« モンハン4ほか | トップページ | つれづれなるままに・・・ »

2011年9月15日 (木)

スーパーポケモンスクランブル~その14~

ダラダラ遊べてしまうんだよな。読者人気もないことだし、そろそろ潮時かなぁという思いもそれなりに大きくなってきてはいるのだけど、

 つい始めてついダラダラと3時間、4時間遊べてしまうんだよ。

まぁそういうタイトルを欲するタイミングがあるのは事実なのだけど。

ちなみに今120時間くらいプレイしているのだけど、

 結構今が一番面白いかも。

やってることはシンプルなマラソンに他ならないのだけど、微妙なドキドキをはらみつつあまり疲れない。5000万のお金稼ぎの時はひさびさマジで腱鞘炎になるかと思うほどボタンを連打したけど、今やってるマラソンは、

・エリアに入るたびに「高速移動」を起動し、そのエリアのゴールを目指す。
・最終エリアへのジャンプ台に「光がまとってなかったら」、スタート→町から再開し、再度同じルート。
・「光を纏っていたら」、衿を正してアルセウス戦。

 こないだ嫌って程低確率の話をしたばかりだけど、このアルセウス戦、

 「既に2回負けているっ!!」

マジ吐きそうになるほど凹む。今戦った相手が最後の17匹目になるかも知れないと思うとホント吐きそうになる。倒れそうになる。心はボッキリ折れている。

でもその失敗を経験すると、その後「その失敗を埋め合わせなければ」と死ぬ気で周回する。取り損なったアルセウスを「取り返す」ことでのみ心の傷は癒えるのだ。

 レックウザ×3

折れた心に唐辛子とワサビとハバネロを擦り込まれるようなダメージが上乗せされる。当然ほっぺには涙が滝のように流れている。「つーーー」でもなく「ぽたぽた」でもなく、

 「ゴゴーーーーーッ」

って感じで流れている。当然しょっぱい。涙だから。

「あと一匹レアボスに会ったらやめよう」と何度も思いながら周回する。昨日のトレンドは全部で5カ所あるタワーをそれぞれ7、8周したら次のタワーへ、と移っていくスタイル。一カ所で60回も100回も周回して出ないってのは、もう「乱数表の負の連鎖」
※サイクルが必ずハズレになるような状況。
に陥ってるとしか思えない。まぁ多少なりロケーションが変わることでモチベも上向くしね。

で、

前回は飛行とノーマルを手に入れたわけだけど、今回はレックウザ×3以外にゴースト、虫、岩の3体のアルセウスをゲットした。ちなみにこれで集めたポケモンは700種。残り17種になったが、まぁそれはさほど大きな意味を持たない。重要なのは、

 岩と虫とゴーストが非常に最終戦(バトルロイヤルEX-6)に有効な属性だったってことだ。

特に虫とゴーストは最後の壁ミュウツーの弱点属性であり、ことゴースト属性のアルセウスに至っては、

 アタック&ディフェンス付!!

こりゃ嬉しかった。
※ちなみに虫アルセウスも青文字だったのだけど、中身が「じめんアップ」「どくアップ」みたいな?全くどうでもよろしい通り名。ギャフン。

ともあれ、レックウザ×3を食らって精神的に一区切りしたので、

 最終戦に挑んでみることにした。

とりあえず最初は様子見ということでアルセウス虫・裁きのつぶて・まもるで望んだところ、

 のらりくらりとミュウツー出現までこいつ1体で到達!

ただ、その後ヤツのあきれ果てるほど広範囲なサイコキネシス
※冗談抜きにエリアの50%くらいをカバーする。一見5本の線状のビームにしか判定がないようにも見えるが、実際は結構かわせずに当たる。
にいいようにのされる。つか、

 むこうみずギラティナは「まもる」が切れた状態で1撃死。

ただ、ヤツのHPがあと2割ほどになるまで削ることが出来たので、「これなら行けそう!」とテンションが上がり、その後何度もトライした。

ある時はタイムが全く足らず、
ある時は序盤のレジギガスに殺され、
ある時はミュウツーに2匹瞬殺され、
ある時は聖なる剣で「ハメてる!」と思った瞬間に食らってゲームオーバーになったりしたが、、、

 なんとか倒すことが出来た!

