« 任天堂次世代機 | トップページ | バイクの話 »

2012年6月11日 (月)

DIABLOIII~その9~

うーむ面白い。

「面白い!」でも「面白れーーーっ!!!」でもないが、昨晩の緊迫感は久々に感じた心地よいものだった。

現在の進行度は前回から変わっていない。インフェルノのACT2に入ったところで止まっている。というか、

 あまりにもACT2が辛すぎて、装備強化に勤しんでいる。

WIKIで質問したら、

 アーマーを倍、レジストを3倍にしてみたら?

という一見無茶なアドバイス。簡単に言ってくれるなよと、それはいくらなんでも冗談でしょ?と。その時は思った。

 が、今は違う。何と的を射た答えであっただろうか。

ちょっと申し訳なくなるほどであった。

ディアブロは今さら言うまでもなく、プレイヤーの数だけキャラクターがあるゲームだ。全ての装備には「ゆらぎ」があり、数多くの特殊効果が全て同じになるということはない。スキルの組み合わせも、無コストでリビルド出来る自由度を持ちつつ、「リビルドするとレアドロップ率アップのバフが消える」システムで、イイ感じに縛りも付けている。

それまでの僕のキャラは、一言で言えば攻撃力特化型。正直自分ではそういうつもりではなかったのだが、
※強化する方向の中で、最初に試した物で「抜けられた」から。結果それが正解と伸ばしてしまうのは人のサガだと言えると思う。

 それはそれで楽しかった。

WIKIの質問版での書き込みでも、「その防御力の低さでよくもまぁACT1をクリアしたよ」的な?「バカじゃねぇのその紙防御。わけわかんねぇ」的な?
※発言者の名誉のため、大幅なアレンジが加えられていることを注釈しときます。

高い攻撃力と破格のクリティカルダメージ。エリートモンスターは無敵スキルセレニティのわずか4秒に賭け、削っては逃げ、削っては逃げの文字通りのヒットアンドアウェイ。時にはマップチェンジし、時には何度も死にながら周囲の雑魚を掃除していき、それでもこれまで「諦めた」のはわずか1戦だけ。以前書いた狭い部屋の中のゾンビパックだけだった。

 まぁそういう戦い方がインフェルノの「普通」だと思ってた。

でもACT2に入って一戦目。ただの雑魚相手にも被ダメージがマジハンパない。エリートに至っては、

 こちらのリーチに届く前に死ぬ。

結果、セレニティを使いつつ近づくも、

 使い切って逃げる途中で死ぬ。

使い切る前に逃げると、

 オートヒールで無傷同然。

こりゃダメだと。いくらなんでもこれでは倒せる気がしないと。これまでのやり方が通じないことを感じ、抜本的改革を余儀なくされた。

幸いなことに手元には、(前回85万の入札が入っていた出品装備が、最終落札→)200万円で売れた(正確には天引きされて170万円)品のあぶく銭と、地道に貯めた合計230万のゲーム内キャッシュがある。

これを元手にキャラを底上げする。レベルは既にキャップの60になっているから、装備以外でキャラを強くする術はない。
※まぁスキルの組み合わせを考える余地は確実にあるだろうけど。

さすがに630万本も「オンライン専用で」売れたソフトだけあって、オークションにはかなりの数のアイテムがうなっている。検索エンジンが良くできているので、
※これはかゆいところに手が「届きすぎない」という面でも良くできている。
いろんな角度から狙いの品を探すことが出来る。

例えば手元にある230万で「即決」出来る最も高い装備から探すことも出来るし、逆に希望落札は500万でも、現在100万ほどで入札が入ってる品を「競って」落とすことも出来る。出品された品はあくまで出品者の価値観で価格が設定されているため、「優れた品が安いというわけじゃない」から、じっくりと調べ、ただし決断は早急に行わなければならない。他の誰かに希望落札されれば、それで終わりだからだ。

出品商品に関しては、最近学んだことのひとつに、「入札が入ってる品が価値がある品」というのがある。入札の有無に関しては、システム上視認出来ないようになってはいるが、「希望落札100万円。現在価格50万円」みたいなのは、まず間違いなく入札が入ってない。入札が入ってるのは、「現在価格349050円」みたいなヤツだ。なぜかはよくわからないが、
※たぶん入札単位に関する縛りによる仕様だと思われる。
あまり区切りの良い価格での「入札アリ価格」にはならないようだ。

 もちろんそういう品の方が価値がある。

誰も欲しがらない品は価値がないのだ。

ただ、入札が入ってる品の並びに、似たようなパラメータで価格が安い物があったりするのも事実。わずかな数値の差で、出品のタイミングの差で、たまたまこの瞬間残っているということも、当然ある。

