« 次世代機 | トップページ | 凹まない性格 »

2011年6月15日 (水)

LA-MULANA(ラ・ムラーナ)

Wiiウェア版が6月21日にリリースされるが、その前にPC版をやってみた。っていうか初見時は見つけたファイルが英語版であったため、
※そもそもレトロゲーの風体を装っていたため、「最初から英語」だったのかって思ったんだよね。

 ただでさえ難しいゲームがより異常に難しくなってた。

まぁ文章読めずに遊ぶゲームじゃないな、と。

ただそれでも最初から高難度であることはわかっていたので、

 結構めげずにトライ&エラー。

EXPが溜まっていくけどマックスになる前に死ぬ。HPを回復する方法がわからない。アイテムの機能は、最初に手に入る

 バブルガンみたいなのがどうやら看板を読むのに必要らしいとわかる。

どうしてあの見た目でこの機能なのかと思ったりもするが、そこはそれレトロゲーム(然とした)特有の「仕様」として自分を納得させる。

操作性はウワサほどには悪くなく、例えばジャンプは押してる時間で高さを調節出来たりするし、「レバー入れっぱなしジャンプ」と、「垂直ジャンプ後にレバー」で挙動が違っていたりするのも嫌いじゃない。というか、レゲーだと「垂直ジャンプ後に軌道修正」が出来ないものが多かったんじゃないかと漠然と感じたのだけど、、、まぁそういうところはそんなにひどくない。

僕も厄年ということで、精神的にも肉体的にも劣化著しい今日この頃ではあるのだけど、経験則というか、高校生時代に体験した、結構ハードなバランスのRPGやアクションに関しては、どこかしら敬意を払うというか、大手にはない魅力を感じることが出来る感性が残っていたりもする。

 現状かなりキツいとしても。

なので、セーブ出来ずに何度も同じところでダメージを喰らったり、解き方がわからず途方に暮れたりすることにはさほど抵抗がないのだけど、いかんせん、

 このゲーム特有の文法がわからないのはツライ。

Wiiウェア版でも攻略PDFの前編はフリーで配布すると言っていたけど、正直そうした「導入の手引き」なしでは、「ただただ不親切なゲーム」という印象に終わってしまうかな、と思った。難しいことよりわからないことの方がウェイトとして大きい、みたいな。

最低限、

・F5でメニューを開き、コンフィグでボタンを変える
・お金の下にあるのはオモリで、台座の上でレバー下を入れることで置くことが出来る。建物に入るのもレバー下。
・最初にジジイのクソ長い話を聞かないと先へ進めない
・基本的にお金は集まりにくい
 →というかお金が出る宝箱は決まっている?
・宝物を手に入れるトリガー(例えば画面内の敵全滅)がある
・20円で買えるバブルショットみたいな装置がないと看板だけでなく、メッセージそのものが表示されないかも。
 →当然装備する必要がある
・武器出し直後は自機後方に攻撃判定が出る
・階段を上りきる直前にレバー入れ攻撃で上部に判定が出る(らしい。動画によると)

このくらいは知っておいてもよさそう。っていうか、アイテムの効果くらいは教えてくれてもいいんじゃないかと思った。少なくともこのMSX然としたフリーソフト版はともかく、Wiiウェア版では、

 このままじゃあんまり。

という部分があるかな、と。いくらPDFでフォローしますと言っても、「だったらゲーム内で教えてくれてもいいだろ」と思う可能性は極めて高そう。

評判自体は結構良くて、昔のゲームの難度や雰囲気が嫌いじゃない人にしてみれば、

 とんでもない宝物。

と言って差し支えないソフトのようにも見える。実際自力でクリアするのはハンパない努力が必要にも見えるが、つまったところをクリアするヨロコビがあるのも事実。
※僕個人としては現状特にがんばれないところでもあるのだけど。
ネットには既に正解も明かされているし、雰囲気自体は、
※スペックに古さを感じさせる風体ではありつつも、

 正直極上。音楽も最高級。

と言って差し支えないと思う。
※ちなみにボリュームも凄まじくあるっぽい。だってこのグラフィックなのに解凍後のファイルサイズ19.5MB(≒160メガビットロム!)だからね。
※まぁ音楽データが大きそうではあるけど。

興味が沸いたらやってみるのもいいかもよ。

●ダウンロードリンク※ページ右下の緑文字「Download the Game」
http://agtp.romhack.net/project.php?id=lamulana

●攻略サイト
http://la-mulana.s13.xrea.com/x/

ま、基本洞窟物語の方が100人中99人が評価するゲームだと思うけど、ラ・ムラーナをクリアまでやり込んだ人から見たら、「洞窟物語に負けてない」って評価を下しそうでもあるんだよな。っていうか、

 ラ・ムラーナってタイトルがジジイには覚えられないよ・・・

もちっと覚えやすいのにして欲しかったナリな。個人的には音楽、雰囲気などを加点要素として★★って感じ。いかんせんろくに遊べてないんだよね。もちっと進めれば評価は変わるかも。っていうか、こないだガントレット遊んで「ヒントの少ないゲームなりの良さ」みたいなのを再確認しかけてるところなので、本音的にはあと3点くらいは加点したいところではあるんだけどさ。

|

« 次世代機 | トップページ | 凹まない性格 »

コメント

今更情報かも知れませんが…
日本語オリジナル版は
「ちゃんとマニュアル付いてます」
それも某ゲーム会社の風体を模したものが。
英語は海外の方が勝手にhackして翻訳したものなのでそこら辺のフォローありませんが…

投稿: | 2015年12月19日 (土) 15時50分

4年半の時を越えて、コメントどもです。
ラムラーナは未だにSteamでオススメに表示されまくっているので、時代の流れ方が昔とは違うなって思いますね。
ただ、やるならWii版ですかね。
※Wiiウェアで買ったので。でも今はWiiを接続から外しているので起動も大変ですが。

Vitaのヤツもプラスで購入したので、会員に戻れば遊べるのですが、正直遊びにくさは否めませんでしたね。

いいゲームだとは思うのですが、もう少しプロっぽい歩み寄りがあれば、
※例えて言うなら洞窟物語のような
もっとずっと売れたんだろうなって思いますね。

投稿: クリス | 2015年12月19日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/51867049

この記事へのトラックバック一覧です: LA-MULANA(ラ・ムラーナ):

« 次世代機 | トップページ | 凹まない性格 »