以下ポイント箇条書き。

・ワールドランク10の方がいいと思う

・アルセウス3匹の属性はあんまし関係ないかも。ただワザは全員裁きのつぶて&まもるで。

・開始直後に食らったらリスタート。最低でもこちらが外周に逃げて、安全な距離からつぶてを連射出来る状態になるまでは無傷でいたい。

・<重要>雑魚戦時は安全だからと言って片方から攻め続けず、常に乱戦の外周ギリを大きく廻るようにしながら連射する。そこで「取れそうな」タイマーがあったら寄って取る。中心部近くに数個タイマーを確認した場合は、まもるを使いながら対角線へ抜けるように取る。

 ★ここでのタイマーゲットが命運を分けるので命がけで取る。

ちなみに僕はこの1体目の戦士をアタックディフェンスアップのゴーストアルセウスにした。理由は、多少の誤爆でも生きのびることが大事だから。ミュウツー戦は一瞬のミスで簡単に死ぬ。逆に言えばそこでのプレッシャーを軽減することが重要で、出来たらその時に3体とも残っていることが望ましい。

 最初の1体でミュウツー1体まで持って行くのが理想。

そのくらいミュウツーは怖いのだ。っていうか攻略法がわかった今だとそんなこともないのだが。

そうこうしているとデオキシス4体が召喚されるが、ぶっちゃけこいつらは体力が低く、むしろレジギガスの方が怖い。あと、画面に出現のアナウンスが出た直後、

 デオキシス4体しか登場しないかと思ったら全然そんなことはなく雑魚も出てくる

ので、これで焦らないようにしたい。まもるを上手く使って開幕同様安全な状態まで持って行きたい。数回の誤爆は許容範囲。

そしてほどなくミュウツーが出現する。相手の残党は10匹ちょいくらいだと思うが、ミュウツーが出たらまずは「絶対にまもるをかけ忘れないようにする」。当然失敗しまくるが、失敗中にサイコキネシスや三日月弾が飛んできたら、神に祈って逃げながらかわす。割と食らうが、まぁ祈る。まもりが効いていれば当然食らわない。最高。まもり最高。

サイコキネシスを避けながらちょこちょこ裁きのつぶてを撃つが、ほどなくミュウツー1体になる。理由はヤツの攻撃があまりに強く、他のヤツらも簡単に倒しちゃうから。だからあんまし無理して数を減らしに行く必要はない。

 もちろん潤沢なタイムがあれば、だが。

ここであわてないために序盤必死にタイムを稼ぐのだ。

そしてミュウツーが1体になったら、ヤツの背後を取るように近づき、2、3発ほどつぶてを当てる。ヤツは攻撃中はゆっくりしか振り向けないが、攻撃が終わると即座にこちらにロックオンしてくる。
※便宜上使ってみましたが、「ロックオンのワザ」を使ってくるわけではありません。
つぶてを連射してるとこちらを振り向いたことに気づけないので、必ず2、3発で抑えて、ヤツの動きを見、背後を取るようにする。

 サイコキネシスも三日月弾も至近距離で全弾被弾したら確実に死ぬ。

とにかく慎重に、あせらず攻める。ミュウツー出現時にタイムが80秒くらいあったが、クリア時は20秒を切っていた気がする。当然まもるはまめに掛ける。

ミュウツーも他のボス同様、HPが減ってくると防御力が上がり、思うように体力を削れなくなるが、焦ってつっこんだら負けである。つか2回ほどそれで負けている。重ね重ね言うが、序盤から中盤掛けてのタイム稼ぎが何より重要。ぶっちゃけミュウツーが出てからは「逃げ8攻め2」くらいの気持ちで戦いたい。それを許す時間が欲しい。

ともあれヤツを撃破し、「えいゆうのねじ」をゲットした。まぁこれはプレイヤーデータで確認出来るだけで、すれ違いネームには反映されないんだけど。

 当然ファクトリーへ直行するよね。

ただでさえ判定がクソデカイサイコキネシスが、ボスクラスの大型になったらどうなるんだよ、という怖さもあるにはあったが、

 そう易々と出会えないのはしょうがない。

ファクトリーでは奇跡的に、

 わずか10分で3回のレアボスエフェクトが発生したが!

 全てデオキシス・・・。

2時間に1回しかエフェクトが出ないこともあった自分としては、まぁかなり嬉しかったりもしたのだけど、ともかく今回はこれで一旦終了。

 なかなかに面白い。

アルセウスマラソンは「出会えても倒せないかも知れないくらい強い」んだけど、それでも倒せたらそれはほぼそのまま集めたポケモンの数が底上げされる。
※まだ17種のうち5種ゲットだからね。
当然そこには通り名付の可能性もあり、

 コース周回
 →エフェクトゲート(レアボス確定)→割と嬉しい
  →アルセウス確定→まぁまぁ嬉しい
   →アルセウス撃破→かなりホッとする
    →通り名抽選→ギアエフェクトが出るとそれだけでちょっと嬉しい。
          →細かいギアだとかなり嬉しい
     →使える通り名だと超嬉しい
      →持ってない属性だと普通に嬉しい

