« ちはやふる | トップページ | AKB今年も総選挙があるなら、、、 »

2012年2月 1日 (水)

つぶやき

肩が痛くて痛くて、マジツライ。息をするだけでもツライというか、寝るときもツライし、起きるときもツライ。っていうか、

 むしろ首の筋を違えたのと同時多発テロ。

首と肩は繋がってるんだなぁとシミジミ思いつつ、「共鳴」のように痛みが増幅する不思議。最近結構長めのブログを投下したり、普通に仕事でもキーボード打ってたりするし、
※仕入れとかチラシとかで。

ゲームはさほどやってないつもりなのだけど、数日前の「テラリア祭り」の影響が今になって出てきているのかも。

まぁあまりに痛みが引かないようなら、今度の休みに整形外科にでも行ってこようかなぁって感じ。っていうか、

 あと1日で痛みが引くとは到底思えないのだが。
 ※次の休みは明後日。

つーわけで、さほど大したことない話で本日お茶を濁させて頂きたい所存です。

●読者様より

このブログは、まぁ僕が書きたいことを書いているのだけど、やはりというか、当然というか、どのネタもみんなにフックするわけはないわけで、バブシカさんなどは、「唯一AKBネタは斜め読み」とおっしゃられ、仕入れ先で読んでくれているバイヤーは、「ゲームの話ばかりでつまらない」とAKBファンの人もいれば、「読んでるけど長すぎる」という人もチラリホラリ。まぁしょうがないわな。

 僕のブログにネタ全てにフックするとなると、そいつは大概オカシイヤツだとも思うもん。

まぁ情熱のほとばしりは誰にも押さえつけられないって話で。

●ちはやふる

一気に15巻まで読み倒して、かつその終わりが非常に「きり」のいいところだったので、肩は痛いが肩の荷は降りた。次の巻がしばらく先でも大丈夫そう。

思えばこの漫画は「柔道部物語」のようでも「帯をぎゅっとね」のようでもあったなぁと思った。5人でチームを組み、全国大会へ向かうというシチュエーションに幾ばくかの既視感を覚え、デブやチビやイケメンや美少女、変態、教師もいろんなキャラ付けがされている辺り、

 少年漫画の鉄板設定。

調べてみれば講談社漫画賞の少女マンガ部門や、「このマンガが凄い」でも女の子向けで結構な上位にランクされたり、

 やはり多くの人に支持されるだけのことはある

と思った。

今日も少し友人Tと話していたのだけど、テイストとしては「文系スポ根」として「とめはね!」に通じるものがある。だけど、とめはねがその世界観を重視する上で、説明的な文章を増やしたり、リアリティを求める上で「本物の書道家」を持ち出すことで、

 結果スピード感、グルーブ感が失われている事実。

「ちはや」の良いところは、「あくまでマンガであろうとする」ところ。ところどころで和歌の意味に触れる場面が確かにあるが、それはぶっちゃけ読まなくてもなんら問題無い。熱量のメリハリを演出する「ツール」であり、ディティールを深めるための情報ではない。

 だからノって行ける。

アニメの方が「誰が取ったか」がわかりやすくもあるけど、「静寂の中で音を聞く」空気感の表現では、漫画も全く負けてないと思う。ギリギリの勝負を描ききることは、実際非常に難しい。だから最後には読み手である僕らの想像力に助けを乞わざるを得ない。

 ちはやふるは、小説でもきっと面白いし楽しめる作品なんだろうなって思った。

●ハゲる夢をみた

まぁ実際かなり生え際が後退しているので、「夢でも何でもない」と言ってしまえばそれまでなのだが、ここにきて、

 常日頃気にしてることが夢に出るってのはホントなんだなぁ

ってシミジミ思ったって話。

ちなみに、最近というかここ10年?20年くらいかな?「夢の中でおねしょをする夢」を見ても、実際にはおねしょをしていない。っていうか、「20年くらい」って書いたことで、「21歳の頃にはおねしょしてたのか」ってことになってしまいそうなのでもう少しフォローしておくが、

 小学生のころは実際しちゃってた。

で、

 中学生のころは、わずかにしちゃってた。
 ※5ccとかそんなレベル。

違和感を感じて目が冷めたのが小学時代。瞬時に気付いてブレーキが掛かってたのが中学時代。今は、

 ヤバイと思って目が覚めて確認しても、濡れてない事実にむしろ驚く。

これ凄く不思議。全く同じ夢(のシチュエーション)で、結果だけ違う。決して尿道や膀胱の制御がより高性能になったとは思えないのに・・・。

タイトルとは全然違うけど、夢のことを考えるついでに「イメージ」のことにも少し触れる。

人間には想像力があり、創造力もある。ありもしないビジョンを脳内でがんばって構築し、あたかも経験してるかのごとく「体感」することは、まぁ「夢を見るのが得意な人」なら誰しも思い当たる節があると思う。でも、実際それは起きていても不可能じゃないんだろうなぁと最近思う。

エロいことを起きながらにして妄想するというのは、小学生のころから、いや、幼稚園のころから普通にやってきたが、それがエロに限らず、例えば空を飛ぶこと、例えば目の前のリモコンを念じて動かすこと。例えば美味しい物を食べている感覚、例えば見たことがない場所に行っている感覚・・・

強く想像していくと、それらはどんどんリアリティを増していく。映画監督とかはそういうスキルに長けてるんだろうなぁとも思うけど、それを極限まで突き詰めていくと、

 本当に体験「してなかった」とは思わないほどになる。

脳が浸食されるというか、記憶が上書きされるような感覚になる。さすがに「子供の頃空が飛べた」とはならないが、テレビに出ている実際には見たこともない食べ物の味が「思い出されたり」する。

