« ハモネプ最高! | トップページ | 長男のPCの調子が悪くなった »

2012年6月14日 (木)

AKBよもやま話

昨日はディアブロのメンテで久々にプレイ出来ず。毎日普通にやっていたゲームが急に出来なくなると、禁断症状とまではいかないまでも、結構な「飢え」を感じますね。

●総選挙後

見てる最中は非常に面白かったのだけど、なんだろ。なんか結構落ち着いて来ちゃったというか、

 東京ドーム、行けたら行きたいけど、10万掛けるほどでもなくね?

と思ってる自分がいたり。なんて言うかまぁ前の方で見たい気持ちは当然あるんだけど、別に後ろの方だと楽しめないってこともなくね?みたいな?その分他に有意義な(あくまで自分にとって、だけど)使い道ってあんじゃね?みたいなことを考え始めてる次第。

毎年「AKBはピーク過ぎた」みたいなことを言われますけど、今年は僕も正直そう思い始めています。まぁ以前も書いたけど、麻里子様がじゃんけんセンター取ってから、何か歯車がきしみ始めたような?あっちゃんが卒業もそうだけど、その前のなっちゃん卒業もそうだし、今回の総選挙の一位や二位の票数。確かに中位以降の票数は軒並み昨年を超えているのだけど、
※順位当たり。
その前の年までの勢いを鑑みると、正直失速感は否めない。

ただ、つってもこれだけの規模のイベントを来年以降一気に「なくす」なんてことは難しいだろうなとも思うので、「失速即終了」ってことはないだろうとは思いますが、、、この勢いの弱さにつけ込んで、メディアが総出で「AKBバッシング」を始めなきゃいいけどなぁってのが正直なところです。

余談ですが、AKBのシングルを「大量投棄」するみたいな話もありますが、ぶっちゃけオリコンがランキングを「CDの販売枚数」で競わせているウチは無理だと思いますね。あと握手権や投票権を入れたりするのも。

完全にダウンロードのみにして、握手や投票とリンクさせずに、同じアドレスから1枚しか買えないようにすれば、「今よりは純度の高いランキング」になるんじゃないかと思ったりもしますが、じゃあそれが誰にとってメリットなのかって話になると、それはそれまた別の話だったりもするんだよね。

そうそう昨日今回の総選挙の公式動画でカットされてた「64位~17位までの発表の瞬間」を見ることが出来たのだけど、

 小林香奈が秋元才加にハグしてるシーンは最高!

もう鳥肌が立つくらい嬉しくなった。才加もいい顔してたし。

選挙は当たり前の話、みんながみんなそれぞれの思いで臨んでるんだよね。今まで圏外だったから、ランクインしただけで涙流して大喜びのメンバーもいれば、圏外でももっと上に行けると期待してたメンバーもいるし、ランクを落としても喜んでる(ように見える亜美菜のことね)メンバーもいれば、10位上げても悔しそうなメンバーも(さや姉のことね)。

悲喜こもごもとはこのことだと思う一方で、今あらためて見てみると、「呼ばれた瞬間」にファンの方を向いて深々とお辞儀をする子と、さっと壇上へ走るように向かう子の間に、何とも言えない大きな差を感じた。

僕は1票ともちんに入れただけだけど、中には圏外から大量投票してランクインさせたファンもいるわけじゃない?そういうファンもいる中で、「自分の順位が下がってしまった悔しさだけを顕わにする」のは、大きな勘違いじゃないかと思った。というか、

 そういうヤツは基本次落ちるだろうなって思った。

AKBの総選挙はお祭りだし、ただのイベントなんだけど、心は全員ガチで臨んでる。ファンに対する感謝の大きさが大きければ大きいほど、その気持ちは次へ繋がるし、推し変しようとは思わない。だからこそSKEのメンバーは大躍進したのだと思うし、AKBの中堅がごっそり下がったのだとも思う。
※まぁポテンシャルの差もあるだろうけど。