これだけの嬉しいチャンスが重なっているのだ。まぁレックウザが出るとその時点でかなりガックリくるし、倒せないと死ぬほど凹むし、通り名なしだとため息が出るし、使えない通り名でも軽くへたれるし、まぁ属性に関してはまだかぶったことがないけど。

ともかく、AKB48のオールナイトニッポンを聴きながら周回するにはちょうどいい。っていうか、

 ラジオが面白くて緊張感を欠いた状態でのアルセウス戦に負けたときは、ホント泣きたくなったけどね。

アルセウス戦が始まったらラジオは消した方がいいかもって思った。マジ思った。深く反省した。

まぁコンプまでは無理でも、ミュウツーまではゲットしたいよな。っていうか、

 普通に面白い。っていうか、なんだかんだ言って面白かった。

★★★程度と言ってしまえばそれまでだけど、価格分以上は楽しませてもらったな。
※本音言うと東京ゲームショウとかに持って行ってすれ違い120人をクリアしちゃいたいけどね。

・・・

継続してプレイし、ひとつ大きなことがわかった。

 どうやら抽選は「レックウザかアルセウス」でまず1:1で行われ、アルセウスだった場合そこから17択の抽選が行われるっぽい・・・。

要するに、前々回「18分の1」と書いたのは、「34分の1」の誤りで、同じ公式に当てはめると、

 全部揃えるのに140回のレアボスエンカウントが必要・・・

5%だとしても2800周・・・。遠い。あまりにも遠い・・・。

でも昨日だけでミュウツー
※超弱かった。つか自キャラとして使っても弱かった。ガックシ。
レックウザ×4、アルセウスゴースト(かぶり)、アルセウスでんき、アルセウス水をゲットしてるんだよね。
※ほかについで周回でビリジオン1匹も。
とりあえず180周くらいはやってるわけで、

 1日200周って考えれば2週間。現実味のある数字かなって気もする。

在りし日のPSOのレアアイテムが「2000時間やっても手に入らない」くらいと言われていたことを思えば、

 がんばれば何とかなるレベルかな、って感じ。

ちなみに1周に必要な時間を計ってみたらおよそ40秒ほどだった。
※4つのエリアを廻る標準的なマップで。
加えて昨日は「快速テッカニン」も手に入れたし、
※試してみたらストライクよりガンガン速くてビックリ。
ざっくり30秒で周回できると思えば、正味2時間ほどで200周出来る。
※ボス戦時間込みで。

ともかく、一番重要なモチベーションが切れない限りは続けられてしまうのが実情。よもやコンプリートまでやりきれるとは自分自身思ってないけどさ。

・・・

本家ポケモンやカードゲームなんかだと結構顕著なんだけど、やっぱ1匹のウェイトが高い、力押しでクリア出来てしまうと、弱いメンツの価値が極端に下がっちゃうよね。昨日も久々にスピアーを倒したら「ノックアウト+」が出たので、おもむろに気合いだめとダブルニードルを覚えさせ、ハンターに仕立て上げてみたのだけど、

 防御力が弱すぎてほとんど実用にならない。

かなりの確率でピヨらせることが出来る反面、ショットの幅の狭さがグループ掃討に不向きで、雑魚の集団が全然減らない。

ゴッドバードや流星群など、強いと目されるワザでも、一番最初のマップに出てくる最弱の雑魚
※こいつだけはワールドランクが上がっても初期値のまま。
で試し撃ちしてみると、それほどダメージが出ないことも多い。現時点でダメージ50万オーバーを確認出来ているのは、

・むこうみずギラティナ:シャドーダイブ
・じめんアップ、アタックドリュウズ:つめとぎあなをほる

この二つだけ。これ以外はなかなか40万の壁が越えられず、意外と「弱い」なぁと思ったりする。ミュウツーとか三桁だし。まぁアルセウスの裁きのつぶては1発あたり11万オーバーだったから合計すればかなり強いけど。
※レシラムのクロスフレイムなんかはダメージこそ30万超えでショットタイプでは一番高い反面多数を相手にしたときの弱さ、1発の硬直の長さで結局使い物にならない。

対象がミネズミだから格闘属性の強いワザに通り名とか攻撃力UP系のワザを合わせるのがなんだかんだ言って一番ダメージが伸しそうだけどね。

|

« モンハン4ほか | トップページ | つれづれなるままに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/52695807

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーポケモンスクランブル~その14~:

« モンハン4ほか | トップページ | つれづれなるままに・・・ »