 人生をもっと楽しめそうな気がする。

つかまぁこういうことが好きな人ってのは実際は驚くほどたくさんいて、そういう人の多くが小説やマンガを描いたりするんだろうなぁって思った。僕はスキルも情熱もないから、こうして毎日ダラダラと言いたいことをまとめずに書いてるだけだけど、それをもっと強く煮詰めていった先が、「傷物語」であったり「ちはやふる」になったりするんだろうな。

●真剣で私に恋しなさいS

そう言えば発売日を過ぎていたなぁと昨日思い出したのだけど、

 驚くほど欲しくならない。

肩が痛いのも一因かも知れないけど、つよきす3学期の時のイメージなのか、「焼き直し感」のあるタイトルに、自分のモチベが全て覆い尽くされてしまって、結局スルーしてしまった。

時間をおけばまた欲しくなるのかも知れないけど、まぁ中古でいいかなって気もしてきているんだよな。

●誕生日プレゼント

長男への誕生日プレゼントは、(たぶんここを見ていないだろうと思うから)USB3.0のメモリーにしようかと思っている。amazonで64GBが8354円。

 なんかちょっと笑っちゃう。

「64ギガバイト」のUSBメモリーだよ!?あっさりと書くけど、64GBってのは、640MBのCD100枚分もの容量だ。4.3GBのDVD約15枚分もの容量だ。25GBのブルーレイだって2枚入っちゃう。

 結構未来的な記憶媒体だ。

もちろんそんなものを使いたくなるほどの「持ち運びたくなるデータ」を長男は持っていない。持っているとしたらそれは、

 むしろ僕の方だ。

要するに、このプレゼントには、最近コミュニケーションが欠けていると感じる長男の部屋に、僕がおじゃまする口実作りみたいなもんなのだ。

 改めて書くとちょっと恥ずかしいけどな(^^;。

●小っさい携帯が気になっている。

http://jin115.com/archives/51839185.html

価格は新規で15000円くらいだっけな。重さは33gほどで、2時間しか通話出来ないが、

 国内通話無料プランが月額2730円ほどだという。

これが何とも魅力的。っていうか、携帯に掛けても固定電話に掛けても、この通話料でかけ放題なの?って気もするけど、

 これなら定額プランのスマホと2台持ちする気になる。

っていうか、アラームや電話帳は付いてるらしいし、僕みたいにそもそも携帯の利用が「アラーム」「通話」「電卓」あと音楽聞く、みたいな人間には、
※音楽や電卓はスマホで代用出来るだろうし。

 結構魅力的。

強いて言えばウィルコムという会社があまり魅力を感じさせないくらいか。

あとこれじゃないって選択だと、

・プラダフォン
http://japan.internet.com/allnet/20111220/6.html

ウィルコムとは真逆だけど、「持っていてみんながうらやましがりそう」なところに、大きく価値を見いだせる。価格は、、、よくわからないけど、新規で4万切るくらいだったと思う。
※週アス情報。
以前出てたプラダ携帯より全然安かった記憶があるけど、、、どうなんだろ。

まぁこっちは138gと重いから、ホントに「見せる為」って感じだけどさ。

●ネタ切れ・・・か!?

テラリアも一段落し、コレと言って継続してプレイするようなゲームがなく、アニメや牙狼を1回のネタとして上げるほど入り込んでもいないし、近々買う予定の物があるわけでもなく、、、

 意外とネタがない。

と言いつつ今日も200行以上書いているわけで、明日になれば明日になったで「書くことがないわけではない」
※生きてますからね、一応(^^;
とは思うのだが、

 個人的にはこないだのテラリア祭りのようなネタが欲しい。

グハーーーッって書きまくりたい感じ。つかゲームショウとかホビーフェアとか行きたい。なんか家にいてばかりだとカーペットと同化してく気がするよ・・・。

|

« ちはやふる | トップページ | AKB今年も総選挙があるなら、、、 »

コメント

>小っさい携帯が気になっている。

自分も、これ おおっ と思いました。
最近、スマートフォンよりも、
普通の携帯 + iPodTouchみたいなの + モバイルルーター の方が正解かな と思い出したもので。

自分の理想の携帯(スマフォじゃなく)は
これ http://spareonephone.com/ が一番近いです。
自分のモバイルガジェットの理想は乾電池で動く事なので。

(ただ、残念ながらこの電話、世界中で使えるのに、日本と韓国だけ使えません。)

投稿: nao | 2012年2月29日 (水) 23時32分

モバイルルーター、最近かなり出てきてますよね。携帯もテザリングのウェイトが高まってるというか、まぁ突き詰めていけば個人個人で正解は違うんでしょうけど、一旦全てが「携帯電話」に集まったものが、あらためて分断されたりするのかも知れません。基本の基本であったはずの「通話」ってのがメールやツイッターで、サブに回る。ポケベルは言い過ぎでも、文字通信だけできるガジェットとか。

ちなみに僕はVitaのタッチインターフェイスが未だに著しく嫌いなのですが、
※動画の早送りも出来ないし。
スマホのそうした「操作性の悪さ」みたいな面に関しても、本当の意味での洗練によって先祖返りする可能性もあるかなぁと思ったりします。ホントにみんながみんな「スマホにしてよかった」って思ってるとは到底思えないんですよね。

>電池携帯

これはこれで凄くシンプルですね(^^;。とりあえずアドレスが登録できなさそうなので(出来ても数件っぽい)、自分的にはないですけど。

投稿: クリス | 2012年3月 1日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/53865056

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき:

« ちはやふる | トップページ | AKB今年も総選挙があるなら、、、 »