 いかに損を抑えてより良い物を買い、より高く売れるか。

当たり前のことを当たり前にやる。ただ、出品時のこちらの価格設定に関しては、「売れてナンボ」ということはある。これは、「安ければ何でも売れるワケじゃない」ということも含まれる。「このパラメータなら買い手が付く」と言う物だけを出品しなければならない。なぜなら、

 一度出品した品は、期限が来るまでキャンセルも出来ず、枠は10と決まっているから。

無駄遣いもダメだが、無駄出品もダメなのだ。もしかしたらホントに売れる価値のある物を出品出来ず換金出来ないということもある。っていうか、

 絶対それ売れないだろ、って品を出品してる人がなんと多いことかっ。

その点は自分が曲がりなりにも小売りに携わってるからなのかも知れないけど。そんなことを言いながらも、

 120万のアミュレットに入札。

他の入札はなく、似た品もなく、希望落札160万だったけど、現状のパラメータから、劇的に防御面を強化するには、「これしかない」と判断。あと、

 二刀流を止め、盾を購入。

盾を装備すると、それだけでかなり防御力が上がる。ブロック率によって大きくダメージを軽減出来るチャンスもあるし、盾には武器に付かない「クリティカルヒット率UP」の特殊効果のあるものも多い。攻撃力の低下を
※正確には「クリティカルダメージ量UP」が+240%から+150%ほどに下がる「低下」。ベースダメージは二刀流でもさほど大きくはならない。
クリティカル率UPでフォローする。

他にも、雷耐性、全体性、防御力、VITを中心に装備を替えていき、手元のキャッシュは一時6000円ほどにまで下がったが、

 キャラクターは劇的に強化された。

今までヒーヒー言いながら逃げ撃ちしていたエリートモンスターたちが、装備を強化するごとに「弱く」なっていく。相手の特殊技能
※分身とか毒床とか魔法時計とか
次第ではヒットアンドアウェイを余儀なくされることもあるが、少なくともセレニティの時しかダメージが与えられないということはなくなった。バインドとスタン、ポーションを併用しながら「殴り合い」でカタが付くようになっていく。

 悪くない。

装備を揃える課程で一時的に攻撃力がグッと下がったりすることもあるけど、一方ではクリティカル率が上がったりするし、地味に大きいのが、

 ブッチャーマラソンのペースが上がっていくことで小銭も貯まる。

一周5万ほどだが、死のリスクが減り、エリートに掛かる時間も短縮されれば、そこでの生産性が上がる。それほど頻繁ではないにしても3万前後で売れる品がドロップすることもあるし、
※10万くらいで売れる品も1、2度あったり。
自分が装備出来るレベルの品も「なくはない」。

随分前だけど、防御力が高く、移動速度12%UPと雷耐性
※さっきも書いたけど、雷耐性は「最も高い耐性に全ての耐性が引き上げられる」というパッシブスキルを装備してる自分には、事実上全耐性と同じ価値があるのだ。
VITも付いた「唯一の自取り装備」もあった。似たようなパラメータで探すと、普通に90万とか100万で売りに出されてるレベルのブーツ。

 ・・・よもや間違って売ってしまうとは・・・

右クリックで売ったり装備したりするのだけど、、、当然気を付けてるんだよ。気を付けすぎるくらい気を付けてるから、

 いつ変わってたのかもわからなかった。っていうか、代わりに装備してたブーツも、「移動速度12%がない」こと、「防御力が低い」こと以外はほとんど同じような効果が付いてたんだよね。
※そこが油断ポイントだったか。

結構落胆したんだけど、そのことに気付いた直後、オークションで素晴らしい品を発見する。

・移動速度12%
・雷耐性34%
・全体性54%
・DEX+64
・防御力453(今装備してるブーツは220)
・ゴールド拾得範囲拡大6ヤード

 価格、希望落札350100円のセットブーツ。

つかほとんど同様かヘタしたらこれよりパラメータ低いブーツが普通に80万とか100万とかで売りに出される中、この希望落札は文字通り破格に安い。

 が、しかし僕の手元には28万しかない・・・

さきほども書いたけど、ブッチャーランは一周30分で5万程度。時として7万ほど手に入ることもあるけど、正直35万は一周で到達出来るとは思えない。そして何より、これほどの魅力ある品、

 あと何分出品されているか、、、

速度UP12%のブーツを無くした今、ノドからエラが生えるほど欲しい。どうするか。どうするもこうするもない。

 僕はすぐさま潜った。

いつもならスルーする雑魚も倒し、かつ慎重に、かつ大胆に。ブッチャーを倒し、オークションに掛けられないアイテムを売却したとき、僕の手には351000円のキャッシュが貯まっていた。

