« テレビ見た | トップページ | DIABLOIII~その12~ »

2012年6月25日 (月)

ちいさなネタをいくつか

最近娘がメインPCを占拠する時間が増え、かつ夜更かししまくりでなかなかブログを書く時間が取れなかったりする。たまにまとめて書いたりしてるから、勢い話の鮮度が落ちたり、内容がギクシャクしたり。なんか申し訳ない。

●AKB最近の楽曲

友人Tにあっちゃんの「君は僕だ」とカップリングの「右肩」が著しく良いという話をしたら、「またクリスがブログに貼るだろ」と言ったので、軽く探して貼っておく。横の☆はいつもの10段階ではなく、今回限りの5段階評価(☆~☆×5)。
※リンクはほどなく切れちゃう可能性もあるけど、一応現時点(6/24AM)では聴けます。

・前田敦子 「君は僕だ」 ☆☆☆☆
http://www.youtube.com/watch?v=is-YQwwoiks

「前作FLOWERより遥かに良い」というのが全人類の見解。つか前作は私的☆評価で0点だったし。

・前田敦子 「右肩」 ☆☆☆☆☆
http://www.youtube.com/watch?v=74MMAKzORR4&feature=related

「こっちのが好き」という人多数。僕もこっちのが、特に歌詞が好きだけど、どっちが表題曲向けかと言えば「君は僕だ」の方かな、とも思ったり。でもこっちの歌詞はホントに僕好み。秋元康を通してあっちゃんのことが好きになるくらい好き。

・小野恵令奈 「えれぴょん」 ☆☆☆
http://www.youtube.com/watch?v=womhJgPwNxs

アップテンポな軽いJ-POPって感じで、アイドルっぽさはほとんどない。曲とサビは悪くないけど、歌詞はちっとも入ってこない。あとえれぴょんぽさは全然無い。飽きるまで聴いてそれでよしって感じかな。ちなみにカップリングの「センチメンタルガール」も普通に聴けるJ-POPって感じ。☆☆かな。

・SKE48 「アイシテラブル」 ☆
http://www.youtube.com/watch?v=05lPFQiRgJY

前作「片想いFINALLY」のような個性は全く感じられない、「いつものSKEソング」に戻ってしまって個人的には残念。でもSKEが好きな人からの評価は高いんだろうな。「らしい」から。

・Not yet 「西瓜BABY」 ☆☆
http://www.youtube.com/watch?v=oiTfq7TnfUY

フルが見あたらなかったのでショートPVで雰囲気だけ。つかニコ動にあった
リミックス
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17974893
のがむしろイイな。こっちなら☆☆☆評価・・・かな。

ぶっちゃけノイエの曲はどれも似たように聞こえてしまって、イマイチ秋元先生の愛を感じられないのだけど、、、単なる僕の好みなのかなぁ。

・渡り廊下走り隊 「少年よ嘘をつけ」 ☆
http://www.youtube.com/watch?v=ziG_Kr79DTQ
※これもショートPV。さほど好きじゃないのでがんばって探さない。

ノイエ以上に肌に合わないのがワロタのシングル。どれも似たり寄ったりで、どれも微妙。これはもう年齢的な問題かも知れない。いやマジで。

楽曲的にはNMBが一番打率が高い気がする。次いで乃木坂。ノースリーブスもかなり好きだけど、いかんせんシングルが出ないのが残念。でも今回のあっちゃんのシングルはホント良かった。飽きるくらい聴いてるけどまだ飽きてない。日本語がおかしいな。

●マンガ

・宇宙兄弟

最新刊。発売日である6月22日本屋へ行き、売場を見ると、

 うずたかく積まれた17巻。

僕はみなさんもご承知の通り記憶力が大幅に破損しているので、っていうかもはや廃車レベルなので、当然これが読んだことがあるものかどうかの判断が付かない。

でもさすがにそのまま買って間違っていたらイヤなので、レジで「これって最近出たヤツですかね?」と尋ねたところ、結構な時間待たされて、

 「3月ですね」

え?じゃあ今日出た、、っていうか今日ホントに出たのか!?

自分の記憶力に自信がないので、そもそも今日が新刊の発売日だったのかどうかも怪しい。調べてもらうと、、、、(これまた結構待たされて)

 「6月22日、、、今日ですね」

っていうか、宇宙兄弟ってそんなに人気がないの?って思った。映画もやってアニメもやって、今一番熱いマンガじゃないの?なんでこの店員さんはそれを知らないんだろう。っていうかレジにうずたかく積まれていてもおかしくないレベルの、たとえて言うなら、

 店に入ってそのままレジで「宇宙兄弟いっちょ」と言えばすぐさま出て来るレベルの。

作品じゃなかったのか?

