« 3DSが15000円! | トップページ | AKB48~まとめんばー~ »

2011年7月29日 (金)

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

※本日二つ目。

まあ日中DVDで見たラプンツェルに関しては後日に回しちゃうとして、、、こちらは旬なので連投することに多数決で可決。ちなみに票数は35対33。割と惜しいところ。

つか何から書こうかな。一応先行上映のレイトショー、3Dで見に行ってきたのだけど、公開40分前くらいに行ったにも関わらず、いつも僕が狙う席が取られていて軽くショック。結局その前(一番前のブロックの一番後ろ)で見ることに。

正直世間の評判およびマイケル・ベイ本人的にも前作は今ひとつだったようだけど、僕に言わせれば、

 前作のが遙かに良かった。

理由は、、、あ、一応軽いネタバレがあるかも知れないとお断りしますが、その前に、「見に行くか迷ってる人」に一言。

 期待はするな。

期待しなければさほど裏切られることもないと思います。まぁ僕がそうだったので言うわけではありませんけどね。

で、「今ひとつだった理由」ですが、、、

・ミーガン・フォックスの方が100倍イイ。
 →これは★1つ分(評価にして2点分)くらいに匹敵する減点要素。今回の恋人役の人には悪いけど、

 まるで主人公のトウシューズに画鋲を入れる役柄の女の子かと思うほど輝きがない。エースをねらえ!で言えば音羽さん、トップをねらえ!で言えばカシワラさんみたいな感じ。スタイルはいいが、どこか「監督の命令なら、私、脱いだって平気です」みたいな?

正直ミーガン・フォックスも第一印象から良かったわけじゃないんだけど、劇中での演技というか、「カリスマ性」が違う。こないだのテレサ・パルマーもそうだけど、思わず惹きつけられる「何か」が彼女には、、、少なくとも僕からみた彼女にはそれがあった。

っていうかまぁこの話は映画を見に行く前から分かっていたことなんだよね。ミーガンほどは良くないだろうと。それがまんま案の定だったというか、

 見てみたら意外にいいじゃん、、、とはならなかったって話。

・オプティマスがほとんど活躍しない

 彼だけがかっこよくあるべきだとは思いませんが、何つか、150分もの長尺の映画の割には、あまりにも目立たない。出番が少ないだけでなく、出てる時の活躍、セリフ、行動パターンなど多角的に、

 カッコ悪い。

トレーラーが破壊されて飛ぶことが出来なくなった、、、的なセリフから舌の根も乾かぬうちに空を飛んでるオプティマス。地球から排除されるロケットに乗ると見せかけて、「燃料タンクに入って海に逃げた」という展開。最後悪役とは言え、一時的に助けてくれた相手を容赦なく惨殺するオプティマス。倒し方も「美学」が全くないし、主人公の危機に対して飛んでくるのはいつもバンプルビーで、

 オマエのどこが友達なんだよ!?

って感じ。主役じゃねぇのかと。もっと派手にぶちかましてくれよ、と。

・相変わらず出たとこ勝負な展開。

 正直これに関しては「前作のがひどかったよ!?」という方もいるかも知れませんが、自分的には今回のが鼻についた。特に今回は人間側にもオートボット側にも裏切り者がいるという展開なので、

 その後もっと打つ手があるだろ、と。

もっともっと真剣に考えろと。甘ったれた脚本とコンテ書いてんじゃねぇと。「あれが送信するための柱だ・・・」。だったら遠くから撃てばいいだろ。トマホークミサイルで狙ってたのはそれじゃねぇのかと。みんなしてハッキングして橋をおろしたり、空から滑空して現場に赴いたり、時限爆弾、、、これも「どうかしてるぜ!?」って感じ。起動してから30秒で爆発する、、、設定なのに、起動してからふっとばされてふりまわされたあげく、仲間に助けられ「あとどのくらいで爆発するんだ?」「30秒」。オイオイオイオイ、オマエが起動したのは「たった今」なのか、と。計算出来ねぇのか、と。

