« アイアンマン2 | トップページ | 長男の卒業式 »

2011年3月 8日 (火)

AKBのゲーム

こないだ出たヤツじゃなくて、完全に妄想の中の「こういうのが出たらいいなぁ」と思うものを書いてみる。まぁ中二病の痛い話だと思ってもらえば概ね間違いない。

●AKB48 推しメンライブ2012(仮称)

動画を見ていて感じた、個々の歌唱力というか、歌声に対してもっとアプローチしてもいいんじゃないかと思うのだがどうか。

今でも二人~7人くらいのユニット曲があるが、
※一部ソロもあるが。
自分の推しメンに是非とも歌って欲しいというのは、やっぱりファンとしての純然たる願いだったりすると思う。僕個人としてはゆきりんに初日をソロで歌って欲しいと思ったりするわけで。

実際動画を入れちゃうとメモリが絶対足らなくなるから、映像は静止画のコマ送りで、何なら挿絵程度のカット数で構いません。重要なのは歌の方で、出来たら曲数を減らして(希望的には20曲単位でディスク3枚組9800円コース)でも、全員の中から好きなユニットとかパート分けがエディット出来るようにしてくれると超最高。たかみな推しなら彼女にソロで歌わせたい歌がいっぱいあるだろうし、メンバーの中でも「これが歌いたい」って子もきっと多いはず。動画を収めないなら、別段歌詞を見ながら歌わせたっていいわけだし、もっと言えば各人が全ての曲を収録しなくてもいい。別にチームKの人間に初日を歌わせたいわけじゃないし、まゆゆに甘い股関節を歌わせたいわけでもないし。
※まぁ中にはそう言う趣味の人もいるかも知れないけど。

まともに収録すると音声データだけでもスゲェデカくなるから、メディアというかハードはPS3とかになっちゃうのかなぁという気もするけど、出来たらビットレートを64Kくらいに落としてでもPSPでリリースしてくれないかなぁと思う。

実際はメディア選抜、行ってもシングル選抜組までがせいぜいで、21人×1曲2MB(低ビットレートならこんなもんかなと)×20曲=840MB。音声データだけでUMDの約半分くらいを食うと考えると(これがビットレートを倍にしたらもうそれでディスクいっぱいだもんね)、曲数10曲がせいぜいかなぁとか、任意でユニットを組ませてってのが難しのかなぁって思っちゃうけど、

 最近結構入ってきて、各人の歌声を識別したいって思うようになったんだよね。

ソロパートとかでも、たかみな以外はほとんどわからないもの。
※こないだ「てもでもの涙」でようやっとゆきりんの声を認識したくらいで。

歌からのアプローチもアリだと思うんだけどなぁ。

●AKB48 オタ芸キングへの道(仮称)

我ながらダセぇタイトル考えたなぁと思ったけど、要は音ゲー。でもやる内容はオタゲー。完璧なタイミングで合いの手を入れたり、掛け声を掛けたりするライブの色づけを、自らの手で演出。

単純にボタンを押すだけのモードから、Wiiリモコン(もしくは3DSやPS3のコントローラー、キネクトでもいいけど)を振って踊る「ガチモード」も搭載し、本番さながらのライブ感を演出。

また、オタ芸ではなく、AKBメンバーの踊りを踊る「あなたもAKBモード」も搭載し、未就学児~小学生の女の子ファンにも楽しめる作りにしたのはさすが。難度設定次第では、途中でゲームオーバーにならないようにも出来、密かに消費カロリーまで表示されたりするので、ダイエットにも使える。多方面からのアプローチはまさにAKBらしい特盛り感がある。

選曲はファン投票によって行われ、上位24曲が収録される。隠し曲はないが、DLCで追加曲が8曲パック×3パターンリリースされるのはお約束。合計で48曲はありがちだ。

クリア時のボイスは全て新録で、推しメンを設定するとその子から褒めて貰える。難度ごとにボイスは違うので、DDはかなりの回数プレイを重ねる必要がある。

タイトルはともかく、出れば売れると思うし、僕は確実に買いますね。ハードがもしNGPになるというのなら、それも問題ありません。

●AKB1/48 第二回公演

いわゆる続編ですが、前作以上にやりとりのバリエーションが増え、エンディング後の「恋人パート」が新たに追加されました。

前作はどうしても時間の関係か、同じ質問、同じような返答が多かったのですが、今作はそういった「水増し」は一切なし。より各メンバーの性格やリアクションを生で感じられるようになりました。

また、衣装に関しても、「メンバーの私服」が一人につき1着ずつ起用されており、より身近に感じるとともに、プレイへのモチベーターにもつながっています。

恋人パートでは、「基本バカップル」。AKBINGOのフレーズミュージアムのような、「メロメロの甘いささやき」をたっぷりと聞くことが出来ます。

そしてメールでの連絡も、恋人モードだとその季節にあったものが届くようになります。クリスマスやあけおめメールをまるで本人からもらうような感じで受け取れるのは、ファンにはたまらないでしょう。

●AKB48 for3DS

もし3DSでリリースされるとしたら、ARを使った「メンバーと並んで写真を撮れる機能」に期待したいところ。いろんなシチュエーションでいろんなポーズで写真を撮れるというのは、カメラマンになった気分でいろんな角度からシャッターを押しまくりたいです。

もちろん立体写真もたくさん収められていて、全員のMiiや、顔シューティング用の素材も収録。ただしそれらを手に入れるには、テレビや写真から彼女たちの写真を撮り、ポイントを溜めていかなければなりません。身近にあるAKB関連のものなら何でも被写体になりますから、いつも以上に推しメンに対する視線が熱くなるのは間違いないところでしょう。

また、メンバーのMiiを利用したミニゲームもたくさん収録されていますから、小さなファンにもオススメ出来ます。こちらのポイントは、ゲーム内のトレーディングカード(各メンバーごとに10枚合計480枚)を集めるのに使います。もちろんすれちがい通信での交換にも対応しており、ライブ会場に持って行く人が続出するのも間違いないところでしょうね。

まぁスカートを下から覗くのは「禁じ手」になるでしょうけどね。

---------

ぶっちゃけファンの妄想ですが、「大多数のかわいい女の子」それも、「個別認識出来るレベルに思い入れがある子」という素材だけでも、十分これまでにない楽しさを構築可能だよなぁと思う次第です。以前も書きましたが、男性バージョンの方が(本体と一緒に買う人を含め)売上げは見込めるかも知れませんが、作るコストも爆発的に上がってしまいます。AKBの美味しいところは、(たぶんですが)

 メンバーたちのギャラが低いこと

なんですよね。まだ若くて、特別実績があるわけでもなくて。

もちろんDVDにしてもライブにしてもCDにしても、とんでもない額を稼ぎ出してるのは間違いないわけで、秋本Pのお財布にドバドバキャッシュが流れ込んでることも想像に難くないわけですが、実際売れているからこそ実現してるイベントやプロダクツも大量にあるわけで、あまり一点だけを見て揶揄したりはして欲しくないと思います。

ともかく、1本でゲームが終わりとは思えません。ぜひとも次回作に期待したいですね。個人的には今日書いたどのソフトが出ても買うつもりです。

|

« アイアンマン2 | トップページ | 長男の卒業式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/51016326

この記事へのトラックバック一覧です: AKBのゲーム:

« アイアンマン2 | トップページ | 長男の卒業式 »