« スーパーポケモンスクランブル~その2~ | トップページ | 3DSが不調らしい »

2011年8月14日 (日)

TERA

クローズドβテストは4gamerから応募して当選したにもかかわらず、「いつ始まるのか」をチェックし損ねており、気付けば「クローズドβテストの感想」的な?「昨日終了したテストについて」みたいな?「ああ、もうやってたんだ」と。っていうか僕は外れてたのかな?と。おもむろにメールを確認してもそれっぽいのが来てる気配はなく、「ああ僕だけ蚊帳の外か、また・・・」と。「今日からひとりぼっちか、、、もともとそうだったけどさ、、、」的な?

 まぁ迷惑メールフォルダに入ってたわけですけどね。

つか正直な話、正式運用が始まってからも課金して続ける気はさらさらない。とりあえず話題作だし、一番最初なら「いろんなことがわからなくても恥ずかしくない」。僕は、「ロンチ特有のソワソワ感」が好きなのだ。

で、今度はオープンβ。8/8の朝9時にいつも使ってるメインPC(OSは7。グラボGTS250)と、ゲームPC(OSはXP。グラボはGTX285)でダウンロードをスタート。クライアントは作業領域を含め60GBの空き容量が必要になる巨艦。開始直後は「残り625分」の表示もあり、ややおびえたりもしたが、

 昼飯の頃には終わってた。

ただまぁ時間のない昼休みに始める気もなく、

 ただいまのアクセス人数 98000人

みたいなのを見て、「さすがだなぁ」などと思っていた。

夜になって珍しく長男がPC部屋にいたので、一緒に285のPCを起動してみる。TERAにはハンゲームのアカウントが必要だが、長男はそれを「そらで」打てるくらい慣れ親しんでいるようだった。

最初にいくつかのファイルダウンロードが入り、サーバー選択画面に移る。懸案事項のひとつであった「ゲームパッドの使用」も出来るようで、ちょっとテンションが上がる。

「かなり混雑」「締め切り間近」みたいなステータス表示があり、キャラメイクを促される。システム設定も少し変えようかどうしようかと思案しつつ、メイクをスタートしようとクリックした刹那、、、

 PC再起動。

うーむ。βだからか、はたまた別の理由なのかはわからないが、使用条件やチェックをクリアしているにも関わらず、
※もしかしたらウイルスとかカスペルスキーとか、、、<コレスゲェ考えられそう!でも7の方は起動出来たし、、、わけわからん。

 とにかく何度試してもキャラメイクすら出来ずに落ちる。

さほどやりたかったわけでもなかったが、あきらめるのも癪なので、メインPCの方で始めてみる。こちらは無事起動し、メイクも可能。

 つか女の子はかなりかわいいのに、野郎どもにイケメンが少ないのはなぜ?

理由がわからない。韓国人のセンスがわからない。

いつもなら当たり障りのないクセの少ないイケメンにして始めるのだけど、今回あまりに男女格差が激しかったので、、、っていうかまぁβだし、気楽に女性キャラに。でもって武器は弓にしてスタート。当然かつ残念ながら画質はさほど良くないが、

 FF14と比べたら全然軽い。

FFで同じくらいの重さに調整したとしたら、今より遙かにしょぼいグラフィックになったと思う。

プレイ人口は、直後に別キャラで長男がメイクしようとした際、

 「満員だから入れないんだよね。ワリィ」

って表示されているくらいいっぱいいっぱいだった割に、

 結構空いてた。

プレイヤーがいるにはいるが数人程度で、序盤のクエスト受諾も、その消化も全然余裕。FFがスペシャルパックかなんかで「特別に早く始めることが出来た」期間よりも遙かに空いている。

モンスターは画面中央の円形カーソルが変形する距離まで近づいてから、クリックで攻撃開始。
※弓なので結構な遠距離から攻撃可能。
ダメージを受けることなく一体目を撃破する。

戦闘はシームレスで、見た目は違うが、手触りとしてはディアブロにかなり近い。複数の敵がまとめてアクティブになって襲ってきたり、弓スキル特有の操作として、

 右クリックを押しっぱなしにして複数の敵にカーソルを通過させる
 ※レイフォースのロックオンみたいな感じ。

ことで、5体までロックオンして攻撃することも出来たりした。
※攻撃力自体はさほどでもないが、一旦上空に向かった矢が、複数の敵に降り注ぐ様は、なかなかにかっこいい。また、「それ用」の弱い雑魚が序盤から既にいるのも悪くない。

クエストは「承諾→実行→報酬を受け取る」というオーソドックスな流れで、拠点とモンスターのいるフィールドに境目はない。報酬はお金や経験値も貰えたかな、あと装備をいくつか。まぁ序盤で普通に戦って勝てるうちは、装備を付けなおしたりはしない。勝てなくなってから、手強くなってから考えればいいかなって感じ。

ちなみにHPは自動回復で、MPも同様。先ほどのスキルなどは5秒かそこらで再発動可能になるなど、さほどMMO経験のない僕でも、抵抗感なく受け入れられる感じだった。まぁアイコン中心のメニューに関しては、さすがに慣れが必要かとも思ったけど。

時間にして1時間にも満たないプレイ時間だったけど、

 まぁ悪くない感じ。

でもそもそも「グラフィックを目的に」遊びたかったタイトルだったので、GTS250ではその欲求を全く満たせず、モチベはかなり低調推移だった。
※長男もクライアントのダウンロードはし始めていたので、そっち(GTX480)での見た目が気になるところではある。

PCが落ちるのは、グラフィックドライバの相性によるところが大きい気もするのだが、
※TERAはAMDサポートなので。
システム設定をする前に落ちてしまうのは、正直どうしようって感じ。サポートページが充実してくれば対応法が見えてくるのかも知れないが。

ちなみに7でもデュアルショック変換のパッドは使用可能だったが、コントローラそのものが劣化していて「あらぬ方向」へ移動しがちだった。アクション要素がそこそこある
※序盤スキルには手前へ飛び退くものもあった。これは敵が強力な近距離攻撃を行ってくることを意味してる、、、と思う。
ので、出来得ればパッドでのプレイをしたいところ。

ただまぁ言ってもMMOであるがゆえに、こないだ書いたような「ソロの密度を上げたハクスラ」と比べると、変化は少ない。どちらが面白いか、は、序盤だけではもちろん計れないが、個人的にはシージPSPの方が「楽しい」かな。あ、今はわからないですが、FF14のロンチの方が、

 遙かに厳しかったけど、その厳しさ、グダグダさも含め、僕はずっと楽しかったです。

価値観によるところも大きいだろうけどね。

|

« スーパーポケモンスクランブル~その2~ | トップページ | 3DSが不調らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/52467103

この記事へのトラックバック一覧です: TERA:

« スーパーポケモンスクランブル~その2~ | トップページ | 3DSが不調らしい »