« AKB本 | トップページ | スーパーポケモンスクランブル~その1~ »

2011年8月11日 (木)

DUNGEON SIEGE THRONE OF AGONY~その3~

船を使ってのらりくらりと探索をしていたら、敵のレベルがバツグンに高いダンジョンを発見。それまではせいぜい50前後だったのが、「ほぼ60」。これはもう戦いまくるしかない!と腰を据えて周回。

で、遠近織り交ぜて戦っていたら、どうも弓で戦ってる時の方が回復薬の消費量が多い。実際会敵するのは弓の方が遅いのに、、なんで?と思って装備をよくよく確認してみると、

 近距離武器に「HPリジェネ+4%」ってのが付いてた。

一言で4%と言われても、100が104になるだけだったら実際はさほど大きな違いにならないはずなのだが、

 体感で4倍くらい回復速度が違う。

もはや理由はわからない。理由はわからないが、

 とにかく弓より安全に早くせん滅出来る。

この辺りになると持てるアイテムも増え、
※55くらいだったかな。
かつ拾うアイテムも限られてくる。ノーマルアイテムはほとんど拾わず、マジックもステータスを確認してから拾う。っていうか、

 ほとんど使い道のないお金が、いつの間にか500万くらいある。

そりゃあ拾う意味もなかろうて、って感じ。

その分「使い分けるかも」という装備を複数キープしつつ行軍するわけだが、

・攻撃速度、移動速度が上がる
・ダメージが上乗せされる
・防御力が高い

この三つが択一だったりすると、なかなかにジレンマが心地よい。

雑魚をすり抜けて一気にボスまで到達し、ボスの落とすオレンジアイテム
※ノーマル(白)、マジック(緑)、レア(青)、スーパーレア(オレンジ)
だけを周回して集める時は移動速度優先。気分転換に弓で戦う時は、立ち止まりながらの行軍になるのでダメージ重視。防御力は「いつか来るかも知れないシビアな戦闘の為の準備」。

「いつか来るかも知れない」なんてのは大抵こないものなのだが、いかんせんこの防御力というのが、

 あまりに違いすぎてとまどう。

他のブーツが250程度なのに、防御力優先としてキープしてあるものは1050。さすがに迷うに足る違いがあるのだ。鎧の防御力だって750程度な時期に、くつで1000オーバーとか、、、「いつか来るかも知れない」って思ってしまうのも致し方ないだろ?

そんなのこんなで気持ちよく周回していたら、

 レベル67でフッと経験値が入らなくなった。

要するに相手のレベルより高くなりすぎて、一時的なキャップ状態になった。

 こうなるとさすがにここで武器探しするのも抵抗がある。

重い腰をあげ、攻略WIKIを見ながらクエストを消化していく。この辺りは日本語の方が、とか、ボーダーランズのように目的地へのルートアイコンが出た方が、とか思うが、まぁ仕方ない。

レベルが67で、オレンジマラソンをしたりしたことで、こちらの強さは周囲の雑魚とは完全に次元が違う。

 というかラスボスも瞬殺。

最初こいつがラスボスなのかな!?と思った相手がそのままラスボスだったパターン。ディアブロで泣きそうになりながら「ダメージを与えてはポータルで逃げ帰って、また戻って、、、」を繰り返しつつ倒したのがホント懐かしい。でもきっと今そのバランスじゃ疲れちゃう。心が折れちゃう。たぶんだけど。

クリア後おもむろにセーブ→リスタートして再度ボスを目指したところ、普通にいて、普通に倒し、普通に同じものを落とした。まぁこいつで周回して稼ぐようには出来てない、、、かたまたま同じものを落としただけかな。

