« 体験版数本 | トップページ | 100点の美味しさ »

2012年2月11日 (土)

3DS体験版~その1~

昨日の続きでいくつか遊んでみた。体験版ってのはプレイする側にしてみればタダで幾ばくかの時間を潰せる上に、迷っていたタイトルの強力なジャッジソース(<今適当に作った言葉)になり得る。僕がジジイになって好みに合わない物がどんどん増えている現状では、ほとんどのタイトルに辛辣なコメントを添えるコトになってしまうのだけど、、、。
いずれにせよ、360やPSP、3DSやPS3の体験版には感謝してます。つか体験版で結果を残せるようなごく一部のタイトルこそ今僕が求めている一筋の蜘蛛の糸なのかも知れないな~。

●リズム探偵R皇帝ナポレオンの遺産

開始早々に気付くことなのだけど、矢印が出てきてそれに即してタッチスクリーンをスライド入力する。だが、スライドには「開始と終わり」があるわけで、他の多くのリズムゲーみたいに「ジャスト」で入力する感覚がイマイチ不明瞭。特に表示される矢印にはそのマークを包むように周囲から円が迫る。マークとピッタリ重なったタイミングが、「矢印の入力開始」なのか「矢印の入力終わり」なのか「単なる制限時間なのか」がわからず、

 初プレイは2回成功させただけで失敗。

ここまで遊べないリズムゲームも初めてだなぁと思いつつ再度プレイしたところ、

 どうやらリズムもクソもないただ時間内に入力しさえすればいいみたい。

ただ、早すぎるのはダメみたいで、

 コレのどこが面白いのか全くわからない。

曲も知らない上にさほど名曲というわけでもなく、体験版とは言え、最初の一曲くらい掴める曲にして欲しかった。っていうか、

 このあとどんどん悪くなっていくのか!?

1面遊んでもうギブ。2度とやりたくない。金額評価では1円も払いたくないってとこかな。つか元々音ゲーがさほど好きじゃなくて、そこそこハマれたのが応援団とミクくらい(あと太鼓かな)。楽曲に馴染みがないところで成立させるのは至難の業だってことを痛感したよ。

●電波人間のRPG

昔はゲーム雑誌が唯一の情報源だったのに、最近ではネットとか、ゲーム機本体だけで、

 全く知らなかったゲームを知り、そして面白い1本を見つけることが出来てしまう。

 詳しくは後日。

●エースコンバットクロスファイア

3回しか遊べないと表示され、ちょっと緊張するが、

 1回撃墜された時点でゲームオーバーに逆にビックリ。
※ゲームを終了しなければ「1回」にならないかも知れないけど。

3D表示の空戦物というのを初めてプレイしたけど、割と悪くない。ただ、スライドパッドは押しっぱなし操作だと滑りやすく、パッドのみの操舵は簡単だけど何か物足りない。説明で「アタックマニューバは敵機の背後に回り込むマニューバです」ってのがあるんだけど、

 そもそもマニューバが何か教えてくれ!

って感じになった。エースコンバットも、やり込んでないにしても1~4くらいまで買ってる人間として、初めて出てきた単語。ああ頭の悪い人が作ってるんだなぁと思った。つかリッジにしてもこのエースコンバットにしても、

 最近のナムコに感心させられた記憶が全くない。

栄枯盛衰あなわびし。100円くらいなら買ってもいい。300円は出せない。

●メタルギアソリッドスネークイーター3D

僕がメタルギアシリーズを嫌ってるというのは、まぁ常連さんならご存じのことと思いますが、、、

 たぶん悪くないんだろうなぁと思った。

ロードが過去のROMソフト(ファミコン、スーファミ、セガマークIIIなども全て含む)の中でもトップ5に入るほど長いし、デモの時のフレームレートが15fpsくらいしかないんじゃないかってくらいカクカクだし、開始早々に出てきたワニを倒そうとして危うく返り討ちに遭いそうになったりもしたけど、、、

 たぶん好きな人から見たら、悪くないんだろうなぁと思った。

スニーキングミッションで、敵に見つからないようにしながら歩みを(匍匐前進を?)進めていくのだけど、昨今のシリーズタイトルの「いろは」がわからないから、素人が遊ぶモンハンみたいなもので、

 何をどうすれば正しいのかがわからない。

視界変更がABXYというのも不慣れだし、敵に見つかったあとどうすべきかもわからない。逃げるべきなのか、殺しちゃうべきなのか。そもそもRを押して出る三つの選択肢、ドクロは殺すんだってわかったけど、他の二つの意味&その結果どうなるのかもわからない。メタルギアはこう見えて、ちっともリアルじゃないから、
※「映画的」ではあるけど「リアリティ」は希薄。
一度見つかってもしばらく逃げてれば沈静化するんだよね。普通考えたら見つけ出すまではアラートが解除されたりしないと思うのだけど。

だから、最初に「見つかるなよ」と言われても、「じゃあ見つかったらゲームオーバーなの?」と思うだけで、何つか切迫感がないというか、ゲームオーバーになりたいわけじゃ絶対ないんだけど、

 要は小島秀夫と価値観が違うってことなんだろうなぁと

プレイする度に痛感する。嫌いならやらなきゃいいという人も多いとは思うけど、カプコンのバイオ、スクエニのFF同様、コナミのメタルギアは、言ってみれば看板タイトル。お金も時間も技術も注がれている「最先端」の一本だろうから、

