« 小さな話題をいくつか(YOUKU保存とか) | トップページ | やっぱペヤング美味ぇ »

2012年4月 3日 (火)

はやぶさ

 面白かった!というか泣けた!泣けまくった!

僕が見たのは竹内結子と西田敏行のヤツ。なんかいっぱいあるみたいで、どれがどれだかわからないというか、ぶっちゃけ、

 どれも感動できるんだろうな

って気はするのだけど、いやいやどうして。

 まんまと感動してしまいましたよ。

今は主題歌である「たいせつな光」を聞きながら感想を書いてる次第。

「はやぶさ」は、まぁ皆さんご存じの、っていうか僕よりみんなのがよく知ってるんだろうね。世間のことにはめっぽう疎い僕ですら「小惑星イトカワに行って戻ってきた」程度の知識はあるわけですから。
※っていうかそれしかねぇのかよって話ですが。

映画は、そのエピソードを、それこそ打ち上げ前から帰還まできっちりフォローしていて、配役、映像、演出、まぁテンポに関してはドキュメンタリーベースの映画の常として、序盤ややスローペースかなと思わせましたが、

 最後にしっかり感動出来ちゃったので全て許す!

キャストも結構豪華で、竹内結子は、さすがとしか言いようがないいい演技。僕基準で「いい役者」というのは、みんなで映ったときにすぐその人に目が吸い寄せられる人で、アップになったとき間延びしない人。要はオーラがある人がいい役者ってことなんだけど、

 竹内結子。普通に合格。

人によっては好みとかあるでしょうけど、僕は大好きですね。抑えてるのにキャラが溢れちゃうような。
※でも気になった点も少々。つかこれは彼女が悪いんじゃないと思うんだけど、彼女のアパートで、常に「ベッドのある部屋の電気も点いてた」ことと、「自転車の鍵を掛けずに止めた」こと。前者はひとり暮らしの女性だったら、非常に考えにくい。特にそっちの電灯は黄色く、何か凄く不自然に見えた。今時白熱灯を、それもいない部屋に点けっぱなしにするか!?みたいな。2回映って2回とも点いてたし。後者も、それほど田舎ではないと思われる街で、
※東京じゃないかも知れないけど。
鍵掛けないとか、、、違和感。ほんの1.5秒あれば出来る場面だし、他で削れると思ったところもあったし。

役者はどれもピッタリ。メインの西田敏行&佐野史郎はもちろん、鶴見辰吾、筧利夫、まぁ高嶋政宏はちと暑苦し過ぎるきらいはあったけど、碑文谷教授がモブで出てきたときはニヤリ。怒らせたりはしませんでしたけど。

プロジェクトが平坦な道でなかったことは、ニュースやらなんやらで多少は知っていたつもりだったけど、こうして映像で紡いでくれるとそのリアリティがわかりやすくて、「感動しぃ」の自分にはとってもいい感じ。嫌なヤツはほとんど出てこないし、
※筧利夫の役回りが、ちとかわいそうだったけど>文部科学省で予算を捻出する役。ある意味板挟み。
なんつかみんなかっこいいんだよな。

 つか堤幸彦、やるじゃんって感じ。

まぁよく知らないんだけど。

見ていて思い出されたのは、堤幸彦作品でも竹内結子作品でもなく、西田敏行主演の「陽はまた昇る」。VHSビデオデッキを作り上げたスタッフの物語なんだけど、お金がないとか、逆境とか、トラブルとか、最後ハッピーエンドも含めて凄く似てた。もしこの「はやぶさ」が面白かった人は、見るといいと思うよ。

多少のフィクションは味付けに不可欠とも思うから、そこをとやかく言ったりはしない。逆にそれが気になる人にはオススメしにくいとすら思う。ドキュメンタリー半分、ドラマ半分くらいのさじ加減で、ゆったりと見るのがよろしいのではないでしょうかね。

っていうか見てる間に3回も電話が掛かってきて結構ゲンナリ。まぁ朝9時から見始める方も見始める方なのかも知れないけどさ。★★★☆。映画館で見てたらもう☆追加だっただろうな。藤原竜也の方もちょっと見てみたい感じ。

|

« 小さな話題をいくつか(YOUKU保存とか) | トップページ | やっぱペヤング美味ぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/54338470

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ:

« 小さな話題をいくつか(YOUKU保存とか) | トップページ | やっぱペヤング美味ぇ »