« ダークソウル~その13~ | トップページ | AKB1/48アイドルとグアムで恋したら~その2~ »

2011年10月 6日 (木)

AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら~その1~

※本日三つ目。まだ終わらないかも。

購入前のテンションは上がったり下がったりでしたが、いざ当日を迎えるとこれが結構なレベルで楽しみであり、店頭には15分前に到着。AKBの音楽を聴きながら開店を待つ。

こないだも書いたけど、まずは「誰の写真が入っているか」。店頭には別の豪華なパッケージも並んでいたが、僕が買うのは生写真1枚入りの通常版。事と次第によっちゃゲームに対するモチベーションもかなり変わってくると言うもの。果たして。

相変わらず開けづらいビニールを破り、「いきなり写真が入ってないよな?」とビクビクしながら開くと、

 説明書&その後ろに黄緑色のフチが。

「これが写真か!」

ドキドキする。これだけでも買った甲斐があるとすら思う。っていうか昨日は朝(もはや昨日じゃない)5時過ぎまでダークソウルをプレイしていたので正直眠い。

おそるおそる説明書をズラしていくと、、、

 前 田 敦 子 !!!!!!!

マジか!っていうか死ぬのかオレ。一瞬ビックリしすぎてハンドル取られそうになった。っていうか地味メンが来るんだろうなぁと、W鈴木とか米ちゃんとか来るんだろうなぁと、なかやんは映り次第ではそんなに凹まないぞ、といろんなことを考えて開封に臨んだわけですよ。メンバーそれぞれに歴史があり、思うところがあってがんばってるんだから、こんなことでつばを吐き捨てるようなことを言っちゃダメだと、誰が出ても暖かく迎えてあげなきゃだぞと、いろんなことを考えて覚悟を決めて開けたわけですよ。はーちゃんだったら結構嬉しいな、とか。ゆったんだったらこないだコメントくれたゆみさんにあげようかな、とか。

 そしたらあっちゃんだって!?

動揺を隠しきれない。っていうか待て待て待て待て!!

 ・・・これってもしかしてもしかすると、「全員前田敦子?」

「生写真1枚入り」のシールがさも「みんなコレだけどね」と語っているようにすら見えてきます。ああぬか喜びか、と。エビカツのCDと同じで、全員同じ生写真入りなのか、と。全員写真じゃないだけでみんなあっちゃんかと。まぁ無難だしねと。

 でも優子やゆきりんのファンだって相当数いるぜ!?二人足したらあっちゃん超えるわけだし。

不安で仕方なくなったワタクシは、思わず説明書の巻末をめくり、バンダイナムコゲームズに直に聞いてみた!

「本日発売されたAKB1/48なんですけど、中に入ってる写真って通常版もランダムなんですかね?」

「少々お待ちください・・・はい。そのようになっております」

おおっーーーーー!!!マジだった!マジであっちゃん来た!

疑り深いなぁオレも。そんなだからハゲるんだよ腹が出るんだよ人生の落伍者ってみんなから言われてる気になるんだよ。

 いや待てよ、、、

 もしかして「全員あっちゃんではないにしても、あっちゃんが圧倒的に多い」ってことはあるのでは?

すぐさまTEL。

「・・・お調べしますので少々お待ちください・・・現在当社ではそちらの情報を開示しておりません」

ぎゃふん。そっかぁまぁそうかもな~。でもいいや。

 少なくとも悪くない。

こないだ書いたメンバーよりは私的愛情は下がるかも知れないけど、優子か敦子かと言われたら僕は完全に敦子派。いやいやこれだけで楽しませて貰いましたよ(^^!

ゲームを起動すると、最初のゲーム紹介のナレーションが流れてくる。一瞬でそれがあっちゃんの声だとわかる。

 「そう言えば前作ではそんなの全然ピンと来なかったっけな・・」

ひとつひとつが感慨深い。

ゲームが立ち上がると、右上に曲名が表示された。

 「抱きしめちゃいけない!!!」

もうひとつひとつに感動できる。スゲェなオレ。よくここまで教育されてきたものだと我ながら感心する。

 ・・・とここまでで一旦このブログを書き始める。

プレイを進めるか、もしくは昨日の続きのダークソウルをプレイするか、いやいや一旦昼寝(まだ11時前だけど)するか。

続きはのちほど。

|

« ダークソウル~その13~ | トップページ | AKB1/48アイドルとグアムで恋したら~その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/52921808

この記事へのトラックバック一覧です: AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら~その1~:

« ダークソウル~その13~ | トップページ | AKB1/48アイドルとグアムで恋したら~その2~ »