無しさん | 2011年2月17日 (木) 08時45分

堪え性がないと無理ということがわかりました
お疲れ様です
で、1面でやる気をなくしたのでしょうか?

投稿: | 2011年2月20日 (日) 00時13分

感情的になっているかも知れない人にマジメにレスをするのもどうかとは思うのですが、、、

とりあえずお二人はLBP2を買われましたか?でもって二人で一緒に
※オンラインではなく知己もしくは家族と
遊ばれたりしましたか?

もしその上で、「ここが楽しかった」「ここが面白くないのはどうしても納得出来ない」というところがあったら教えてください。


このブログのあと1、2度娘と遊びましたが、
※面数は娘がソロで進めていたのでどこかはわかりかねます。
通常相手がいることが煩わしく感じる面構成ばかりで、ときおり出てくる「二人でなければクリアできないポイント」は、取って付けたような足かせにしか見えませんでした。


PS3のユーザーとWiiのユーザーはあまりかぶっているとは思えませんが、もし毛糸のカービィの二人同時プレイを経験していてなお、LBP2の同時プレイが面白い、楽しめるというのなら、具体的に教えて欲しいです。どこがどう面白いのか。

前作は多少でも日本人への歩み寄りを感じましたが、今作は明らかに外国人向けで、日本のファミリーユースには不向きなチューンだと僕は思いますよ。

>1面でやる気をなくしたのでしょうか?

1面でやる気を無くしました。その後数面でどんどん水面下に潜っていった感じです。前作はまだ見た目に惹きを感じたのですが、今作それが(僕的にですが)なくなった分、余計に協力プレイのしづらさが露見した感じです。

ちなみに、「難しいから面白くない」わけではないです。あと、ソロではほぼプレイしていません。

投稿: クリス | 2011年2月20日 (日) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/50831969

この記事へのトラックバック一覧です: リトルビッグプラネット2:

« コンピューターのこと | トップページ | 今日は書くことがコレと言ってない »