 「ま、まだあるか!?」

焦る思いを隠しもせずオークションハウスの検索を叩く。

 ・・・どこにも見あたらない。

やはりか。やはりなのか。

でも売れてしまった品はもうどうしようもない。再び同じ品が出品される確率はゼロではないが、それを僕が見ている時間にそれも「その商品が欲しい状況で」発見できる確率は、極めてゼロに近い。

気を取り直して同じセットブーツ
※価格は高いがパラメータは似通っている。
を物色し、いくつかの候補を見つける。

 だがこの時点で時刻は既に3時半。

さすがに50万の希望落札品のために、今から3周は出来ない。何も考えず無心に周回すれば、1時間ほどで回れる可能性もあるが、やはり一回回ったらその品が「まだあるかどうか」を確認したくなるし、売れる物があるならオークションで売りたい。

結果、手元には41万のキャッシュ。そして誰も入札していない10点の出品商品を残して、その夜の戦いは終わった。

翌朝目を覚ますやいなやPCの電源を入れ、アクセスする。

 既に昨夜僕が買おうと思っていたブーツはない・・・。

が、

 代わりにより魅力的なブーツが出品されているっ!
※マジックアイテム発見率UP(マジックファインド=MF)の特殊効果付き!

 ただし、価格は699999円希望落札。

うーむ。ただ、昨日の夜僕が出品していた品が何点か売れており、手持ちは521000円になっていた。でもその価格差は、、、。

当然ながら朝は時間がない。今から4周、5周して70万まで貯めるなど不可能だ。不可能なことはすぐさま切り替えて頭から外す。

 そしてまたあらたなブーツを発見。

このセットブーツは結構な数出品されていて、どれも全体性と移動速度UP、防御力強化が付いている。雷耐性やDEX、VITなどはランダムだが、その数値次第で大きく出品価格に差が出ているのだ。

 その品は、MFは付いてないが、耐性上昇が高く、DEXもあり、

 価格が55万円・・・。

一周する時間は確実にない。が、ブッチャーの前の大量ドロップする固定中ボスまでなら、、、。

 昨日4時過ぎまでやって、次の日仕事。その仕事の朝、またも赤く燃える炎のダンジョンに潜ることになろうとは、、、

時計を見ながら歩みを進める。一体でも多くのエリートを倒し、バフをマックス近くまで上げたい一方で、無駄足は出来ない。ギリギリの兼ね合いの中、中ボスを倒し、3つのレアドロップを確認。すぐさま帰投し、いつもなら装備を修理するのをパスして、
※その額も結構なモンなので。
全売却。

 55万1000円。

即検索。「あった!」。即BIDOUT(即決入札)。ただしこの時点ではまだ入札は確定していない。一歩の差で他の人が落札していたら、その品はエラーで「買えなかったよ~」と言われるだけだ。

 「落札!<当然日本語じゃない。が、効果音が明るいのですぐわかる」

既に横では「仕事行く時間ですよ~」のアラームがけたたましく僕をせき立てている。

 ディアブロを終了し、PCを落とし、僕は足早に家を出た。

--------

楽しいに決まっているのだ。たとえそれが僕自身で拾った装備じゃなくても、このオークションという大海でより良い品を、より安く手に入れるという行為は、それに近いスリリングな駆け引きとドラマがあるのだ。

僕のキャラクターの277だった耐性は、現在840。永遠に届かない未来だと思っていた「3倍」は、今の僕にとって「過去形」となった。
※防御力は2倍にはなってないけど6000は超えた。

 いよいよACT2にリターンマッチをする準備が調った。

が、せっかくなのでもうしばらくブッチャーランを繰り返しちゃおうかな。「ブッチャーランが余裕でこなせるようになるのがACT2へ行く目安」と言われていて、実際このブーツを装備する前から余裕はあったけど、

 今だけは、このぬるま湯を楽しませて、、、って感じもするのだよ。

つかこんだけ強くなってもまだACT2は余裕じゃないんだろうな。でもってACT3はそこからさらに絶望させてくるんだろうとも思う。でも、一旦進んだ難度を引き戻してのプレイは、ホント面白くない。
※今回のACT2→ACT1とかじゃなくて、ACT1が倒せるのにナイトメアで金稼ぎとかの話ね。

苦しくて苦しくて苦しいなら、ちょっとだけ楽な選択を繰り返してお金を貯め、じっくり探してズバッと買う。ACT3をクリアするのに必要なアーマーやレジスト、HPの目安はわからないが、「強くなる楽しさ」を得られるうちは、続けられる気がするな。

 つか複数のキャラを育ててる人ってスゲェと思う。

|

« 任天堂次世代機 | トップページ | バイクの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/54922793

この記事へのトラックバック一覧です: DIABLOIII~その9~:

« 任天堂次世代機 | トップページ | バイクの話 »