結局柱はオプティマスがぶっ壊すんだけど、

 オマエ今の今まで何やってたんだ、と。

 みんなの苦労を横からかすめ取るようなことするな、と。

 あれだけのダメージで壊れてない上に普通の人間が再起動出来ちゃうってのはどうなんだ、と。

もう頭の中が「?」だらけ。まだ前作のように、「前々作で敵役だったシモンズがまさかの大活躍」とか「じいさんだけどブラックバード。その上合体」とか「しょっぱなに巨大な敵で盛り上げる」とかの、

 単純だけどわかりやすい展開

の方が遙かに居心地がいい。なんだっけ?あのジジイプライム。リサイクル・プライムだっけ?まぁ忘れたけど、あいつだって「取引をした」って言うんならなんで攻撃された上に不時着してんだよ。おかしいだろその話。

僕は自分がガキ(子供)な上に忘れっぽいとは思うけど、今作の「ご都合主義」はもはや「子供だまし」ですらない。見ていて結構かなりイライラした。シャイアも全然かっこよくなかったし、
※ジョン・マルコビッチはいい役やってたけど。つかラスト近くでもう1シーン出てきてもよかったと思うけど。

----------

でも、それでも良かった部分はもちろんある。

1位 バンプルビーがシャイアを掴みつつジャンプしてまた車に戻るシーン

見ていて思わず拍手した。っていうか、

 今回の中でここが一番いいシーンだろうな

って直感したら案の定そうだった。っていうか、そう、見ていて思ったんだった、

 今回コンテしっかり作ってやってるか!?

って話。3Dってことで今まで以上に「アングル」「遠近感」「演出」を計算に入れた「絵作り」をしなきゃならなかったはずなんだけど、なんか見ていて、

 例えば人間がディセに勝つシーンを作ろうとする。

 目を攻撃し、暴れ回るシーンを考え、

 モデリングしてシーンを作り、

 その後で最も見栄えのするアングルを決めてる。

みたいな手触りを感じた。要するに、「まず絵ありき」ではなく、「まず場面(モデル)ありき」。3Dだからもちろんそういう考え方は悪くないのかも知れないけど、

 途中で3Dであることを何度か忘れてた。

そのくらい「3Dの使い方が下手」。何て言うか、奥行きがあるとか手前に飛び出してくるとかじゃなくて、もはやエフェクトの一つになってしまっていた。セルをたくさん重ねるのとなんら変わらない。っていうか、

 ヱヴァ破の方がむしろ上。

ヘビがビルを締め付けて壊すとことか、凄まじい数のオブジェクトを動かしてるなぁと思うし、ちょっとは盛り上がるけど、重要なのは「見せ方」であって、ポリゴンの数じゃないだろって思う。ゴジラが振った尻尾の先に安堵する篠原ともえ。ジュラシックパークのコップの水。「まさかそう来るか!」とこちらの期待を上回る答えを出してこその演出だと思うし、その為にこそ技術や時間は使われるべきじゃないかと思う。さっき書いたバンプルビー以外だと、、、ホントに思い出せないんだよな。あ、でも「落ちた!」と思ったら落ちてなくて上ってきたシャイアのシーンは、

 だと思ったと思いつつも嫌いじゃない。「いいお約束」だったな。

でもホント他はなんか、盛り上がれなかった。ディセ側でも今回はメガトロンの活躍、ほっとんどないし、ジジイはボチボチ活躍するけど、スタースクリームは一言しゃべってあとは空気。ヘビ使いショックウェーブに至っては、あんだけ派手にぶちかましといてセリフなしという体たらく。

 なんだそりゃ?って感じ。

倒れかけのビルだって、最初に出た映像で既に60度くらいになってただろうに、
※あまりにも外観が傾きすぎてるんで、主人公たちは「これとは別のビルなのか!?」って思っちゃったし。
その後急に中の様子が「ひどい傾き」になり、→外観。さっきのまま。

 オイっ!

腕時計のメカだって「普通殺す」でしょ。約束を守る意味がわからない。「資源=人間」と言いつつガンガン殺してる意味がわからない。地球へ転送するって、、、サイバトロンの方が大きいじゃん、、、どうやって持ってくるつもりなんだよ、、、。そんなの持ってきたらポケットやぶれちゃうだろ!

