« 時間を長くする方法 | トップページ | ゼルダの伝説スカイウォードソード~その1~ »

2011年11月24日 (木)

ダークソウル~セカンドその5~

いつも長いダクソブログですが、今日は短いです。なぜなら、

 あんましやってないから。

でも一日分というか、日をまたいじゃうとガンガン忘れちゃうので、書いておく次第。つか友人Tが「面白いよ」と言ってくれたので気をよくしました(^^。まぁひとりでも楽しんでくれる人がいると思うと心強い。つかファーストプレイならともかく、セカンドプレイってアータ・・・どこまで自己満足なんだよって感じですけど。

場所は黒い森。手元にソウルが13万くらいあったので、キリの良いところまで上げてから、と軽くマラソン。一体何体の盗賊たちを狩ったのか、、、。でも割と飽きない。

手持ちソウルが2000ほどになったので地下墓地へ、、、

●地下墓地

 気を抜いたプレイなので、「地上墓地」にあるアイテムも一切取ってなかった。つかツヴァイヘンダーって変だよな。改めて言う話でもないけど。ツヴァイハンダーって印象のが強いんですけど。正しくは「ヘンダー」なの?

太陽虫をかぶっているので、前回の煩わしい明かり点けの手間がなく、異常に快適。でもリポップしない敵がやっぱ怖い。ネクロマンサーがどこにいたのかなんて、

 覚えてるわけがないもの。

だから復活するスケルトンがいるたびに周囲を念入りに索敵し、、、ってそう簡単に見つからないから嫌らしいんだけどな。まぁ頭蓋ランタンくれたから許すけど。つか、

 アストラの直剣、もっと育てておけば良かった。

もうお金で買える状態なわけだし。っていうか、

 ここでしか使用場所がないんだから。ここまで育ててこなくてどうするって感じだけどな。

とりあえずニトを倒す気がない=もう一度来ることも、、、

 その時には既にネクロマンサーがいなくなってる=スケルトンが復活しない事実。

ギャフン。人生ってそういうもの。

マップの中のスイッチとかもスッキリ忘れ去ってはいたものの、難度そのものは暗さとネクロで底上げされてるだけで実際はそれほどでもない。まぁ知っていれば余裕になる点では比較的(前半は)気楽なものだけどね。

途中「上手く落ちないと取れない」宝があるんだけど、前回スゲェ苦労したので、

 あっさりパス。

まぁそう大したモンじゃなかったと思うし。こういうのをスルー出来る辺り、

 セカンドは気が楽。

ちなみにご存じの方も多いと思うけど、自分はほとんど2周目をしない。1周目で精根尽き果てるまでがんばって、ソレで結構満足しちゃうタイプなので、ホントこうして2人目をやってること自体珍しいのだけど、

 まぁそれだけダークソウルが面白く、かつ二人目が魅力的だったって話。

閑話休題。

最初のボスの三人羽織は、

 ビックリするほど弱かった!

体感では、

 2回しか斬ってない気がするっ!<実話

「ああ3体だから1体1体は弱いのかな」

と思いきや、そいつが最初で最後の恋だった!なんかちょっと幸せな気分になった!

後半は本来なら真っ暗なんだけど、太陽虫のおかげでメチャ楽。例えて言うなら、真っ暗な部屋と灯りの付いた部屋くらいの差がある。いやこれはホントいい例え。のらりくらりと歩みを進めていく。そう言えば今思いだしたけど、ビッグスケルトン愛称ビッグの助がいっぱい出るエリア、行きそびれちゃったな。今度行ったとき覚えてたら寄ってこよう。もちろん覚えてないだろうがなっ!

で、おもむろに「知ってるから」隠し扉、、、というか壁を壊し、先に骨柱や姫の従者を倒す。いわゆる先手を打っておくってヤツ。つかこの状況で姫が無事なのが理解出来ないと思いつつ、なんか特殊な魔法使ってるんだろうな、とも思ったり。バスタードにおけるヨーコさん的な!?

上に戻るとパッチがいたので、何も考えずに話をし、突き落とされた。ちなみにこのとき階下には三つのアイテムが見えるわけだけど、コレ、

 さっき取ったのに光ってる不思議。

でも落とされたらやっぱもう取ったあとなので光ってない。つーことはアレは動画?まぁいいけど。

戻るとパッチがウダウダ言ってる。ここも面倒なので適当に答えたら、

 あっさり戦闘になってついつい殺しちゃった。

あーもうパッチを殺すのはこりごりだったはずなのにな~。またやっちまったし。漢字で言うと「殺っちまった」し。でも気にしない。なぜならセカンドプレイだから。細かなことは気にしないというか、

 一番気にしてた飛竜の剣と二番目に気にしてたクラーナは既に消化済み

あと居合い刀も取ったし、懸案事項は何にもないのだ。これ本当。

そしてついに犬と対峙。

前回は最終的に結晶輪の盾一撃で倒せてた、、、ような気がするので、ガチで戦うのはホントに怖い。っていうか、

 防御力重視の装備ですら、ヤツの「ガツ、ガツ、ガッツン」の攻撃で一気に瀕死になれる。

イヤホントに怖いです。結局最終的には、

 リーチギリからコンポボウ+大きな矢→すぐにクラーグの魔剣両手持ちで2撃

というパターンが比較的安定。でもそうも行かないところもあったりするわけで、、、辛いところです。

途中弓ガイコツが出てくるところで、

 完全に忘れ去っていた、っていうか会ってなお「はぁ?そんなヤツいたっけ」とクラスメートみんなから否定され、「え?絶対いたって!だって俺そいつと一緒に肝試しししてちょっとドキドキしたもん」、「ったくクリスはすぐ作るからなぁ」「いやいやマジだって」、、、いらない?あそう。