結構な落胆と共に店員さんに探してもらうと、

 新刊のところにうなるほど置いてあった。

っていうか、宇宙兄弟は一番イイ場所に全巻平置きされているのだけど、

 それとは別に、もう一カ所全巻平置きされている。

 その上に新刊の場所に大量に置いてある。

うーむ。よもや、というか一番イイ場所だからこそそこだけ売り切れていたのか。

 内容は、前半面白くて後半失速。

なかなかピークを維持するのは難しいよな、と思った次第。

・ちはやふる

こちらはしばし前に買ったものだけど、まだ感想を書いてないような(ただ忘れ去ってるだけのような)気がしたので一応触れておく。つか、僕が楽しみに買っているマンガが、ここ最近でフッと増えたのは、非常に久しぶりのことなのだけど、みんなは継続して買ってるマンガとかあんのかな。

ちはやは本当に面白い。どのくらい面白いかと言えば、

 のだめくらい面白い。

のだめは実際はマンガではなく、ドラマにハマっていたのだけど、いやいやどうして。ちはやの場合は「音」がなくても十分楽しめるというか、

 まぁ力のあるスタッフが実写のドラマにすれば、それはそれで今以上に化ける可能性は高いのだろうけど。

っていうか、冷静に考えると、

 近い将来ドラマ化、来るな

って気もした。っていうか水面下では何社かが名乗りを上げてそう。でもなかなか適材が見あたらない、みたいな?何でもかんでも柴コウにやらせればいいってもんでもないだろうし。つかクリス、最近の女優さん知らなすぎだよな。冷静に考えると。ただまぁもしAKBの誰かにやらせるかって考えたら、、、

 頼むからやらせないで欲しい・・・

AKBは大好きだけど、女優としては正直ちはやを壊してしまう未来しか思い浮かべられない。強いて言えば入山杏奈が、「スゲェ演技が天才的に上手ければ、、、」って無理だろうな。

マンガの方は普通に最高でした。連載の方にほとんど追いついてる感じだったけど、1話が長い分、次巻もそう先じゃない(9月だったかな)みたいなので、普通に楽しみ。読んでない人はぜひ。

●見られる

ATOKとかで変換する際に、「見れる」と打つと「ら抜き表現」とか出たりするの、知ってます?あれ、スゲェウゼェ。っていうか僕は国語について特に免許持ってるようなエキスパートじゃないので、ちっともわからないチンプンカンプンわからんちんなのですが、

 「やる」「やれる」「やられる」

と、

 「見る」「見れる」「見られる」

はどう違うんですかね。「見られる」って、「第三者から自分が見られる」ってニュアンスと、「見ることが出来る」という二つのニュアンスを内包するじゃないですか?

でも、「やられる」は、「やることが出来る」を含まないし、「やれる」は「第三者にされる」と言うニュアンスも含まない。むしろこちらの方が誤用がなくて、わかりやすいと思うのに、

 なんで注意すんだよATOKぅ!

何回打っても「見られる」という可能表現に違和感が拭いきれない。つかネットでも散見されますが、「見れる」という表現の何がダメなんだって話。確かに「美しくはない」とは思うけど、なんかスッキリしない。超スッキリしない。

●こないだの台風の日

家に帰ってからも不安で、すぐに自店に戻り、低いところにある商品を全て高めのところに移し、
※パートさん二人にもご迷惑をお掛けしました。ありがとうございました。
豪雨に備えた。

あの日に限らず、ウチの店の立地は、水はけが悪く、簡単に水が溜まっていく。あるラインから越えたことは確かに一度もないのだけど、店内まであと10cmを切るレベルにまで水が来てると、さすがに安穏とはしていられない。近所のコンビニ横の道路とか、

 普通に車のボディまで水が来るくらい溜まる。

これで大丈夫なのかと不安になったりもするが、そんなレベルじゃない災害がそこかしこで起きてる以上、この程度でとやかく言っちゃダメなのかも知れない。

で、そのあと帰宅して、久々にデイアフタートゥモローを見た。

こういうディザスター映画は、時が経つに連れてCGのアラが目立つようになり、見ていて興ざめすることも少なくないのだけど、僕的にこの映画を

 エフェクトではなくディレクト(演出)

で見ていたんだなぁとあらためて思った。看板に吹っ飛ばされるレポーター、ツイスターに削り取られるビル、中継を通してバスに潰される電話口に出ていた知人、正直奥さんが見ていた病気の子供だけは、ちょっと重すぎるというか、苦しくて見ていられないけど、他はホント「気持ちよく伏線と話をふくらませてくれる」。そして最後の、

 「My father」

このセリフが聞きたくて、最初からずっと英語で見てたと言っても過言じゃない。

あれほどの災害、あれほどの苦境。移動する父親も相当なリスクと労力を払ってついに再会する。

 雨で荷物を上げるくらいなんだってんだ。

この映画を見ると、かっこ悪いと思いつつ、乗せられていると知りつつ、つい自分が前向きになってることに気付く。でも、

 そういう映画も一人一つくらいあってもいいと思った。

|

« テレビ見た | トップページ | DIABLOIII~その12~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/55037297

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさなネタをいくつか:

« テレビ見た | トップページ | DIABLOIII~その12~ »