結構活躍したチビ2体もあの爆発で死んじゃった、、、の?みたいな居心地の悪さが残ったし、序盤の防衛長官?の護衛をしてた2台の攻撃は「誰を誰が」攻撃してたの?っていうかオートボットは「アメリカの敵」であれば人間だって惨殺する用意があったりするわけ?

 わけがわからない。僕の物わかりの悪さを差し引いても、わけがわからない。

・・・

まぁ確かに大画面で見るメリットはあったと思うけど、正直言って3Dじゃない普通の2Dで見たかったって気も半分くらいある。迫力は増すけど、代わりに情報を取得しづらくなるし、意識が分散するような気がする。なんか字幕も読みづらい気がするし。
※シーンに溶け込まないからかも。

猫も杓子も3D、3Dって騒いでるけど、僕的にはもうブームは沈静化してるっていうか、もう爆発とか着水とか飛び道具とかの「3D表現」は驚きでも演出でも何でもない。単に見づらいだけのもの、になり掛かってる気がする。3DSのゲームでも最初は物珍しくて3Dにするけど、いざ本腰入れて遊ぶ時にはオフにしたりするでしょ?
※静止画はまだまだ立体で楽しめる余地があるとは思うけどね。これはマジで。

クリスの評価としては★★くらいかなぁ。世間がどう思うかわからないけど、僕は2作目が一番好き。エロいパンチラもあったし、「オプティマーーース!」って結局二人とも死んじゃうのも良かった。ミーガンはかわいかったし、デバステイターもジジイも合体も良かった。シモンズもレールガンもかっこよかったし、、、うむ。やっぱ思う。

 僕は前作が好きだったんだなぁって。

まぁ、みんながみんな僕と同じ感想だとは思いませんけどね。

ちなみに余談というか質問なんですが、映画館で上映されてる映像って、解像度的にはフルHD以上なんですかね。なんか、

 それ未満のような気がした

のですが。たまたま3Dの弊害かも知れませんけど。あ、それとスタッフロールは序盤に1カットだけ映像が挟まるだけで、あとはラストまで一切なし。後日談もなし。メガトロンの目が再起動する演出とか、伊福部昭のBGMがゆっくり流れてきて深海の映像が、、、みたいなのもありません。安心して席を立って大丈夫です。

|

« 3DSが15000円! | トップページ | AKB48~まとめんばー~ »

コメント

3Dを生かした映画なら『カーズ2』の方がオススメ。
スクリーンが倍くらいに感じます。
 まだ映画は未見ですが、トランスフォーマーの洋ゲーを買いました。PS3とXBOX360版があります。
 ちょろっと遊んだだけですが、映画のまんまのトランスフォーマーがバリバリ動きます。
 しかし僕のPS3は、ほぼtorne専用。
同時録画が出来ない以外の不満は無いですね。

投稿: じあんとー | 2011年7月30日 (土) 09時38分

どもですじあんとーさん、まいど。

カーズ2は予告だけ見てもかなり面白そう、、、でしたが、正直3D映画はもうさほどでもないというのが正直なところ。別に目が疲れるとか立体に見えないとかそういうわけではないんですが、

 300円余分に出すほどの満足がない。

 正直ディティールがわかりづらい。

 (これ一番ね)3D版があるとそっちを見に行かなければならないような強迫観念に駆られる。

3Dがなければ2Dを見るんですが、両方あるなら3Dを見に行かざるを得ない。もっと言うと、

 そのしばりが嫌で、もうその映画は行きたくないとすら思えてくる。

今回トランスフォーマー見て得た答えはコレですね。「もう3D映画はやらなくていい」ってのがクリス的なスタンス。最初は目新しく楽しかったけど、今は全然ポリゴンアドベンチャーゲームが遊びたくならないのと同じ。いやホントに。

>トランスフォーマーのゲーム

僕も1本だけ遊んだ記憶がありますが、
※もちろんコンボイの謎じゃないですよ(^^;
なんだろ。一番新しいダークサイドムーンのヤツかな。ちょっとだけ気になりますが、奥は浅そうですね。