 黒騎士(斧槍版)登場。

何つかね、体力があると油断する。あと少しで倒せそうってところで、いつもなら満タンにしとかないと安心出来ない体力に意識が飛ばなくなっちゃう。

 ええ死にましたとも。

なんつか結構悔しいもんだね。キャラがそこそこ育ってると余計に。

でもですね、前回スゲェ落ちまくった「銀の指輪」を取る為のダイブ、

 一発KO!

いやKOじゃやられちゃったみたいだから。意味が伝わりにくいボケしなくていいから。要するに一回で成功したって言いたかったわけですよ。ええ・・・今日スゲェ寒かったな。っていうかこれがアップされる頃にはもう春なのかな?・・・だからわかりにくいボケをするなクリスよ。

でもせっかくなのでもう少し歩みを進め、人間性を稼ぐ事にする。

 つか水子の人間性、ドロップ率下がってねぇ?

ちゃんと410でやってるのに、全然集まらないっていうか、スゲェ時間掛かったし。つかこれだったらネズミと戯れてた方が楽しいかもってくらい。まぁ時間は掛かるけど。

 開封済み20と手持ち99まで集めてこの場を後にする。

ちなみに20まで上げたのは、

・祭祀場
・アノールロンド
・病み村最下層(姫のところじゃない方)
・アルトリウスの扉の横
・不死城下街

この辺りをエスト瓶20にする為。まぁ割とよく利用するところってことで。

で、戻ってきてすることと言えば、

 そう、貪食者の烙印&もだえる美女の指輪をしてソウル稼ぎ。

いや、そんな指輪はない。「ひからびたカエルの指輪」だったかな。それとも「物欲しそうなジジイの指輪」?いやいや「紙の切れたトイレに駆け込んだ男の指輪」だったかも。

 取得ソウルが1.2倍×1.2倍で、1.44倍になる。

4人倒して7000だったソウルが、10080に!これは美味しい!ちなみに、この位の数値になったことでもう一つ愉快なモチベーターが発覚。

ダークソウルでは、敵を倒して手に入れたソウルは、右下に「+2000」とか表示され、その後、所持ソウルに加算されるのだけど、その加算されてる間に他の敵を倒すと、そのプラス部分が増え、「+4000」とかになったりする。一応多ければ多いほど、加算時間が掛かる(たぶん)ので、上手く立て続けに敵を倒せると、結構な数値が表示されたりする。

 もちろん特殊なボーナスがあるわけじゃない。

ただ、魔法使い→忍者→僧侶→山賊のコンボが、もし繋げられるなら繋げたいという気になってくる。

このモチベーターの上手いところは、「がんばればがんばるほど効率が上がる」点。とにかく無駄なく早く繋げて倒さないといけないので、当然武器はクラーグの魔剣であり、かつ人間性もいくつか開封してなければならない。絶妙かつ流麗な立ち回りで次々と倒してコンボを繋げていく。正直最初は全然だったのが、なんとか3体目までで+8640の表示を確認。山賊への距離も近い!

 行けるっ!

既に手持ちが30万超えてましたから、それはもう結構な周回をしてるわけなのだけど、実際8640を確認したのは過去に1度だけ。その時は山賊から遠くて、繋げるのは絶対無理だったのだけど、今回は行けそうな気がする(死語)。

 1、2、、

山賊は他の奴らと違って3回攻撃をヒットさせないと倒せない。2度のコンボが気持ちよく繋がり、行けた!、、、と思ったのだが、

 サクッと逃げられ、タイムオーバー・・・

夢にまで見た10080は、夢のままで終わった・・・<つかそんなに気合い入れるほどでもないんだけどな。実際は。

ただこれが結構なモチベーターになるのも事実で、まぁ良く出来てるな、と。さすがやな、と。2周目は敵が強くなるけど、その分貰える経験値も増えるわけで、ホント、良く出来てるなと思った次第。つかこれ、ウチのブログ読者様で4コンボ繋げた人っているのかしら。ちょっぴり気になります。

・・・

今日は短めでしたね。実際のところ地下墓地くらいしか行ってないわけで、内容的にも薄かった。でもなんだろ、

 割と楽しかった気がするのは僕だけ?

さほどでもないというコメントを押し殺しつつ昨日に引き続き▲▲を付けておきましょう。

明日は大木のうつろや本棚辺りを進めようか、それとも地味にマラソンか。

|

« 時間を長くする方法 | トップページ | ゼルダの伝説スカイウォードソード~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/53302337

この記事へのトラックバック一覧です: ダークソウル~セカンドその5~:

« 時間を長くする方法 | トップページ | ゼルダの伝説スカイウォードソード~その1~ »