今回まゆゆの2位は予想外だったけど、コメントとそのまなざしを見ると、「まゆゆはなるべくしてゆきりんを越え、2位になったんだな」って思った。彼女は今回の総選挙で選ばれた64人の中で、大島優子と並んで最もプロ意識を強く感じた。

ただ、優子がたかみなになれないのと同様に、まゆゆもAKB全体のキャプテンにはなれないだろうな、とも思ったな。彼女は自分に厳しくて、周りにも厳しいから。あれだけの大所帯だと、「自分に厳しく、他人にはやや厳しく」くらいじゃないと、なかなか信頼とかは難しいと思うし。今だとやっぱさや姉以外ポストたかみなは見あたらないかな。
※つかさや姉はさや姉でたかみなにある「熱さと涙もろさ」が足りないんだよな。AKBの中ではその部分が凄く、(下手したら一番)大事なところのような気がするし。たかみなが凄いのは、「弱いのに強い」ところなんだよな。さや姉は「とにかく強い」印象になっちゃってる気がする。まゆゆより周りが見えてはいるけど。

●あっちゃんのNEWシングル

今って「A面」のことをなんて言うのがスマートなんですかね。「B面」はカップリングでいいと思うんだけど、表題曲?いくら4曲くらい入ってても「アルバム名」ってのはおかしいと思うし。
※それでもアプリではそれで区分けしてるんだよね。

ともかく、今回の「君は僕だ」も、カップリングの「右肩」も、非常にツボというか僕好みのいい曲。発売前に聴ける音源はANNのラジオ音源かショートタイプのPVくらいしかないんだけど、
※PVは効果音が入りまくっていたりするし

 そう言う「音質を犠牲にしてでも早く聴きたい。何度も聴きたい」と思わせる曲

というのは、それはそれでとても価値があると思う。つか個人的に毎回思うんだけど、世間のAKBに対する評価が「低い」と思う。
※「低すぎる」まではいかないけど。
とにかく大量にCDを売るスタイルが、勢いその曲の善し悪しうんぬんを置き去りにしてしまっていて、結果僕みたいにレコード、CD、ダウンロードの流れを経験してきてるような世代にすら訴求出来る楽曲であっても、「曲の出来はともかく」みたいな風潮になってる気がする。

余談だけど、えれぴょんの卒業後のソロシングル、僕はよく知らなかったのだけど、昨日たまたま掛けたときに娘が即反応してビックリ。

 「これってえれぴょんだよね?」

え?オメーえれぴょん好きだっけ?

「好きなドラマの主題歌で、結構好きなんだよね」と。

一説には「はるきゃんより落ちた」という声も聞かれたえれぴょんだけど、こうして支持する声がフッと聞こえたりすると、「まだまだがんばれるのかもな~」って気になった。ま、わかんないけどさ。

●テレビでの使われ方

「AKBならではの良さ」が出る使い方をしないで「AKBは数字が取れない」みたいな。なんかカチンと来るんだよな。「びみょ~」とか今でもネットで見ることが出来るけど、

 エンタの神様の数千倍笑ったけど?

って感じ。

ただ、指原に関しては、「ヤツ、腕上げてきたな」って感じは強くした。ツッコミの速さ、打てば響く気持ち良さ、ヘタレ系キャラは共演者に優越感と親近感を同時に与えるし、常識が甘い反面腰が低いから、トータルすると印象が悪くなりにくい。今思えば、AKBの総選挙は「アイドル、かわいさによって決まる総選挙」ではない。「指原が4位になるような判断基準」に裏打ちされた人気投票なんだよね。だからともちんは8位が精一杯だし、玲奈より珠理奈が上になったりするし、かおたんやにししがランクインしたりする。