トルネに限った話ではないんですが、放送時間がバラバラな番組を確実に録画して欲しいです。僕の好きな番組に「有吉AKB共和国」があるのですが、ぶっちゃけこちらの地区では曜日すらマチマチな気がする。毎週に入れておいてもすぐ外れちゃう気がするし、勘弁してくれって感じです。

投稿: クリス | 2011年8月 2日 (火) 22時34分

昨日やっと観てきました。
クリスさんが言いたいこと全て代弁してくれたような。
ん、先に読んでから行ったからそう思うのか(笑)
まぁ、映画館で観て良かったとは思えました。

投稿: KC | 2011年8月19日 (金) 09時51分

クリスさん、おはようございます。
 こちらもやっと一昨日の晩に観てきました。場所は鈴鹿ベルシティ。
 感想は『元セクター7』のオッサンが一番いい味出してました。
 主人公が前の彼女に振られたとか、就職難で無職とか、下品過ぎる中国系アメリカ人とか、要らんだろ。
 こう考えると、原作アニメで、スパイクが親子で整備工場をやってるって設定は良く出来ていたんだなあと。
 ちなみに以下は、恐らく初期アニメのリスペクト。
①オプティマス=コンボイの『私に良い考えがある』は失敗フラグ
②オプティマスがトレーラー形態で撃たれて崖から落ちる。
 基本トランスフォーマーって群像劇なので、オプティマスだけにスポットが当たるとは限らないんです。
  オプティマスは立場的に、最強の戦士&司令官ってだけです。

投稿: じあんとー | 2011年8月22日 (月) 08時51分

ちすKCさん、じあんとーさん、クリスですまいど。

>KCさん

決して「金返せ!」って映画じゃないんですけどね。バンピーのチェイスシーンはホントよかったと思うし、、、。僕的に一番DSMがダメだった理由は、

 暗くなったこと。

だと思います。就職だとか裏切りだとか、、前作でも死んじゃったりしましたが、それってスポ根の敗戦みたいなもんで、その後に覚醒!みたいなノリが待ってるじゃないですか?でも今回はなんかどんよりしてた。基本子供向けで、ガンガン行けばいいんじゃないの?って僕的には思うんですけどねぇ。むしろマトリックスレボリューションみたいな、「バカ演出」こそがトランスフォーマーには合うんじゃないかと思う次第です。個人的かも知れませんが。


>じあんとーさん

やはり原作(アニメ版)を知ってるかどうかで見え方や見方が変わってくるんですね。僕は正直「一度も」アニメ版を見たことがないので、むしろ「コンボイ」という名前の方に違和感を感じてしまったりもしますし、僕の中のトランスフォーマー=マイケルベイトランスフォーマーなので、どうしてもこれまでの2作品で自分の中に(勝手に築かれた)オプティマスのイメージが育ってしまった感があります。

というか、なんだろ、オプティマスに僕が見てるのは、日本の戦隊ヒーローに出てくる巨大ロボットなのかも。決め手であり切り札で、バンピーたちががんばって場を持たせつつ、最後かっこよく倒してくれる、みたいな?最初からトランスフォーマーというある意味子供向けのトイストーリーをソースにしている時点で、例えばエイリアンとか例えばターミネーターみたいな作品とは見る側の(僕の)視点が既に違う感じなんですよね。

サム・ライミのスパイダーマンに明るさがないのを承知で見るように、
※それが好みかどうかは別として
僕の中のトランスフォーマーには暗さや弱さがどうも「余分な贅肉」に見えてしまうというか。

---------

>お二人へ

牙狼でもそうですが、一度負けたら次は勝って欲しい。努力して強さを身につける王道パターンこそが僕が求めるヒーロー像って感じです。

前作はラジー賞を受賞してしまいましたが、僕的には(多少の贅肉はあったとは思うけど)やっぱあっちのが良かったなぁと思う次第です。

投稿: クリス | 2011年8月22日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/52334709

この記事へのトラックバック一覧です: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン:

« 3DSが15000円! | トップページ | AKB48~まとめんばー~ »