 とりあえず経験値もアイテムも魅力が薄いのでそこで1周目はエンド。

NEWGAMEで始めると、上級難度であるエリートが選択肢にあり、さっきの装備やレベルのデータでそのまま最初から始まった。

 こんなだったかなぁ

とシミジミ思ったが、忘れっぽい僕のこと。こんなだったのだろう。

軽くプレイしてみた2周目だが、残念ながら出てくる敵たちはレベル50チョイ。67の僕には全く得るものがない。ある程度まではマッハで駆け抜けないと、「次なる高み」は見えてきそうにないが、

 結構テンションは落ち着いてしまった。

一番面白かったのは移動速度や攻撃速度が上がってHPの自動回復で「ガンガン攻めていける」手応えを得た頃かな。ありゃ気持ちよかった。

ちなみにシージPSPには変なシステムというか半ばバグのような調整があり、レベルアップに必要な経験値が極端に少ない、、、具体的には1匹倒しただけでレベルが上がったりする時がある。なんのボーナスだよ!?とも思ったが、実際「ありすぎると」逆に萎える。毎レベル莫大に必要経験値が増えていくのをよしとするわけではないが、あまりにサクサク上がり過ぎちゃうのもちょっと肩すかしかも。「レベルが上がる嬉しさ」みたいなのもまた、武器が手に入るのと近しい「喜びたい」場面なんだよな。

・・・

そんなこんなで一区切りしたので、おもむろにDS「ソーマブリンガー」を3DSに刺して起動してみた。今度はこっちかよ、って感じだが、
※ちなみに時刻は朝4時15分。寝ろよ。

 キャラ選択で決断できず、中断。

前回使ってたキャラを使うのは避けたい、、が、それが誰だったのか思い出せない。魔法を使っていた気もするけど、飛び道具使いだった気もする。少なくとも肉弾戦が得意なマッチョメンじゃなかったと思うが、、、。

 ホントなら今頃ポケモンスクランブルをやりまくってたはずなのに・・・。

ちなみにポケスクを買ったら、

 ガンガンやる予定。

各面に出てくるポケを各数匹ずつ捕獲し、適当に使っては「使い勝手のイイワザや通り名」を選りすぐっていく。イマイチなメンツはどんどん解雇。普通のポケモンと違ってポケスクのポケモンは成長しない。
※ワザを覚えさせることは出来る。
前作の経験上、

 1000匹程度の倉庫はすぐにいっぱいになってしまうのだ。

数匹出して1匹と交換する、みたいなシステムがあるかも知れないが、それが出てきてから集め直してもなんら問題ない。まずは「精鋭」を集めることだ。

・移動が速い>>>>キャラ的にはMr.インクレディブルの長男ダッシュみたいな、マップ踏破要員。

・戦闘力重視>>>>捕獲が全てではあるが、ボスに勝てないのでは話にならない。戦って強いワザを早く見つけなければ。

・捕獲要員>>>>主役。いかに早く適役を見つけられるかが、全体のプレイ時間を大きく左右する。個人的には「ダブルニードルのスピアー」に匹敵するキャラがまず欲しい。
※あくまで序盤活躍したって話だけどさ。

ブラックホワイトからの新参者たちには愛着も知識もないので、正直あまり使いたい気にならないが、現実にはそいつらがほぼ中心となって出てきちゃうと思われる。見た目に左右されず冷静にパラメータとスキルから「使える戦士」を見つけるようにしたい。

 つか充電ケーブルはドックから外して本体に刺して使う用意があるよ!

なんならお菓子やジュースも買っておこうか。風呂にも入ってヒゲも剃っておこうか。なんなら発声練習で「面白れーーっやっぱオモシレーっ!」って叫んでみるのもいい。

 俺の期待感はマジパネェよ!?

勢いで2本買ってしまいかねないな・・・マジで。

 「父ちゃんこんなのじゃなくて、リズ天買ってよ・・・」

って言われそうだが。

|

« AKB本 | トップページ | スーパーポケモンスクランブル~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/52418244

この記事へのトラックバック一覧です: DUNGEON SIEGE THRONE OF AGONY~その3~:

« AKB本 | トップページ | スーパーポケモンスクランブル~その1~ »