« オススメ映画 | トップページ | AKBなど »

2012年5月31日 (木)

昨日に引き続き書くことがない

フィジカル面での負担がそこそこ大きく、帰宅後もTVを見たり、まとめん読んだり、おもむろに昔買ったジュブナイルを見直したりして浪費。やっぱ山下達郎は映画のエンディングが似合う。あの柔らかな曲調と郷愁をさそう声。自分が永遠に少年のままかもって思うんだよな。きっと周りはどんどん僕を追い越して行ってるのに。

書くことがないから書くわけだけど、ウチのブログの常連さんってどのくらいいるんでしょうな。中には書き始めた当初から読んでくださってる方もいるかなぁと思う一方で、数年読んで止めちゃった人とか、割とつい最近読み始めた方もいるかも、とも思ったり。7年も書いてると、僕の感性も世間とは乖離していく気がするし、それと共に、ゲームなり映画なりの感想も「歪(いびつ)な」ものになっていってるんじゃないか、とも思う。あまり自分でテンションが上がらないようなことを、無理して摂取してもそうそう書く事なんてないだろうと思うんだよね。

 つか、クリス、ドラゴンズドグマのアンチコメ結構引きずってるな。

だってディアブロが3003で繋がらないんだもん。
※ERROR3003は、過負荷で入れない、みたいなことを読んだけど、ホントかどうかはわからない。

仕事もパートさんの一人がケガで長期休暇を余儀なくされてしまって、結果微妙に休みのローテが崩れがち。次の木曜も仕事になっちゃって、ドラクエモンスターズも微妙に先送り。っていうか、

 初日に買えなかったらもうほとんどいらないんだよね。

発売日に買えなくて、翌日とか翌々日に買ったゲームでいい印象のものってほとんどないし。っていうか、本気でどうでもよくなっちゃうんだよね。ブログウンヌン別にして。

そうそう、今日さんまと岡村のバラエティ番組で、「AかBどっち」みたいなのやってたんだけど、その中の質問に、

 「タイムマシンが出来たら、行ってみたいのは過去?それとも未来?」

ってのがあって、パネラー陣も一般アンケートも過去が多かった。過去の自分、もしくは親に、ひとこと言いたい、みたいな。

一緒に見ていた娘(中一)も過去と即答。「もし未来で、地球が滅んでたりしたら嫌だし」。そりゃそうだ。僕もそう思う。いきなり自分が死んでたりしたらマジ凹むし。自分以外でも自分に近い人がそういったトラブルに巻き込まれていても嫌だし。っていうか、
 明日をも知れぬ身だからね。人は誰も。

でも、もしその未来が、、、っていうか、この設問は条件を付ければ付けるほど答えの幅も広がっていくよなぁと漠然と考えてた。

例えば、「タイムマシンで行く」のは「帰ってこられるのか」。「自分はその時代にもいるのか」(過去も未来も生まれる前、死んだはるか後って可能性もあるし)。「当然だけど、生きられる状況にワープアウトするんだよね?」(地殻変動で溶岩の中とかだったら、行って即死だし)。

揚げ足取りじゃなくて、そう言ったリスクや負のイメージを払拭し、「わりと気軽に」考えて良いということであれば、

 結構悩む。

解答陣の中にいた須賀健太が、
※釣りキチ三平やった子。結構大きくなっててビックリ。

 ゲーム機とか持って江戸時代とか行ってみたい

みたいなことを言って軽い失笑を買ってたけど、僕的にはまさしく「それはオレも考えた」。つか以前から何度か書いてるけど、自由な時代と自由な場所で、自由に会いたい人に会えるタイムワープなら、

 そりゃVitaとかNEXUSとか持って過去に行くのは超楽しいはず。

iPhone持ってアップルをクビになった直後のジョブズの元へ行ってみたい、、、っていうか、これはもう「半分は過去に行けることよりジョブズに会えることが希望になってる」から、何か主題のすり替えみたいな気もするけど、まぁバーチャルボーイを発明したばかりの軍平の元に、3DSを持って行ったら、とか、任天堂と一緒にプレイステーションを開発しはじめた頃のSONYに行って、PS3やVitaを見せるとか。バーチャレーシングやウイニングランの頃に、グランツーリスモ5やフォルツァモータースポーツの最新作とかはどう映るんだろう。プリレンダリングのムービーでも実現しえないレベルの映像を、、、っていうか、

 ファミコンの解像度の横に、フルHDのゲーム画面とか並べたりしてみたい。

頭が熱くなってしまいそう。「え、あ、っと、んっと、この文字って一文字縦横何ドットで描かれてるのかな?」とかボーッとしながら言いそう。画面内にいくつもの動画ウインドウ、それもそれぞれが640×480くらいの解像度で表示させたりしてみたい。

