« 店のグラボを替えた | トップページ | スパロボの話 »

2012年4月12日 (木)

女子向けアプリゲー

今日自社のみゃお似の若い女子パートさん(23くらい)と少しだけゲームの話をした。彼氏や友達がマリカーやスマブラが「楽しくないなんておかしい」と言うのだけど、全然面白くないと。

ふむ。その気持ちはよくわかる。昔はわからなかったかも知れないが、最近は娘の嗜好を目の当たりにしてる分、いかに「ゲームというものが女子に対して訴求力を持たないか」を学んだ。

 「なめこのがまだ面白いよね」

 「そうそう、なめこのがマシ」

女子は、、、

・闘争心がない
・向上心がない
・根気がない
・見た目に左右される
・物覚えが悪い

 そして、

・そもそもゲームが好きじゃない

以前も書いた覚えがあるけど、「ゲーム好きな女子」と「ゲーム好きじゃない女子」の間には、埋められない大きな溝がある。具体的に言うと、前者はドラクエやFF、マリオカートやモンハンもプレイしうるが、後者はそれらに全く興味を示さないし、実際にプレイさせたところでまず面白いとは言わない。
※となりにいるメンズがイケてたりする場合は、空気を読んで「楽しいフリ」をするかも知れないが。

だから、若い女子にゲームを勧めるのは、

 幼児より中年よりジジババよりハードルが高い。

コンピュータゲームというものそのものがまだまだ新鮮みを帯び、友達とのコミュニケーションにおいてもアドバンテージがある幼児。若い頃はそれなりにゲームをし、今でもその時の熱量を忘れてない、、、と思いたい中年。話のタネを振ってくれたことを素直に喜び、この歳でも前向きでありたいと願うジジババよりも、

 あっさり折れるし、否定する。

逆に言えば、そんな「ゲームしない女子」を楽しませることが出来るようなゲームには、まだまだ市場が眠っているとも言えるし、携帯世代、スマホ世代から課金させるトリガーとして、将来性があるとも言える。ほとんど同じことを言っていることに気付いてないフリをするのが優しさだ。

さて、そんなことを考えながら200本近いアンドロイドアプリゲーをプレイしまくったクリスが選ぶ、「女子向けゲー」を今回ご紹介したいと思う。

 つかぶっちゃけそんなにない。

先ほど挙げた女子の特徴を裏返すと、

・闘争心がない←→勝ち負けがない
・向上心がない←→簡単である
・根気がない←→いつでもやめられるし、すぐに反応がある
・物覚えが悪い←→わかりやすい。というか「わかろうとしなくてもわかる」
・ゲームが好きじゃない←→ゲーム性が希薄

 そして、「色恋沙汰が好き」。

さあどうだろう。これら全ての条件を満たすゲームが果たしてあるだろうか。そう、何名かの読者様が口にしたかも知れない、

 「そんなのなめこの新しいヤツくらいしかないじゃん」

「恋のなめこ栽培キット」。初代も大概ベタ褒めしたつもりだが、やはりなめこは凄いタイトルだったのだ。あれほど「やる気がない人に続けさせる」ゲームは他にはない。だからなんか賞取ったりもしたし、熱烈なファンも生み出している。今でも新種をゲットすると娘に見せるのだが、

 結構な食いつきだ。

実際みゃお似のパートさん(以下みゃお2)も初代はそこそこやっていた模様で、グレードもいくつか上げたけど、結局すぐにカビるから止めちゃったと言っていた。

 さすが女子。飽きっぽさMP(マジパネぇ

ただ、それは完璧なゲームが存在しないと言ってるようなもの。最初のペースで同じように新種がどんどんアンロックされていれば、きっと彼女も続けていたに違いない。そこにはむしろ、

 大作ゲーム並の神がかったバランス取りが必要になってくるのだ。

あと運ね(超重要)。

さて、そんなわけでまずは「恋なめ」がオススメの筆頭となるが、他にはどんなタイトルが考えられるか。ここからは具体的なタイトルを挙げてオススメしてみる。ええもちろんウチのブログの読者様に「そういう女子」がいないのは百も承知ですよ!?

・DQNネームクイズ

 当て字や、完全に違う読みを付けた実在する子供の名前の読み仮名を当てるクイズゲーム。当たる必要はなく=勝ち負けはなく、ロマンチックな読みも多いので、結構女子向き。永続性は低い。

・ニンジャスイング

 とにかくシンプルで、見た目の惹きは低いが、わかりやすいルールと、リトライの速さで、子供よりむしろ大人にオススメ。無駄に熱い。

・HELP ME

 これもシンプルで結果がわかりやすい。特に「女の子を助ける」というシチュエーションが、サブリミナルに訴求力UP。ええもちろん飽きやすいので最初だけですけど。

・間違い探し

 紹介すると凄く「ダメな男」と思われる可能性がありつつも、最後の砦として女子でもそこそこプレイできてしまう定番中の定番。正直言うともう少し写真に気が利いてたらなぁとは思う。

・アハ体験

 間違い探しと同じようなタイプだが、実は大きな違いがある。間違い探しは基本ひとりでプレイするゲームだが、
※割と簡単なので。
アハ体験は、

 ふたりで寄り添いながらプレイ出来る。

じっくり体を寄せ合いながら画面を凝視するそのシチュエーションが、実はこのアハ体験の大きなアドバンテージなのだ。中には異常に難しいのもあるので、20問は決して少なくない。ひとりがわかった時点で「画面の下の方」とか「結構大きい変化」とかのヒントを出す側に女の子が回ることもあり、密かに優越感を刺激することが出来るのも悪くない。ひとりよりふたりで遊びたいね。

・パズルファミリー

 僕自身はさほどでもなかったのだけど、娘の食いつきは結構なものだったので、一応紹介しておく。いくつかゲームがあり、課金しなければ全てをアンロック出来ないが、タダで遊べるものだけでもそれなりにイケるハズ。つか具体的にどのミニゲームがオススメなのかも調べておいた方が良かったかも。

・おさいふ育成

 なめこと同系列ながら、テンポがなめこよりも早く、モチベーターがなめこより弱い。結果飽きるのも早いと思われるが、キャラもかわいいし、ルールもわかりやすいので、オススメ度は高い。

・漢字パズル

 ザッと表示された漢字の中から、一文字だけあるちょっと違う漢字を探してタッチするゲーム。シンプルなルールとわかりやすくささやかな達成感は女子向き。むしろ男子の方が楽しさを見いだしにくいタイプのゲームかも知れないな。

------

個人的にはトライアル系のゲームをオススメしたいところなのだけど、
※遊び方がわかると本当に面白いから。
いかんせん女子にバイクは相性最悪なのであっさり封印。

今回ご紹介したタイトルは、どれも「娘が2度以上起動したもの」ばかり。つけまつげにネイル茶髪な今時の女子でも、1、2本は「許して貰える」タイトルがあると期待する。

つかゲームしない人にゲームさせるのってそもそもムリがあるんだけどな。
※スポーツしない人にスポーツさせるようなもんだもん。

|

« 店のグラボを替えた | トップページ | スパロボの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/54440701

この記事へのトラックバック一覧です: 女子向けアプリゲー:

« 店のグラボを替えた | トップページ | スパロボの話 »