« バイオハザード4 アフターライフ | トップページ | マインクラフト~その3~ »

2011年3月23日 (水)

リテラシー

リテラシー:読み書きの能力。識字。転じて、ある分野に関する知識・能力。「コンピューター‐―」

今週の週アスのコラムで、入試の答えをハテナだか質問箱だかで聞いた学生に対し、「むしろこうした学生を合格にすべきなのでは?」という論調の方がいるという話が載っていた。読んだ瞬間思い浮かんだのは、ガラスの仮面の速水真澄が幼少期、義理の父親から、池の掃除を命じられ、他の子が地道にズボンをまくって掃除するのに対し、彼は業者に依頼して事を為すエピソード。重要なのは結果であって、その人自身の記憶や知識レベルはむしろあまり問題ではないのではないか、という話。

 一方でうなずきつつ、一方で疑問が浮かぶ。

前者は結局のところ「他力本願」であり、かつその結果として「目的」にたどり着いてはいない。論者は「合格にしてもいい」と考えたとしても、結果それが報われなかったと言うことは、「着眼だけで詰めが甘い」と言える。真澄様が池の底にある砂利すらも金銭に換え、全員が得をする選択をしたのに対し、ネットに質問した人間は、正直「合格させるほどの人材」であったとは思えない。

 だが着眼は面白いと思う。

今の世の中大抵のことはネットで調べられる。読めない漢字、意味のわからない単語、単位の変換や、例えば今回の事で言えば津波の怖さ、威力。雷の電力から、原子力発電のリスクとリターンなど、疑問の多く、ヘタしたらほとんどを、ネットの大海原は受け止めてくれる。

最近のネタで言えば、「バクマン。」の七峰透の「ネットの使い方」にもその「価値観の推察」が見て取れる。ネットを使って得た多数のアイデアをまとめ、より高いレベルで結実させようとする方向性そのものはとても破壊力があると思うし、やり方次第では十分本当にトップが取れたのかもとも思うのだけど、

 まぁ嫌なヤツだからあっさり噛ませ犬に堕ちちゃったけどね。

今の世の中良い悪いはともかく、ネットを使えるスキル「インターネットリテラシー」が高ければ高いほど、いろんな選択肢が増えるのは間違いない。というか、今でなくとも20年前だってビル・ゲイツ並にコンピュータリテラシーが高ければ、世界を変えるほどの力を得ることも出来た時代はあったわけで、特異な才能に高い値が付くのはまぁ変わらないのかも知れないが、少なくとも「より容易に」「大きな力」が使えるようになってきてるのは多分間違いないと思う。

僕は常々今の不況を作ったのは政治家でもバブル崩壊でもなく、「携帯電話の出現」だと思っているのだけど、ネットやコンピュータの進化に伴う、たとえば海賊版やコピー版、映画のネット流通に関しては、正直(善悪はともかく)、「それほど世の中を悪くしたとは思っていない」。今までだって心斎橋や秋葉原の路地裏で海賊版のDVDは売っていたし、ゲームだって中国まで行かなくてもこっそりコピーはされていた。もっと言うと「こっそりじゃなくコピーされるような世の中になっても」、数百万本売れるソフトは売れている。ファミコンが爆発的に売れていた頃であっても、モンハンP3の400万本という数字はやっぱり巨大だったはずだ。

僕は政治や経済や世間一般のことに「極端に疎い」ので、詳しいことは全然わからないけど、中国のハッカーが国の軍部とくっついて各国へサイバーテロを行うようなこと、もしくはその逆に攻撃されても防いだり出来るスキルってのは、その人の持って生まれたスキル、「向上心」「コンピュータに対する興味」もあるだろうが、周囲の人間の理解もまた大きなポイントになっていたのではないかと思う。海賊版などの非合法ソフトやDVDが蔓延し、それらを規制する法律がないということは、それらを作る、コピーするスキルが伸びる土壌があるということでもあるし、それが商売として成立する世界には、その世界の「成功者」が存在する。

さっき七峰君の話を書いたけど、漠然と例えば原発のトラブルでも、津波や地震に対する警戒でも、ネットリテラシーの国民レベルでの底上げがされていけば、もっとよりよい「正解に近い答え」が集まるのではないかと思ったりもする。取捨選択をする人間のスキルが重要なのはもちろんあるとは思うけど、「大多数の人間の判断は概ね正しい」というウィキペディアの判断基準が大きく間違っていなかったからこそ、ウィキペはこれほどの信頼と厚みを手に入れたのではないか。困った時により早くより的確な正解を、みんなが見つけられるようになれば、

 便利と安全のレベルがもうワンランク上がるんじゃないかと思う。

今は黒に近いグレーもしくは、真っ黒い知識でも、どこかの誰かはそれを肥やしとして世界を平和に導くことに貢献する日が来るかも知れない。

もし、2ちゃんねるやニコ動やWinnyやトレントやツイッターやFacebook、そしてインターネットそのものを自由自在に使いこなす為の塾や専門学校が出来たとしたら、それこそ「入試問題を掲示板で質問する」以上の「正解」を導き出せる生徒、本当の意味で「合格に足るスキルを持った人間」が出てくるんじゃないかなぁ。というか、今の日本が世界と対等に渡り合えるように「戻る」には、むしろそっち方面のエキスパートを育成することの方が、「可能性がある」ような気もするんだよね。無責任ではあるけど。

まぁ僕はジジイなのでとてもじゃないけど新しい知識を自分からガシガシ吸収したりは出来ないですけどね(^^;。

|

« バイオハザード4 アフターライフ | トップページ | マインクラフト~その3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/51172817

この記事へのトラックバック一覧です: リテラシー:

« バイオハザード4 アフターライフ | トップページ | マインクラフト~その3~ »