 3DSの限界の一端は見せてくれるかな、と思って起動してしまう。

結果このロード時間とフレームレートなんだってことがわかったのが収穫であり、それ以上は別段やろうとも思わないかな。

-------

残りは4本。

●バイオハザードリベレーションズ
●NEWラブプラス
●シアトリズムファイナルファンタジー
●スーパーマリオ3D(娘の製品版)

でも、今日も途中からほとんど電波人間ばっかやってたので、続きはしばし先になってしまうかも知れないな。つか、

 電波人間、スゲェ面白れぇ。

でもオススメ出来る人はかなり限られるかな。詳しくは後日。

|

« 体験版数本 | トップページ | 100点の美味しさ »

コメント

こんにちは、クリスさん。
コメントしばらくしていなくてすみません。でも毎日読んでますよ!
会社のパソコンからコメント送るとマズイ事あるかなー?と。
ちはやふる、家族で読んでます。家族四人でよく百人一首やっているので。ましろのおとも持ってます。あひるの空、機会があれば読んでみて下さい。(うちは子供がバスケやってます)
クリスさんお薦めの生徒諸君は、古本屋を探し回って買いました。(お子さんが生徒会のくだりより)子供に読ませたら、同じ様な積極性が、出てきたようです。私はメンドクサイがさきにたち、関わってこなかったので。子供時代に読んでおきたかったです。
話がそれてましたが、電波人間買いました。娘に先にやらせてしまって、まだやっていません。楽しく進められているみたいです。私は未だにMH3Gです。今G級の中盤辺りです。初モンハンなので、スゲー面白い!過去のクリスさんのように、六年生の息子と友達と遊んでもらっています。こんだけやりこむと、MH4は飽きてしまうのでしょうか?
電波人間の記事楽しみに待ってます!
ではまた。


投稿: トミー | 2012年2月12日 (日) 17時15分

ちすトミーさん、クリスですども。最近は自己完結型の話が多くてコメントはしづらいだろうなぁと思いつつ、なんとか継続しております。毎日読んで下さってる方は、割と普通に書いてると思われるかも知れませんが、結構3日くらい休んだり、複数まとめて書いたりと、テンションにムラがあったりするんですよ(^^;。

ちはやふるは、勧めた友人にも共感してもらえてニヤリというところ。少女漫画ではありますが、ユニセックスな魅力があると思いますね。ドロドロしてないし、ギャグのキレも悪くないし。
※絵面は少女漫画寄りですが。

「あひるの空」、全然知りませんでした。今度探してみます。この流れからだとスポ根系なのかな。期待過剰にならないように気をつけます(^^;。つまらなくてバッサリ行っても落ち込まないで下さいね。

生徒諸君は自分が中学生の頃読んで本当に面白く、ある面で「理想の学校生活」だと思いました。影響があったというか、既にそこそこ近い環境だったので、むしろ共感したという感じだったかも。

今の子はなかなかああいった熱さに対して斜に構えるというか、距離を置きがちだと思うのですが、僕らくらいの世代の価値観だと、「絶対熱い方が楽しい」って思っちゃうんですよね。ちはやに関してもそうですが、鳥人間とかロボコンとか、どんな分野でも「真剣にみんなでひとつのことをやる」というのは、絶対得る物があると思います。積極性がマンガをきっかけに出てきたというのなら、勧めた身としてこれ以上ない光栄ですね(^^。
※ちなみに今も連載していますが、こちらはオススメするまでには至らないかも知れません。

電波人間は、中盤を過ぎ、敵が、というかボスがスゲェ強くて、序盤のヌルい展開がまるでウソのようなシビアさを呈してきましたが、一方で強力なメンバーを、

 公衆監視の痛みにもめげず、

電車での仕入れ移動中に大量ゲット。別れる時の言葉もなかなか含蓄がありますし、お子さんの独力では厳しいかと思われるところもありますので、ここはぜひお父様もご一緒にプレイして戴けたらなぁと思いますよ(^^。個人的には1500円~2000円の価値があるソフトだと思います。

>初モンハン

友人のnori君が「初代G」から始めて、あまりにシビアで過酷な状況を乗り越えつつ大きな達成感を得たのも価値があると思いますが、やはり今の時代それを普通の人に望むのは酷だろうとも思うんですよね。トライGは、ハードルを下げる配慮がこれでもかとされているので、誰の助力もなく(指南やアドバイスがないと、初代モンハンはあまりにもハードルが高かったのです)進めて、楽しむことが出来たのでしょう。

今は長男とほとんどやってないので、トミーさんも「環境があることに大きく感謝しつつ」楽しまれたらいいと思います。既に500時間くらい遊んでたりするのかな?
※パーティがデフォルトだと早く素材が集まり過ぎちゃう可能性もありますけどね。
※トライGからの4は、流れとしては最高ですよね。インターフェイスも変わらないし、絵的なクオリティも違和感がないだろうし。でも個人的には未だにPS3とかの大画面でのプレイに未練があったりもするんですよね。マルチのハードルは上がりますけど。

投稿: クリス | 2012年2月14日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/53945126

この記事へのトラックバック一覧です: 3DS体験版~その1~:

« 体験版数本 | トップページ | 100点の美味しさ »