 静止画ですらフルカラーが珍しかった時代、何が見えるんだろ。何に見えるんだろ。

でも、

 「未来ってそういう物でありたかった」って当時の僕も思うと思うんだよね

ごっつい車載電話を使っていた頃、、、つっても僕がひとり暮らししていた頃だから17年くらい前かな、そんな前じゃない。携帯電話がこんなになっちゃってるとか、絶対想像の外側だったと思う。

あとはトロンが出来た頃にアバターとか、モノクロの鉄腕アトムが出来た頃に、ヱヴァ破とか。後者は「何も本質は進化してないな」とか思われたりしかねないけど。

もし未来に行くとしても、そういった視点で物を見たり、触れたり出来るのなら、それはそれで大いに魅力的。

 ゲームボーイ→Vita は、Vita→ ?

進化の速度は確かに鈍化していってるし、その度合いは、今後もっと酷くなっていくだろうから、GBからVitaまでと同じ時間今から時を重ねたところで、さしたる変化は見られないのかも知れないし、もっと言えば、(先に触れたように)ゲーム業界そのものがなくなってしまっている可能性もゼロじゃないとも思うけど、それを踏まえてなお時と共に進化し続けていったとしたら、

 ゲームボーイがVitaになったと同じくらいVitaから進化したゲーム機が存在しうる未来があるとしたら、、、

でもスマホや、エクスペリアプレイみたいに、「ハードではなく人間側がガマンするインターフェイス」がメインストリームになっている可能性もあるよね。スペック的には最先端のGeforce690をクロスファイアで
※Geforce680のクアッド
実現しうるレベルの映像表現すら、「遙かな過去」になってしまうハードスペックでも、ボタンは相変わらず十字キーで、それもスーファミや初代DSよりDSライトや3DSの十字キーが「つかえねぇ」仕様になったりするように、

 ゲームコントローラーはデュアルショックと360がピークだったな

って未来は、4K2Kどころか、4M2M(4万×2万ドットの解像度)が実現したとしても、十分あり得る話。まぁ4万×2万はオーバーかも知れないけど、

 単純にGBの解像度160*144 モノクロ4階調
 Vitaの解像度960*544 当然フルカラー(1600万色)

 解像度の倍率22.7倍。これをVitaから拡大すると、

11854848ドット(≒1200万ドット)。最近のデジカメの解像度と同じくらいで、フルHDが約200万ドットだから、その6倍。4K2Kで800万、ザックリだけど、5000×2500=1250万ドットだから、

 そのくらいの解像度で、、、今調べてみたら、

 ゲームボーイの画面サイズに関する記述がどこにもないっ!

解像度じゃなくて、「何インチの画面か」がわからない!ちょっとビックリ。体感的には2.2インチくらい?NEXUSが4.8インチで、その半分よりかなり小さかった印象。でも、単純にVitaの画面を10インチにする未来が来るわけはなく、やはりここは、

 飛び出し式とか折りたたみ式とかかな、とか。

まぁ方式ウンヌンはともかく、GB→Vitaの最大の違いってのは、PSPでも同様に、動画や音楽、ネットが出来ちゃうってことなんだよな。まぁWi-Fiだけど。だから、もしVitaからそのレベルのジャンプアップをするとしたら、現状の最先端とかそう言うのとは全く違った、「異質な進化」オーパーツ的な?何かが介在しないとかな、とか。僕の頭で考えられたギリギリのラインは、

 全てのゲームがタダになる。

みたいな。デジタルコンテンツの価値が急落して、誰もが音楽や、映画、ゲームを作らなくなり、過去の遺産も歳を追うゴトに無価値化していき、最終的には現状のX68000のエミュレータみたいに、オープンソースになって、「事実上の合法化」
※ただし実際は掴まらないだけで非合法
みたいな状況になってたりしたら、

 結構ビックリする。

通信速度が速く、完全クラウドで処理は全てサーバー側がやってる、、、かと思いきや、そのレベルに時が経っていたとしたら、

 マイクロSDカード並に小さなメディアで、CPUやGPUの処理を全てこなしていても不思議じゃない。

今2GBのメモリーカードでファミコン、ゲームボーイソフトが全て入ってしまうように、100ペタのメディアに2012年前後のソフトデータは全て入ってしまう、みたいな。
もちろんそんな世界では、新しいゲームなんてものは存在しなくなっているわけで、便宜上「ゲーム機」として捉えていたガジェットも、実際は携帯電話以上にパーソナルな、例えば小学校上がったら国から支給される、みたいなものになっていたらビックリするかも。全てのゲームが出来るけど、ゲームなんて今時誰もやってないよ?みたいな未来。

 無くはないかも。

|

« オススメ映画 | トップページ | AKBなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/54831824

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日に引き続き書くことがない:

« オススメ映画 | トップページ | AKBなど »