« モンハントライG~その5~ | トップページ | クリスアワード2011 »

2011年12月25日 (日)

キック・アス

スーパーヒーローを題材にしていて僕がまだ見ていない作品はたくさんある。ゴーストライダー、マイティ・ソー、X-MENファーストジェネレーションもそうだし、グリーン・ホーネット、キャプテンアメリカ、エクスペンダブルズもそうと言えばそう。キック・アスもその中の一本で、ともすれば一生このまま見ることなく終わる作品になる可能性も多分にはらんでいたのだが、たまたま聞いた丁度一年前の伊集院の深夜の馬鹿力にて、

 めちゃめちゃ面白かった

と言われているのを聞き、急に見たくなって借りてきた。

主人公は「特技は女の子から見えない」というオタクの青年。オタクと言ってもゲームオタクでもアニメオタクでもマンガオタクでもなく、もっと言うと

 ヒーローオタクでもない。

厳密にはオタクと言うにはあまりにも知識が乏しく、情けなく、カッコ悪いヤツなのだが、実力も努力もしないくせして、正義感だけはかろうじてある。「なんでみんなスーパーヒーローにならないんだろ」と真顔で友人に疑問を投げかけるかなり痛いヤツなのだが、持ち前の痛さを武器に、

 ウェットスーツとマスクで正義の味方を気取ってしまう。

でもって、

 コテンパンに痛い目を見た挙げ句、車に轢かれて「末端の痛覚を無くす」ほどの手術を受ける。

おおそれなら無敵のヒーローか!?というとそうではなく、単に「多少痛みに強くなっただけ」で、別段筋肉もさほどでもないし、性格的にはむしろ当初より後ろ向きになってしまっていたのだが、たまたまリンチされてた人にそのなけなしの勇気を発揮した結果、

 それがたまたま動画に撮られ、アップされ、大人気になってしまう。

まぁ実績も実力もろくにないので、その動画一本で、ということで、かつ小市民の性格なのでそれ以降も我が物顔で町を歩いたりもしないわけなのだけど、

 のらりくらりと片想いの君に話しかけて貰えるチャンスを得る。

細かく書くと、、、まぁその一件で「みんなには恥ずかしいスーツを着ていたことをナイショにして」という流れが、「暴漢に裸にされていた→ゲイである」となり、その子がゲイの人なら安心して話が出来るという流れに繋がり、、、っていうか、

 この彼女がかなりカワイイので、もうその時点で結構満足度が高い。

飛び抜けて輝きを放ってるミーガン・フォックスやジェシカ・ビールのようではないのだが、アイアムナンバー4の時に出てきた子くらいはかわいい。ゾンビランドの子くらいはかわいい。見ていてイヤな気持ちになることはないくらいはかわいい。

だが、あくまでゲイだと思ってるわけで、そう簡単にこの恋は実らない、、、かと思いきや、

 結構簡単に実ってしまう。

 「だがそれがイイ」

結構熱烈なラブシーンもあるし、
※ただしおっぱいは出ない。
主人公も、マスクだけはそれほど悪くないので、
※「魔法使いの弟子」の主人公と同レベル。ゾンビランドの主人公よりはカッコイイ。
メインの主人公キック・アスの周辺だけでも、そこそこ見ることが出来る。

 が、

本当に重要なのは彼ではなく、脇役として登場する、「ヒットガール」。齢11歳のクロエ・グレース・モレッツちゃん演じる、ホントのスーパーガールこそが、今作の影の主役。であり、キック・アスを見ると言うことはすなわち彼女を見ることに等しいほどの殺陣を見せてくれる。

役柄ではニッキーの娘役であり、彼の復讐を親子共々果たす、結構ヘヴィな役所ではあるのだが、11歳ということで基本キュート。ブロンズ&ブルネットで、正直ピーク時のダコタ・ファニングやエマ・ワトソンと比べるとさすがにオーラはないが、いやいやどうして、

 よく出来てる。

誕生日プレゼントにバタフライナイフを大喜びで貰い、300万ドルもする「秘密兵器」をニッキーと一緒に喜々としてポチる。重火器の扱いだけでなく、身体能力もバットマン並に鍛えているし、
※11歳なのでプロポーションはロリまっしぐらだが、それはそれでニーズはあるだろう。
伊集院をして「萌えってのはわからないけど、たぶんこれは萌えだろう」と言わしめたほどのキャラ。

映画を全編通してみると、結構残酷な殺害シーンが多いし、主人公に溜飲が下がる場面も少ないのだが、ピーター・パーカーみたいに調子に乗ったりしないし、けなげでピュアな性格は日本人向けであるとも言える。

ぶっちゃけ主人公以上に悪役のマフィアのボスの方が画面には映ってるし、ニッキーもほとんど活躍の場がないのだけど、ラストは気持ちよく盛り上がれるし、やっぱりヒロインとハッピーエンドなのも僕的には大満足。正直殺しのパートが残酷過ぎるとも思ったけど、変更依頼にめげず監督が自主制作したというエピソード(ウィキペ)を読んでしまった以上、受け入れざるを得ないとも思った。

クリスの評価は全部ひっくるめて★★★だけど、人によってはそれ以上にもそれ以下にもなる作品。とりあえず「非モテ夫が超絶美人とイイ仲になる」話は、それだけで結構満足出来ちゃうのだ。クロエもイカスしね。

|

« モンハントライG~その5~ | トップページ | クリスアワード2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/53553230

この記事へのトラックバック一覧です: キック・アス:

« モンハントライG~その5~ | トップページ | クリスアワード2011 »