« クオリアを聴きながら | トップページ | ゲームの爽快感について »

2011年5月14日 (土)

パタポン3~その2~

印象がだいぶ変わって、イライラするところは一点を除いてなくなった。経験値が稼げないということはなくなったし、レベル15を超えて(主人公だけだけど)他のクラスにッチェンジすることも出来るようになった。お金もそこそこ貯まるようになってきたし、クエストも、経験値重視にしようとか、アイテム重視、スキルアップ重視にしようという選択肢が生まれた。

ダラダラと繰り返し同じクエストをやっていても、常にコンボを繋げなければならない緊張感はあるわけで、それがいい意味での「作業化防止」になってる。まぁメンバーは、「主人公槍」「盾屯田兵」「槍槍兵」「弓重長弓使い」でほぼ固定。とにかく主人公のフィーバー槍が鬼強いので、あとはぶっちゃけかなりどうでもいいというか、

 いくら耐火炎上げても槍兵が死ぬほど着火する理由がわからない

とかあるけどね。なんか1マップの半分くらい燃えてたんじゃないかってくらいよく燃える。あいつ体がフリースで出来てるんじゃないかってくらい良く燃える。給料同じだろうに良く燃える。燃えすぎだ。

弓はかなり前なんだけど「重長弓ドンゴーン+6」ってのが手に入って以来ずっとそいつを使ってる。表示ダメージがイマイチ信用出来ない面はあるけど、とりあえず「攻撃速度1.08」「攻撃力883-5453」は通常の弓兵のダメージとは比較にならない。つか実際こんなに当たってるとは思えないけど。

主人公の槍はあまりに強いのだけど、一方で「もし他のクラスだったら・・・」と思う気持ちがあるのも事実。槍でこれだけ強いということは、弓でも同様の強力なスキルがあり、盾でも、、、と思ってしまう。クラスが15を超えたので、試しに盾を育ててみたが、、、ちなみに基本クラスへのクラスチェンジ後は1からの育て直しになるのだけど、経験値はそれほど莫大には増えない。敵のレベルが仮に15だったとしたら、最も貰えるのは12前後で、1や2では、(レベルが上がるのにそこそこ十分な量ではあるものの)一気に何レベルも上がるほどではない。まぁシステム上「1レベルアップ+次レベルまであと1ポイント」ってのが上限みたいだからってのもあるかも知れないけど。

まぁ盾ヒーローの有用性に関してはレベル10程度育てただけではまだまだピンとこないんだけどさ。

さて、話を元に戻すけど、日に数時間プレイしているパタポンだけど、どうしても気に入らないというか、好きになれない点が1つだけある。

 スクリプトが超ダメ。

前回ネットスラングがどうこう書いたけど、そんなレベルじゃなく、

 とにかくキモい。

テンションが上がりようもなく、会話の内容も理解出来ないというか、読む気すらなくさせる。接戦を制してギリでクリアした達成感をもくじくユルく同意出来ない言葉。誰も止めなかったのか。もっとやりようはなかったのか。口惜しい。もったいない。

でもそこさえガマンすれば、軌道にのったヤリーダは僕の期待を裏切らず、ミスは全て僕に責任がある。ノーマルアイテム、マジックアイテムの取得バランスや、ステータス調整も良く出来ているし、文字通りゲームのテンポがいい。前回ボリューム不足と書いたが撤回する。

 でもやっぱりスクリプトのせいで友人に勧められるソフトにはなってない。

もっと言うと、このゲームのこのセリフ達を読んで、ゲラゲラとバカウケする人とは、生涯わかり合えない気すらする。これだったらいっそのこと学園モノみたいなノリにしてしまった方がまだマシだったんじゃないかと思うよ。

プレイはまだ終わらないけど、地味で特筆するほどのイベントがない展開は、ブログ的に不向き。せめてもう少し色気(装備で見た目やスキルが変わるとか、ボスばかり出る面があるとか、ミニゲーム的なアプローチが充実してるとか)があったらなぁって感じかなぁ。意外なほど遊んでる以上、決してつまらなくはないんだけど。

|

« クオリアを聴きながら | トップページ | ゲームの爽快感について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/51644595

この記事へのトラックバック一覧です: パタポン3~その2~:

« クオリアを聴きながら | トップページ | ゲームの爽快感について »