« 電波人間のRPG~その3~ | トップページ | 古本屋 »

2012年2月17日 (金)

電波人間のRPG~その4~

よもやの連投電人ネタ。でもこれが天才山名学のゲームだとわかったら、全然恥ずかしくなくなった。

 ファミコン~スーファミのドラクエ世代はぜひやるべき。

3DSを持っていれば、たぶん店頭とかでダウンロード出来るんでしょ?無線LAN環境とクレジットカードがあれば自宅ですぐダウンロードして買うことが出来る。800円なのにボリュームも凄くあるし、マシンボイスのキレ、ほとんど同じセリフがないキャラクターのテキスト、
※これももしかしたら天才の力なのかも。テキストをある程度自動育成してる?いやマジで。
あらためて気付いたことだけど、

 漢字にはルビが振ってあるし、ほとんどの画面でタッチペンでも操作可能。

そうなんだよ、タッチ操作は、「それも出来る」が正解で、「それでしか出来ない」は何にも偉くないんだよ。

 さすが天才。わかってる。

っていうか、この天才の凄いところは、ドラクエみたいに「売れるとわかってるソフト」じゃなく、かつフルプライスでもないこんなささやかなタイトルで、きっちり出来る限りのことをしている点。伊達に任天堂から資本協力されてるだけのことはある。

 メチャメチャ売れて欲しい。

ああでもドラクエのテンプレートがあると思うと、いろんなところに合点がいくな~。AIの出来だとか、画面切り替えの(特にメニュー関連)テンポだとか、ダンジョンのマップ構造だとか(自動育成ダンジョンにしそうなのにしなかったところとか)、キャラの移動速度とか、ラスボスの「仲間になれ」選択肢とか、、、ユーザーフレンドリー、配慮の塊のように見えてくる。

 あと、ポケモンのDNAも明らかに生きてる。

属性の重要度、どんどん集められるメンバー、基本変えられないワザ、他のプレイヤーとのやりとり等々。

 これ作るの時間掛かっただろうなぁって思う。

※まぁいくつかのバグはあるみたいだけど、、、。

ちなみに今回ひとつ実験してみたことがある。

 自分で自分のキャラのQRコードを使うとどうなるか。

ゲームが進むとQRコードから他の人のキャラを持ってくることが出来るようになるんだけど、
※タダで。だけどレベルは1からに。QRコードはキャラ別メニューから表示可能。
それをVitaで撮って、その子と別れて、で、読み込んでみたら、、、

 レベル1の同じ名前の子が仲間になった。

で、

 別れた子と再会するコマンドでも普通に選択肢にある。

QRの子は以前パーティにいたとしても、「よその子」扱いになるみたい。ただ、逆に言えば、同じ名前の同じ魔法を使う子を量産出来る?かも知れないので、
※同じメンバーが複数パーティイン出来るかは未確認。
どうしても「ぜったいおたから」持ちが7人欲しい。でも他の人のキャラは使いたくない、という人は、試してみてもいいかも知れないな。

・・・

現在は自力でゲットした3人の「ぜったいおたから」持ちを使って、アンテナパワーや服をゲットするために、弱いエリアでマラソン中。闇の遺跡クリア後に行ける火山に、1万円で売れるスカーフを簡単にドロップしてくれる敵がいるのだけど、そこにいくまで、そいつと戦うまでが辛そう&あまりに簡単に大金持ちになることに抵抗があったので、

 79800円の確実に逃げられる装備までは自力で貯めました。

まぁこれで勝手にみそぎが済んだってことにして、数回ドラゴンフライから文字通りおたからをゲット&売却。いつでもお金稼ぎが出来るとなれば、逆に敵から貰えるお金が倍になるアイテムとかを無理に買う必要もなくなり、精神的に余裕が生まれたりもするのだけど、でも一方では「お金だけでは強くなれない」という命題もあるわけで、

 どうやったら効率よくパーティを強化出来るか思案中というところ。

ただ、最終的にMPの回復手段がアンテナパワーしかないということになると、ボス戦中切らさずに無敵を継続するためには、何としても、、、ん?

 アンテナパワーを集める→戦闘中にMP回復→みんなむてきを使い放題

これって、

 1コ3500円の「無敵バリア」を使い放題

と同じことでは???

 お金で何とかなるんじゃん!
 ※なんかイヤな表現だなぁ(^^;

レベルはメタルスライム系の敵を倒すのが何と言ってもドラクエの基本。その為にはクリティカルの出る装備や全員を興奮状態にするアイテムか。いやいやそもそも普通の雑魚に苦戦しないように、それぞれのマップに最適化されたメンバーの選定が重要だろう。コレまでと違って1属性にだけ特化すればいいわけじゃないし。っていうか、

 そもそも攻撃力が上がる服が一着もないというのはどうか。

やはりまずは、ぜったいおたからを使って服集めだな。あと速度に差があるから、誤って倒しちゃわないようにダメージ2の腕輪を(一番遅い絶宝持ち以外の)人数分確保か。

つか今試したら同じ名前のキャラは複数パーティには入らない模様。

あと、

Wikiに載ってたしゃくねつ火山のラッシュボウからはぜったいおたからを使っても何も貰えないんだけど、コレってバグなのかなぁ。
※ほかの敵からは貰える。
※ちなみにWikiの質問掲示板にもアップした。
※ソフトハウスに電話してみようかな・・・。

--------

面白いゲームだけど、基本は「電波を拾ってキャラにする」という1アイデアをふくらませたものだから、続編を作るのは難しそう。どうしても雰囲気が似通ってしまって新鮮みがなくなっちゃうだろうから。
※パーティのメンバーを増やすわけにもいかないし(^^;

もし作るなら、「電波から拾う」エッセンスを武器とか道具とかにして、ハクスラ系アクションRPG「電波人間のアクションRPG」としてリリースして欲しいかな。自分のレベルとか状況次第で同じ電波からも何回かゲット出来るようにしたりとか?まぁ素人が天才に助言とかおこがましい限りなので、この辺は単なるつぶやきですけど。

過去いろんなハードでダウンロード専用ソフトがリリースされてきたと思うけど、電波人間のRPGはその中でもかなりクオリティの高い一本であるのは間違いないと思います。キャラの見た目にダサさを感じる向きもございましょうが、いざプレイしてみるとこれはこれで味がありますし、とにかく「据わりの良い」プレイしやすさは、「ポリゴンとかじゃなくて普通のドラクエみたいなRPGがやりたいのに~」という人に素直に訴求出来ると思います。
※ある面では「クリミナルガールズ」に近い。

 でも本音を言えば、あと700円高くなってもモンスターデザインが鳥山明先生だったらなぁって感じかな。そうすればもっとたくさんの注目を集められただろうし、このゲームの良さを知って貰いやすかったと思うもの。惜しいっ!

|

« 電波人間のRPG~その3~ | トップページ | 古本屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/53988500

この記事へのトラックバック一覧です: 電波人間のRPG~その4~:

« 電波人間のRPG~その3~ | トップページ | 古本屋 »