あいつの遠慮のない「出方」は、むしろバラエティに安定感や安心感を与える。ザキヤマと似てるって言ってた人がいたけど、ホントそう思う。そして、

 スゲェと思う。

このまま行ったら、案外まゆゆのライバルは、ゆきりんじゃなくて指原なんじゃないかとすら思えてきたよ。

余談だけど、こないだDEROで大島麻衣(まいまい)を見て嬉しくなった。っていうかほとんどしゃべることもなかったし、コレと言った印象に残ることもしなかったのが残念だったけど、

 卒業して数年。ちゃんとやってる子がいるのはなんだか嬉しい。

つってもまいまいが最高に輝いてたのは、AKBINGOで才加をあっちゃんと取り合った「催眠術の回」だったと思うけどね。

●AKBINGO

総選挙後の生放送は、近年まれに見る傑作(いわゆる神回)だった。AKBの熱烈なファンであり、前回までの「AKB検定」で回答者になっていた売れない芸人6人を、選挙当日携帯を取り上げた上に拉致し、番組放送(総選挙終了後)まで完全に情報シャットアウト。その状態で、

・16~4位
・64~17位
・3~1位

の順に発表し、おのおののリアクションとともに選挙を振り返るというもの。

拉致された芸人の中には、選挙当日の武道館チケットを持っていたとされる「カナリア のボン溝黒」もいて、その無念さは想像を超えるものであったろうと思う一方で、だからこそその思いの強さが画面から、文字通り爆発するように出ていて、

 フジの生放送など足元にも及ばない最高の正味25分だった。

特に、前述のボンは小森推しで、速報から当日までに数十枚~100枚ほどの投票を自身のブログで写真付きで公表しており、速報圏外からの64位ランクインという、まさに「オレの手で小森をランクインさせた」感が炸裂。実際次点である65位の票数が明かされない以上、「本当にボンの力でランクインさせた」可能性も高いのだ。

芸人の推しはそれぞれ「たかみな」「あっちゃん」「麻里子様」「小森」「まゆゆ」「
きたりえ」推し。正直あっちゃん推しは高みの見物感出まくりではあったものの、全員がAKB大好き。愛あふれる連中で、かつ売れない=テレビのお約束より目の前のAKBに心を持って行かれている感が非常に出ていて、

 めちゃ共感。

「シーッ」ってやったり、感涙でイスから崩れ落ちたり。麻里子様が指原に負けた時の「指原に負けるとは・・」もまさに麻里子推しの誰もが思ったことだと思うし、にししのランクインに驚き、かおたんの順位に驚き、、、。

ラストの「第3位、、、柏木由紀」の衝撃も、そのときのことが思いっきり浮かび上がってきて、超愉快だった。「オオオオオオオーーーーー!!!!」ってなるよな、そりゃ。今回はまゆゆ推しが一番ビックリしたかも知れない。

真夏のSoundsgoodのスタジオライブも悪くはなかったけど、正直1時間枠でもっとじっくりみんなに楽しませてあげて欲しかった気がした。絵的にも十分間が持つし、選挙放送メインではなく、彼らのリアクションメインでもよかったくらい。実際受賞コメントはYoutubeで見ることが出来るわけだし。

見終わったあとちょっとボンのことを好きになってる自分がいた。他のメンバーのアンチ活動をせず、ただ純粋に推しのことを考えてるピュアなファン。多くの単推しオタはこうなのかも知れないけど、いやいやホント、胸熱だったな。★★★★。

--------------

今日書いた内容は、結構自分が言いたかったこと。
※特に選挙関連。
実際ウチの読者さんでAKBに興味がある方はほとんどいないかも知れないけど、「言いたいことを言える場がある」というだけで、なんかとてもありがたいというか、助かるなって思う。オフの知り合いも何人か読んでくれてし。なんつか感謝。

|

« ハモネプ最高! | トップページ | 長男のPCの調子が悪くなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/54955102

この記事へのトラックバック一覧です: AKBよもやま話:

« ハモネプ最高! | トップページ | 長男のPCの調子が悪くなった »